屈辱を経て -藤ヶ谷陽介選手の献身について-

試合後、サポーターに手を振りながらベンチに戻る藤ヶ谷の姿に感情が溢れ声が出なくなった。何度だって別れを経験してきているはずなのだが、特別な感情にさせられた。私達は知っている。ピッチ内だけでは計れないチームへの貢献度や、素晴らしい人間性を。


藤ヶ谷への愛で溢れた2017シーズン最終節

同じく今節で引退するFC東京の石川直宏は試合後のセレモニーで自分に関わる全ての人への感謝を語った。誰かのサポートがあってこそ自分が輝くことができる。サッカーに関わらず人生において真理だろう。怪我をしたからこそ発することができたであろう素晴らしいスピーチだった。

そんな石川直宏のスピーチを聞きながらキャリアの晩年は“サポートする側”の時間が長かった藤ヶ谷のことを想った。代表的なものはガンバに2度目の移籍をしてきてから務めた「セカンドキーパー」としての立場だ。過去にはGKのレギュラーを争う中で都築と松代が口を利かなくなった事例もあるが、ライバルのミスは自分へのチャンスと同義である世界でセカンドキーパーとしての立場を受け入れることはもっと評価されていい。東口が調子を落とした時期、ハーフタイムや試合後に藤ヶ谷が寄り添い励ましているシーンを見たことは一度やニ度じゃない。ライバルと切磋琢磨して高めあうアプローチもあると思うが、セカンドキーパーが自分の味方でいてくれる安心感は東口の充実につながっているはず。

「ガヤる」という心ない言葉が流行った時期もあった。味方であるはずのガンバゴール裏からも罵声が飛んだ。相手サポーターからは藤ヶ谷のスタメン紹介時に拍手をされる屈辱もあった。一番苦しかった時期に彼の味方はいなかったのではないか。私も批判をしていた記憶がある。そうした苦しかった経験がキャリアの晩年、セカンドキーパーとしての立ち振る舞いにつながっているのだとすれば……何と感謝を伝えればいい。本当に強い男とはああいう人間のことを差すのだろう。藤ヶ谷選手がガンバ大阪で引退を決めてくれたことサポーターとして誇りに思う。

試合後、鳴りやまぬ藤ヶ谷コールが少しでもセカンドキャリアを歩み出すサポートにならんことを。

関連記事:涙とベテラン -浦和レッズ戦-