【俺のアウェイ飯】「六花亭 神宮茶屋店」(コンサドーレ札幌/札幌ドーム)

今年から御朱印を集めている。アウェイ遠征を繰り返すサポーターと相性のいい趣味だと思う。先日の札幌遠征では北海道神宮を訪ねたのだが、敷地内に「六花亭」が出店されている事をご存じだろうか。同店舗限定で発売されている焼き餅「判官様」を紹介する。

神社で餅を食べるのは太宰府「梅ヶ枝餅」以来。名前になっている「判官さま」とは北海道の開拓の父である「島 義勇(しまよしたけ)」のこと。神社で売っている食べ物なので御利益がありそうなのも嬉しい。北海道スイーツで和菓子という変化球もたまには悪くない。

店名:六花亭 神宮茶屋店
URL:https://s.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010105/1009652/



外観。店内には六花亭定番商品の販売も


店舗から徒歩1分で北海道神宮本殿に参拝できる


御朱印


店内で調理した焼きたてを頂ける


お茶は無料。お正月には判官様も無料配布されるのだとか


そば粉入り。1個100円


近郊の観光地・大倉山ジャンプ場


ラージヒルのジャンプ場。札幌の街が一望できる


併設される札幌オリンピックミュージアムでは冬季五輪競技の模擬体験が可能


冬季五輪の歴史を展示で学べる

ごちそうさまでした。

関連記事:日曜の夜 -コンサドーレ札幌戦-





愛される -川崎フロンターレ戦-

【ガンバ大阪 1-1 川崎フロンターレ】

スポンサーやアウェイまで駆け付けるサポーターへのお礼を伝える律の姿にプロスポーツ選手として生きている意味を理解しているんだなと感心させられた。宇佐美しかり、クラブへの愛着をしっかり言葉にできる選手は愛される。試合後にガンバゴール裏まで挨拶に来た阿部ちゃんやアキも素晴らしい。ああいう行動がセカンドキャリアにつながる可能性だってある。プロとして生きるにはピッチでの活躍だけじゃ足りない。

そんな律の立派なスピーチを聞きながらパトリックの扱いが雑じゃないかとも感じた。中途入社した会社の先輩の言葉を思い出す。

「新卒入社組は特別扱いされるから。中途組は放置なんだよ」

律と比較する訳ではないが、クラブへの貢献度を考えればセレモニーをされるべきはパトリックである気もする。海外移籍と国内移籍の違いや、パトは試合前日に別のイベントを開催しているからという理由も理解できるが、少し寂しさを覚えた。だからこそ、サポーターからのパトリックコールは感動したし、選手間でパトが胴上げされたことにほっとした。見てる人は見てる。ちゃんと評価していることが伝えられてよかった。個人的にはパトの胴上げシーンが今節のハイライト。

ただ、あの胴上げ、参加者の少なさは私がパトだったら少し気にするかもしれない。多分、胴上げは予定にないもので自由参加だったのだろうが、案外ああいうところにチームの団結力が見え隠れする。まあ、私は気にしすぎな性格なので、ラテンなパトは全く気にしていないだろうけど。

関連記事①:移籍と向き合う -ヴィッセル神戸戦-
関連記事②:虚無感の先に -天皇杯決勝総括-



【俺のホーム飯】「時屋」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)

新大阪駅エリアを代表するつけめん専門店。「辛つけ」「鶏つけ」「豚つけ」の3種類のつけ汁を提供。また、〆として「小さなだしごはん」が提供される。ご飯に余ったつけ汁をかけていただく。割スープの進化系。つけ汁によって出汁の種類も違うので色々楽しめるのも嬉しい。店内には食べログをはじめとするグルメ賞の賞状が飾ってある超人気店でもある。お昼時は行列がある他、正確には最寄駅は新大阪ではなく南方駅になるので、新幹線に乗る前に立ち寄る際には時間に注意。

