ゼロックススーパーカップ VS 鹿島アントラーズ

ゼロックススーパーカップ

鹿島アントラーズVSガンバ大阪
         1-1
        (PK5-3)

得点者

20分:FW 18 マルキーニョス    45分+1:DF 21 加地亮  

ゼロックス@国立


国立行ってきました。スタジアム到着は8時頃。ちょっと遅いかなとも思ったけど国立ならこの時間到着でもそこそこの場所確保できるね。団体で場所を確保していない人間にとっては助かります。あと、開門前までのサポート用品として今シーズンから導入したアウトドアチェア(ミニ)はかなり重宝できそう。私、体が硬くて胡坐10分で足が痺れる人間ですので、このイスは開門前の過ごし方に革命的な進化をもたらしてくれると確信しております。同じような人には特におすすめです。新聞とか超読みやすくなる。これ導入によって今までより1時間は早く開門前に並んでもいいかなって気になった。

そんなこんなで今日の大会。お祭り的大会という事もあって色んなイベントが開催されてたとか。そのイベントの中の1つであるフェイスペイント。フェイスペイントとかこの時代に誰がやるんだよとか思ってたら、大人の皆さんも結構してた。笑。Jリーグ初期の文化だと思ってたけど、案外そうでもないのかね。

試合はというとPK負け。ヤットはコロコロから蹴り方変えてから外すのは2回目?この蹴り方を続けて相手にもうコロコロはないと思わせといて大事な試合でコロコロ帰りする作戦?とか想像してたりする。ただ、コロコロが最近は観れなくてちょっと寂しい。と、いうか運動量ガクっと後半落ちてたみたいだけど体調は大丈夫かいな。今年に限ってはガンバの試合を休ませて万全な体調でW杯に行かせてあげたい気持ちも少しだけある(ホントはバーレーン戦を前半だけ起用とかにするのがいいと思う)。

PK戦は運の要素が強いとはいえ藤ヶ谷が前節から当たってたから正直勝てると思ったんだけど。しかし、藤ヶ谷は反応が鋭くなってる気がする。新GKコーチ・ジェルソンの練習がいきなり効果をもたらしてるの?昨年と今年で練習にどんな違いがあるか知りたいもんだ。それとも別の何か要素がある?体脂肪率落としたとか・・・・真央ちゃんもそれでジャンプが安定したとかしないとか・・・。

相手もある事だけどチーム全体の出来としては水原戦の方が良かった。選手・監督の試合後インタビューの通り攻撃面のバリエーション&精度がまだまだ。今日はルーカスがFWじゃなくMF起用という事もあってバイタルエリアでのスムーズさは欠いた。ジェジンはコンディションはそこそこ良さそうだけど、クロスの質が低い&相手センターバックコンビに空中戦は抑え込まれてたので佐々木を入れてクロスを連発しても鹿島相手には厳しかったかも。チーム全体の連動性が上がるまではフィニッシュは個人の能力に頼りたいところやけど、ゼ・カルロスは未知数&太りすぎで、ペドロもまだダメで、ジェジンは1人で打開するタイプじゃないし、ちょっと苦しい。やっぱりここは平井&宇佐美に期待したい。今日は見せ場は少なかった2人だけど宇佐美に関してはやっぱり1人で打開するようなプレーをついつい期待してしまう。フタがコンディション良さげだし、ルーカスがFWに入る場合はスピード感のある平井か宇佐美のどちらかをスタメンにして欲しい。強豪との対戦が続くから若手には厳しいけど頑張って欲しいね。

最後に鹿島は相変わらずの攻守の切り替えの速さ&カウンターの精度はさすがだし、イジョンスが加わった事で守備力もかなり上がったような印象を受けた。岩政との相性は分からないけど、空中戦含む対人の部分でジェジンもかなり抑え込まれていたし、かなり手ごわいイメージをもった。MFの新外国人が本物なら今年も強いわ。対戦がある5月までにうちも戦力整えなければ。

来週からが本番。私も年末ぶりに大阪に戻ります。昨シーズン終盤にもらった美味G横丁の割引券使います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/248-6fd1d01e