ブラジルW杯遠征まとめ【前編】

ブラジルより帰国。日本代表は残念な結果になったけど、個人的にはワールドカップの試合で「ヤットー!!」「今ちゃーん!!」と自分のクラブの選手を応援できるのは万博でのそれとはまた違った興奮があり、とてもいい経験になった。サポーターになってJリーグで日本各地はもちろん、ACLではアジア各国、そして、ワールドカップではブラジルまで連れてきてもらう事が出来て、選手達には本当に感謝。おかげさまで自分の人生が少し豊かになった気がする。

今回はそんな「ブラジルワールドカップ」現地観戦の感想まとめ。ブラジルでは五輪も開催されますし、今後ブラジルに行く方々の参考になれば幸いです。

■治安
被害総額は0円。正確に言うと頼んでもいないポテトフライを一回食べさせられたので10レアル。ただ、危惧されていた「盗難」「強盗」「拉致」的な犯罪にまきこまれる事は一度もなかった。観光地にはどこに行っても大量の警備員がいた事もあるし、ブラジル人は皆フレンドリー。最初の方は「このフレンドリーの裏には・・・」と警戒したけども、最後まで単純にフレンドリーなだけだった。

帰国後、日本ではTVを始めとするメディアが日本人サポーターのブラジルでの被害を報じていた事を聞いたけども、おそらくそれはブラジル特有というよりも、海外旅行に行けば起こりうるレベルのものじゃないかと。ブラジル滞在途中からは逆に治安の悪さを必要以上に警戒する姿勢が申し訳なくなるほど。財布を4つに分けたり色々リスクマネジメントしていただけに拍子抜け。まあ、無事に帰国できてなりよりなんだけど。

コパカバーナ
コパカバーナでビーチサッカーをする人々

スタジアム検問
スタジアムまでの道のりでは何度も検問が

ブラジル馬
スタジアム付近には馬に乗った警察隊も

■両替
ブラジルでは円→レアルの両替ができない(できてもレートが悪い)と聞いていたので、ドルを用意して現地へ。ただ、イレギュラー的に成田空港でレアルへの両替受付が可能になっていた。しかも、期間限定の「優遇レート」との事で1レアル=53~54円とまずまず。こういうキャンペーンが行われるという事はきっと多くの日本人がブラジルに行ったんだろうな。

■飛行機
国際線はJALを利用した事もあって、リオや経由地のNYでのチェックイン担当は日本人だった。その担当曰く(私のパスポートを見ながら)「今回のワールドカップは本当に関西人が多く来ているんですよ」との事。ただ、ヤットや今ちゃんユニの日本人は現地ではあまり見かけなかった。

心配されたブラジルの国内線も私が乗った3回の飛行機では遅延0回。搭乗口の変更は1回だけあったけど、掲示板等で案内してくれていたので全く迷わず。そして、どこに移動するにしても周りに日本人がたくさんいるという安心感。リオ→ナタールの移動の便なんて機内はほとんど日本人だったような・・・。

リオ空港インフォ
リオの空港内にあるインフォメーションセンター

ナタール日本大使館
ナタールの空港には出張日本大使館が設置

■有名人との遭遇
個人的にはナタールでの日本-ギリシャ戦に来るという情報が入っていたのルーカスに一番会いたかったのだけど、会えず。ただ、往路のニューヨーク→リオの国際線はJリーグ関係者御一行と同じ便という事もあり、ガンバの野呂社長と同便に。また、ナタールのスタジアムでは席が前から3列目という事も影響してTV中継でピッチに入っていた城さんに「城さーん!」って声かけたら手を振ってもらえた。城さんはリオの空港内免税店でも会った。ギリシャ戦が行われたナタールの空港では名波さん、セルジオさん、都並さんを見かけた。

