ナビスコカップ準決勝第2戦 VS 清水エスパルス

ナビスコカップ第2戦

ガンバ大阪VS清水エスパルス
            2-3

得点者

11分:FW 18 ロニー                3分:MF 28 山本真希
79分:FW 9 ルーカス               46分:MF 8 枝村匠馬
                            55分:MF 8 枝村匠馬


自暴自棄になってしまいそう。試合終了の笛を冷めた気持ちで聞いたのは何年ぶりだろう。なんでこんなに勝てなくなってしまったのか。何もできないチームになってる。気持ちで取ったルーカスの2点目すら虚しい。相手には毎試合いい部分を出されて主導権を握られ、自チームのいいところは封印される。てか、今のガンバのストロングポイントってどこなんだ?攻守ともに高さも早さもない。特徴だった効果的とはいえない横パス連続のポゼッションすら出来なくなってる。1対1の球際では負け、運動量でも負け、試合のどこに勝ちたい気持ちを見出したらいいの。勝ち続ける事でチームは成長するけど、負け続ける事でチームはここまで脆くなるのか・・・。

今はどのチームにも勝てる気がしない。一番欲しいタイトルのACL決勝トーナメントを前にして不安しか感じる事ができない。1つ1つのプレーがマンネリで打開する2つ後3つ後のプレーが全くイメージできない。選手個々の能力が他のクラブの選手と比べて劣っているとは思わないけど、他のクラブの選手は迷いなくノビノビプレーしているように見える。自分の特徴を出し切るチームとしての戦い方をしているように見える。ガンバはその逆。特別選手層が薄いとか質が低いとかいうチームじゃない中でここまで勝てないのは何か変えた方がいいのかもね。何を変えるかとなるとまず思いつくのが監督って事になるのかなとは思うけど、よくも悪くも今のガンバは西野が作り上げてきたチームだし最後の大舞台であるACLが終わるまでは西野監督でいってほしい気持ちもある。いきなり監督更迭したところで来シーズンまでは優秀な監督を呼べないだろうし。ただ、ACL決勝トーナメント第2戦まで負け続けるような事があるなら真剣に降格争いもありえるので、監督を更迭する事で負の流れを断ち切る必要はあるだろうね。って、ACLベスト8で負ける事なんて考えたくないけど。

まあ、切り替えるしかないわな。流れの中で2点取れた事を復調の兆しだと思い込もう。メンバーは揃ってきてる。播ちゃんが本格復帰して裏へ動きがチームに戻ったら全てが好転するって信じてる。笑。ミチが怪我からか五輪燃え尽き症候群か不調を引きずっていたり不安な面もあるけど、一番大切なのは自信でしょう。次節は今シーズン好調の名古屋だし、ここに勝つ事で自信を取り戻して再スタートしたいよね。どうやって勝つかは見えないけど。もう何が悪くて、何が良くてとか分かんない。苦笑。誰か今日の試合を冷静に論理的に分析して敗因を教えてください!次節は久しぶりに俺も大阪に帰省中という事で3月以来の万博参戦だし万博での勝利を見せて欲しい!いや、見せろ!!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/151-c6ddd525