【書評/読書感想】「サッカー依存症」(武智幸徳)

■新聞記者が書く海外サッカー紀行


前回の「ボールピープル」に引き続き海外サッカー紀行モノ。自分の中でこのジャンルが流行してる。単純に知らない事、違った発想が書いてある本は面白く、それは当然Jリーグよりも異文化の方が多い。本書ではドイツ、南米各国、オランダ、スペインの旅での出来事や各国のサッカー関係者への取材の様子が書かれており、どの国も長いサッカーの歴史で築いてきたオリジナルの哲学を持っているのが印象的。哲学は「システム」や「環境」と言い換える事もできるかもしれない。それは国によっても、クラブによっても違っているので正解などは存在しないのだろうけど、そういうものを確立できていない日本のサッカーファンとしては凄く羨ましく感じた。

著者は武智幸徳さん。日経新聞の記者。「新聞記者はサッカーの専門家じゃないし・・・」と考えるのは間違い。武智さんはずっと運動部という事もあり完全なるスペシャリストである事に加え、新聞記者ゆえの文章力、語彙力で本の世界に引き込ませられる。良い悪いではなく、好みの問題だと思うけど、エルゴラや個人ブログなど素人ライター全盛な中で「本物」はすごいなと改めて。

ちなみに、本書の中に出てくる取材対象も日経新聞のルートだからこそ取材できる大物もいたようで、そういう意味でも「新聞記者」が書くサッカー紀行はフリーのライターさんとは違った面白さがある。村上龍さんや万城目学さんなど作家さんのサッカー紀行本を読んだ時も思うけど、サッカー以外の事を沢山知っているという事はサッカーの記事を書いた時に深みを与えているような気がする。

サッカー依存症(武智幸徳)

今年は1試合くらいJリーグ休んで海外サッカーを観に行こうかな。

※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい

【書評/読書感想】「ボールピープル」(近藤篤)

きっと「唯一無二」とはこういう本の事を言うのだろうな。ジャンル的には「フォトブック」。サッカーにまつわる写真と、その写真に付け加えられる文章。この本に出てくる「ボールピープル」は基本的には一般人。サッカーを切り口に色んな人生を垣間見れる。外国での出来事も多く書かれているのだけど、サッカーを介する事で異文化じゃなくなる感覚。すっと自分の中に落ちてくる。悲惨な日常もサッカーを介する事で少し笑えたり、勇気を与えてくれたり。

メッセージ性があるような、ないような・・・表現が難しい本で・・・と思ったら、「あとがき」的な章で作者自身がこの本の事を上手く表現していた。

ボールピープル 書評

作りたかったのは自分の好きな写真がふんだんに使われていて、始まりも終わりも起承転結もなく、うざいメッセージや小難しい理屈は抜きで、すべてが渾然一体となっていて、どのページからでも読み始められ、でもそう簡単には読み切れず、なんだかよくわけがわからないけど、読み終わるとなにががわっかったような気になって、そしてなによりも、今までこんなサッカーの本はなかったね、といわれるような本だった

うん。この表現が一番しっくりくる。なんか壮大な事を言いたいのだけど、何も出てこない感じ。悪い意味ではなく。ただ、面白いのは間違いないし、何か心に残ってる。稚拙な表現になるけども、まだまだ自分が知らないサッカーの世界、魅力を教えてくれる一冊。

P.S.近藤篤さんはじめ、宇都宮徹壱さん、六川則夫さんらカメラマンの人が書くサッカーの文章は知的だし、面白いなぁ。カメラレンズ越しにサッカーを観ると違う世界があるのだろうか。

※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい

「最後のロッカールーム」での嘘泣きから10年が経って ~高校サッカー備忘録~

高校サッカー選手権名物「最後のロッカールーム」。最近知ったのだけど、あのロッカールームのシーンばっかり集めたDVDが発売されている。そのDVDの説明文にはこう書かれている。

