FINA男子水球ワールドリーグ2008を見てきた話

P1000029.jpg


こんばんわ。こ~@さよならレトルト晩飯生活です。と、いう事で明日は日本ダービー。サッカーでいうところのナビスコカップ決勝って感じでしょうか。最近、ジョッキーの間でガンバユニが流行っているのが少し話題になっていましたが、それを今夜の日本ダービー関連のニュースで実感。全国ネットの地上波番組でガンバユニ姿の福永・川田と連続で杉本さんからインタビュー受けてるんだもん!!マジ目を疑った!!しかも、川田騎手に関してはアウェイユニ!!笑。もうこれは明日買うしかないでしょ!!最初は勝負服がガンバユニに色が似てるからという理由で武のブラックシェルにしようかなと思ってたけど訂正!明日は福永騎手のモンテクリスエスと川田騎手のアドマイヤコンドの2頭を軸に買わしていただきます!よろしくお願いします!東京競馬場のある府中はこないだ暗闇祭とかいうお祭りに行った時に近所のお寺に参拝してきてるし明日は勝つ気しかしね~!

P1000027.jpg
暗闇祭の様子

話は変わって、水球のお話。

昨日金曜日は珍しく平日休暇をいただいたので東京は千駄ヶ谷駅下車すぐの東京体育館まで水球の国際大会を見に行ってきました!余談だけど、千駄ヶ谷は間違いなく会社の最寄り駅以外なら一番下車した回数が多い駅。なんかこの駅でばっかり降りてる気がする。国立競技場やディスコパンツなんかもこの駅だしね。で、再び水球に話を戻すと、この大会に勝ったらワールドカップとかに出れるとか大会の意義的なものは全く不明。けど、大会出場チームを見るとアジア・オセアニア地区の国ばっかりだったから、きっと予選的な意味があるんでしょう。けど、そんなのはどうでもいいんです。水球ってどんな感じのスポーツなんかなって事が分かれば今日は十分なのです。ルールも見ていればなんとなく分かってくるのです。

17時15分会場到着。この日は17時半から中国VSイラン。19時から日本VSニュージーランドの2試合。チケットは全席自由席で一律2000円。誰が見にくるんだろう?と買った自分でさえ思っていましたが、予想通りというか1000人位のキャパシティのうち埋まっているのは全体の4~5割。そのうちの7~8割が無料チケットもらったのか水球部の学生ジャージ軍団と関係者。その人たちは運営側の人間とも会話していたりて普通にお客さんとして来た自分はものすごく疎外感を感じたのは言うまでもありません。笑。それでも、7時からの日本戦が始まるまでにまでぞろぞろと会社帰りのグループ客が7割くらい観客席は埋まってたのは意外。告知もそんなにしている大会じゃないし、TV放送も深夜にBS朝日のみでニュースでもやってないのに皆どこでこの大会知ったんだ?知り合いでも出てるの?ちなみに今日行われた日本VS中国の試合のチケットは完売だとか!えっ?密かに水球ブームくる?今までの人生で水球部に所属していた人に出会ったことないけどね。年代的にサッカーばっかりなもんで。

P1000028.jpg


試合はバスケ的な感じで進んで8分を4回やる。4クォーター制とでもいうのかな?半分の2クォーター終了時にコートチェンジ。で、ルール。攻撃中のチームは30秒以内に1回シュートを打たないといけなくて、打たないと相手ボール。接触時にファールがよく取られてたからファールの基準もバスケに似てる感じかな?サッカーでも同じだけど少しアバウトなところがあって、同じような接触プレーでもファールの時とファールじゃない時があるんだな。で、人数は7人制。GK1人。チームを見分けるのはキャップ。キーパーは違う色。

コートが小さいのと水中でのプレーだからGKの守備範囲が狭いのとでゲームは大量得点のスポーツみたい(けど、シュートはあんまり打たない)。ちなみに中国VSイランは16-2で中国勝利!日本VSニュージーランドは16~18-8~9で日本の勝ち!(アバウトですいません。苦笑)ただ、運動量は前回の車椅子バスケ同様かなり必要。水上のサーキットトレーニングと言わんばかりにクロールを敵陣に自陣に繰り返す繰り返す。さらに敵とのフィジカルコンタクトやボールコントロールが加わる、と。

応援もバスケ風で攻撃時と守備時の応援が違う。これはバスケと同様そんな簡単に攻守が切り替わらないからこそ。なぜか守備時の方が応援が盛り上がるんだな。コールリーダー的役割を果たしているのはDJでもテレビ局スタッフでもなく観客席にいる学生水球部ジャージ軍団というのも特徴。学生ノリというか皆で大声だして楽しそうにしてました。けど、応援もワンパターンで単調だし、となりの学生軍団の声が途中からうるさく感じてきて試合途中で萎えた。少しだけゴール裏の雰囲気嫌いという人の気持ちが分かった気がした。笑。まあ、そんなこと思いながらも運営者から配られた日本国旗を振って応援してたけどね!

全体的な感想としてはDOスポーツとしては面白そうだけど、SEEスポーツとしては水球は向かない。だって、写真見てもらっても分かるとおり水面には基本頭しか見えないから誰が誰かわかんね。笑。一応、スイミングキャップに番号は書いているんだけど、あの小ささじゃ見えない!無理!このスポーツは水の中まで映せるTV向きかな。それに自分がサッカー人間だからか1点の重みが低い大量得点のスポーツは熱くなれない。バスケも水球も守備の重要性が軽んじられてるスポーツは好きになれない。あのルールだと完封なんてありえないからね。実力差もはっきり出ちゃうし、第一試合の16-2なんて試合は興行として成り立っていないでしょう。途中からイランの選手の気持ちが切れた事もあってマジ眠たかった。もうコールドゲームでいいよって感じ。ゴールが決まった時は各国オリジナルのカッコいい音楽が流れるんだけど、イランだけめっちゃ陽気な民族音楽がかかるのがお気に入りで応援してからこそ余計。

あっ、そうそう!試合前のメンバー紹介の際に選手のニックネームを観客席でコールする時間があったの。例えば佐藤太一選手なら「タイチ」って感じ。「ホッシー」「ケンヤ」「アキラ」と順調にきて残るは監督!「最後は監督!ゴラン・サブリッチ!せ~の!」「さぶちゃん!!

さぶちゃんはマズくね?一応、監督なんだし。笑。しかも、インタビューの雰囲気見る限り「さぶちゃん」ってキャラクターじゃ全然ないし!笑。

よかったらどうぞ。日曜日(6月1日)まで開催されています。



応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/129-74304b45