あと、有名人ではないけど、ナタール→サルバドールの飛行機内で会社の偉い人とも会った。地球は狭いなと思った。

ワールドカップ城さん
試合前の様子をレポートする城さん

ワールドカップマスコット フレコ
ワールドカップの公式マスコット「フレコ」

■コミュニケーション
一緒に行った後輩は基本的に「オプリガード!」と「ネイマール!」しか使っていなかったように思う。ただ、ブラジル人はみんな陽気なのでそれでも全然通用した。ポルトガル語を全く勉強して来なかった僕達に対しても別れる際には「アミーゴ!チャオチャオ!」と満面の笑みと熱い握手を交わしてくれた。ブラジル人の人懐っこいパーソナリティをベースにしたホスピタリティはW杯を開催するに相応しい国だった。道で困っている時に声をかけられた回数は数えきれないほど。サッカーを観に行った土地であそこまで話かけられたのは松本遠征以来。「おもてなし」は日本の専売特許ではない事を知った。

ワールドカップボランティア2
マラカナンスタジアムのボランティアスタッフ

ワールドカップボランティア
ボランティアスタッフは皆陽気な人ばかり

■ご飯
何を食べても美味しかった。正直、異国を感じる事がないくらい何の違和感もなかった。日本食のクオリティもまずまず。そして、ブラジル名物「シュラスコ」はどこのお店も基本的には食べ放題。大体、70~80レアル。ただ、これが意外に食べれない。多分、20~30レアル分くらいしか食べれなかった。ブラジルがサッカーが強いのはシュラスコをたくさん食べられるからかもしれない。ブラジルから帰国後体重が3キロ落ちていた。

シュラスコ屋親父
シュラスコ屋のおじさん

シュラスコ屋店内
シュラスコ屋店内の様子

ブラジル町中飲食店
複数回お世話になったリオの庶民的な飲み屋

バナナ焼いたデザート
焼いたバナナの上にアイスの乗せたデザート

■ホテル
男2人で行ったのに初日のホテルがラブホテルだった。つまり、ダブルベッド。ナタールのホテルはベッドが湿気っていた。シャワーは水しか出なかった。窓が締めれず雨がベッドを濡らした。風邪をひいた。ホテルの一室がデリヘル嬢の待合室になっていた。皆、セクシーな服装で強い香水をつけていた。ホテル前に止まっていた車の運転手は優しそうだった。国際親善試合を申し込もうかと思ったけど、後輩と相部屋だったのでやめた。

ちなみに、性欲が強い後輩は真剣に国際親善試合を検討していたようで、その事を私がツイッターで呟いたら後輩の彼女から後輩に「風俗に行ったら別れます」と私のその呟きが写っているキャプチャ付でメールが届いたらしい。SNSの発達はポジティブな事ばかりではない。

ブラジルラブホテル
男2人で寝ました

ブラジルホテル
ホテルロビーの様子

関連記事:ブラジルワールドカップに行ってきます ~遠征準備まとめ~
関連記事:ブラジルW杯遠征まとめ【後編】

ブラジルワールドカップに行ってきます ~遠征準備まとめ~

ブラジルW杯に行ってきます。今回はその遠征準備まとめ。「ブラジルW杯に行く!」と心に決めたその日から今日に至るまで結構時間をかけて細かく準備をしてきました。ブラジルでは今後、オリンピックも開催されますし、私の準備まとめが誰かの役に立てば幸いでございます。

■スケジュール

今回は6月16日(月)~6月24日(火)の9日間でスケジュールを組みました。仕事の都合上から日本-ギリシャ戦を観戦する事を軸に考えたスケジュール。現地では3試合観戦予定。日本戦はもちろん楽しみなのですが、マラカナン@リオでの観戦が隠れメインイベント。自分の人生の中であのスタジアムでW杯が観れるとは・・・想像しただけで興奮する。

