ACL グループリーグ第2節 VS 全南ドラゴンズ

ACL グループリーグ第2節

全南ドラゴンズVSガンバ大阪

       3-4

得点者

4分:18 FW Victor Simoes            30分:MF 10 二川孝広
27分:8 MF KIM Taesu              53分:FW 11 播戸竜二
60分:8 MF KIM Taesu              58分:MF 13 安田理大
                             76分:FW 11 播戸竜二


こんばんわ。3月も下旬となり4月からスタートする東京での新生活の日が近づいてきました。それは同時に今の生活との別れが近づいているという事でもあり、最近は「○○会」や「○○式」、「○○コン」などの集まりで大阪での生活中お世話になった人々にお別れの挨拶をする機会が増えてきている日々でもあります。「終わりよければ全て良し」なんて言葉がありますが、実は逆で別れる友人達との最後の時間が楽しければ楽しいほど別れは辛いものです。逆に話したい人とあまり話せないまま終わったり、伝えたい事を伝えられないまま終わるのも辛いです。こういう時に限って受身になったり、素直じゃなくなる自分がいますね。しかも、俺シャイだし。笑。ケータイやSNSとかで昔よりは世界は小さくなっているんだろうけど、環境が変わればやっぱり会う機会も減るのが自然の流れ。ここは1つの節目でもあるし、今伝えなければならない事はしっかり伝えなきゃなと思う、今日この頃であります。まあ、こうやって少し未練を感じているのは裏を反せば幸せな環境・時間を過ごさせてもらったのかもしれないな、とも思いますね。なんか春のケータイCMで出てきそうな話書いているな俺。笑。あっ、今は酔ってないですよ。

と、いう事で今日は序盤戦つまづいた事でいきなり迎えた前半戦の山場、ACLグループリーグ第2節全南ドラゴンズ戦が韓国で行われました。本来なら僕も韓国の地で熱く応援する予定だったのですが、前にも書いたように予定と予算にあう航空券が取れずに断念、無念。スカパー観戦。こんな試合を生で見れるなんて現地組が本当に羨ましい!!応援お疲れ様でした!声かなり聞こえてました。しかし、あのスタジアムのガラガラさにはビックリしたわ。万博超えてた。

結果に関しては、ホッとしてます。2005年のチームを見ているかのような不安定だけど魅力的なゲーム展開(バカ試合)。ただ、このゲーム展開はここ3試合そこまで不安視してなかった守備陣の軽い崩壊がもたらしたものなので05年の時とはチームのスタイルや状況が違う事もあり素直には喜べません。だって、0-2になった瞬間は言葉を失ったよ。固まったよ。目を疑った。ACLがこんなところで終わってしまうのかって・・・。イージーなミスから与えたファールのFKを決められるって弱小チームの負け方。今シーズンのガンバはこんな状態のまま続いていくのかって絶望しかけた。悪いとは言い切れないんだけど、2失点目のFKを与えた智のファールとかヤットもそうで、ゆとりを持ちすぎてのプレーは危険だわ。かと言って、セカセカとクリア連発してしまうのはガンバではないので難しいところではあるんだけど、その辺のメリハリは周りの声とかで上手くつけて欲しい。繰り返すけど、今日は守備陣が不安定だった。めずらしく智はミスでモロ2失点に絡んじゃったし、中澤は相手のロングボールをパンパシの頃からワンバウンドさせる。ハッシーはほとんど抜かれているのにぺナエリ内でリスクの高い足の出し方しちゃってPKもらっちゃったし。やっぱりハッシーの右サイドはない。攻撃面で縦に勝負できない時点で個人的にはサイドバック起用はないし、守備面でもPKを与えたり、寄せがあまくて強いシュート打たれたり、そこまで効いているとは思わない。試合中の選手交代に伴ってハッシーの位置をボランチから違うポジションに変えるのはそれなりにこなせるので有効かもしれないけど、最初から使うほどハッシーのサイドバックが優れているとは思わないな。ポリバレントだけど、どのポジションも高いレベルでこなせるポリバレントではない。無難にプレーしてくれるから使いやすいんだろうけど、弱点がない代わりにハッシーを右に置く長所もない。今日の試合は勝ち点3を取りに行くつもりだったんだし、点が取れないチーム状況だったんだから、右は攻撃での活躍が期待できる佐々木を置いて欲しかった。てか、こういう時に使いたいがために右サイドのスペシャリスト佐々木を獲ったんじゃないの?