■店名:時屋
■URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27040424/



外観。南方駅から徒歩5分程度


3種類のつけ汁から選択


お店の看板メニューは「豚つけ」


「豚つけ」のスペシャル。炙りチャーシュー&味玉が付く


「辛つけ」の特盛


シャーシューは柔らかめ。熱々のうちに食べるのがオススメとの事


「豚つけ」スープ。濃厚(ドロドロ)豚骨魚介はスープによく絡む


「鶏つけ」スープ。豚と比べてドロドロ感は薄め


「辛つけ」は鶏つけスープベースに唐辛子追加


「豚つけ」版小さなだしごはん。出汁があっさりめ


「鶏つけ」「辛つけ」版ちいさなだしごはんは出汁がクリーミー


麺はコシがない柔らかめタイプ


「くずれ味玉」は崩れていない味玉の半額


崩れ具合。味は同じ


珍しくつけ麺の替え玉が可能


2017年3月で8周年


お土産販売は人気店の証


店内には数々の賞状

ごそうさまでした。

関連記事:【俺のホーム飯】「京都 麺屋たけ井」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)



【俺のアウェイ飯】「すみれ」(コンサドーレ札幌/札幌ドーム)

札幌遠征は近年のアウェイ遠征の中でもかなりの食事量だった。札幌は抑えるべき定番アウェイ飯が多すぎる。そんな札幌遠征で最も楽しみにしていたのは「味噌ラーメン」。遠征日は天候も悪く、5月にしては気温が低くかったので余計に恋しく、美味しかった。今回訪れたのは数ある味噌ラーメンの中でも超定番のお店。大人気店ゆえに関東でも出店されている他、コンビニとのコラボ商品も発売されている。

■店名:すみれ 札幌すすきの店
■URL:http://www.sumireya.com



すすきの駅から徒歩2分程度の好立地


アニメ看板が目印


有名人からのサイン色紙がずらり


高倉健さんの映画にも登場


人気メニューは定番の「味噌ラーメン」


札幌ラーメンの特徴「中太ちぢれ麺」


セブンイレブンで発売されている「すみれ」関連商品


カップ麺のすみれ。これはこれで美味しい


食事後に訪れた近郊の観光地「サッポロビール博物館」


ビールの歴史が学べる施設


複数種類のビールの試飲も可能

ごちそうさまでした。

関連記事:日曜の夜 -コンサドーレ札幌戦-





【俺のアウェイ飯】「だるま」(コンサドーレ札幌/札幌ドーム)

「ジンギスカンはヘルシーだから」

「一度くらいなら」「痩せられる」「注射じゃなくて、あぶりなら大丈夫」にも通じるサポーター仲間の甘い言葉にそそのかされ試合後の22時、最も食事をしてはいけない時間に暴飲暴食をしてしまった。“祝勝会”という言葉が自分の中で免罪符と化す。「ダメ。セッタイ。」と言ってくれる仲間は私にはいない。

ジンギスカンだけでは止められず白米(大盛)をおかわりまでしてしまう愚行ぶり。普段行っている炭水化物抜きダイエットとは何だったのか。店長の「たくさん食べてくれてありがとう」が頭から離れない。自分は間違っていたのだろうか。いや、これで良かったはずだ。すすきので羽目を外さずして、いつ外すのか。

■店名:だるま 本店
■URL:https://s.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000007/



インパクトあるキャラが描かれた外観(看板)


予約は不可。日曜22時で待ち時間は30分弱


有名店の証


店内はカウンター席のみ。店員さんがスピーディーにお世話してくれる


難しいジンギスカンの漢字表記


一人前(785円)


