【読書感想】「スポーツ都市戦略 -2020年後をみすえたまちづくり-」(原田宗彦)

東京五輪開催が決まってから頻繁に語られることが増えた「レガシー」という言葉に敏感になっている。五輪自体よりも五輪後にこそ楽しみがある。期待がある。スポーツを通じて町が活性化し、人々がつながる社会。言葉にするとなんとも抽象的だが、真剣に考える価値のあるテーマだと思う。

振り返ると、自分の人生における財産はスポーツ(サッカー)を通じて多くのものを得た。例えば、サポーター活動を通じて出会えた人々、行くことができた場所、こうやって文章を書き続ける習慣は今の自分にとってどれも大切なものだ。実体験としてスポーツの魅力や力を知っているからこそ余計にスポーツを利用した社会つくりに興味が出る。スポーツを通じて変化した街を想像しただけで気持ちが明るくなる。

スポーツ都市戦略

■スポーツがもたらす可能性

そうした自身の経験もあり、スポーツ文化を広めたいと常々思っている。その魅力を多くの人に知ってもらいたい。そのためには論理的に理解しなければという想いで本書を購入した。このジャンルの第一人者である早稲田大学の原田宗彦先生が国内外のあらゆる具体的な事例を用いながらスポーツの力が分かりやすく丁寧に紹介されていて理解しやすい内容になっている。特に各地方のスポーツコミッションの活動事例などは普段は得にくい情報だと思うので興味深かった。

また、都民的には東京五輪関連の情報が気になるが、本書では世界の先進都市の中でも東京は都民のポーツ参加率がここ数年で急上昇していることが紹介されている。これは特に国や東京都がスポーツ施設を建設した等のアプローチがない中での数字であり、東京五輪後に環境が整った時への期待感は膨らむ。社会人になっても、会社や家族以外の人とスポーツを通じて地縁ができるメリットはサポーターの我々であれば知っている。

いい施設ができればスポーツ合宿や大会開催の誘致などスポーツツーリズムの分野でも街を活性化できる。Jリーグを例に考えると、今後はサポーターを対象にした「観るスポーツ」と「するスポーツ」を組み合わせた旅行ツアーを検討しても面白いかもしれない。他クラブサポーター間の交流が増え、より日本らしい平和なリーグに発展する可能性だってある。

スポーツの可能性は大きい。家、会社、そして、スポーツ(施設)。楽しく生きるためにはサードプレイスが必要だ。

関連記事:【書評/読書感想】「国際スポーツ組織で働こう!」(つくば国際スポーツアカデミー・アソシエーション編)




【書評/読書感想】「J2&J3フットボール漫遊記」(宇都宮徹壱)

子供の頃は当時全盛期だった金子達仁氏の本を読んでプロサッカー選手の表と裏を知ることに夢中になった。学生時代後半は村上龍氏をはじめとする作家のサッカー観戦エッセイで多角的な視点での観戦術を知った。そして、社会人になってからは今回紹介する本の著者である宇都宮徹壱氏からサッカーを文化として捉えることを学んでいる。

宇都宮氏の本を読むのは「フットボールの犬」「股旅フットボール」「フットボール百景」「サッカーおくのほそ道」につづく5冊目。「J2&J3フットボール漫遊記」ではJ2・J3クラブの現在地がそれぞれのクラブが抱える課題や歴史をふまえつつ紹介されている。クラブと行政の関係性、ゴール裏のジェネレーションギャップ、クラブ施設、ライセンス、人事…etc.

注目点は各章の最後に記載されている【付記】。記事が書かれた「その後」が書かれているのだが、現実は厳しいことを痛感する。インタビューで夢を語っていた監督が解任されていたり、状況が悪化していたり。これがリアル。サッカークラブは夢を語るだけでは生きていけないことを痛感させられる。



■自治体とスタジアム

2017年7月17日(祝)、渋谷の書店で開催された「J2&J3フットボール漫遊記」の出版イベントに参加してきた。テーマは本書の裏テーマでもあった「自治体とスタジアム」について。登壇者は著者の宇都宮氏、ちょんまげ隊のツン氏、サッカー漫画家&愛媛サポの能田達規氏、Jリーグクラブ勤務経験豊富な長岡茂氏、「今そこにあるサッカーを愛せ」ロック総統という日本サッカー界のメジャーとアングラが混ざる面白いメンバー。一見イロモノなツン氏やロック総統は経験談をベースに話すので臨場感と説得力があるし、初めて生で観た能田氏には出版物との本人のキャラクターのギャップに驚かされた。特に能田氏の愛媛愛からくる愛媛批判トークは無双状態で場が大いに盛り上がった。そこに論理的な宇都宮氏&長岡氏が加わり、意外にバランス良い座談会となった。


