言葉を増やす事で観客を増やす ~フットサル日本代表戦を観て~

フットサル日本代表の試合を観てきた。場所は代々木第一体育館。仕事帰りに立ち寄れるアクセス(会場・立地)の重要性を痛感した。フットサルを観終わった後は渋谷で晩ごはん。これは埼玉スタジアムでは実現できない都心開催ならではのメリット。充実のフットボールライフを過ごせた。

ただ、そんな環境が揃っても観客数は約3300人。観客数が発表された時のお客さんのリアクションから推測するにそんなに悪くない数字なんだろう。ただ、個人的にはフットサルというスポーツのポテンシャルを考えればもっとお客さんは増やせると考えている。自分を含め多くの方がフットサルの魅力を理解しきれていない気がするのだ。


コロンビア代表に3-2で勝利

■フットサルを語る言葉を増やせ

試合はとても面白かった。皆、上手だった。ただ、具体的にその面白さや上手さを語る言葉を持っていない事に気がついた。プロ野球では「観客の数だけ監督(解説者)がいる」などとファンの事を紹介されているのをよく聞くが、観客3300人の中に監督が何人いただろうか。

森岡薫選手のフィジカルの強さや、シュートの振りの早さなど圧倒的かつ、普段観ているサッカーとも共通する部分は多少語る事はできる。ただ、他の選手達については何一つ解説できない。どの選手がどういう特徴で・・・という事がサッカーと比べて見出しにくい難しいスポーツだと思う。


2得点の活躍。森岡薫選手

そうなると、まずはこのスポーツに対する基本的な理解がある「プレーヤー」をターゲットとした集客啓蒙活動が大切になる。実際、この試合の観客も会話などから察するに普段フットサルやっている方が多かった。フットサルのポテンシャルはここにあると思っていて、都内だけでも結構な数のフットサル場が存在し、男女問わずあらゆるレベル(カテゴリー)でプレーする機会が提供されている。つまり、フットサルは「プレーヤー」の数が多いスポーツなのである。

プレー経験の有無は観客として観るスポーツに対する興味に直結する。プレー経験がある事によって自分の物差しで捉える事ができるし、語る事ができる。そういったコミュニケーションの中から言葉が増える。フットサルを語る言葉を増やす事は、フットサル文化を豊かにする事と同義である。サッカーはオフト監督の「トライアングル」「アイコンタクト」から始まって、近年では「ポリバレント」「インテンシティ」あたりが流行語だと思うが、サッカーについて語る言葉の増加に比例して日本サッカーが発展した歴史がある。

話を戻す。

要は各フットサル関係者やメディアはキャッチーな言葉でフットサルを解説し、情報発信をする事でフットサルの魅力を理解する人は増えるはず。プレーヤー(プレー経験者)が多いスポーツであるがゆえに下地はある。その先にフットサルファンのボキャブラリー増加があり、フットサルの魅力伝播につながり、観客数が増えるという発想。

今週の土曜日にも試合があるので、TV中継での伝え方に注目して観戦してみよう。

※関連記事:JリーグサポーターがWEBで情報発信をする意義





【ブログ開始10年目突入】2015年、自分は何を書いたのか -過去記事から自己分析-

2007年から開始したこのブログも途中でブログ名やURLを変えたりしつつ今年で10年目に突入。気がつけばブログを書く事はライフワークに。決してPV数が多くないながらも、ブログをきっかけにスタジアムで挨拶できるサポーター仲間ができたり、他媒体で文章を書かせてもらう機会を得たり・・・ブログを通じて得た経験は間違いなく財産です。

もう少し財産を増やしたいので今年もブログ継続します。今年の目標はスタジアムで「ロスタイムは7分さんですか?」「ロス7さんですか?」というブログ名ではなく、一応付けている名前である「こ~」で声をかけられる事。そして、オフラインの充実のためにブログを使う意識をより強く持つ事。面識のあるサポーター仲間の皆様も、これから出会うサポーター仲間の皆様も、今年も宜しくお願い致します。

原風景 万博スタジアム

■2015年、自分は何を書いたのか?