肉のまわりには野菜(玉ねぎ)を置いて肉汁を吸わせる


肉汁を吸った玉ねぎは肉にも負けない美味


店長曰く、「5月は新玉ねぎの季節で特に美味」

ごちそうさまでした。

関連記事:日曜の夜 -コンサドーレ札幌戦-



オフ明けは頑張れない!? -ジュビロ磐田戦-

【ジュビロ磐田 3-0 ガンバ大阪】

降格が決まった試合以来のヤマハスタジアム。あの日、試合後に行われた伝説のセレモニーは一生忘れない。あの歌詞の歌が降格直後に歌われる奇跡(悲劇)。降格はこんなにも惨めな気持ちになるのかと震えた事をよく覚えている。

ヤマハスタジアムに着けば特別な感情が甦るかと想像していたが案外何も思わなかった。多分、選手達も同じだろう。特別な想いがあればあんなに緩い試合の入り方はしない。あの日から4シーズンも過ぎている。


アウェイゴール裏が逆になっていた

完敗する試合は「球際」「運動量」「仕掛けの数」などメンタルに起因する基礎的な部分に差がある時が多いが、ACLの影響で1週試合が飛んだことで緊張感が途切れたのだろうか。はたまた、今週からの代表合宿に意識が向いて目の前の試合に100%集中できなかったか。酷い試合だった。

ただ、自分に置き換えてみれば同情できる部分もある。確かに連休明けの仕事はやる気がでない。人事異動などイベント前も然り。ダメサラリーマンメンタリティで敗戦理由を考える事自体が間違っている気もするが、ピッチ上の出来事を自分の人生に重ねる癖をやめられない。

来週も代表ウィークでJリーグはお休み。再び数日間のオフが与えられる可能性がある。

「こんな緊張感のない試合になるならオフは取るな!合宿でもやれ!」

と、言いたいところだが、日曜デーゲームの疲労を理由に月曜日の仕事を有給休暇で休んでしまう私にはその資格がない。



関連記事:【2nd 第8節】ジュビロ磐田-ガンバ大阪@エコパ



【俺のアウェイ飯】「Japanese Soba Noodles 蔦」(FC東京U-23/味の素フィールド西が丘)

ラーメン店として世界初となるミシュラン1つ星を取った事で日本で一番有名になったラーメン屋さん。もはや観光地としても東京遠征の際には立ち寄りたいアウェイ飯。最寄駅は巣鴨。一番近いスタジアムはFC東京U-23のホーム「味の素フィールド西が丘」で、スタジアム最寄の十条駅から巣鴨駅までは13分。もしくは都内から浦和や大宮など埼玉方面での試合に向かう前後にに立ち寄るパターンが想定利用シーン。

ただし、ミシュランで星を取って以降はお客さん殺到ゆえに整理券制度が導入されている。経験的には整理券受け取りから2時間半~3時間後が案内目安。ちなみに、1人で訪問すると圧倒的に早く入店できる。ミシュランで星を取った食事をこれくらいの待ち時間で食べられるなら短い気もする。整理券は朝7時から配布。夕方以降は整理券なしで入店可能な事もある。ツイッター公式アカウントで混雑状況がアナウンスされている。

■店名:JapaneseSobaNoodles 蔦(ジャパニーズ ソバ ヌードル ツタ)
■URL:https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13136231/



巣鴨駅から徒歩数分


目の前にあるラブホテル。常に行列のラーメン屋の前なので昼間は入りにくい


1000円のデポジットと引き換えに整理券を受け取り


整理券の色で入店時間をコントロール


実はトッピングやサイドメニューも豊富


メニュー説明。こだわり過ぎていて、もはや意味が分からない……


見た目も美しい


味玉醤油Soba。スープが圧倒的に美味い


塩Soba。沖縄や高知など4種類の塩を使用


今帰仁アグーのワンタンは肉に甘味


黒トリュフ香るTKG。トリュフと卵の相性◎


味玉は青森シャモロックを使用


お店の名前が入ったTシャツまで販売


関連記事:【俺のアウェイ飯】「鳳凛」(アビスパ福岡/レベルファイブスタジアム)