試合に負けた選手たちは、ロッカールームで、監督から最後の言葉を贈られ、感動し、涙する――。

・・・らしい。

『敗れてこそ、初めてわかることがある。
負けから、人生にとって大切ななにかを学ぶこともある。』


・・・らしい。

■自分の記憶している「最後のロッカールーム」と違う・・・。


約10年前、弱小高校サッカー部員だった僕にも選手権「予選」(しかも、2~3回戦)で負けて、引退した経験がある。残念ながら試合後は「ロッカールーム」すら用意されず、他校が試合をしている邪魔にならないようにグランドを隅っこに移動して敗戦を噛み締める事になったけど。ロッカールームで引退できるのは勝ち残った選手達だけ。「最後のロッカールーム」なんてタイトルに共感なんて覚えない。

ちなみに、違うのは場所だけじゃない。後輩達に「俺達が見れなかった夢の続きをお前達に託した」的な熱い言葉も言わなければ、そもそも泣いてすらいない。正確には周りの仲間が泣いているのを見て「あれ?これは俺も泣いた方がいいの?」という発想で泣いているふりをした。嘘泣きをしたのは後にも先にも人生であの時だけ。試合後の監督の言葉は一言も覚えていないが、試合後に「あぁ、明日から放課後に走らなくてもいいのか」と解放感でいっぱいだった事は覚えている。

・・・・すいません。振り返ってみると、僕がクズなだけでした。「最後のロッカールーム」。素敵なタイトルですね。

そんな僕だけど、アラサーになった今、サッカー(フットサル)が上手くなりたい意欲は当時より強かったりする。高校サッカー部OBで集まってフットサル大会に出場すれば誰よりも勝敗にこだわるし、熱くなってしまう自分がいる。きっと高校卒業後は、部活のメンバーの誰よりもサッカーを観ているし、誰よりもサッカーを愛していると思う。なんなんだ、これは。

そして、お世辞にも全力を出し切ったとはいえない高校サッカー引退後の人生は比較的ベストを尽くしている気がする。高校サッカー引退後は3年間サッカーしかしてこなかった付けが回って浪人こそしたけども、浪人時代は死ぬほど勉強したしし、大学では興味のあったスポーツビジネスをインターンシップやボランティアなどに参加したり前向きなキャンパスライフを送り、ガンバ大阪を日本中追いかけ回しはじめ、ブログを書き始め、そのエピソードを面白がってくれたのか希望する業界に就職して、仕事も前向きにやってる。・・・真面目だな。長谷部か、俺は。

「高校サッカーで全力を出せなかった後悔がその後の人生の活力になっている」・・・なんて事は言わない。別に後悔もしていない。ただ、この先の人生において「引退」のタイミングがどこになるのかは見当もつかないけども、その時はグラウンドの隅っこではなく「ロッカールーム」で迎えたいなとは思っている。

高校サッカー選手権 ロゴ
ふり向くな君は美しい

※過去のサッカー雑記カテゴリ記事はこちら

2013年Jリーグサポーターブロガー活動総括と2014年目標

あけましておめでとうございます。2014年最初のエントリーが昨年のサポーター活動の振り返りという・・・・・・昨年末に予約投稿していたつもりが、更新されぬまま年を越すという幸先の良い2014年のスタートなのであります。

という事で、予約投稿していたエントリーの「今年」を「昨年」に変えるなど多少の文章修正をして堂々のブログ更新。今回は「情報発信」という部分に絞って2013年のサポーター活動を総括。そして、それをふまえた上で今年の目標を決めようという真面目なやつです。

■ブログ記事アクセスランキング

昨年はブログ開始7年目にして密かにPV数を意識してました。別にアフィリエイトをやっている訳でもないのだけど、ちょっとチャレンジしてみようと。アラサーになって自己顕示欲が出てきた恥ずかしいタイプの人間なんです。具体的に実施した事の1つが「更新頻度のUP」。昨年はガンバ大阪の試合観戦記以外に「サッカー書評」の記事や、「ロス7写真館」と題してアウェイ遠征時に撮影した写真をUPする記事を書き始めたのもこの一環。

そして、「コラム(風)」な記事も書き始めたのですが、これが意外にPV数を集めたんですねぇ。弊ブログの記事カテゴリーにおける「サッカー雑記」に分類される記事。元々コラムを読むのが好きだった事と、一昨年、「社内報に自分のサッカー観戦ライフを書いた話」という記事がそこそこの反響を頂いていた経験から調子に乗ったんです。ちなみに、昨年のアクセスランキングはこんな感じ。

