【J2第21節】ガンバ大阪-徳島ヴォルティス@万博

【ガンバ大阪 2-0 徳島ヴォルティス】

「手堅い」事を「物足りない」と感じてしまっている部分はあると思う。この物足りなさは不満ではないと自己分析してる。馬鹿試合が当たり前だった時間を長年過ごしてきた病。負ける要素はあまりない内容で淡々と勝ち点3を重ねた。今年はそれでいい。試合中、ちょっとだけ眠くなっちゃうけど。

■再スタートで結果を残した将生

暑さ。メンバーの入れ替え。それらの要素を考慮すると今日の結果はナイスゲームと結論づけた。今日のキーマンだった将生が結果を残し、久しぶりにコンビを組んだ岩下&丹羽の守備陣が完封。特に将生はポストプレーでボールを失う事も少なかったし、岩下の声に動かされたのか、真面目にトレーニングをやってきた成果か、守備をマジメにこなすという今まで課題と認識される部分でも及第点の動きができた事がゴール以上に個人的には嬉しかった。最後は守備時のスライディングで足を攣っての交代という彼にとっての新境地を開拓。

とはいえ、今日のゲームにおいてポゼッションの割には前線で起点がつくれず、厚みのある攻撃が出来なかった事も事実。タイプ的にはこのポジションの適正は川西の方があるのかなという気もするし、引き続きメンバー間での切磋琢希望。

■安定感増すベテラン

前半の2-0は藤ヶ谷のファインセーブありき。完封は足がとまる後半のきつい時間帯にこそ体をはれる明さんのカバーリングありき。表のMVPが将生とパウなら、裏のMVPはこの2人。メンバーの入れ替えがあると多少チームはバタつく中でチームに安定感を与えていたのはこの2人のプレー。2人も「復調」がキーワードで、厳しい時期を乗り越えての充実のプレーである事にキャリアを重ねてきた凄さを感じた。

特に明さんの復調はこれからの季節を考えると密かに宇佐美復帰と同じくらいの重要度かも。今ちゃんとヤット戻ってきたらボランチはどうするかねぇ。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ブログの補足、試合以外はツイッターで。

【J2第20節】ガンバ大阪-ファジアーノ岡山@万博

【ガンバ大阪 1-1 ファジアーノ岡山】

試合は仕事の都合でリアルタイムでは観れず、情報をシャットダウンして日曜夕方に録画観戦。シュート数は16-7と倍以上だったものの、内容(決定機)を考えればドローは妥当。お互いに意外性のあるプレーは少なく、戦前の分析通りのような戦いだったという感想を選手達は持っているんじゃなかろうか。梅雨の季節にある種ぴったりなジメジメモヤモヤ感は残る試合。

6連勝後のドローという結果ゆえに「まあ、こんなもんか」的な納得も密かに感じている部分もあるのだけど、内容や今後を考えるとその楽観は危険な気もする。今日は後半久しぶりに比較的オープンな展開になって、お互いに決定機はあったのにど外し続けて1-1。J2の試合の典型的な内容だったと思うけど、フィニッシュの部分などレアンドロが抜ける今後はよりクオリティが落ちる事も想定されうる中で危機感は持ちづづけた方がいいんだろうなとは思ってる。

■本田圭祐のコメントじゃないけども・・・

ここにきて「個」を重視する発言を連発する日本代表の本田。彼に対して特別支持するような気持ちはないものの、組織的な動きをベースにしながらも個の能力の+αは求めたいところ。

岡山戦も攻撃のリズムに変化を付けられない時間が続く中でゴールを生んだのはパウリーニョのスルーパスであり、レアンドロのクロスである。失点シーンは西野が外にうごかされた中でのクロスに丹羽ちゃんが跳ね返せなかった結果。数秒のシーンだけを切り取って語る事が正しいとは思わないものの、似たようなシーンは今シーズンも多々あったし、そこの追求はガンバもし続けたい・・・そんな代表戦とJ2が並行で進んでいる時期だからこそ感じだのであろう感想で今回は締めさせて頂きます。では、今週も良い1週間を。