6月16日(月):夕方 成田空港出発→ニューヨーク経由→リオデジャネイロのフライト
6月17日(火):朝 リオデジャネイロ到着。リオ観光。
6月18日(水):昼 リオ→ナタール移動。
6月19日(木):夜 日本-ギリシャ戦@ナタール観戦
6月20日(金):早朝 ナタール→サルバドール移動。 夕方 スイス-フランス@サルバドール観戦
6月21日(土):昼 サルバドール→リオデジャネイロ移動。
6月22日(日):夕方 ベルギー-ロシア@リオ観戦 夜 リオデジャネイロ出発→ニューヨーク経由→成田空港
6月24日(火):朝 成田到着

■飛行機

成田~ニューヨーク~リオの移動はアメリカン航空を利用。JALのマイルもたまります。ブラジル国内の移動はリオ→ナタール→サルバドール→リオと3都市を移動するスケジュール。これも全て飛行機移動。ブラジルは広い。国内線はTAM航空とゴル航空の2社利用。航空券総額の1/3が国内線移動費。ブラジルの国内線高い・・・。

ちなみに、ブラジルへの移動は私が利用したアメリカ経由以外にも、ドイツなどヨーロッパ経由もあったのですが金額的に前者の方が比較的安かったのでこちらを選択。安いのはいいのですが、アメリカ経由のデメリットとして、荷物のチェックが厳しい事(旅行バックはTSAロックが付いたものを使用する事が推奨されています)や、一旦入国する必要があるため事前にESTAの申請が必要になる等の手間が発生する事などがあります。

また、ブラジルの国内線は購入時(3月上旬)から既に数回フライト時間が変更になっています。遅延などは当たり前らしく、W杯期間中は更に混乱しそう。現地では英語による案内がないという情報もあり、タイトなスケジュールを組む事は危険。私の場合、20日の移動が非常にタイト。ナタールでの19日ギリシャ戦を観終えた後、深夜に空港に移動し、早朝にサルバドールに移動するスケジュール。おそらく深夜なので日本戦があるナタールとはいえ、現地日本人会のサポートも期待できなそう・・・。しかも、ナタールはこのタイミングで新空港がオープン。移動が今回の旅の最大の不安。

■ホテル

「ブラジルは治安が悪いから気をつけて」と散々言われ続けたので一応、ブラジルでの5泊は三ツ星以上のホテルを予約。ただ、日本戦があるナタールだけ適当なホテルが予約できなかったので一つ星の民宿風なホテルなんですよね・・・。予約を行ったBooking.comの評価は高かったので、大丈夫だと信じておりますが。日本人が同じホテルに泊まっていたら安心なんだけどな。

また、Booking.com曰く「支払いは現地で」というはずだったのに、既に宿泊料が引き落とされているホテルがちらほら。予約後にはホテルから直接、連絡が来ており、翻訳サイトを使いながら諸々確認作業をこなす日々。こうなると間に代理店(Booking.com)が入っている意味がどれだけあるのかという疑問も。

■チケット

FIFAのサイトから慣れない英語表記に苦戦しながらも抽選、先着、抽選と・・・数回あったチケット発売の機会にチャレンジし続けて確保。そこそこ苦労したのですが、結果的には日本戦のチケットは余っている様子。まあ、今回は開催場所が場所だけに仕方ないか。

チケットは5月末に到着。ギリギリ過ぎる・・・。ただ、このチケットには購入者の名前も印刷されていたりで、手が込んでる作りである事は確かなので良しとしております。正直、手に取った時は興奮した。

ワールドカップチケット


■費用総額

旅行代理店等のツアーに参加する事を比べると安く抑えれていますが、ブラジル国内で三都市を移動する事や、ホテルのレベルを上げた事もあり、それなりの費用が発生しました。ただ、お金には代え難い経験ができると期待しております。

チケット代:175ドル/試合×3試合=525ドル(52,500円)
チケット送料:42ドル(4,200円)
飛行機代(国際線&国内線×3都市&チャージ&関連税金 他):330,000円
ホテル代(5泊分):81,000円
ビザ申請:3,600円(※発行料は無料です。私は代理店にお願いした分の費用が発生しました)
ESTA申請:14ドル(1,400円)
旅行保険:7.500円
代表ユニホーム:15,000円(※背番号7)

という事で約50万円。

他にも「変圧器」や「日本国旗」、ブラジル人に媚びを売るために買った「ブラジル代表のユニホーム」、「地球の歩き方」、「アシシさんの講演会参加費」、「WiFiルーター」、「機内で読む本」など関連した細かい出費や、現地での食費、お土産代を考えるとトータル60万円くらいの出費になりそう。

・・・明日から晩ごはん、おにぎり一個にしよ。

■まとめ

日常ではガンバ大阪を応援し続けている私。ガンバを通じてアジア各国にもACLで連れて行ってもらったし、CWCではマンチェスターユナイテッドというビッククラブとの対戦も経験できた。ピッチ上で披露されるサッカーも代表が低迷していた時期に逆にガンバが黄金期だったという巡り合わせもあって、ガンバより代表が面白い部分がイマイチ見つけられなかったので代表への思い入れは実はあんまりない。ガンバが弱いここ3年間もあまり変化はない。

ただ、ワールドカップだけは特別。説明不要。特別すぎる。しかも、今回はそこに自分が応援するクラブの選手が出場する可能性が高いという付加価値付き。そして、開催国がブラジル。自分も現地で応援できる。想像しただけでワクワク感が止まらない症状が開幕が近付くにつれて悪化してる。日本がW杯で勝利するシーンに立ち会えたら泣いちゃうかも。

よく「○○ワールドカップの○○戦の○○のプレーが自分の人生を変えた」みたいなコメントを見聞きするけど、自分も人生を変わるのだろうか。そんな経験ができたら最高だ。

では、ブラジル行ってきます。

日本代表ユニフォーム 遠藤

関連記事:ブラジルW杯遠征まとめ【前編】
関連記事:ブラジルW杯遠征まとめ【後編】

【書評/読書感想】「ヒーローインタビュー」(坂井希久子)

フィクション小説。阪神タイガースに入団したものの、ポテンシャルがなかなか開花せずに二軍暮らしが続くバッター「仁藤全」が主役。ただ、主人公の一人称では書かれておらず、物語は全て仁藤の関係者による証言という形で進められる。基本的には人間ドラマ。本書のレビューを読んでもそこへの評価が高い一冊。ただ、個人的にはこの一冊はスポーツが持つ魅力も上手く表現されていると思う。

ヒーローインタビュー 坂井希久子

■ワンプレーの裏に十人十色のドラマがある

前述の通りこの物語は主人公の関係者の証言によって物語が進められている。球団スカウト、片思いの相手、チームメイト、ライバルチーム選手、高校時代のチームメイト・・・それぞれにはそれぞれの仁藤全への想いがある。関係者間には面識はないものの、仁藤全という選手を応援したいという想いは共通している。そんな彼ら彼女らがある重要な一戦でスタジアムに集結し、仁藤全のキャリアハイライトとなるプレーを目撃した時の心理描写が秀逸で、自身のスタジアムでの経験も甦って泣けた。

年齢、性別、立場を越えて同じものを応援するという「想いの共有」ができる事がスポーツの最大の魅力だと個人的には思っている。勿論、その想いの種類や強弱はバラバラ。本書でも仁藤全を応援する想いの中に「恋心の芽生え」がある人間もいれば、「後悔」がある人間もいる。色んな想いが混じっているからこそ、サッカーであればゴールの瞬間、野球であればホームランの瞬間などに爆発的な熱狂がスタジアム・球場を包むのだと思う。本書では登場人物全ての想いを一人で背負ってそのプレーを目撃できるのでお得です。