今回は10年目突入を記念して振り返りエントリ。過去9年分を振り返るのは大変なので2015年分だけ。読み返してみると、年々純粋な試合レビュー記事が減っている事に気が付く。タイトルは試合レビューでも、書いている内容は全然違う。記事の趣旨が完全にオフザピッチを向いている。

以下、各エントリにおける代表的な文章の抜粋。

要は「過密日程」はガンバ、広島共に自己陶酔(肯定)のツールである。(中略)そのツールの共有は出来ないゆえに争いが起きた。利権みたいなもの。【天皇杯 準決勝】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@長居

栄枯盛衰で諸行無常なり。(中略)状況や立場が変わった今、ガンバは何をモチベーションにタイトルへ挑むのだろうか。ナビスコ決勝を経験してポジティブに語られる事の多い「勝者のメンタリティ」が一体何なのか分からなくなっている。【ナビスコカップ決勝】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@埼スタ )

久々に岩下の相手への詰め寄り芸を見た。(中略)「芸」とサポーターが表現するように、一般的に悪とされる詰め寄りを「芸」の域まで高められるJリーガーは岩下以外にいない。Jリーグはエンターテイメントなのだ。【2ndステージ第12節】ガンバ大阪-柏レイソル@万博

試合観戦で一番印象的だったのがスタンドで応援する学生達。(中略)楽しいは正義。楽しさこそ一体感を生む。強制では一体感は生めない。(中略)Jリーグのゴール裏って多少の悲壮感がある。犠牲もある。それが美徳とされている感もあるし、その世界観がタコツボ化に拍車かけている気もする。サッカー関関戦を観に行ってきた話


個人的にはどれも「社会学」的な視点で書かれていると自己分析したのだが、どうだろうか。この傾向は海外遠征時の試合レビューでは特に顕著に表れる。


広州恒大 隠れガンバサポ

スタジアム内では我々を大多数の公安(に雇われているバイト)が囲んだ。ただ、個人的な印象としては、公安がいる事による安心感は広州恒大サポーター側に与えている側面もあるのではないだろうか。(中略)スタジアムでの応援がある種の捌け口や発散の場という印象も受けた。【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場


全体的に「第三者目線」で書かれている感があるのも私の特徴だが、ACLだけは想いが強く、感情的な文章になる事も。興奮が伝わってきて嫌いな自分じゃない。


久しぶりに試合終了後に体の震えが止まらなかった。感情が整理できない。(中略)この試合を「伝説」と呼ばずして何を伝説と呼べばいいのか。【ACL準々決勝 第2戦】ガンバ大阪-全北現代@万博

人生訓にしたいような一戦。こういう試合を経験できるからACLは最高。(中略)こんなに緊張感ある試合は久しぶり。疲れた。そして、勇気もらった。(【ACL第4節】ブリーラム・ユナイテッド-ガンバ大阪@ブリーラム

広州恒大ユニホーム無料配布所

■宇佐美の事が好き過ぎる

2015シーズンは「宇佐美」についての言及があまりにも多い。どれだけ宇佐美の事が好きなんだと。読み返すと我ながら好き勝手書いてる。半分くらいは妄想だったりもする。宇佐美がどうかこれらの記事を読んでいない事を祈るばかり。

宇佐美なんてこのシーズンオフだけで自身の課題である「守備の貢献度の低さ」を何度テレビで発言させられたのだろう。しかも、宇佐美の隣に座っている選手は優勝の要因を「ハードワークです」と答えている。宇佐美は今シーズン嫌でも献身性という自身の課題を意識せざるを得ない。サッカー選手がTV番組に出演する効果 ~アウトプットでプレーが上手くなる!?~

トピックスをあげるのであれば今節も宇佐美。毎節進化が止まらない。今、宇佐美を観ていない人は一生損する。(中略)「これ以上何を望むのだ」という状態。【Jリーグ第6節】湘南ベルマーレ-ガンバ大阪@BMW

だから、宇佐美は夏場も元気に決定力を保証するために減量なんてしてないで焼肉いっぱい食べて元気に過ごして欲しい。(中略)クラブから蘭ちゃんに伝えてもらうように連絡したらいい。【Jリーグ第17節】モンテディオ山形-ガンバ大阪@NDソフト

クリスマスイブに娘が生まれた宇佐美が復活の2ゴール1アシストと早速効果爆発。パパになると「責任感が強くなる(気持ちが強くなる)」らしいのだが、メンタル的な強さはまさに宇佐美に最も必要としていた部分。【天皇杯 準々決勝】ガンバ大阪-サガン鳥栖@万博


こんなブログですが、どうか今年もお付き合いを。


関連記事①:刺激の重要性 ~東アジアカップ効果で宇佐美は再び覚醒する~
関連記事②:サポーターを続けるターニングポイント経験 ~TV番組「another sky」を観て~



【書評/読書感想】「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」(金森喜久男)

Jリーグクラブは「勝敗」と「経営(利益を出す)」の2軸で評価される。タイトルを獲りまくったところで、10億円の赤字を出したのではクラブ存続の危機だし、逆に10億円の黒字を出しても万年残留争いを強いられるクラブには夢を見れない。

