【書評/読書感想】「輪になれナニワ」(佐藤俊)

シーズンレビューを兼ねて今回はこの本の書評/読書感想を。著者や本のタイトルからも分かる通りガンバ本。内容的は1993年のJリーグ開幕から西野政権終了の2011年シーズンまでの簡単なシーズンレビューと、選手のコメントを多く引用する形での昨シーズン~今シーズンの深堀りレビュー。

選手のコメントを読む事で今シーズンの試合の映像が甦ってくるし、選手達がJ1での戦いを見据えてJ2のシーズンを過ごしていた事を改めて知る事ができる。ヤットの若手選手に対する「でも、みんな、本当に成長したかどうか・・・」という厳しいコメントが象徴するように、今年のガンバはまだ決して完成形ではない事を再認識させられた。

輪になれナニワ

月別に複数選手のコメントが紹介されているのだけど、一番意識が高いと感じたのは倉田。個人としても、チームとしても目指している目標地点が高い事が伺いしれる言葉が多数。チームの課題の捉え方も具体的で、キャプテンであるヤットは達観している印象もある中で、実質チームを引っ張るのは来シーズンも彼なのかなという気はした。

宇佐美も意識は高いのだけど、どちらかというと個人のプレーに対する向上心が中心で、FWというポジション柄から考えても、とりあえず宇佐美はそれでいい。

そして、今ちゃんが相変わらずマジメというか、ネガティブというか、反省中心の言葉ばかり発していたのも「らしい」感じがして面白かった。まあ、不調だった9月のレビュー担当だった事もあるけど、代表でも不調時期が重なっている事もあったようで、色々苦労した模様。ちなみに、一時期、立ち上がりに失点しまくった事に対しては慎重に試合に入った事が逆に相手に精神的優位を与えてしまったという分析。妙に説得力を感じてしまった。

「来年が本当の勝負だ」という気持ちはクラブ(強化部)も同じようで今シーズンオフの補強は積極的かつ的確。東口に、米倉に・・・未来を感じる選手も加入して、また大きな伸びしろがあるチームに生まれ変わりつつあるのはサポーターとしても応援のし甲斐倍増という感じ。あとは、本書で今ちゃんが宇佐美やフタにボールが入った時以外は攻撃のスイッチが入りづらい主旨のコメントを残していたり、ヤットが点の取れる外国人の必要性を説いていたりする事からも分かる通り、攻撃的な選手の補強が決まれば満点でしょう。

今からサカダイの補強診断特集号が楽しみになってきた。


※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

 





新聞記事でガンバ大阪の歴史を振り返る (♯4 J2降格&J1昇格)

いよいよこのシリーズも最終章。J2降格からJ1昇格、直近2年の振り返り。最近の出来事ゆえに新聞を見る事で当時の想いを鮮明に思い出す事が出来るのではないでしょうか?

残念なのは、ある意味当然と言えば当然なのだけど、ラミネート保存している新聞がほとんど「勝ちゲーム」である事。2012年に関しては負け続けた1年なので、その悔しさを忘れないためにも負け試合の記事も保存しておけば良かったと少し後悔してる。ただ、「負け」をフィーチャーしている記事が少ないもの事実で、Jリーグ中継でも負けたクラブがサポーターからブーイングを喰らっているシーンは放送されないなど、負の部分に対するメディアの姿勢はこれでいいのだろうかとも考えたりしている・・・そんな年末。

では、最後の新聞ラミネート加工コレクションです。どうぞ。

■J2降格(2012年)

1年以上経った今でもこの1年を上手く総括する事ができない。勝ちきれない西野監督と決別し、優勝しか考えられない中での連敗街道。ACLもやられたい放題でグループリーグ敗退。途中敦志の奮闘や、近年のライバル相手の大勝、救世主レアンドロ&家長の復帰など明るい話題が全くなかった訳ではないものの、後半戦の大宮が強すぎるなど外の要因もあってJ2降格。エンターテイメントであるはずのJリーグにおいて初めて観戦中に恐怖を感じた最終節磐田戦は一生忘れない。サッカーの恐ろしさや難しさを痛感した1年。セホーン、ロペス、山本、金森、(シクラメン)という悪役が生まれ、ガンバサダーというニューヒーローが誕生。ガンバ大阪、崩壊。

2012ガンバセホーン

2012ACL浦項ガンバ

2012エルゴラレッズレアンドロ

2012ガンバ-レッズエルゴラ

2012名古屋ガンバエルゴラ

2012柏レアンドロエルゴラ

2012柏ヤットエルゴラ

2012Jリーグ最終節エルゴラ

2012ガンバ降格エルゴラ


■J1昇格(2013年)

