ACLグループリーグ第2節 VS  河南建業

ACL第2節

ガンバ大阪VS河南建業
      1-1

得点者

35分:FW 9 ルーカス    3分:DF 28 チャン・ルー


18時30分に我が家最寄り駅到着→吉野家で晩飯→家でACL観戦のスケジュールをたててたのに会議が終わったのが18時30分ときた。そして、席に戻るなり内線。ちなみに今日早く帰れるように昨日は終電まで頑張ったのに・・・・平日開催は20時キックオフ案を提出します!と、いう事で今日は前半30分から観戦。TVつけたら0-1で負けてるわ、解説者はネガティブ発言連発するわでそんなに前半30分まではひどかったんかいな?再放送で確認しよう。

結果は1-1。前節の引き分けは人によって感想が異なるゲームだと思うけど、この試合に関しては完全に勝ちゲームをドローにしたという印象。1位突破を目指す上では中国のチーム相手にホームでドローは痛いなぁ。ただ、内容はそこまで悪かったとも思わず、前節孤立のジェジンにもいい感じでボールが入っていたし、らしい中央突破のシーンもチラホラ。中央にボールを集めつつも要所要所でサイドに流してからの攻撃も左右バランスよくいけていたし、フィニッシュ(&ラストパス)の部分だけなんだけどね。まあ、そこが一番肝なんだけども。個人としてもチームとしてのその部分のアイデアには欠ける攻撃は続いているんで、日曜日までの3日間はその辺りも調整してゴールラッシュを見せて頂きたいと思います。(※ミチの空回りはご愛敬。消極的なミスじゃないんでブーイングしないで、大目に見てあげて欲しい。笑)

今日はゼ・カルロスがガンバデビュー。プレーからはあまりキレは感じず、まだ太り気味?タイプも積極的にシュートを打つシーンなんかを見ると単純なポストプレイヤー&空中戦要因ってだけじゃなく、オールラウンダー的な感じかも(期待も込めて)??プレー時間が短かったので今日はそこまでの見せ場なし。とりあえず、しばらくはケンカ要因で。笑。個人的にはスピードのない選手の2トップはどうかなと思うんで、ルーカスがFWの軸である事を考えると相棒はペドロに期待したい。ただ、相変わらずハイリスクローリターンな位置でドルブル突破を仕掛けて、とられて、カウンターみたいなシーンもあるし、時間をかけて連携を深めていくというよりも単純にチームとの相性が悪いのかなという感じも・・・平井頑張れ。完全に今が彼にとっての今シーズンのヤマ場。(そんな事を言いながらゼ・カルロスの覚醒にも期待していたりする)

そんなこんなで今日の結果は残念だけど内容的にはそこまで悲観する内容でもなく、今シーズン初勝利は弱い方の大阪から勝ち取って皆で大喜びしましょう。で、ダービー前にクラブHPにリリースされた警告はごもっともなな内容だと思うし、ああいう警告を出さざるをえない過去がある事も事実なんだけど、ナーバスになり過ぎるのもクラブ・サポーター・ファンにとってもったいない気がする。まあ、クラブに迷惑がかからない程度に大盛り上がりできたらいいね!!

あと2日仕事ガンバろ~。

P.S.日本のサッカーのレベルを上げるために「審判も世界基準にしろ」とか「まずは指導者を育てよう」とか色々な角度からアプローチするのは素晴らしいと思うけど、個人的にはサッカーファン全体の底上げという意味では「解説者」のレベルアップを頑張って欲しい。解説しているチームに対する勉強不足が垣間見える人も多いし、毎試合同じ事ばっかり言う人も多い。アウトプットが下手なだけなのか、元々引き出しが少ないのか。サッカー中継見ても何も新しい知識を得られない。サッカーブログ読む方がよっぽど勉強になる。素人相手の解説の時代はもう終わったと思う。少なくともACL観ているような人の多くはそこそこサッカー詳しいはず。とりあえずJリーグを経験していない世代の解説者陣は「古田の方程式」を見てスポーツの奥深さを面白く語る術を学んだらいい。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/251-3df5b6c0