Jリーグ第30節 VS 清水エスパルス

Jリーグ第30節 

清水エスパルスVSガンバ大阪
        3-1

得点者

38分:MF 8 枝村匠馬           75分:FW 18 ロニー
47分:MF 8 枝村匠馬
50分:FW 23 岡崎慎司


いい試合をした後の試合で気の抜けたような試合をしてしまうのはサッカーではよくある事。ACL準決勝を1つの山として戦ってきた中で清水同様カップ戦のファイナル前の試合といっても緊張感はガンバの方がなかったかな。ある意味致し方ないところもある。この試合がACL決勝ではなかった事を逆にポジティブに捉えることにします。コンディションの差もあったし少し休んで心身共に万全の状態で決勝に挑んでくださいな。

今日の試合。一言でいうと「淡白」。攻撃に関しては少ないタッチ数でパスは綺麗に回り続けるんだけどラストパスの部分での精度やアイデアの乏しさ。悪いときのガンバの攻撃で回しているだけ、ポゼッション握っているだけの攻撃。勝負をかけるようなプレーをする選手も少なく決定機が少ない試合となってしまいました。このあたりに変化をつけれるヤットの存在の大きさを感じちゃう。あと、気になるのは播ちゃんがシュートを打てる場面で相手を抜ききろうとする(いい体制でシュートを打とうとする)シーンが何回かあった事。あれはらしくない。

守備に関しても珍しく智が飛び込んで抜かれるシーンが2回もあったり粘り強さは全く感じず。全体的にチクハグな内容に終始。それに拍車をかけたのがミネイロの投入。あの点差で逆転を狙うために「なにかやってくれるかも」と感じるミネイロの投入を否定する事はできないけど結果的には何もできず。明確にこういうプレーをしてほしいという希望をもって投入した訳じゃないだろうけど・・・。佐々木を入れて流れが良くなってきただけに普通にチン君投入で畳み掛けた方が良かったような気はする。ミネイロは基本残り5分のパワープレー要員で。

まあ、今日の試合は忘れよう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
同意していただける所があれば投票お願いします!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/164-36398dd4