【プレシーズンマッチ】ガンバ大阪-京都サンガF.C.@J-GREEN堺

スタメン紹介時、元ガンバの大黒や横谷に観客席が沸くのは分かるのだけど、比嘉さんの名前がアナウンスされた時にちょっとざわついたのには驚きましたな。

という事で、J-GREEN堺までプレシーズンマッチを観に行ってきました。個人的には毎年恒例の宮崎キャンプ旅行が大雪の影響で中止になったのでこの試合が今年の初ガンバ。明けましておめでとうございます。

チーム状態は報道されてた通り。「守備は整理されてる。攻撃はまだまだ」。久々にメインからガンバの試合を観た事もあるだろうけど、チーム全体が連動する守備は約束事が浸透してきつつある事を感じさせてくれた。特に見せ場はなかったものの東口が醸し出す安心感も相俟って、ガンバらしくない「手堅い」という印象すら受けた。これが2年目の蓄積というやつか。

プレシーズンマッチ京都戦

■宇佐美不在をどうやって埋めるのか

一方で守備にある程度の手応えを感じたからこそ個人で点を取れる宇佐美不在を大きく感じた。決定機は藤春のオーバーラップかフタのスルーパスというのは昨年同様。もう少し攻撃の幅を広げたい。

この試合欠場のヤットが入れば多少は違うのだろうけど、宇佐美がいなくてもヤットのFW起用を続けるのだろうか。また、佐藤のポストプレーは怪我前レベルで通用しそうである事を考えると、佐藤との組み合わせでベストなのはヤットではなく飛び出せる倉田やリンスのような気もするし、佐藤を使わないパターンも当然考えられるし……etc. とまあ、組み合わせに関しては軸である宇佐美の怪我で振り出しに戻った感じ。

新加入のリンスがどれだけできるかは今日の出場時間では未知数。今年も左に偏る攻撃においてキャンプ中にずっと試していたという右MFにリンスを置く布陣は観てみたい。ただ、FW起用された今日の試合では左に流れるシーンが多かった気がする・・・。

とにもかくにも開幕まで一週間。色々書いたけど、課題うんぬんより単純にガンバの試合が観れるという期待感の方が圧勝しております。今年も宜しくお願いします。

P.S.J-GREEN堺は客席とピッチが近かった事もあり選手の声がよく聞こえた。そこでの発見として、丹羽ちゃんの声は味方への指示と共に自分のプレーのリズムを生み出す景気づけの意味合いが強いような印象を受けた。岩下の声?そりゃ、全部威嚇でしょう。

関連記事:【シーズンプレビュー】「ガンバTV」のDVDを観ながら思う、2014シーズン『4つ』の見所

【シーズンプレビュー】「ガンバTV」のDVDを観ながら思う、2014シーズン『4つ』の見所

失意の羽田空港より帰宅。本当は今日から毎年恒例ガンバ大阪宮崎キャンプの旅に出る予定だったのですが雪による飛行機欠航により断念・・・。雪が憎い。

ただ、無事宮崎は悪くない天気だったようで無事練習試合が開催されたもよう。各クラブ練習試合、PSMが今週末からいよいよ本格化。開幕が迫ってきました。ガンバサポとしては今年はオフが長かったせいで例年よりも昨シーズンの記憶が曖昧になりがち。という事で1月に発売されたガンバ大阪シーズンレビューDVDを満を持して観ましたよ。200分。長い。おかげで記憶が甦りました。ありがとうございます。

DVDで面白い部分はやはりガンバTVの「未公開トーク」。たむけんさんの話術なのか、人柄なのか「ガンバファミリー」と比較するとスムーズに話を引き出せている感がある。付き合い的にも、知識的にも「ガンバファミリー」MCの仙石さんの方が長いはずなのに不思議。ただ、選手には良い感じで接しているのに、ツイッターでガンバサポに乱暴な接し方している点が改めて悔やまれる。

ガンバ大阪DVD シーズンレビュー2013

■ガンバ大阪2014シーズン注目点は?


そんなこんなのDVD観賞。内容はレビューとは言え、2月に観ている時点で気分はプレビュー。2014シーズン序盤の見所をDVDをふまえた上で考えてみた。

1、右サイドバックレギュラー争い

レギュラー争いが一番熱いのは加地さんと米倉の「右サイドバック」。分かりやすい一騎打ち。昨年は「立ち上がりの失点」がガンバホットワードになった時期もあったけど、DVDに映し出されたのはそれに大いに絡む加地さんの姿。ただ、それらの失点は「衰えたなぁ・・・」という感じの絡み方ではなく、シージーミス中心。イージーミスを連発する事を衰えと捉えるのかは判断難しい(失点に関わらない部分での衰えを感じるのも事実)。攻撃を取るなら米倉、守備を取るなら加地さんみたいな判断基準になるんかなー。