これからW杯本番に近づくにつれてこの小説のように代表メンバーの親や恩師など関係者のコメントを大量に見聞きするはず。実際、サプライズメンバー入りの大久保の親父の話なんて既にTVで10回以上観た。うんざりしがちなこの手の煽りも我慢して見ればW杯本番の試合でより感動できるのかも・・・。そんな風に思わせてくれるナイスタイミングな一冊。

ガンバ大阪前半戦まとめ(5月編) ~「ツイッターまとめ」と「サブタイトル」~

ガンバ前半戦総括の第三弾。5月編です。

■第11節:対横浜Fマリ戦@日産
「リバウンドメンタリティ」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-559.html




■第12節:対徳島戦@万博
「宇佐美の相棒探しの行方」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-561.html



■第13節:対名古屋戦@豊田
「長谷川ガンバ、再スタート」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-562.html





■第14節:対FC東京戦@味スタ
「自滅」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-563.html



■ナビスコ第4節:対鹿島戦@万博
「井手口、更なる成長のきっかけに」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-565.html





■ナビスコ第5節:対FC東京@万博
「リンス、後半戦に爆発の予感漂わせる」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-566.html


■ナビスコ第6節:対仙台@ユアスタ
「そもそも今日はどういうスタンスで戦おうとしていたのか」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-567.html





宇佐美が復帰して、どん底からは抜け出した感はあるものの好調が継続しなかったのが5月。名古屋戦では「長谷川ガンバ、再スタート」とか書いておきながら、次節のFC東京戦では「自滅」。ポテンシャル自体は低いチームではないものの、安定的に力を出せない状態。それはメンタルの問題なのか、コンディションの問題なのかは不明。中断期間では、宇佐美の代わりが誰もいないFWの補強と、攻撃のバリエーションを増やす練習に注力して欲しい。

ガンバ大阪前半戦まとめ(4月編) ~「ツイッターまとめ」と「サブタイトル」~

ガンバ前半戦総括の続き。今回は4月編。

■ナビスコ第2節:対清水戦@日本平
「打開策「ヤットのボランチ起用」の成果は・・・」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-552.html



■第6節:鹿島戦@万博
「立ち戻るべきスタイルとは?」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-553.html





■第7節:セレッソ戦@長居
「チームは生き物」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-554.html



■ナビスコ第3節:対鳥栖戦@ベアスタ
「新レギュラー争いスタート」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-555.html





■第8節:対大宮戦@万博
「機能しない2トップと完全復調の倉田」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-556.html



■第9節:対川崎戦@等々力
「宇佐美の復帰に相応しい展開だったが・・・」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-557.html





■第10節:対柏戦@万博
「残留争いの覚悟を決めた」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-558.html



ダービーをきっかけに改善するかと思われた攻撃力は結局宇佐美復帰まで改善しなかった。結果、序盤は安定していた守備にまで悪影響をもたらす負のスパイラル突入。一方で個人ではダービー2得点の阿部ちゃんが好調を維持。監督曰く「覚醒」との事でハイパフォーマンスを継続。加地&米倉の怪我で出番が回ってきたジェソクが試合を重ねるごとに安定感。完全に主力に。また、ナビスコでは内田、小川、井手口ら若手が躍動。エブソンのデビューも。

関連記事:ガンバ大阪前半戦まとめ(3月編) ~「ツイッターまとめ」と「サブタイトル」~

ガンバ大阪前半戦まとめ(3月編) ~「ツイッターまとめ」と「サブタイトル」~

ナビスコカップも無事予選突破という形で終了。ワールドカップ開催に伴う中断期間突入ですが、ワールドカップが始まる前にガンバ大阪の前半戦を簡単に振り返りましょう。

昨年途中からブログ記事の下書き的意味合いで開始した試合後のツイッターによる「感想まとめ」呟きを、これまた昨年から開始したブログ記事に試合を端的に表すために付けている「サブタイトル」と共に一挙公開する形式でどうぞ。まずは3月編。

■開幕戦:対浦和@万博
「ベストな攻守のバランスを探る序盤戦」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-542.html



