【読書感想】「BBBビーサン 15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅」

こんばんわ。2週間ぶりの更新。この2週間で色々Jリーグもニュースがあったけど、個人的な一番ビックニュースはツネの神戸移籍かなぁ~。出場機会を求めての移籍だからガンバに戻ってこないのは仕方ないとはいえ、数年前までクラブのシンボルであり続けた選手が他のクラブのユニフォームを着ているのは全然想像できん。けど、この移籍にネガティブなものは全く感じない。神戸で頑張って欲しい。ツネ自身も話してたけど、サポーターにとってもツネはガンバにとって特別な選手だし将来的にはガンバに何らかの形で戻ってきてくれると信じてるけどね。色んなクラブを知ることは将来のガンバにとってもいいことだ!・・・と長期的な視点でこの移籍を捉えてみました。とりあえず今年の神戸戦はレアンドロがツネをちんちんにするんでヨロシク!

で、今回は読書感想。推薦図書ではないのであしからず。Jリーグがない週末は寒いのもあって家に引き篭もって本を読む時間が長くなっております。

「BBBビーサン ~15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅~」 竹田総一郎

B(ビール)B(ボール)B(貧乏)がテーマの観戦(旅行)記。15万円という編集部から与えられた限られた予算で目的地に行き現地のサッカーを観戦&実戦(プレー)する事で感じた事、思い出した事をダラダラと書いてある本。サッカーの本というよりは旅行日記に近いかも。吉崎エイジーニョの二番煎じ感は正直ある。ぶっちゃけ吉崎エイジーニョの「俺もサッカー海外組になるんだ」の方が断然面白い。ただ、この手の本好きなんだな。サッカー旅行とか楽しくない訳がない。色々外国での苦労はあるんだろうけど、その苦労をもろともしないサッカーへの愛情がどっちの本からも溢れてる。向こう見ずな感じが、サッカー馬鹿な感じに強い共感を覚えずにはいられない。このブログも戦術うんぬんというよりはこういった旅行記テイストな内容に変化していきたいとは思ってたタイミングでであったのもよかった。

この作者は本文から読み取るにそれなりのプレイヤーだったみたいでこの本でもプレイヤーとしての視点がメイン選手としての自分がまだ色濃く残っていて、それがこの本の特徴でもある。ただ、サポーター(見る側)としてのキャリアが少ないゆえサッカーの見方が非常に偏ってるし、他の人のサッカーに対する考え方(見方)を受け入れるキャパが小さい頑固な印象。勿論、応援している特定のクラブもある訳じゃなく、サポーターに対する理解はない。というかサポーターという存在が嫌いみたい。サポーターとしての立場もプレイヤーとしての自分と同じくらい大きくなった自分にとっては違和感を感じる文章もたくさん。本文中にJリーグについて書いた章があるんだけど、この章だけで他の面白い章が台無しになった気もした。

Jのサポーターについて

「オフサイドもベッケンバウアーも知らないサッカーかぶれたヤツらが、詐欺でもないのにオレオレと真似事のサンバを踊っているスタンドに抱いた嫌悪感くらいだ。Jリーガーにはなりたかったけど、あいつらに応援されるのは嫌だ、とすら思っていた。(中略)あれはスポーツじゃなかった。Jリーグというお題目のただの興行だった。(中略)2000円も3000円も出してオレオレするくらいなら、WOWOWやスカパー!に入ってエビス飲みながら自宅でヨーロッパサッカー観てたほうが楽しい。(中略)競技者としてサッカーやってきてた人は少なからず思っている気がするのだけれど、「こいつらホントにサッカーわかるのか!?」と彼らを疑ってかかってしまう。」(中略)でも、知らないのはまだいい。もっと根底にあるのは「ホントにサッカー好きなのか!?」という疑問だ。

