Jリーグ第10節 VS 名古屋グランパス 

Jリーグ第10節

名古屋グランパスVSガンバ大阪
         1-2

得点者

33分:MF 29 小川佳純                24分:FW 18 バレー
                              69分:FW 18 バレー


こんばんわ。こ~@豊田スタジアムで傘失くした です。試合当日は夏を思わせるような強い日差しが降り注ぐ晴天に恵まれた(?)のですが、いかんせん出発が前日の夜、雨の東京だったもんで傘を持ってきていたんですね。試合後は満足感と疲労で座席の下においてた傘の事なんてすっかり忘れてた。あぁ、傘1本しか持ってないのに・・・これから梅雨なのに・・・。まあ、コンビニの300円傘ですけどね。まあ、気をとりなおして名古屋遠征の事を書いていきます。今日はゴールデンウィーク最終日という事でブログもゴールデンウィーク仕様の写真たくさん豪華版でいかせていただきます。

今回は夜行バスで6時半頃名古屋駅到着。去年のアウェイ名古屋戦では名古屋城とひつまぶしを堪能させてもらいましたが、今年も名古屋を堪能させていただきました。まず向かったのが「喫茶・マウンテン」!名古屋は喫茶店の文化があるらしいのですが、その中でも一番有名なお店だそうです。いわばキング・オブ・喫茶店。マウンテンがキングたる所以はまず、ボリューム!そして、常識にとらわれないメニュー!通の間ではマウンテンでご飯を食べる事を「登山」、食べ残してしまう事を「遭難」と言うとか。実際、マウンテンに向かう途中でデザートサークルの様な集団にあったのですが彼らの会話の端々に登山がどうのこうの、遭難してしまうからどうのこうのと作戦会議をしておられました。彼らはメニューを熟知しているらしく、誰々が何を担当するかまで決めていました。笑。全員メガネのインテリ系であり、少しぽっちゃりの体つきからも彼らがデザート百戦錬磨の集団である事は安易に想像つきましたが、そんな彼らでさえマウンテンのメニューには恐れを抱いている様子。俺に完食する事はできるのか・・・結果、できませんでした。1人名古屋の友人を招集していて、2人で1つのメニューに挑んだにも関わらず僕達は「遭難」しました。GWという事もあり結構混んでいて注文からテーブルに商品が届くまで30分くらい待ったのにも関わらず完食できなかったのは悔しい。ちなみに周りのテーブルの人達はガンガン食べまくっていました・・・恐るべし名古屋県民!!(観光客が多そうだけど~)ちなみに僕達が食べたのは友人のY君いわくマウンテンで一番スタンダードなメニューだという抹茶の甘口パスタ。

P1000016.jpg
生クリームとかのってるのに麺が熱くて・・・正直、僕は苦手な味でした。苦笑。

食事後、友人と別れ豊田スタジアムへ!開門ギリギリに到着後、久々の再会の関西ガンバサポの皆さんと合流。豊田スタジアムは初参戦という事もあってアップ開始時間までスタジアム内を散策。傾斜もあるし、キャパもあるし、いいスタジアムなのにW杯はここでは行われていないんだね。もったいないなぁ~。スタジアム内にはレストランとかもあって(試合日以外も営業しているらしい)贅沢なスタジアムな事。色んなスタジアムにいけばいくほど大阪にも専門スタジアムが欲しくなる・・・。豊スタの写真はこちら。

P1000015.jpg
ゴール裏はこんな感じ。

P1000013.jpg
綺麗なスタジアムだ。

P1000012.jpg
見てください、この傾斜。東尋坊か豊スタか。

一通り見学を終えるとスタジアムグルメを。今回はこんなん食べました~。

P1000014.jpg


テンション上がって買っちゃったけど、これ多分去年も食べてる・・・。普段夕食で100円の卵にするか130円の卵にするかで悩んでるのに平気で500~700円するご飯買っちゃうもんな~スタジアムの魔力はこえ~わ。

で、試合。主審は西村。加地さんがマギヌンとのマッチアップにやる気満々なのを試合開始直後から感じながら応援スタート。

サポーターの僕ですら試合前から強い日差しでバテ気味だった位なので(前半途中から日陰になった)、選手達にとってはかなり過酷な状況での試合。共に過密日程。ガンバは更にACLで長距離移動もこなしている。明神が自ら休養を申し出たみたいですが、他の選手も同じくらい疲労はたまっているでしょう。前節の大宮戦の内容を見てもこの試合はかなり厳しいものになる事は安易に想像できたし、事実、内容はおおかた予想通りの展開。耐えて耐えて勝った。タフなゲーム。タフ過ぎて自分が試合したみたいに疲れた。後半残り10分はマジで永遠の様に長かった。鹿島戦、名古屋戦と後半が長く感じる試合が今年は多い。もうDF陣がギリギリ耐えてる感じ。中澤、山口をはじめとした気持ちの入った守備には感動したよ。今年は守備で泣ける。今のガンバが勝つとしたらこういう勝ち方しかなかったのかもしれないね。前回のエントリとは矛盾するかもしれないけど、後半の守備固めの水本投入も致し方なしと言ったところかな。この状況で追加点を取りに行かせるのは確かに酷かもしれん。