2、藤春の更なる覚醒

去年のクラブMVP。DVDの200分間だけでも存在感が際立ってた。「未公開トーク」で一番興味深かったのも藤春が今ちゃんと出演している回で、今ちゃんが藤春に対して「もっと縦に仕掛けられるのに遠慮してパスコースを探している」といった主旨の発言をしたシーン。これには共感するサポは多そう。あれは周りへの遠慮が原因だったのか・・・。アキや将生とは種類の違う「もっと出来るだろ」感。智がいなくなって怒られる回数が減った事を笑顔で語る藤春。実に現代の若手っぽいメンタリティ。怪我で昨シーズン出場機会の少なかった岩下が戻ってくるであろう今シーズンが藤春にとって実は正念場になるのかもしれない。

3、若手の起用法

DVD内で一番伸びた若手として監督に名前を挙げられたウッチー。ヤットが今年もFW起用の可能性を探られているのは裏を返せばウッチーへの信頼とも取れる。西野、岡崎、大森・・・あたりの昨年結果を出しつつあった若手選手達がJ1レベルでどれくらいやれるのかは重要なポイント。ウッチーが使えないとなるとヤットのFW起用が使いにくくなるように、戦い方の選択肢が一気に減る。また、この注目点は昨年はなかったナビスコカップをどう戦うのかという部分にもリンクする。個人的にはリーグ戦に出ていない若手選手の出場機会提供の場として使う事で後半戦につなげて欲しい。2012シーズンのガンバと一番違うのは「伸びしろ」が大いにあるチームになっているという点。若手選手の成長と勝ち点は比例するはず。

4、宇佐美の相棒(1.5列目)

システムがどうなるかは分からないものの、エースストライカー宇佐美をどうバックアップできるかが序盤戦の生命線になりそうな予感。まあ、どのシーズンも1.5列目の役割はキーポイントになる。ルーカス以降、適任者は不在だと思うけど、DVDを観ながらパウリーニョが近いポジションに入った14~15節あたりは昨年のガンバで一番強かった時期じゃないかなという気もしていて、このポジション(役割)の重要性を再確認した。現状はヤットの起用が可能性高いみたいだけど、得点能力の高いリンスや倉田の起用も魅力的に思えるし、佐藤のポストプレーもいいんじゃないかとも思うし・・・。

以上、4点挙げてみた。

当然、他にも色々注目点はあると思うので、良かったら皆さんの考える注目点をコメント欄やSNSで教えて下さい。

※関連記事①:【書評/読書感想】「輪になれナニワ」(佐藤俊)
※関連記事②:【書評/読書感想】「一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学 今すぐ実践したい指導の流儀」(長谷川健太)

P.S.ガンバTVトーク大賞は宇佐美選手の「バイエル時代の思い出」がダントツ。宇佐美のしっかりオチをつける生粋の関西人な喋り方もさることながら、リベリーやラームといった登場人物のインパクトや、バイエルンというクラブのスケール感を知れるエピソードはノーカットでずっと聞きたかった。

【書評/読書感想】「フットボール百景」(宇都宮徹壱)

お馴染み宇都宮徹壱さんがサッカーダイジェストで2008年から連載していたコラム「フットボール百景」をまとめた一冊。ちなみに、連載のオファーを出したのはガンバサポにはお馴染みの川原崇さんであった事がプロローグで明らかになっており、勝手に縁を感じながらの読書開始。

コラムをまとめている一冊ゆえに共通したテーマは無し。ただ、その中でもキーワードを挙げるのならば「マイナー」とか「多様性」という言葉になる。これは本書だけではなく、宇都宮さんに対して持つサッカーファンの印象と同じかもしれない。Jリーグと日本代表しかほぼ観ない自分としては、この本で「地域リーグ」や「サッカー弱小国」が持つサッカーの魅力を知る事ができる他、最近の宇都宮さんの代名詞的になりつつある(?)「マスコット」への注目など、違った視点も提供してもらえる。

フットボール百景 宇都宮徹壱

宗教や政治といった海外サッカーでは切っても切り離せないテーマからサッカーを書いたかと思えば(文化的側面からサッカーを語れる人は貴重)、大分のマスコットである二ータンがどうとか、海外のビールが美味いみたいな話が出てくるなど、緩急の付け方はまるで我らが遠藤保仁のような・・・ちょっと違うか。

先日感想を書いた「ボールピープル」(近藤篤)も近い雰囲気があったけど、良い意味で「ゆるい」サッカー観戦術も持っている人の言葉をシーズンオフに読めたのは良かった。この力を抜いた自然体で素直にサッカーを楽しむ姿勢は自分を含め、それなりに長年サッカーを観てきている人ほど忘れている部分なのかもしれないなぁと。試合を観ては課題を指摘して、応援するという行為に対しても「サポーター論」だとか難しい事を言い始めて、単純にもっと気軽にサッカーを観て、サッカーを楽しむ事を取り戻したい・・・そんな事を思わせてくれる一冊でした。

※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい