【プレシーズンマッチ】ガンバ大阪-京都サンガF.C.@J-GREEN堺

スタメン紹介時、元ガンバの大黒や横谷に観客席が沸くのは分かるのだけど、比嘉さんの名前がアナウンスされた時にちょっとざわついたのには驚きましたな。

という事で、J-GREEN堺までプレシーズンマッチを観に行ってきました。個人的には毎年恒例の宮崎キャンプ旅行が大雪の影響で中止になったのでこの試合が今年の初ガンバ。明けましておめでとうございます。

チーム状態は報道されてた通り。「守備は整理されてる。攻撃はまだまだ」。久々にメインからガンバの試合を観た事もあるだろうけど、チーム全体が連動する守備は約束事が浸透してきつつある事を感じさせてくれた。特に見せ場はなかったものの東口が醸し出す安心感も相俟って、ガンバらしくない「手堅い」という印象すら受けた。これが2年目の蓄積というやつか。

プレシーズンマッチ京都戦

■宇佐美不在をどうやって埋めるのか

一方で守備にある程度の手応えを感じたからこそ個人で点を取れる宇佐美不在を大きく感じた。決定機は藤春のオーバーラップかフタのスルーパスというのは昨年同様。もう少し攻撃の幅を広げたい。

この試合欠場のヤットが入れば多少は違うのだろうけど、宇佐美がいなくてもヤットのFW起用を続けるのだろうか。また、佐藤のポストプレーは怪我前レベルで通用しそうである事を考えると、佐藤との組み合わせでベストなのはヤットではなく飛び出せる倉田やリンスのような気もするし、佐藤を使わないパターンも当然考えられるし……etc. とまあ、組み合わせに関しては軸である宇佐美の怪我で振り出しに戻った感じ。

新加入のリンスがどれだけできるかは今日の出場時間では未知数。今年も左に偏る攻撃においてキャンプ中にずっと試していたという右MFにリンスを置く布陣は観てみたい。ただ、FW起用された今日の試合では左に流れるシーンが多かった気がする・・・。

とにもかくにも開幕まで一週間。色々書いたけど、課題うんぬんより単純にガンバの試合が観れるという期待感の方が圧勝しております。今年も宜しくお願いします。

P.S.J-GREEN堺は客席とピッチが近かった事もあり選手の声がよく聞こえた。そこでの発見として、丹羽ちゃんの声は味方への指示と共に自分のプレーのリズムを生み出す景気づけの意味合いが強いような印象を受けた。岩下の声?そりゃ、全部威嚇でしょう。

関連記事:【シーズンプレビュー】「ガンバTV」のDVDを観ながら思う、2014シーズン『4つ』の見所

【書評/読書感想】「フットボール百景」(宇都宮徹壱)

お馴染み宇都宮徹壱さんがサッカーダイジェストで2008年から連載していたコラム「フットボール百景」をまとめた一冊。ちなみに、連載のオファーを出したのはガンバサポにはお馴染みの川原崇さんであった事がプロローグで明らかになっており、勝手に縁を感じながらの読書開始。

コラムをまとめている一冊ゆえに共通したテーマは無し。ただ、その中でもキーワードを挙げるのならば「マイナー」とか「多様性」という言葉になる。これは本書だけではなく、宇都宮さんに対して持つサッカーファンの印象と同じかもしれない。Jリーグと日本代表しかほぼ観ない自分としては、この本で「地域リーグ」や「サッカー弱小国」が持つサッカーの魅力を知る事ができる他、最近の宇都宮さんの代名詞的になりつつある(?)「マスコット」への注目など、違った視点も提供してもらえる。

フットボール百景 宇都宮徹壱

宗教や政治といった海外サッカーでは切っても切り離せないテーマからサッカーを書いたかと思えば(文化的側面からサッカーを語れる人は貴重)、大分のマスコットである二ータンがどうとか、海外のビールが美味いみたいな話が出てくるなど、緩急の付け方はまるで我らが遠藤保仁のような・・・ちょっと違うか。

先日感想を書いた「ボールピープル」(近藤篤)も近い雰囲気があったけど、良い意味で「ゆるい」サッカー観戦術も持っている人の言葉をシーズンオフに読めたのは良かった。この力を抜いた自然体で素直にサッカーを楽しむ姿勢は自分を含め、それなりに長年サッカーを観てきている人ほど忘れている部分なのかもしれないなぁと。試合を観ては課題を指摘して、応援するという行為に対しても「サポーター論」だとか難しい事を言い始めて、単純にもっと気軽にサッカーを観て、サッカーを楽しむ事を取り戻したい・・・そんな事を思わせてくれる一冊でした。

※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい