Jリーグ第33節 VS 鹿島アントラーズ

Jリーグ第33節

鹿島アントラーズVSガンバ大阪
         5-1

得点者

55分:FW 13 興梠慎三     60分:MF 10 二川孝広
58分:MF 8 野沢拓也
62分:FW 13 興梠慎三
85分:FW 9 田代有三
89分:MF 11 ダニーロ


鹿島スタジアム

いや~完全に力負け。去年のAWAY鹿島戦でも自力の差があると感じたけど、その差はまだ縮まっていないみたいやね。もちろん今日の試合は勝つしかない状況ゆえの1-5というスコアなので、このスコアほど差がある訳ではないけど、チームとしての完成度・成熟度の差は残念ながら確実にある。すごい外国人を補強してどうなるような感じでもない。チームとしての成熟度を高めていかないといけないと痛感しました。

この試合でいうと絶対に与えてはいけない先制点が大きく、ミス絡みの2失点目で一気に緊張の糸が切れた感じに見えた。4失点目、5失点目はともかく、3失点目の失点のシーンがそう感じさせた。1点返した状況だっただけに耐えて欲しかったし、あの3失点目が事実上の終了のホイッスルに近かった。前がかりになるのと守備を疎かにするのは似ているようで違うはず。DF陣は怪我の影響もあったのかな。まあ、逆にいうとそういう試合のポイントをおさえてしまう鹿島は強いねという最初の結論にもなってしまうんだけど。

前節の清水戦後のエントリでペドロのイージーなボールロストがチーム全体の流れを悪くしているという事を書いたけど、今日は流れどころか失点に直結してしまった。ペドロがボールをこねた時にチャンスが生まれる事は少なく、シュートを打てる場面でも完全に抜ききろうとする悪癖を連発。抜ききれないのを自覚したようなダイブ(シュミレーション)まで飛び出す始末。あれはかばえない。タイプ的に残しておきたい気持ちも分かるけど、今日の内容からいって後半頭から or 後半10分が交代のタイミングだったね。西野の契約延長時の会見じゃないけど、MFとFWの連携の差が今日の鹿島との差とも言える。

今日の試合の数少ない見所は途中交代のジェジン・ミチ・ザキさんの気持ちが入っていた事。この試合に向けてサブでもモチベーション高く準備してきたのが伝わってきて嬉しかった。次節は出場停止や怪我で今日の途中出場した3人は出場のチャンスは高いと思うけど、出てきたら応援したい。全員移籍の噂が多少出ている選手だけど、来年も一緒に戦って欲しい。

シーズンは天皇杯は残っているけど、とりあえず次が最後。今年は結局万博にはあまり行けなかったけど、ラストは試合の価値とか関係なくお疲れ様を言いに参戦します。

最後に一言だけ・・・「ハム焼き」美味しかったです。

P.S.今日は東京駅発の鹿島スタジアム行きのバスが鬼の行列でした。ちなみに僕は8時15分くらいに並び始めて乗車できたのは9時半頃で到着は11時半頃・・・(サポ仲間には2週連続でご迷惑をおかけしてすいません!)。ただ、スタジアムに到着するとすでに大量のガンバサポの皆さん!みんな、どうやって来てるの?

東京駅バスターミナル
午前8時半頃の東京駅バスターミナルの様子

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/238-27dd037b