Jリーグ第23節 VS 名古屋グランパス

Jリーグ第23節

ガンバ大阪VS名古屋グランパス
      2-3

得点者

14分:MF 7 遠藤保仁        72分:FW 17 巻佑樹
41分:FW 9 ルーカス        81分:FW 11 玉田圭司
                     89分:MF 8 マギヌン


こんばんわ。こ~@久しぶりに試合後、2ちゃんねるが見たくなりました です。いい試合した後にこんな試合しちゃったら台無しだわ。試合巧者とは真逆の試合。これだけ敗因が沢山ある試合も珍しい。とりあえず解説の山野さんはピクシーにペコペコし過ぎである事はまず指摘しておきたいし、ヘラヘラと「3位目指して頑張ってください」と言われる筋合いはないわな。

と、まずは解説者への八つ当たりからスタートした今回のエントリ。ロスタイムの松代のプレーをスルーするのは不自然なので、あのプレーから。きっと本人も前回対戦のミスを意識してて、失点の前もヤットのバックパスをミスキックしてるし前回の対戦同様に大きなミスをしてしまいそうな前兆はあった。失点後、腰をおさえているシーンや誰か(審判?)に対して怒っているシーンが映っていたけど完全に本人の判断ミスである事は明らかで言い訳ができるプレーじゃないし、擁護もしたくない。前回対戦のミスを取り返そうという意識がポジティブではなくナーバスな方向に向かってしまったのは残念。0-2から2-2という難しい展開ではあったけど、ナーバスになる事もあの場面での判断ミスもキャリアあるベテラン選手のプレーじゃない。この試合だけではなく安定感というところからは離れたプレーが続いていたし、ロスタイムでのミスが2回目という事もあってチームの信頼的にも次のチャンスはないかもしれないとすら思うプレーだった。次節は木村にチャンスをあげて欲しい。

ただ、敗因をあのプレーだけに求めるのは松代が可哀相で、それ以外の部分では監督の采配力の差は感じた試合だった。巻の投入もさる事ながら、佐々木を入れた後に阿部をぶつけて佐々木を消した事も的確だったし、下平のサイドをスピードのある津田で狙い撃ちしたのもしたたか。アレックスがいなくなってサイド攻撃の脅威がなくなっちゃうんじゃないの(巻の脅威が半減しちゃうんじゃないの)とか楽観視してた自分は素人です。全ての交代がよく考えられていて連動していると感じたし、交代で流れをもってこれるのは大きい。対するガンバは佐々木の位置を代えるとか、やられてる下平のサイドに対して何も対策を打つ事なく効果的とは思えない交代枠を2つ使って終了。結果、下平がまた悪い癖であるキックフェイントに対してジャンプするという軽すぎる守備からPKを与えて同点。2-2から攻めに出ないといけない場面でも佐々木が抑えられていて、下平が攻め込まれている状態では交代出場のジェジンを活かすクロスも出てこず、名古屋とは対照的に選手交代で逆に機能不全に陥って終了。スペースつき放題の打ち合い状態になっているんだから裏に抜けれる播とか、もしくは武井でゲームを終わらせるという選択肢でもよかったのでは・・・結果論だとはいえ采配力の差は認めざるをえない。選手交代で流れを変えるというのは選手の力量だけじゃなく、使い方やタイミングにも大きく左右される事を改めて勉強させて頂きました。ピクシー今夜は旨い酒が飲めるはず。

ただ、この試合通じてダメダメだった訳じゃなく、前半は良かった。前節の前半同様にルーカス・レアンドロの2トップが機能している事もあって2人の関係を中心に良い形をつくれてた。3バックの裏も上手くつけていたし、無駄な横パスも少なく長短のパスを絡めた攻撃ができていて、気をつけるべきは自陣でのパスミス(自陣ではもうちょっとセーフティなプレーが多くてもいいと思うんだけど)くらいで、前半20分位までは完璧と言っていいくらい。名古屋は新メンバーや新システムをそこまで機能していなかったからガンバの中盤での守備もはまってハーフカウンターも数回あったし、脅威は玉ちゃんがボールを持った時くらい。相手の流れになりかけた時間帯でカウンターから追加点も取るという完璧な試合運びで試合巧者ぶりを発揮していたのだけど・・・後半に1点取ってゲームを終えるべきゲームだった。本当に逆境に弱いというか引き分けでも全然次への気持ちが違ったのに。

このいい形ができつつある攻撃もレアンドロがいなくなった時はどうなるか全く分からないし、後半の運動量が落ちる事が続くのであれば次節の期待感は薄いなぁ。根拠はないけど、レアンドロの心が離れる試合になってしまった気もする。来週は試合前に浜松のうなぎ食べて元気付けてからエコパ行こっと。連敗の時より気が重くなる敗戦でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/221-d69cfe2e