天皇杯5回戦 VS ジュビロ磐田

天皇杯5回戦

ジュビロ磐田VSガンバ大阪
   1-3

得点者

1分:FW 11 西紀寛         16分:MF 16 佐々木勇人
                     54分:DF 5 山口智
                     75分:FW 30 山崎雅人


リーグホーム最終戦VSレッズの試合開始1時間前に水曜日の天皇杯について書いております。あ~辛い。と、言いますのも私、流行に乗り遅れることなく風邪を木曜日からひいて熱を出しておりまして・・・。金曜日は気力とバッファリンの力を借りて出社したものの土曜日に病状悪化でございます。ホントは朝の新幹線で行こうと思ったんだけど寝込んでおります。今もブログを書いている時間があれば寝るべきなんでしょうが・・・今日はおとなしくスカパー!観戦にします。あ~楽しみにしてたのにな~。

で、天皇杯ジュビロ戦。うちはBSは入らないので漫画喫茶観戦。ジュビロはリーグ戦にむけてメンバーを落としたという事なんだけど、メンバーを見る限りこの日のメンバーの方が本来の力を出せるなら強いんじゃないのという印象。ただ、この日の試合に関してはガンバにとってはありがたい事にその考えは当てはまりませんでしたが。後半はバテたのかジュビロは完全に足がストップ。ガンバDF陣の足が止まったプレーから生まれた数回の決定機もゴンちゃん決められず。MFはともかく一瞬のキレやスピードで勝負する場面が多いFWは高齢者には厳しいポジションだと痛感。あそこまで体の軸がぶれちゃってると厳しいなぁ。プレー以外の貢献度が高いんだろうけど、ゴンちゃんがジュビロにいつづける事とジュビロの現在の状況は無関係ではない気がするけどな。

総評としてはミスの多い凡戦といった感じ。共に集中力を欠いた緊張感のまるでない試合。水曜日の天皇杯5回戦でお客さんも少なくて、相手チームは残留争いに気持ちが完全に向いていて、ガンバは疲労感たっぷりで・・・そりゃこんな試合になるわな。別に全くチームを責めるつもりはないけど、メディアが報じるような「天皇杯(ACL出場権)に対するモチベーション」はそこまで感じないけどね。優勝してすぐ来年のACLのモチベーションを高めるってものすごい大変だと思うけど。CWCで頭がいっぱいです!の方が自然な気もする。次の名古屋戦を勝ちだすと本格的に元旦を意識しはじめる事ができるのかな。

そんな試合の中で気を吐いたのは佐々木。途中出場が多いのもあってかこの時期になってもプレーに疲労感がない。プレーにキレを感じる。右に左に縦横無尽。早いクロスに加えてシュート意識、精度も高い。こういう形で世代交代の波を感じられるのは素晴らしい事。MFは不動の4人みたいになっているけど、バリエーションが豊富に越したことはないし、MFでレギュラーの座を本格的に脅かすような存在が出てきた事はここ数年で初めてじゃないの?年齢的にも佐々木はまだまだやれるし、こうやってチームは変わっていくんだな~と。毎年天皇杯はそんな事を考えさせられるのです。去年はミチ、今年は佐々木、来年も誰か出てきてほしいね。来年あたりから次世代の主力が見え始める事を期待しましょう。

さっ、レッズ戦を観戦する準備にはいるか。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/170-0964df84