2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 日本VSオーストラリア

P1000048_20090215005600.jpg

いや~久しぶりの更新。Jリーグがシーズンオフって事もあるけど、最近は土日も出張ばっかりで全然休みがなかったんだな。ブログの更新はおろか、ガンバオフィシャルのキャンプレポートのちゃんと読めてなかったからね。ただ、出張先でヤットの本「自然体」は読んだよ。3時間くらいで読みきれるから皆さんも是非!けど、日本一忙しいJリーガーのヤットはいつあの本を書いたんだろうねぇ~。

そんなこんなで久しぶりに日本代表の試合を見てきました。日本代表の試合を生観戦するのは07年に長居で行われたエジプト戦以来。W杯予選を見るのは初体験でございます。W杯予選はTVでも見たり見なかったり程度の関心しかないけど、オーストラリア戦だけは別やね。W杯予選で唯一興味をそそられるカード。運良く(?)同じ組に韓国もイランもいないし、実力伯仲の試合はこのカードしかないからね。多くの人も僕と同じなのかこの日の横浜国際(日産?)スタジアムは超満員。ミーハーながら生俊輔、生松井に期待してしまった。(長谷部は別。橋本出せ。)

試合の感想は「オーストラリアそんなに強くねぇ~」。最近はサッカー関連の情報をあんまり取れれなかったから、横浜までの移動中エルゴラで予習してたんだけど、それを読む限りオーストラリア超強いの!!「ケネディは絶対止めれません」「ケーヒルにまたやられます」みたいな。笑。気持ちは多少分かるけど、どのメディアもオーストラリアを語る時ドイツW杯の事ばっかり持ち出して、アジア杯で勝った試合をあまり取り上げないのはなぜ!?実際に試合始まってみればケネディはラスト数分まで出てこないし、コンディションの問題か全然走れてないし、高さもそこまで脅威ではなく、セカンドボールも日本が結構取るし・・・・「あれ?これ勝てるな~」って。そんなオーストラリア相手でも勝てなかったから引き分けという結果でも叩かれちゃう訳で。2位でもW杯に出場できるんだから、引き分けという結果はそこまで悪い事ではないと思うんだけどね。1位通過がマストみたいな報道多いけど。

「決定力不足」という言葉が今回も頻繁に登場してるけど「決定機」と呼べるシーンがいくつあった?決定力不足の一歩前段階に問題があるように感じたけど。あんなボールポゼッションしてたのに完全に崩したってシーンは数回。スーパーなFWがいない以上、超決定機を何回も作るしか日本の道はないと思うんだけど、普通のプレーを淡々と続けるだけで何のリズムの変化もないまま。あれでは決定機はつくれない。バイタルエリアでのアイデア全然ないよね。俊輔がボール持った時くらいしか得点の予感しなかったもん。攻撃に変化をつけられるはずの松井もイマイチで途中で代わっちゃうし。日本にケネディがいれば今の攻撃でもいいんだろうけど、日本には玉ちゃんしかいないんだから。この問題はフタを召集するしか解決策はないな。

W杯はいけるやろうけど、ベスト4はおろか予選で1勝も微妙じゃね?ニューヒーローが登場するのはあまり期待できそうにないから個人的には高原とか稲本、小笠原、小野あたりの復調に期待してます。私、隠れ黄金世代ファンですから。高原と播戸の2トップみたいもん。スカパー!の「ゴールデンエイジ」見た直後に書いてるからそ~思うだけかもしれんけどね。笑。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/183-5ff1ab4b