長谷川健太氏を監督に迎え、守備面の整備と世代交代を進めたクラブ史上初のJ2での1年間。シーズン序盤は引き分け連発でJ2での戦いに戸惑ったものの、結果的には危なげなくJ1昇格、J2優勝。シーズン序盤は倉田がチームリーダー的な働きをみせた他、驚きの西野の抜擢→成長、藤春が攻守共に覚醒し、ウッチーのプレーには安定感が生まれた。そして、宇佐美の復帰。復帰初戦から異次元のプレーを連発し、シーズン半分しか出場していないもののインパクト的にはMVP。宇佐美の刺激を受ける形で倉田の離脱中に大森がレギュラー争いに名乗りを上げる副産物も。来年のJ1での戦いにつながる意味のある1年間。興行的には「ガンバ特需」という言葉が生まれるほどアウェイ戦のチケットがプラチナ化。全国のスタジアムで軒並み最高観客数を更新。ガンバグッズのバカ売れはアウェイでは当たり前の光景に。

2013J2開幕エルゴラ

2013ガンバ首位ターンエルゴラ

2013ガンバ鳥取戦エルゴラ

2013ガンバ特需新聞

2013エルゴラ宇佐美復帰

2013ガンバJ1復帰スポーツ新聞

2013ガンバJ1昇格新聞

2013ガンバJ1昇格スポーツ新聞

2013ガンバJ2優勝エルゴラ

エルゴラガンバJ2優勝

2013ガンバ優勝スポーツ新聞

関連記事①:新聞記事でガンバの歴史機を振り返る (♯1 Jリーグ初優勝&ナビスコカップ初優勝)
関連記事②:新聞記事でガンバの歴史を振り返る(♯2 ACL優勝&CWC3位&天皇杯制覇)
関連記事③:新聞記事でガンバの歴史を振り返る(♯3 天皇杯連覇&南アW杯&西野時代終焉)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



シーズンオフはツイッターで。

新聞記事でガンバの歴史を振り返る(♯3 天皇杯連覇&南アW杯&西野時代終焉)

Jリーグが早く終わり、天皇杯も終了している12月は退屈ですな。Jリーグ以外の趣味を見つけようと思って昨年始めたゴルフは練習すればするほどスコアが落ち、ここ数年、お見合いを兼ねていた忘年会は結婚、出産、転勤・・・さまざまな理由で友人達の参加率が極端に落ち・・・こんな状況に年末は1人部屋でルービックキューブに真摯に向き合う決意を固めつつあります。ガンバサポの皆様はいかがお過ごしでしょうか?

一方、ガンバの12月は試合こそないものの、昨年と比べると明るい話題が多い気がします。東口という待望の守護神が加入し、新スタジアムがついに着工し、来シーズンのインドネシア遠征が発表されたりと新たなステージへの歩みを着々と進めている印象があります。そんな歩みを大切に保存したい・・・その想いが形になったのが私の隠れた趣味である「新聞ラミネート」であります。

今回は全4回でお届けしている「新聞記事でガンバの歴史を振り返る」シリーズの3回目。09年~11年の新聞記事を紹介します。タイトル的には天皇杯連覇(09年-10年)のみですが、2010年W杯でのヤットの活躍、宇佐美の台頭、西野政権の終焉・・・など中身の濃い3年だったと思います。では、どうぞ。

■豪華補強

06年から毎年そこそこ豪華は補強があったのだけど、09年はチョ・ジェジン、高木、レアンドロなど例年に増してビッグネームの補強があった年。メンバーのネームバリュー的には優勝候補筆頭だったけど、それら新加入選手がフィットしない難しさを痛感。そうした事を背景に中澤がガンバで確固たる地位を確立したり、宇佐美にチャンスが回ってきたり、最終的にはリーグは優勝争いまで持ち込んでチームの底力を感じたシーズン。

2009ガンバ大阪シーズン前キャンプ

■ヤットが別次元へ

08年の終わり頃から点も取りはじめて、翌年にW杯を控えた09年からは本人のモチベーションの高まりと比例して別次元のプレーをし始めた印象。09-10年の天皇杯決勝のパフォーマンスがその代表的な例で、ガンバサポ以外にも一般的にヤットが凄さが浸透し始めた数年間。ガンバの顔から日本サッカー界の顔へ。