日本語の乱れはともかく、偏見というかなんというか・・・。ブログだったら炎上するであろう内容。体僕自身この章の途中で本を捨てようかと悩んだ。どうしてそんな風に思うのか理解できないけど、こんな風に考えているJリーガーがいたらサポーターとしては辛いね。何をもって「サッカーをわかる」なんて書いているんだろう。何をもって「ホントにサッカー好きなのか!?なんて書いちゃうんだろう。戦術がわからなかったら声を出して応援したらダメ?興行としてJリーグを見たらダメ?そんなの自由でしょ。僕自身ゴール裏に位置どってホームもアウェイも遠征するようなガチガチのサポーターとしてのキャリアはまだ数年だけど、作者ほどのキャリアはないにしろ選手として見ていたJリーグよりサポーターとして見ている今のJリーグの方が何倍も楽しいけどね。サッカーではなく地元を応援しているみたいな感覚でJリーグを見るのも全然ありだと思うんだけど。というか、Jリーグの理念ってそういうものも含めているんじゃないんかな。

作者がサポーターというものに不信感を抱くようになったのはゴール裏で応援を強制された経験がきっかけらしいけど、それは他でもよく聞く話。あえて2つに分ける表現をするのであれば「サポーター」と「ファン」の温度差は大きく、最初は戸惑う事もあるでしょう。ただ、その戸惑いがきっかけで熱く応援する事を嫌いになるのは本当にもったいない。作者はある意味被害者なのかもとは思った。

作者は鹿島サポの弾丸ツアー(05年VSガンバ大阪)に参加する事でサポーターに対する認識を少し改める。最終的には弾丸ツアーの参加者を見てクラブ愛、サッカー愛を感じて、ビールを飲むため、ストレス発散・・・さまざまな理由でスタジアムに集まるサポーターを良しとして、Jリーグはもっと面白くなるという文章で締められているんだけど、どういう理論でその結論に達したのか不明。開幕時のサポーターとの比較をしているけど、過去のサポーターもクラブへの愛が全くなかった訳ではないだろうし、クラブ愛・サッカー愛とビール・ストレス発散がどうつながるかが分からない。ちゃんと明記されている過去のサポーターとの比較として、サポーターのハーフタイムの会話のレベルがあがった事を書いているんだけど、こんな事を書いているあたりまだまだ偏った見方しかできないんだなと思った。ハーフタイムの会話のレベルなんてどうでもいい。Numberとかサカダイのコピペみたいな会話をして欧州とJを比べながらサッカーを冷めた感じで観る奴より、りサッカーを全然知らないけど一生懸命声だして応援している奴の方が好感を持てるけどね、俺は。

この章の最後にあえてという前置きありでJリーグは海外と比べて愛が足りない。拡声器を使って応援するのはみっともないとかあるけど、お前には言われたくね~。海外にいって色んなサッカーのありかたを知っているはずなのになんで母国のリーグをそんな風に見ちゃうんだろうね。より良いものになって欲しいという願いもあるんだろうけど・・・海外サッカーはJリーグと比べてそんなに魅力的なのかな。1回欧州行きたいね。

論理的であるなしはともかくも自分の意見がしっかり出ているのはこの本の特徴。Jリーグの章以外は同じサッカープレイヤーとして同意するところも多く楽しめる。海外での出会いやプレーを通じて、サッカーを通じて自分の人生を省みたり、これからの人生を考えている記述は他人事ではないような気もして考えさせれた。海外に出ることで自分が日本人である事に気がつくのはよくある話で、外に出る、普段出会わない人と会うとか殻を破る行動をする事で色々再発見・成長というか自分の考えが整理されていくんだなと改めてこの本を読んで考えさせられました。サッカーあんまり関係ない結論になっちゃってるけど。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

コメント

37ちゃん>おつかれ~。まあ、面白いところもあるんだけどね。Jのところがひど過ぎるんだわ!ただ、Jの事をこう思っている人もいるんだな~と勉強になりました。『股旅フットボール』はあるよ~。地域リーグのやつね。基本苦労話ばっかりだけど、あの本には夢がある!!笑。トトで6億当たって生活に苦労しなくなったら、ああいう世界で働くのもいいよね。

開幕はフクアリだね。関東サポとしては開幕戦が関東というのはありがたい!まあ、次節のホーム開幕も行くけど!

酷い本だってのは伝わってきました!!笑
あっ、宇都宮さんの『股旅フットボール』って読んだことありますか?うちはあの本がめちゃ好きです☆(゜∀゜)

エイジーニョさんとは微妙なつながりがありますwww
ちなみに以前エイジーニョさんがコロコロPKやってた時のGKはサークルの先輩です☆\(^O^)/笑


開幕戦がフクアリという噂です!!!!めちゃくちゃ楽しみです♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/182-104175c9