■第2節:対新潟戦@ビッグスワン
「数少ない勝ちパターンにはまった一戦」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-543.html





■第3節:対仙台戦@ユアスタ
「新加入選手が序々にフィットしてきてる事を心の支えに」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-546.html





■ナビスコ第2節:対神戸@万博
「キーマンのゴール」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-548.html





■第4節:対広島@万博
「ヤットの今後の起用法」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-549.html





第5節:対鳥栖戦@ベアスタ
「あえて言おう。審判が憎いと」
http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-550.html





序盤は守備的なスタイルへの手応えを感じる一方で、宇佐美不在の影響をもろに受けた攻撃力の低下がメインテーマ。リンスもフィットせず。また、守備的に戦うがゆえに守備に難があると考えられているふしがあるヤットのポジションについてもサポーター間で多くの議論が展開された。

【サッカー写真館】インドネシアサッカーの風景 ~スタジアムグルメ&スタジアムグッズ編~

インドネシアサッカー遠征時の写真を紹介するシリーズ3回目。最終章でございます。最後は大トリに相応しいテーマ「スタジアムグルメ」&「スタジアムグッズ」編。今回紹介するのはガンバが6月に対戦するPERSIBのホームスタジアム「Si Jalak Harupat」のものです。実際にガンバが試合をする時にこれらの出店があるかは不明ですが、現地に行かれる方はご参考下さい。

■インドネシアのスタジアムグルメ

ラーメンを売ってくれたおじさん。一杯100円程度

スタジアムグルメおじさん

赤いのは唐辛子

インドネシアラーメン

インドネシアスタグルの定番はこれ。胃もたれしてたので食べなかったけど、何かの揚げ物

インドネシアスタジアムグルメ

同じものを売ってるお店が他にも

インドネシアスタグル①

見えにくいけど、日本のキャラクターのシールが沢山貼ってるお店

インドネシアサッカースタジアムグルメ

これはラーメンかな?

ISLスタグル

スタジアム内では水とお菓子の販売も。水は一本数十円

スタジアム内の水売り

■インドネシアのスタジアムグッズ

スタジアム内では販売しておらず、グッズは全てスタジアムの外で

インドネシアスタジアム周り

値段はどのお店でも大体同じでした

Si Jalak Harupat外観

多分、オフィシャルグッズではなく、業者が色々自由に参入している形だと思われ

インドネシアサッカーグッズ

テントタイプで販売しているお店も

インドネシアグッズショップ外観

多分、ホームチームのマスコットキャラクターグッズ

インドネシアサッカーキーホルダー

定番のタオマフは多種多様

インドネシアサッカータオマフ

珍しいところだと、マスクも大量に販売されていました

インドネシアサッカーマスク

旗も売ってます

インドネシアサッカークラブエンブレム

手持ちタイプの旗の販売も

旗売りおじさん

旗売りは結構な数がいました

フラッグ売り

東南アジアの試合でよく聞こえてくるチアホーンのようなグッズ。ブーイング的な意味合いで使っていたような

インドネシアチアホーン

チアホーンを売ってるおじさん

チアホーン売りおじさん

私が買ったグッズ。ユニは1枚800円くらい

プルシブユニフォーム

ユニを購入したお店のおじさん

インドネシアサッカースタジアムグッズ

以上で一連のインドネシアサッカー関連の記事を終了とさせて頂きます。全て読んで頂いた方は長文にお付き合い頂きましてありがとうございました。読んでないという方はお時間あれば是非下記リンクよりお読み頂ければ幸いです。

関連記事①:【インドネシアサッカー観戦記】カオスがもたらす熱狂のスタジアム
関連記事②:Jリーグがインドネシアで受け入れられるために
関連記事③:【サッカー写真館】インドネシアサッカーの風景 ~スタジアム編~
関連記事④:【サッカー写真館】インドネシアサッカーの風景 ~サポーター編~