2009-10天皇杯決勝サンケイスポーツ

2009-10天皇杯決勝エルゴラ

2009-10天皇杯決勝エルゴラ③

2009年エルゴラ遠藤保仁①

2010日刊スポーツ遠藤保仁

2011遠藤保仁エルゴラ


■宇佐美台頭

とにかく成長、活躍のペースが速い。「トップの試合に絡めるように頑張りたい」と初々しいコメントを残していた翌シーズンには「宇佐美貴史 偉才の証明」なんて言葉と共に新聞の一面を飾っている。そして、欧州へ。欧州では初めて壁にぶち当たったのかなと思っていたけど、今シーズンの活躍を観れば、成長は止まっていなかった事が分かる。下部組織出身である事も含め、ガンバにとって特別な選手の誕生。

2009ACL宇佐美エルゴラ

2010ACL宇佐美朝日新聞

2010天皇杯宇佐美エルゴラ

■大阪ダービー

セレッソのJ2復帰や両クラブの営業努力もあって大阪ダービーが盛り上がってきたのもこの時期から。「WHAT YOU GOT?」の煽り横断幕&クラブオフィシャルの煽りVTR、中澤のアドリアーノ挑発、ミチの「ちゃ~」パフォーマンス、相手には家長。盛り上がらない訳がない。

2010大阪ダービーエルゴラ

2010大阪ダービーエルゴラ②

■2010年南アフリカW杯

ガンバサポ的目線ではヤットの努力が報われた大会。06年W杯ではフィールドプレーヤーで唯一出場機会が無い屈辱を経ての活躍に感動。チームで一番試合中の走行距離が長かった事がデータ的にも証明されるなどして、代表における確固たる地位を確立。日本の心臓へ。また、本田がガンバユースに昇格できなかったエピソードが有名になった他、今ちゃんが闘莉王のモノマネでブレイク。

2010W杯号外

2010W杯エルゴラ①

2010W杯エルゴラ②

2010ワールドカップエルゴラ③

■別れ

ヤット前のガンバの顔だったツネが神戸で引退。ガンバには珍しく「気持ち」でチームを引っ張り、サポーターから最も愛された選手だった幡戸の契約満了。ガンバを強豪チームに導いた西野監督の退団。智や橋本の移籍も含め、チーム作りにおける1つのサイクルの終焉。

2011宮本恒靖引退エルゴラ

2009播戸退団エルゴラ

2011西野監督エルゴラ


■おまけ

ACLアウェイ遠征で購入した現地新聞。これは山東魯能(中国)戦。なぜか両紙ともジェジンの写真を採用。

2009ACL中国現地新聞①

2009ACL中国現地新聞②


関連記事①:新聞記事でガンバの歴史機を振り返る (♯1 Jリーグ初優勝&ナビスコカップ初優勝)
関連記事②:新聞記事でガンバの歴史を振り返る(♯2 ACL優勝&CWC3位&天皇杯制覇)


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



シーズンオフはツイッター中心で。

新聞記事でガンバの歴史を振り返る(♯2 ACL優勝&CWC3位&天皇杯制覇)

こんばんは。新聞ラミネート職人です。全4回でお届けしている「新聞記事でガンバの歴史を振り返る」シリーズの2回目。今回は08年シーズンの新聞を紹介します。ACL優勝、CWC3位、天皇杯制覇と試合数が最も多かった1年で、毎週2試合を観ていたような記憶があります。ラミネート加工しているガンバ新聞記事もこの年のものがダントツで多いんです。個人的には過去一番楽しかったシーズン。

■2008年ACL優勝

個人的にも初めてACLのアウェイ遠征に参戦した事もあり、思い入れの深いのタイトル。反日感情が強い東アジア各国での戦いは対サポーターにも石を投げられたり、罵声を浴びせられたりと精神的にも厳しい戦いでした。ただ、身の危険をリアルに感じる試合を経験できたのは自分の財産でもあります。そして、準決勝第2戦レッズ戦での死闘。同じ年にサポーター同士の暴動があった事もあり、ここ10年で一番緊張感があった試合。平日にも関わらず超満員の埼スタでの勝利はガンバにとっても、Jリーグの勢力図的にもターニングポイントとなりました。

ガンバ大阪08年レッズ戦暴動

ガンバ大阪08年レッズ戦暴動②

ガンバ大阪08年ACL準決勝レッズ戦②

ガンバ大阪08年ACL準決勝レッズ戦③

ガンバ大阪08年ACL準決勝レッズ戦①

2008ACL決勝第1戦

2008ACL優勝ガンバ


ガンバ大阪08年ACL優勝①

ガンバ大阪08年ACL優勝②

ガンバ大阪08年ACL優勝③

■クラブW杯3位

ボーナスステージ。マンチェスターユナイテッドとガンバが試合をする日が来るなんて。不思議な気分でピッチを観ていた事を思い出します。格上相手にも引いて守らず、攻撃的な戦いができた事が誇らしい。3-5というスコアはガンバのスタイルをよく表している。ザキさんの奮闘も印象的な大会。