P.S.今ちゃんはW杯~コンフェデの1ヶ月間で株を上げた数少ない選手の1人じゃないだろうか。「J2ガンバ特需」加速の予感。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ブログの補足、試合以外はツイッターで。

【J2第19節】水戸ホーリーホック-ガンバ大阪@Ksスタ

【水戸ホーリーホック 0-2 ガンバ大阪】

完全に「遠」征。初のケーズデンキスタジアム水戸。上野駅から約2時間。我が家からは2時間半。この疲労感は関東圏の試合のそれではない。鹿島遠征時も毎回思うけど、茨城県はもはや関東ではないのです。LCCが発展しつつある今、所要時間的にも経済的にも茨城遠征は九州遠征に匹敵。水戸戦が土曜日開催で本当に良かった。ありがとう。そして、今年でさようなら。

ただ、そんな水戸にも今日は1万人のお客さんが入りましたー!おめでとうございます。スタジアム内売店でかき氷を売ってたチーク濃いめのお姉ちゃんも喜んでいると思います。例のごとく大量のガンバサポがスタジアムグルメを食べまくったので、チケット代以外の収入も期待できるのではないでしょうか。以前、小耳にはさんだホーリーホック社員の給料がバイトレベルだった事に衝撃を覚えているので、今日くらいは特別功労金をあげてください。そのつもりで私もハラミ丼でお腹いっぱいになっているにも関わらず、ジェラードまで食べたので。

という事で試合の話。試合前から「明神」と「対 鈴木隆行」に注目して観ようと決めていて、結果的にもその着眼点で間違ってなかったと思います。

ケーズデンキスタジアム1
帰りのバスも意外に渋滞せず。電車も本数少ない割には空いてた

■明神 is back

前節の内容を踏まえて守備意識の部分で引き締める必要性を感じていたのは前節のエントリで書いた通り。なので守備の局面で甘さを見せていた岡崎に代えて明神を先発起用はメンタル面も含め、複数の意味で実に理に叶ったもの。正直、あのゴール裏の傾斜なので明神の出来を全て把握する事はできないのだけど、相手監督である柱谷(弟)のコメントを読む限りは起用は成功したっぽい。

ただ、ゴール裏からでも今シーズンはなかなか観る事のできなかった「らしい」プレーが局面局面で出ていたのは分かったし、後半の厳しい時間になればなるほど逆に充実してくるように思えるプレースタイルに「明神 is back」と多くのガンバサポが心の中で呟いた・・・とか、呟かなったとか。苦しい時間帯にファイトし続ける明神の姿がチームに与えた勇気は計り知れない。

■対 鈴木隆行

「まだ、こんなにやれるの!?」が正直な感想。ストライカー的な危険性のある選手ではないけども、チームにおける貢献度や存在感はダントツ。2-0というスコアながら、対鈴木という事だけに限ればドローと捉えるのが正解かも。衰えの知らないフィジカルとポジショニング(駆け引き)。前半の西野がイエローをもらう事になった手を出した守備に対する大袈裟な倒れ方はまさに「プロ倒れ師」の技。代表でファールをもらう事をプレーのファーストチョイスにしていただけの事はある。水戸は良いフリーキッカーを早々に獲得すべきなのでは?

対鈴木という点では上背のない丹羽ちゃんの方が西野よりも上手く守れてた印象。最終的に鈴木をレッドカードに追い込んだのも丹羽ちゃん。今回も細かいラインコントロールを繰り返し、必要なタイミングではイエローをもらわない程度のファールで鈴木をストップ。指示があったのか無かったのか、後半の立ち上がりに激しくあたりにいったプレーは前半から続いた鈴木のリズムを一旦止める意味でも効果的だったとも思う。全体的な総括をすれば、起点にはなられたけど、明神のフォロー(カバー)もあって決定機は作られなかった・・・そんな感じかな。また録画で確認する。及第点でしょう。