会場はBOOK LAB TOKYO。参加費は900円

スタジアムについては考えさせられる話題が盛りだくさん。ギラヴァンツが北九州のミクスタの指定管理者ではないという事実がある一方で、FC今治やいわきFCのようなクラブ(企業)主導で専スタを前提としたクラブづくりも存在するというクラブ間のスタジアム利用に対する温度差。Jリーグクラブの地域への影響力を過信する自治体もあれば、軽視する自治体の例もある。宇都宮氏の「地方のJ2やJ3クラブがある自治体ほどJリーグクラブに対する過度な期待があるように感じる」趣旨の発言が印象的。新スタ建設については地域や地域の企業が抱える課題との親和性、自治体(担当者)のやる気、土地やタイミングなどが合致して成立する過程など具体的事例と様々な立場からの見解を学べて有意義だった。


長岡茂氏は現在、スペリオ城北のスーパーバイザーに就任中

長野、吹スタ、北九州と専スタ建設ラッシュゆえにスタジアム建設については追い風が吹いていると感じてしまうが、そんなに甘いものではないと認識を修正。ロック総統が主張する「上を目指さない」というクラブの在り方は過去の反省の結果として今後のトレンドになる可能性はある。そういう多様性はあってしかるべき。前述の【付記】にある通り、現実は甘くない。ただ、一方でサポーターとしての経験からは「上を目指せる事」がサッカーの魅力でもあり、ACLやCWCでの経験は何物にも代えがたいことも事実としてある。夢を見れないクラブ運営にどれだけのフォロワーがつくのかという疑問もある。難しい。

関連記事①:サポーターの光と影 ~北九州アウェイ漫遊記~
関連記事②:『J番記者による大忘年会2016』に参加してきた話







【俺のアウェイ飯】「伽哩本舗 門司港レトロ店」(ギラヴァンツ北九州/「ミクニワールドスタジアム北九州)

先月のJ3北九州遠征で最も楽しみにしていたアウェイ飯。それは「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたことで話題になったご当地グルメ「焼きカレー」。町ぐるみで力を入れており、門司港エリアにおける焼きカレー屋の地図も無料配布されている。門司港の焼きカレーは全国のカレーフェスで優勝経験もあるらしく、これを食べることを目的に旅行に来られる方もいるのだとか。今回訪ねたのは門司港唯一の「焼きカレー専門店」。「専門=間違いない」の法則。食べログでも高い評価を受けているので行列を覚悟していたが、焼きカレー屋が乱立しているので案外待たなかった。

■店名:伽哩本舗 門司港レトロ店
■URL:http://www.curry-honpo.com/mojikou-retro.html



場所は門司港駅。ミクスタがある小倉駅から20分程度


外観。奥は海。窓側の席を取れば海を見ながら食事を楽しむことができる


焼きカレーマップ。観光案内所で無料配布されている


メニュー①


メニュー②


「昔ながらの焼きカレー」。角チーズを使っているのがポイント


「チーズたっぷり焼カレー」。カロリーすごそう


卵とチーズとカレーのハーモニー。反則!


店内の様子


関連記事:サポーターの光と影 ~北九州アウェイ漫遊記~



敗戦への向き合い方 -清水エスパルス戦-

【清水エスパルス 2-0 ガンバ大阪】

試合前に立ち寄った“静岡の聖地”こと「久能山東照宮」内で紹介されていた東照公御遺訓の一節を思い出す。

勝つことばかり知って負くることを知らざれば害その身にいたる

要は常に勝ってばかりいて負けることを知らなければ奢りが生まれて身を亡ぼす。負けることを受け入れ、そこから勝利への真理を学べ的な意味。試合後、東京に帰る深夜の東名高速で1人運転をしながら負けることを受け入れるとはどういう意味なのかを考えた。


久能山東照宮は、徳川家康公をご祭神としておまつりする全国東照宮の創祀

私の近くにいたサポーターは「こいつら最低だ」と途中で応援を放棄し批判を続け、ピッチに目を向ければアデミウソンが自らのパスミスに気持ちを切らせセカンドボールへのリアクションが遅れた。思い通りにならない状況に真摯に向き合う難しさ。健太監督は試合後に「1点決めれば」というタラレバコメントを残しているが、2試合連続無得点である以上、そこをタラレバで済ませていい訳がなく、今こそ苦手であろう攻撃的なチームのつくり方へ向き合うことが求められているのではないか。

