Jリーグ第23節 VS コンサドーレ札幌

Jリーグ第23節

コンサドーレ札幌VSガンバ大阪
         3-3

得点者

11分:FW 10 ダヴィ           27分:DF 5 山口智
30分:MF 15 クライトン         33分:MF 8 寺田紳一
44分:FW 11 アンデルソン       71分:MF 17 明神智和


何と言っていいのやら。少なくとも「チームが苦しい時こそサポーターが応援しようよ!」みたいな事を言える気持ちではないね。これでリーグを捨ててACLとナビスコに集中する決心がついたと考えれば今日のドローも意味があるように思えて・・・・こないわな。

久しぶりに3点取ったと言っても1得点目はGKのミス、3得点目はDFのミス。58分には相手に退場者が出て30分以上数的優位があったのにドロー・・・・。前半にあった決定機をバレーばりにルーカスが外し、セットプレーでは相手をフリーにし、競り負け・・・。ネガティブな面ばっかりに目がいくのは負け続けているからです。ひねくれてきているのです。チームから負のオーラを感じているのは俺だけ?一時期、ロスタイムに失点しまくっていた時の心境に似てる。ロスタイム、勝ち越し点よりも失点の恐怖に怯えていた私。どうやらここ1ヶ月間の情けないガンバの試合を見続ける事で弱者のメンタリティが植えつけられてしまったようです。

プレーに積極的も工夫も激しさも感じられない。同じプレーを繰り返していたら同じように負けるだけ。どのチームのギリギリのところで力を発揮してくる。1つ1つのプレーに激しさとか積極性を感じる。そういうプレーの積み重ねが土壇場でのゴールにつながってる。ガンバは技術でそういう激しさとか積極性をカバーしてきてたけど、カバーしきれなくなってる。最下位の札幌でギリギリ引き分けって現実がよく表してる。バレーの存在は技術的なところより、チャンレンジしないチームにおいて積極的にリスクを犯すプレーをするという面で大きな役割を果たしてた。相手を背負っている状態で前を向こうとしたり、無謀な位置からシュートをしたり・・・。そういうプレーは時と場合によっては必要だと思ってる。けど、今は誰もリスクを犯さない。犯せない。

例えば、ミチは去年のブレイクで今年はどの相手も2枚つけてきて徹底的に縦を切ってくるから勝負すらできない状況。この状況を逆手にとってのプレーはリーグ開幕から約半年の今でもまだ決定的なものはなく、オーバラップしては横パス、バックパスの連続。これではチームとしても個人としても彼の能力の半分も出せてない。ここでミチがアーリークロスなんかを覚えたらまた縦へ勝負できるようになる。逆サイドに佐々木というお手本がいるんだし。あのタイミングを学んでほしい。常に何か新しいものを生み出さないと勝ち続ける事はできない。

ガンバは相手の良さを消すというよりは自分達の良さを出すサッカーをしてるだけに余計新しいものが必要。そこを本当は新加入選手に求めたい。ルーカスは器用貧乏というかプレーの幅は広いんだけど、どのプレーもスペシャルじゃない。ゴール前でも足元にボールを欲しがるくせにバイタルエリアでのプレーの質はそこまで高くない。ゴール前での動きの少なさはどうなんだろう。逆に佐々木は一時期(今も?)批判されてたけど、今やゴールの匂いがもっともするプレイヤー。佐々木みたいな発見がどんどん出てくれば活性化する。在籍は長いけど、チン君も新しい力として後半戦期待したい。足下ばっかりでボールをもらいだがる選手が多いチームの中でゴール前で大きなフリーランニングは効果的だったし、ここに同じくフリーランニングの動きが素晴らしい播ちゃんが入ればもう少しスムーズに攻撃できると見込んでいるんだけどね。チンは今のチームでは外せない選手。あとはフィニッシュの部分をロニーが担当してくれれば・・・期待していいものなのか。

ナビスコで決勝に進出する事でもう一度勝者のメンタリティを取り戻して欲しいし、復帰する播ちゃんにはチームに厳しさとか激しさをもたらしてくれる事を期待して1週間を過ごします。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

まさくん さん>コメントありがとうございました。返事が遅れて申し訳ないです。仕事が忙しくて・・。まさくんさんが長文で今のチームの弱点をたくさんあげている事からも分かる用に今のチームは本当に弱いです。間違いなくガンバは今のJリーグで一番弱いでしょう。なんでこんなに急に弱くなってしまうのか・・・・。横浜Fマリノスの例を見てもタレントが揃っていてもチームなんて案外もろいもんなのかもしれません。自信を失っているようにも見えます。焦りも感じます。何か悪循環に入っているような気もします。ナビスコで決勝に行く事によってなんとか今の悪循環を一回止めたいもんです。ACLの前に。

全くもって同感です

お考えに全面的に賛同します。
まず、中澤はミスが多すぎる。毎試合ミスをして、しかもそれが点につながってます。今のガンバでは、最初からハンデを持ってるみたいなものです。先週の福元も不安定でしたが、まだ可能性を感じます。
スタメンから外すべきです。高さはありますから、パワープレー対策要員として、しばらくは外から見させればいいと思います。
GKはどうしようもないですね。片やキャッチングに難あり、片やハイボールに不安・・・。
このオフの最大補強ポイントですね。日本代表や代表候補くらいを引っ張って来ないとあかん位にさえ思います。
若手も本当に若年寄り(?)みたいなこじんまりとしたプレーに終始しています。
若いんだから、失敗恐れずにチャレンジ!みたいな気持ちが全く感じられません。
ミチ、下平、倉田、平井、岡本・・・みんな素質があるのに失敗を恐れて安全なプレーに終始しています。そんな状況では、この局面も打開できませんよね・・・。リスクをおかさないと点は入りません。
下平なんかは千載一遇のチャンスを何度も貰ってたにもかかわらず、結果を出せなかった。スタメンはまだまだ無理やな~というレッテルが貼られてしまいましたし。
この負の連鎖を断ち切るには、勝ち点3と思ってました。スランプのバッターがポテンヒットをきっかけにスランプを脱出するみたいに・・・
最下位札幌なので期待してましたが・・・ガンバは私が思う以上に重症みたいですね。
今シーズンを戦いながら、チームの体質改善、構造改革なども進めていく必要性を強く感じずにいられませんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/148-d052e4fe