ガンバ大阪08年CWC3位②

ガンバ大阪CWC3位①

2008CWC3位

ガンバ大阪08年CWC3位③

■2008-2009 天皇杯優勝

CWC終了後、満身創痍での戦い。明らかに走れていないのだけど、不思議と負ける雰囲気がない大会。高いレベルの試合を沢山経験して、選手もサポーターも最も研ぎ澄まされていた時期かもしれません。「来年もACLに出場したい!」という強いモチベーションで優勝。幡ちゃんがヒーローになる。「イチ、ニー、サン、ばーん!」で2009年スタート。

2008年-09年天皇杯優勝

2008-09天皇杯決勝


関連記事:新聞記事でガンバの歴史機を振り返る (♯1 Jリーグ初優勝&ナビスコカップ初優勝)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



シーズンオフはツイッター中心で。

【書評/読書感想】「スポーツ業界の歩き方」(河島徳基)

スポーツビジネス」をキーワードに就職活動に励んだ頃が懐かしい。「Jリーグの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい!」という想いで受けた博報堂に書類面接で落ちてからそれなりの時間が流れた。当時描いていたキャリアプランではそろそろJOCやJリーグクラブに引き抜かれていたはずの年齢を目前に控えた2013年、冬。結局、独特すぎるマスコミの世界に就職して、「同業界にしか転職できないよ」なんて周りの人は言うけども、実はスポーツ業界への転職を諦めていなかったりする。

今回紹介する本は「スポーツ業界の歩き方」。書き手はRGHT STUFFの河島徳基さん。密かに面識がある。学生時代に河島さんから「スポーツ(ビジネス)」をテーマに色んな話を聞かせてもらった経験があり、当時聞いた話がまとめられている様な内容で、読みながら懐かしさを覚えた。普通どんな本でも「えっ?それは違うだろ」と思う箇所が出てくるものなのだけど、この本はそれが非常に少ない・・・つまり、自分のスポーツの見方のベースになっている事に気づかされた。無知であった学生時代に出会えていたからこそ素直に話を聞けていたのだと思う。ひねくれた大人になる前に出会っておくべき人はいるのかもしれない。

61-IefXzPdL__SL500_AA300_.jpg

■「スポーツビジネス」を学ぶ上での超入門書

タイトルからは「スポーツ業界転職 HOW TO」的な内容を想像すると思う・・・が、違う。いわゆるテクニック論の本ではなく、もっと視野を広くスポーツが持つ価値や課題、スポーツビジネスの基本構造といった本質的かつ基礎的な事を解説してくれている教科書的な一冊。そうした事を学ぶと漠然と「スポーツ業界を目指します」というアプローチではなく、より具体的に自分が目指したいスポーツビジネスのキャリアを考えられるようになるはず。スポーツビジネスといっても多種多様。「スクールビジネス」、「大会運営ビジネス」、「選手マネジメントビジネス」、「総合型地域スポーツクラブ」、「協会ビジネス」・・・etc. それら各業界の解説も記載されているので、スポーツビジネス版「業界地図」としてもどうぞ。

最後に、「金はないけど夢はある」のが現在のスポーツ業界。ただ、金がなければ夢も消えてしまう。直近では金がないがためにJリーグは1ステージ制を捨てざるを得ない事態に追い込まれている事が判明。あらゆるメディアにJリーグの現状を説明する中西大介事業統括本部長の言葉には夢はどこにもなかった。ただ、金を集めるべく努力している中西さんは悪者ではなく明らかに味方。Jリーグの改革に批判する意見はどれもごもっともだと思う一方で「どうやって収入を増やすのか」という重要視しなければいけない視点に欠けているものが多かったのも事実。2ステージ制に反対しながら、Jリーグの違法視聴方法をツイッターで呟く奴を見た時は目を疑った。

「スポーツには金が必要である」。言い換えると「スポーツでもっと金を生みださなければならない」というのがこの本の趣旨。Jリーグが改革期を迎えている今、スポーツ業界に就職・転職したい人だけではなく、我々Jリーグサポーターも読んでおきたい一冊。

※関連記事①:スポーツサイエンステクノロジー2010~久しぶりにスポーツビジネスセミナーに行ってきた話~
※関連記事②:エルゴラ・アカデミー フットボール学公開講座に行ってきた話


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ツイッターもよろしくお願いします。