ACLグループリーグ最終節 VS 河南建業

ACLグループリーグ最終戦

河南建業VSガンバ大阪
    1-1

得点者

90分+1:DF 2 ソン・テイム   40分:MF 33 宇佐美貴史


ありゃりゃ。同点で終わっちゃったよ。なぜか最後のシュートだけ上手いな、おい。まあ、ラウンド16をホームでやるに越した事はなかったんだろうけど、城南一和という韓国の名門チームと戦えるという楽しみも正直ある。ACLで川崎とやってもねぇ。あぁ、現地で観たいなぁ~平日じゃなかったらなぁ~・・・・交渉してみようかなぁ。

そんなこんなで、試合中なのにスタジアムDJがやたら観客を煽るのと、甲子園で聞いた事あるような楽器の音(トランペット?)が印象的な今日の試合。メンバーから考えても勝利がマストと考えていなかった事は明らかで、実際スコアも1-1。そんなにサッカーは甘くないって事だね。内容は細かいミスが双方に多く、後半は結構早い時間から間延びもして大味なゲーム。メンバーも大きく入れ替えてるし、チームとしてというよりも個人や数人での連携で崩す攻撃が中心。デビュー2戦目の星原もスピード感があって、時より見せるカウンター攻撃はなかなかいい感じ。やっぱりガンバユースの選手は皆ポテンシャル高いんだねぇ。

そんな中でやはりというか、宇佐美は自分が得意な左サイドに今日はポジションをとって違いをみせてくれた。YOUTUBEで観た事がある(笑)左から中に切れ込んでの得意な形でのシュートも観れたし、今日も先制点となるゴールも記録。結果を出すのが凄いよね。すでに点取って当たり前位の風格を感じる。改めてあれで17歳か・・・・将来が本当に楽しみだ。星原も大塚も全然通用していると思うけど、バイタルエリアでの恐さというか決定的な仕事の部分ではまだ物足りない中で宇佐美はそこの迫力がある。何がそういう違うをもたらしてるのかは分からないけど、雰囲気もってる。

今日のゴールも中に切れ込んでパス出した後にもう一度ゴールにむかって走ってるFC東京戦のゴールに近い形でゴールへの意識は今のガンバで一番強いかもしれん。ああいうゴールへのアプローチをする選手はガンバにはいないので本格的にレギュラーに入り込んでくればガンバの攻撃の更に多様性をもたらせるね。

まあ、今日の試合はこんなもんだ。ひきずるような試合じゃないし、若手がいい経験積んだくらいに考えて鹿島戦に臨んで欲しいね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/264-72d71bfb