呉屋や泉澤を起用しても彼らの特徴を活かそうとしない戦い方や、チームで統一された意識を持っていないように見える苦し紛れのパワープレーなどウンザリだ。天皇杯を挟んで次は大阪ダービー。勝つことだけが求められる試合が控えている。


木堀のパルちゃん


スタジアム付近の駐車場は利用できなくなったため、エスパルスドリームプラザへ

関連記事:【俺のアウェイ飯】「さわやか」(ジュビロ磐田/エコパスタジアム)



【俺のアウェイ飯】「石松餃子」(ジュビロ磐田/ヤマハスタジアム)

磐田アウェイグルメは2年連続で浜松餃子の名店へ。昨年食べた「むつ菊」が美味しかったことと、今回は久々に電車静岡遠征だったので行動範囲が限定されるゆえに浜松駅ナカグルメへ。結論としては「むつ菊」の勝利。美味しいのだけど特徴がよく分からなかった。ビジュアル的にも浜松餃子感がないのは残念ポイント。あと、値段が高い。餃子は「王将」のコストパフォーマンスが高すぎるので、ご当地グルメとしては戦えないジャンルだと思う。ココイチより旨いカレー屋は山ほどあるし、マグドより旨いハンバーガー屋はもはや無限にある。ただ、王将より旨い餃子屋は数少ない。ご当地グルメは唯一無二を目指さなければ。

■店名:石松餃子
■URL:http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp



浜松駅内に立地。開店時には長蛇の列


TV番組等でも高い評価を受けている


焼餃子10個+水餃子5個+白米


キャベツの甘みと豚肉の旨味が特徴


水餃子。水菜が食感の良いアクセント


石松餃子用に作られた「たれ」は市販もされている


シンプルなメニュー。餃子としては値段はやや高め


店内の様子。回転は早いので待ち列の長さの割には待ち時間は短め


浜松では広報マスコット的に家康と直虎があらゆる場所に登場


家康はバカキャラにデフォルメされ過ぎている気も…


食後に訪れた五社神社 諏訪神社


珍しい御朱印

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「餃子むつ菊」(ジュビロ磐田/エコパスタジアム)



晒されるチームの現在地 -鹿島アントラーズ戦-

【ガンバ大阪 0-1 鹿島アントラーズ】

今シーズン最も1点が入る気がしなかった試合。レベルが高い試合になればなるほどミスも減り、運の要素も減る中で本当の実力が晒される。「あと1点」の必要性を痛感した2015年のACL準決勝広州恒大戦から、それを目指してチームは進んでいるはずなのに何も変わっていないのではないかと問いたくなる一戦だった。

答えとして獲得したアデミウソンはコンディション不良が続いてるのか淡泊なプレーに終始し、ゴール前での怖さとは程遠いパフォーマンス。戦術的な解もなく、鹿島の試合巧者ぶりを堪能する時間が続いた。緊張感のある締まった内容の試合だったとは思うが、敗因を「気持ち(球際)」「運動量(コンディション)」「采配」など定番フレーズに求められないのは辛い。受け入れざるを得ないチームの現在地。

パトリック、ラフィーニャ、ロチャ・・・etc.過去の歴史が示す通り、夏のFW補強に頼るしかないのか。ファン・ウィジョのデビューはまだか。

関連記事:【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場



悪い内容で勝った後は -ベガルタ仙台戦-

【ベガルタ仙台 2-3 ガンバ大阪】

内容が悪い試合でも勝ち点を取ることが大切であることは知っているが、実際にそれが起きるとモヤモヤする。「守備の安定で勝っている」のが長谷川ガンバのスタイルである中で、今節の内容では未来が不安になるからだ。まあ、最高の内容で負けたとしても同じ文句を書くのだろうが。

結局は一生ないものねだりをし続けながら応援するのだろうと思う。ここ数年、話がループしている自覚はある。まだガンバサポーターとして経験しているのは「①ひたすら弱い」→「②攻撃的で面白いけど、守備がとにかく脆い」→「③手堅いけど、つまらない」の3パターンに過ぎない。達観への道は長い。

守備力への過信は攻撃力低下を生むし、逆もまた然り。行ったり来たりすることが大切。日々是変化。シーズン単位で見ればチームに変化を加えようとしている健太監督ではあるが、ヤット・井手口・今野の同時起用など微妙な固執も垣間見れる。今後は夏場の連戦。人を入れ替えざるをえない状況はむしろチャンスと捉えるべき。チームに新たな正解が生まれることを期待。

関連記事:【2nd 第2節】ガンバ大阪-ベガルタ仙台@吹田