Jリーグ第30節 VS 横浜F・マリノス

Jリーグ第30節

ガンバ大阪VS横浜F・マリノス
      0-0


痛い。この試合のドローはどんな展開であっても痛いはずなのに試合は実に淡々と終わってしまった。後半になってもお互いにそこまでのリスクを取らない展開で決定機どころかシュート数も少ないゲームになってしまった。この時期にこんな試合はしちゃいかんだろ・・・。凡戦だったね。マリノスとガンバじゃ置かれている状況が違うのだから、相手のペースに合わせて試合してる場合じゃない。こういう大事な試合で本来の攻撃的な姿勢を出せないと優勝は厳しい。ACLとナビスコを逃している悔しさをもっとリーグ戦にぶつけて欲しいのに全然気持ちを感じなかった。気負いがないのはいいんだけど、勝ちたい気持ちまで落ち着かせちゃいかんわ。

攻撃的という意味では高木の左サイドバックは厳しい。下平も天皇杯の出来を考えると絶対レギュラーという存在じゃないので、守備の安定をまずは考えた時の選択肢として高木というのはOKだと思うんだけど、左足でのプレーが心許無いのでビルドアップに苦戦するシーンも多々あるし、オーバーラップしても左足でのクロスがないからリズムが一歩遅れるし、相手にもプレーが読まれてる。攻撃のリズムを失わせている要因の1つかなと。前節はミキッチ対策の意味もあったのかなと思うけど、今節に関しては特に注意すべき選手はいないからね。サイド攻撃に力がある清水・鹿島を見据えての配置だったりするんかね?その前に勝ち点失っちゃったら元も子もないし、大一番で相手に合わせてシステムいじっちゃった結果は負の歴史しかないと思うんだけど。まあ、推測だけど。後半の守備固めのオプションができたという意味ではこの2試合が後々意味のあるものになるかもしれん。

この試合は前半のガンバの時間帯で決めれたなかったのが全てだろうね。数本取られたうちの1本でもオフサイドじゃなかったらなぁ・・・タラレバ・・・。相手の中澤・キムの初センターバックコンビがしっくりくる前に1本取れればダメージも大きかっただろうし、前がかりにならざるをえない相手の裏をペドロで突くという理想的な展開もできたんだけど・・・タラレバ・・・。ここ数試合で先制点取られているのが少し消極的な姿勢を生んだかな。ヤットの不調もあってパスが上手く回らなかったのもあったし、相手が引いてきた事もあったし、ここはあえて高さと高さのガチンコ勝負でジェジン投入でも面白かったかなという・・・結果論です。G-magazineのジェジンインタビュー読んで、若干ジェジン贔屓になってます。去年の天皇杯・播ちゃんバリに最後の最後でチームを救うのが一年苦しんできたジェジンって展開はアリだと思うんだけど。

明日川崎が勝ったら勝ち点差4か・・・・やっぱり痛恨のドローだな・・・。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/232-4b950568