まあ、なにはともあれ今シーズン初勝利を喜ぼうじゃありませんか!この勝利がきっかけにチーム状態が上がってくれればいい。試合後の選手の喜びようを見ても、1勝までに苦しんだ分試合に対する心構えとかチームの団結力とか上がるかもしれないし。今日の試合を見てもフタの1点からチームが動き出して、播ちゃんの同点ゴールで完全に勢いついたしね。前半途中までとは対照的に一歩踏み出せば今年もガンバはやっていけるって後半は思ったよ。俺都合いいな~。笑。後半の動きの量が増えて連動し始めたチームを見て「これだよ~!ガンバはこれだよ~!」って少しの懐かしさと共にガンバのサッカー見たときに感じるワクワク感甦ったわ。だから、3点目が入った時点で勝利を確信した。PKで同点くらっても見てるこっちとしては全く動揺しなかったし、絶対勝ち越せると思った。そういう気持ちになる試合って年に何回かあるね。普通はネガティブに感じる後半途中のDF投入の選手交代もポジティブに捉えれたし。あとは、山崎の守備での頑張りも本当に頼もしかった。技術もあってキープもできるし。元々、主にクローザー的とでもいうか、今日の様な試合展開で使われるために獲得したのかなと思っていただけに、その期待通りの活躍でした。山崎って何か妙に頼もしいオーラある。顔恐いし。同じFWで山崎のライバルでもある播ちゃんは試合にかける気持ちが今日は空回りする事なく播ちゃんファミリーのミチのアシストも受けて2得点と結果を出した。ムードーメーカーが点を取るとチームが乗るのが外から見ていてもわかる。播ちゃんの得点はゲーム的にもチーム的にも大きいよ。もちろん播ちゃん自身にとってもこの試合にかけていただけに意味あるゴールだわ。前節調子の悪かったフタも今日はいい流れ生み出してた。あのフタの点がなかったらどうなってたか。トラップの時点で勝負あり。シュートをイメージしたトラップでシュート意識の高さを感じれたのが嬉しかった。ミチのクロスも狙ったのかたまたまなのか播ちゃんに合いまくりで、狙ってるなら精度がかなり上がってるから今後数年間のガンバのかなり強力な武器になりそうな予感を感じさせてくれたよ。やっぱりクロスは早いタマだね。点も取ったし。比較的年齢が高い今のチームにおいては勢いとか思いきりのあるプレーを与えてくれるミチは貴重だって再確認したわ。

多分、今日は播ちゃんとかミチをMOMに選ぶ人が多いと思うんだけど、僕は藤ヶ谷をおします!0-2の時間帯に迎えた相手FWとの1対1(スローインでミチが裏取られたのに誰もカバーにいなかったシーン)を防いだシーンは実は今日のポイントだったのでは。0-2からの逆転劇はありがちな展開な訳で0-3になっていたらモチベーション的にも試合は・・・ACLは終わっていただろうなと。安定感に加えてファインセーブが最近連発し始めるようになったのは本当に頼もしい限りです。あと、密かにヤットのイエローカードをもらったプレーは好きです。少し荒れ始めた時間帯だっただけに戦う気持ちが感じられた激しいあたりは相手に気持ちで優位に立たれない意味でも意義あるイエローカードだったなと。

やっと今シーズンがスタートしたって感じですかね。バレーの不振とかも含めて課題もありますが、一歩進めたことは間違いない。これからこれから。

P.S.久しぶりに「これもあれも書きたい症候群」になりました。思っている事をダラダラ書き並べただけのまとまりのない文章ですいません。しかも、誤字脱字だらけでした。気がつき次第訂正していきます。


もしよろしければ投票クリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ 


コメント

37ちゃん>返事がかなり遅れてごめん!!忘れていた訳じゃないんだけど、今週はかなり忙しくて~すいません!!

「勝ったから言えるけど・・・」これこそガンバのサッカーでしょ!笑。韓国遠征は痛かったけど、多分行ってたら今頃破産してたわ。苦笑。新生活お金かかるわ!!(;□;)

この試合を見て、
「これだよ!これ~!」

って同じく思っていましたw勝ったから言えることなんだろうけど…汗
ガンガン攻めて、取られたら取り返す。そんなガンバが好きなのかもしれないです☆
この調子で攻めまくって、守備を安定させてJでも波に乗ってほしいです♪(*´∀`*)

いや~ホント遠征断念は痛かったですね。。><

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/112-62bd7f0e