名古屋はいいサッカーしてた。サイドに人数をかけてサイド突破するのが攻撃のメインなんだけど、各選手が自分の役割を理解してて徹底されてる。ある意味でシンプルなサッカーで、シンプルな分フィニッシュの形が見えるんだわ。ゴールから逆算された攻撃って感じで見てる分にもやってる分にもゴールが期待できるサッカーだよね。まあ、ヨンセンありきなサッカーのような気もするけど、杉本みたいなノリノリなジョーカーも持ってるし序盤の連勝も納得。杉本に1回ぶっちぎられたときは心臓が止まるかと思った。運が良かったのか、山口の最後のスライディングが効いたのかクロスバーに当たったシュートは勝負の分かれ目のプレーだったね。あれ決まってたらガンバきっと終わってた。

ガンバは対照的なサッカーだった。仕方ない部分もあるけど、シンプルとは真逆の攻撃。疲れからか足元足元にボールが入るし、余計な手数をかけまくり。ラストパスもアイデア乏しいし。チャンスになるのはバレーに縦ポンのロングボールが入った時だったり。そんな攻撃ばっかりは疲れるし、相手に読まれるし、つまらないしだけど、現状ではそういうシンプルな攻撃が一番得点を感じる。播ちゃんが裏じゃなくて足元でポストをうける回数が多かったけど、裏でもらってこその播ちゃん。バレーが相棒って事もあってのプレーだったのかもしれないけど、交代出場の山崎が豊富な運動量で裏のスペースでボールをもらいはじめてから少しガンバの攻撃にリズムが出始めた様に無理にプレースタイルを変える必要はないんじゃないかな。播ちゃんにはフィニッシュの部分を期待したい。よくも悪くもバレーはあんな感じで得点を重ねる選手だし、イージーなゴール前のフィニッシュの役割をバレーの相棒には期待したい。てか、バレーの相棒って難しそうだな。プレーの引き出しから考えると適任はやっぱりルーカスかなぁ~。

まあ、今はどうこういう時期でも状況でもないか。ただただ耐えて頑張って欲しい。新戦力も出て欲しい!ACLは体力的にも絶対次で決めて欲しい!とりあえずの結果を出して時間的余裕ができたら攻撃面はもちろん、守備面も相手2列目に対する守備とか、前からの追い込みとか気になる点の改善というか、全体的な連動した動きの構築の練習をして欲しい・・・って、今年そんな時間あるんかぁ?苦笑。ガンバの選手の皆さん、是非無事に1年間過ごしてください。

試合後は名古屋名物味噌煮込みうどんを食べて東京へ帰りました~。帰りのバスはさすがに少し寝れました。
P1000011.jpg


あぁ、楽しい遠征だった。名古屋はいい思い出しかないべ~。また来年もお邪魔します。


P.S.お土産はういろう。大好きなんだな、この食べ物。本当は虎屋のういろが一番好きなんだけど売ってなかった。だから、今回は1本800円近くする高級なやつを買ってかいりました。ういろうって当たり外れがあるお菓子だと思うんだけど、これはさすが800円もするだけあって美味しかった☆けど、キングオブういろうは虎屋だな。たまに関西でも討ってるんで是非食べてみてください!

P1000017.jpg
高級そうでしょ?

P1000018.jpg
中はこんな感じ

P1000019.jpg
更に中。過剰包装な気がする。苦笑。



応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

コメント

37ちゃん>お疲れ~!例のごとく返事が遅れてごめんよ。

渋滞とかはまったく問題ないよ。まあ、深夜だしね。渋滞して2~3時間遅れても到着8~9時だしね!来年もあるし来年行ったらいいよ!!

けど・・・豊スタは遠いから正直もういいかな・・・。笑。

遠征おつかれさまでした!!タフな試合を見るとこっちまで疲れますよね。。


夜行バスで行ったんですね~。渋滞とか平気でしたか?そう考えるとやっぱり行くべきだったな~と思い悔しいです。。(´`)苦笑

来年は普通の時期に@トヨスタを期待しまーす。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/123-b63bbf61