1位:「アルプス一万尺」の歌い方 ~アウェイサポーターとして松本遠征を経験して~
2位:JリーグサポーターがWEBで情報発信をする意義
3位:悲劇的敗戦がもたらすもの
4位:【J2第30節】ガイナーレ鳥取-ガンバ大阪@とりスタ
5位:【J2第38節】徳島ヴォルティス-ガンバ大阪@鳴門大塚

松本遠征は昨シーズンの最大のサプライズだったので、自分の熱量とPV数が比例した事は嬉しかった。下記にブログの反響の一部をまとめましたが、ツイッターやコメント欄を通じて色んな声を頂けたのは励みになりました。ありがとうございました。ちなみに、4位は「ガンバ特需」への疑問を投げかけた記事で、5位はゴール裏での心温まるエピソードを書いた記事なので、実際は純粋な試合観戦記はベスト5にはないです。J1では大阪ダービーやレッズ戦の観戦記が多くのPVを集めるので、このあたりにも昨年はJ2を戦ったシーズンだったんだなぁと懐かしむのであります。

松本山雅ブログ反響


■ツイッターでの情報発信

ツイッターは「情報発信」よりもインプットの部分を重視して使っているツールではあるものの、ツイッターならではの情報発信を始めました。具体的には「試合簡易まとめ」、「現地小ネタ」、「ニュース所感」の3点。

「試合簡易まとめ」はブログの下書き的な意味合い。これをやる事でブログを書く時間が大幅に短縮されたのはブログを続ける上でも意味ある事だった。また、ブログにおける今年の観戦記は毎回、意識的に視点を限定して書いたので、ツイートがブログを補足する役割も担えたのも良かった。

「現地小ネタ」はこれまたブログに書くほどではないけども、面白い出来事を補足する役割の情報発信。今年はブログ本文中に(笑)を入れない事を1つのルールとして書いた結果、意図しない硬派なブログになった気がします。そのブログと実際書いている人間のパーソナリティのズレを修正する(バランスを取る)意味合いもあったかなと。

「ニュース所感」は私の全ツイートにおける50~60%を占めているもの。ニュースを垂れ流しにするのではなく、自分の意見を付け加えて発信する事でニュースを真に受けない習慣を身に付けると同時に、付加価値とまではいかないとしても、違うニュースの視点を受け手にもたらす事ができればといいなという考えからのアプローチ。

ツイッタ―


■反省と今年の目標

昨年の情報発信という部分でのサポーター活動は合格点。「ブログの更新頻度」もシーズン中(3月~11月)は目標にしてた月8本ペースを達成したし、今年の新たなチャレンジであった「写真」も13本の記事を書けた。コラム(風)記事ではヒットも生めたし、ベースとなるガンバの試合観戦記は昨年も全試合レビューできている。

反省は昨年はアウトプットの量を意識した結果、インプットの量が少なかった事。インプットありきのアウトプットである事をもう一度意識しようと思ってる。昨年はガンバ以外の試合をあまり観れていないし、インターネット記事や雑誌に偏って「本」をあまり読めなかったので、「サッカー本書評」の記事を増やす事は来年の目標の1つ。

また、インプットに多様性をもたせるためにツイッターでは他サポを積極的にフォローしていきます。同じJリーグサポーターでも価値観が違う人は多く、そうした考えを知る事で違った視点が持てるようになるし、違ったアウトプットにもつながるかもしれない。

そして、もう1つの目標は昨年に引き続きPV数の向上にチャレンジする。ブロガーとして一度ちゃんとチャレンジするのも悪くない。ブログきっかけで新たなサッカーファンとの出会いが生まれたらいいな・・・なんて淡い期待も抱きつつ。PV数が増えた先に何かしらゴールがあるならば、それは「出会い」なのかなという気がしてるから。

仕事も含め、今年は「人と会う」機会を増やしたい。昨年から少しずつ実践していた事だけど、それは次のキャリアを意識しての「セミナー」でもいいし、「オフ会」でもいいし、「フットサル」でもいい。その中でブログきっかけでの出会いがあれば素晴らしい。真面目に続けているブログが自分の人生にもっと影響して欲しいと思っている2014年なのでした。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご意見、ご感想は下記SNSをご利用下さい