両方難しいミッションだと思うが、「経営(利益を出す)」の方がJリーグ全体的には苦戦している印象がある。一時期の浦和レッズはその圧倒的な集客力から結果も出すという好循環で成功例としてもてはやされた時期があったが、それ以外の例を知らない。強ければお客さんが入るが、お客さんが入らない事にはお金が貯まらないので強くなれない。ただ、強くなったらなったで選手の年俸が上がって経営圧迫。高額年俸の選手を放出したらチームが弱くなってお客さんが来なくなる・・・という悲しいサイクル。

ゆえに、現在のJリーグにおいては「弱くてもお客さんが入る」アプローチを検討するのが正なのだと思う。一か八か大型補強でギャンブルするような体力はJリーグクラブにないし、「鶏卵」の話にはならない。



■ガンバ大阪前社長が考える顧客の創造

そこで参考になるのがこの一冊。ガンバ大阪前社長が考えるクラブ経営についての考え方がガンバ大阪社長時代のエピソードと共に紹介されている。内容的には以前発売された「サッカー界における顧客の創造」と重複されている箇所が多い。ただ、この本は暴露的な内容が多すぎて発売停止になっているため読んでいない人にはオススメ。金森前社長が関わった「ユース選手に必要な教育と追手門学絵院との提携」「美味G横丁誕生秘話」など全ては顧客満足のためにという視点を軸にあった事が語られている。

そんな中でも2章を割いて紹介されている新スタジアムについての内容が最大の読み所。万博スタジアムの課題、関西サッカー界発展など多角的な視点で構想が生まれた経緯の他、実際の建設内容についても「額」「社名」「コンペ方法」「施工法」「構造部材」などは具体的な数や固有名詞と共に詳細に紹介されている。


新スタジアム、ホームゴール裏からの景色


相手サポから一般客を守る対策もバッチリ


決起集会をするには少し狭いコンコース


丁度いい傾斜の角度


そして、なにより観客席からピッチが近い

クラブ経営においてキーとなる新スタジアム完成を機にガンバ大阪というクラブがどう発展するのかますます楽しみになった。

P.S.最後の章には「パラリンピック」や「体罰」についての持論が掲載されている。本書全体的に言えるのだが、視点がJリーグに留まらず「スポーツ業界全体」を向いている気がした。金森さん、日本のスポーツ業界中枢組織への進出を狙ってる?

関連記事:浜田満さん(Amazing Sports Lab Japan)のサッカーセミナーに行ってきた話



【2016年版】Jリーグサポーターがシーズンオフに読むべきサッカー本10選

毎年、シーズンオフの約2ヶ月間は自分に読書を課している。知識が増えればそれだけ視野が広がる。それはつまり、楽しみ方に多様性が出るという事でもある。と言う事で、今回はこのシーズンオフに読めば今シーズンのJリーグがより面白くなるサッカー本10冊を紹介。

一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学 今すぐ実践したい指導の流儀

ガンバ大阪監督・長谷川健太氏による各スポーツ界の名将との対談集。現在のチームマネジメントに取り入れられていると思われるアプローチのヒントとなるような言及も多く、長谷川監督の考えを知るのには最も適当な一冊。本書によれば監督が1つのクラブで指揮するのは3~4年が適当と考えているようで、4年目にあたる2016シーズンは勝負の年。ヤットの年齢、宇佐美のガンバ在籍ラストイヤー(多分)など現在のチームサイクルの終わりは近い。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-516.html




社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年

大分トリニータがJ3に降格したタイミングで改めて読み直したい一冊。今回のJ3降格がどういう意味を持つのか、過去を知っているのと知らないのでは感想が変わってくる。溝畑氏が大分トリニータ社長時代のスポンサー集めに奮闘したエピソードが多く紹介されている。クラブ経営のリアルを知れる。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-584.html



サッカー界における顧客の創造

2016シーズン最大のトピックスの1つである「ガンバ大阪・新スタジアム」。現社長である野呂氏がフィーチャーされがちだが、前社長の金森氏の功績は大きい。その金森前社長によるガンバ社長時代の奮闘記的な一冊。スポンサーをはじめとするクラブのステークスホルダーとの関係性をどう築き上げてきたのかが紹介されている。J2降格につながったセホーン&ロペス召集の裏側など暴露本的要素も。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-597.html



Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)

「2ステージ制」、「アジア戦略」、「電通&博報堂との関係(スポンサー問題)」、「J3」、「育成」などJリーグの現状課題を認識する上で適当な一冊。課題まとめ本。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-577.html



フットボール百景

サッカー界の多様性が詰まっている一冊。「宗教」「政治」「マスコット」「地域リーグ」・・・etc。あらゆる視点からサッカーを楽しみ方を紹介してくれている。肩の力を抜いて気軽にサッカーを楽しむ事を思い出させてくれる。なぜ自分はサポーターなのか・・・原点回帰したい時に読むのがオススメ。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-536.html



ボールピープル

唯一無二。なんのジャンルにも属さない。ここ数年で一番衝撃的だったサッカー本。サッカーを切り口に色んな人生を見せてくれる。サッカーを介する事で異文化が異文化ではなくなる感覚。悲惨な日常もサッカーを介する事で少し笑えたり、勇気を与えてくれたり・・・サッカーって素晴らしい。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-532.html



Hard After Hard(ハード・アフター・ハード) かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語

このオフも多くの選手達が戦力外となり、Jリーグを去っていく。来シーズンが存在しない彼らはどのようなセカンドキャリアを歩んでいるのか。「現役時代もハード、引退してからもハード」な人生を本人や関係者へのインタビューから考察する一冊。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-502.html



百年構想のある風景―スポーツ文化が国の成り立ちを変える

Jリーグを軸にスポーツがつなぐ人間関係やコミュニティ、地域の在り方の理想が書かれてあるコラム集。「スポーツを軸にもっと豊かな社会をつくれるはずだ」という提言集でもある。。「方言」「地元紙」「ラジオ」「駅」「ご当地プレート」「図書館」「空港」といった直接的にはサッカーには関係ないテーマを参考(切り口)に「百年構想」の未来を考えている点が斬新。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-602.html



フットボールのない週末なんて ヘンリー・ウィンターが案内するイングランドの日常

英国サッカーを舞台にしたコラム集。戦術、ゴシップ、人間関係、事故・事件・・・コラムで紹介されている話はどれも個性的で深みもある。Jリーグもエンターテイメントである以上、Jリーガーや監督はもう少しキャラ立ちしていかないとダメなんじゃないかと考えさせられた。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-656.html



ザ・シークレット・フットボーラー

本のタイトルの通り匿名のフットボーラーの暴露本。プレミアリーグのリアルな裏側が具体的なエピソードと共に生々しく紹介されている。翻訳本ながら書き手のシークレットフットボーラーは知的である事が窺い知れ、そのフィルターを通じてあらゆる出来事が紹介される事で表面的には分からない深い部分まで捉える事ができる面白さがあった。

詳細書評:http://7additionaltime.jp/blog-entry-760.html



※過去の書評記事はコチラ

【天皇杯決勝】浦和レッズ-ガンバ大阪@味スタ

【浦和レッズ 1-2 ガンバ大阪】

もうガンバサポーターは天皇杯を優勝したくらいでは必要以上に喜ばない。タイトル獲得の喜び以上に「ACLで良いグループに入れた」という感想が飛び交うのが今のガンバ大阪。クラブオフィシャルすら優勝当日に来シーズンのACL日程をリリースするという仕事の早さ。中には天皇杯を制した事によるACL⇒ゼロックス⇒Jリーグ開幕という過密日程を嘆く声すらあった。既に未来を見ている。


三度目の正直!

■明神智和選手、ありがとう!

ただ、今日は過去を振り返るべき。2006年ガンバ入団から10年間の活躍・献身・貢献・犠牲・・・「フォアザチーム」の神のような選手・明神智和への感謝を伝えたい。数々のタイトルを獲得した西野時代の超攻撃的なスタイルが成立したのは誰の献身があっての事なのか。全員が前がかりになっている中、1人肩で息をしながらひたすら危険なスペースを潰しにダッシュを繰り返す明神の苦しそうな顔を私は一生忘れない。守備を重視する長谷川ガンバ体制になってから出場機会が減ったのは皮肉だが、オフザピッチにおける貢献度も皆知っている。

だからこそ、この試合では逆に「フォアザ明神」の精神でチームが戦えた。過密日程を感じさせないハイテンションなゲームは「明さんのために」という想いが原動力だったはず。出場していなくてもチームに影響力を与える事ができる選手が在籍している幸せを噛みしめる事ができた。ヤットが明神のユニフォームを着て表彰式で天皇杯を掲げた瞬間がハイライト。ガンバに関わる全ての人の明神へ対する感謝と尊敬を表現するナイスパフォーマンスだった。元旦から素敵な想いを多くの人と共有できる場に立ち会わせてもらって幸せな2016年のスタートになった。

明神選手、10年間ありがとうございました。今年から他クラブに移籍されてもますますのご多幸をお祈り申し上げます。

P.S.天皇杯の結果を受けてACLの日程が確定。今年もアウェイ遠征の検討に入ろうと思いますが、そんなACLアウェイについてガンバ大阪365エルゴラッソ総集編というムック本で「勝手にアフターゲームショー」でお馴染みのガンバ長谷川さんと僭越ながら私の対談(?)が掲載されています。長谷川さんの「フォアザチーム」の精神と、私のしょうもないアウェイエピソードに興味があれば是非。