Jリーグ第29節 VS ジュビロ磐田

Jリーグ第29節

ガンバ大阪VSジュビロ磐田
            2-1

得点者

16分:MF 17 明神智和           13分:MF 24 松浦拓弥
89分:FW 30 山崎雅人


決勝ゴール直後、喜ぶ選手達&ゴール裏サポーターを背景に西野ガッツポーズの背中。ヤバイ・・・かっこいい。あのシーンをパソコンのデスクトップの背景にしたい。きっと水曜日もヤバイ景色を見れるんだろうな。あ~楽しみ。取りあえず水曜の激戦に備えて木曜日は午前休申請してきた。

で、ジュビロ戦。ガンバがこの日の勝ち点3で「優勝前線に生き残った!」と盛り上がっている一方で今節の敗戦でガンバと同じ勝ち点のレッズが「優勝絶望的」と各メディアに書かれているのを見て少しさめてしまうのですが、ACL出場圏内の順位を確保するという意味では川崎も負けて、名古屋も引き分けている結果を見るとこの勝ち点3は大きい。プレッシャーに苦しめられつつある名古屋にも大分にも十分追いつける。川崎・レッズとは直接対決がある。まあ、鹿島は簡単に負けなそうな気もするけど・・・苦笑。とりあえずベスト3目標で!リーグあってのACL!来年もACLに出るために!

ただ、どうしても水曜日の試合に向けてという目でこの試合を見てしまったのは事実。2トップの組み合わせが一番西野監督も悩んでいるんじゃないかな。ジュビロ戦の2トップであるロニー・ルーカスの組み合わせはいくら西野監督がゴールへの意識を要求したとこで2人とも基本は足元で欲しがる選手。裏へ飛び出すFWがいないのはチームの攻撃のバリエーション的にも相手守備陣に与える恐怖心的にも微妙でしょう。かと言って、後半出場した播ちゃんが良かったかといえばそうではなく・・・。ザキさん・播ちゃんの2トップではレッズ相手にはタメが作れない事が判明しているし。そういう事を考えるとスタメンはキープ力もあり途中からMFというオプションもあるルーカスと裏への飛び出し担当の播OR山崎かな。ザキさんはスーパーサブとか言われているけど後半から出場して嫌なのは播ちゃんな気もする。う~ん、結果も出しているし山崎・ルーカスかなぁ。

あと、頼もしいのは佐々木が最近は途中出場でコンスタントに自力を発揮し始めている事。去年の天皇杯で山形と対戦した時に感じた彼のポテンシャルは間違ってなかったんだって実感してる。独特のリズム・スピードを持っているし、なにより積極性がめちゃくちゃあるから周囲に特徴を理解されつつある今、ガンバの中で一番試合の流れを変える事ができる選手になってる。播・佐々木ときてラストのカードの切り方が重要だろうな。ミネイロなのか寺田なのか倉田なのか武井なのかロニーなのか。

ところで、メディアの情報だけ見るとレッズはチーム状態が悪いようで。ただ、そんな事言いながらACL第一戦はすごい集中力見せてきたしな。内容無視で試合に勝ってしまうのがレッズ。闘莉王のヘッドですべてぶち壊してしまうのがレッズ。土曜の神戸戦見てても細貝・相馬がいないのはアドバンテージだと感じたけど、油断など一切ナッシング!なぜかベンチを外れている天敵・永井が出てくる可能性もあるし、チーム状態が悪いときこそサポーター含め力を発揮してきそう。

もうやるしかない!
 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/162-8f4fb5bc

敵状視察 ACL準決勝 ホーム ガンバ大阪戦

リーグ戦のアウェー千葉戦で惨敗し、ACLアウェーのガンバ戦で踏ん張りアウェーゴー