【ACL決勝観戦記】 浦項スティーラーズ VS アル・イテハド

今週はナビスコ決勝・ACL決勝と2つの決勝戦を観戦させてもらったけど共にナイスゲーム。ただ、ナビスコの方はゲーム以外の部分が目立っちゃってFC東京の記事が少ないのがちょっと可哀想というか残念というか。例の表彰式の「メダルをすぐ外す」とか「森の悪態(笑)」は悪い事には間違いないけど、見慣れている光景でもあったからここまで問題が大きくなったは正直意外な感じも。もう準優勝チームの表彰をやめたらいいんじゃないのとも思うけど、勝者と敗者のあのコントラストもナビスコ決勝の魅力の1つって事なのかね。しかし、賞金5000万返金はクラブにとっては大きな痛手だろうけど、勇気のある決断だと思うわ。返ってきた5000万円は何かしら目に見える形で使用して発表してもらいたいところやね。まあ、totoみたいに来年に繰り越しでも面白いかもしれないけど。笑。

で、もう1つの決勝であるACL決勝に行ってきました。



2009ACL決勝

浦項スティーラーズVSアル・イテハド
            2-1

ACL決勝

お客さんが入らなくてヤバいみたいな情報もありながら結果は25000人強。きっと相当数のチケットを無料配りしたはず。実際、お金払って見た人って20~30%くらい?言い過ぎ?モノ好きな私は発売日に購入したのですが、先週~今週とあらゆるところから「ACLのチケット余ってますけどいります?」って話をもらったもんな・・・。読みが甘かった・・・・。なんかちょっと損した気分だったし。苦笑。

しかし!!BUT!!試合内容は十分チケット代分の価値があるナイスゲームでした!アジアNo.1を決める試合だと海外に見せても恥ずかしくない内容だったんじゃないでしょうか。両チームともアデレードユナイテッドよりは強かったという事だけは間違い。ガンバ大阪がもう一度ACLチャンピオンになるという事がそんなに簡単ではないという事を再確認させていただきました。

この試合が充実した要因として基本的な事だけど「単純なミスが少ない(ゲームが切れない)」「ファールをもらいにいくプレーが少ない(すぐこけない)」、「フェアプレー」が大きい。トラップ・パスの技術が共に高くて、クロスにしてもJリーグでよくみかけるふんわりクロスやゴールラインを越えちゃうクロスは1試合で数本程度。試合全体がスピーディーで無駄なバックパスが少ない。特に前半のアルイテハドはクサビのボールが入ってからの連続したダイレクトパスが非常に効果的でチーム全体がよく連動してた(リードされてからは焦っちゃった)。なんとなくの雑なプレーが少ないし、なにより運動量があんまり落ちないので中だるみがなく90分緊張感が続いた好ゲームになりました。

個人能力ではアルイテハドの方が高いのは明らかでドリブルのスライドやシュートの球筋が東アジアの選手と違う。ただ、浦項も韓国らしい球際の強さというか体を張った部分で守備面はさすがでした。勝ったのは浦項だしね。個人的には右サイドバックの2番の選手がMVP。後半ロスタイムまで全速力でのアップダウンを繰り返して、攻撃では確実にクロスまで持っていくし、特にクロスの球筋が早くて鋭いのが素晴らしい。Jリーグのアジア枠もっと真剣にすカウティングすればいい選手はまだまだ沢山いそうな気がする。アジアは広い!

(今後はどうなるか分からないけど)この決勝もACLの特徴であるお互いの良さを消しあうというよりも出し合う展開で充実の試合内容でした。来年も絶対ACL出たいぞ!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

コメント

エンドーベナユンスティービさん>大阪からACL見るために国立に行かれたのですか!?それはなかなか熱いですね。万博はシーズン終盤という事で盛り上がっているみたいですね。TVごしでも伝わってきましたよ。あと、3試合盛り上げていきましょう!

またお邪魔します。

実は僕もACL決勝メインスタンドで見てました。
今年この舞台に立てなかった事の悔しさを目に焼き付けるために見ようと。

結果、やはりガンバはここに来るべきだと思い、来年は日本チャンピオンとしてここで戦いたい、という思いが強まりました。
その夜の夜行バスで万博に向かったのですが、応援にもいつも以上に力が入りました。

あと3試合、最善を尽くすのみですね。

37ちゃん>やっぱり・・・・。まあ、たくさんお客さん集まった方が選手も燃えるだろうしいいか。

でかい事言えるのも今だけやろね。クラブW杯ではあの戦力では厳しいやろね~点が取れないと思うわ~。

うちもACLの決勝はタダ券組です…まあバイトで行けませんでしたが。。

てか浦項の監督がでかい口たたきまくりでうざいです!!!!!笑
勝ったからっていい気になるなー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/234-be8ff7ea