ケーズ芝生席
芝生席での応援なんて何年ぶりだろう。若干斜めになっているので足の疲労感もすごい。

■まとめ

前節からの成長をあげるならば2点目が取れた事。そして、その得点をあげたのがスタメン落ちの岡崎だって事。スタメン落ちの試合で点と取れてしまうのが大卒メンタリティなのか。個人的には得点よりも、前節甘かった守備の部分で、相手陣内でも泥臭く体を張った守備をしたシーンにグッときてしまった。途中出場なので当然のプレーではあるのだけど。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



現地での小ネタ、ブログの補足はツイッターで。

【J2第18節】ギラヴァンツ北九州-ガンバ大阪@本城

【ギラヴァンツ北九州 0-1 ガンバ大阪】

結局、J2は「自分との戦い」なのかね。今日と同じく苦戦を強いられた愛媛戦とは違って試合の入りは悪くなかったし、相手を舐めていたとは思わない。実際、早々に先制もした。ただ、相手のプレーのクオリティが低い中で、自らに相手に合わせてしまったのか先制後の85分間は緊張感のない試合になってしまった。こういう試合で勝ち点を重ねる事の大切さを理解する一方で、全く物足りない。また、結果を出したとしても、内容が伴わない試合を重ねる事でどれだけチームが成長するのだろう。難しい。

■結果が出ている今だからこそ

「(○○が相手なら)▲▲しなくても大丈夫」という意識では、▲▲しなくてはならなかった時に体は動かない。分かっていても出来ないから、上を目指す選手は▲▲せざるをえない環境(海外)に自らの身を置く。ガンバの場合、▲▲できなかったらJ2に降格してしまったという事を忘れてはいけないし、J1での出場経験のない選手にはそれを伝えないと来年戦えない。

今日も一応完封だけど、局面局面で甘さが出てるシーンがちらほら。シーズン序盤から守備意識を徹底して結果も出始めてきている時だからこそ、ここは引き締め時。ミスこそ少ないけど、岩下や明神などキャリアがあって周りに厳しさを求める事ができる選手の不在の影響を感じる。逆にそういうメンバー構成になっているからこそ、ウッチーなんかはプレー時の頼もしさは増して見えたし、流れを変える事ができる守備でのプレーも出てきた。

シーズン後半にむけてこの6月は戦力見極めの1カ月になる可能性もある。無難なプレーは求められていない。今日に限って言えば、川西はもっとゴールを意識してプレーして欲しいし、岡崎は守備の意識を高めると共に攻撃ではもっとチャレンジしてもいいと思う。

次は水戸戦。落とし穴ありそう。気を引き締めて。勝っているチームもいじるリスクはあるけども、しっかりファイトできる明神・武井のどちらかを起用するのも面白そうな気もする・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



TVやニュースについてはツイッターで。

【J2第17節】ガンバ大阪-栃木SC@万博

【ガンバ大阪 3-0 栃木SC】

圧勝というより楽勝という方がしっくりくる試合。結局、ガンバの代表選手抜けよりも栃木のパウリーニョ抜けの方が影響が大きかったという事か。3得点も全て効率の良い形で取れたし、展開的に上手くハマった。後半は省エネになって見所は少なかったけど、前半で3-0だったしあんなものかな。途中出場の武井も含め、出場機会の少なかった選手で戦う6月の初戦として好スタートきれた。

■勝負のポイントは両ボランチだと思っていたけども

代表抜けの試合ではボールがスムーズに運べない事が多く、その部分をどう解決するのかが試合前は注目だと思ってた。おそらくそうした過去を踏まえての岡崎の起用だったはず。てっきり5月に途中出場で繰り返し起用していた明神で代役は決まっているものだと思っていたので、意外ではあったけど納得感はあった。ウッチー&岡崎のコンビなのでボール回しの部分ではスムーズにいくのは予想がついて、ポイントは逆に守備。ここをどう対応できるかに注目点は変わった訳だけど・・・。

結論的には不安は杞憂に終わった。ただ、それは両ボランチが守備でも活躍できた・・・というよりも栃木の攻撃が全く脅威ではなかったという印象。普段、栃木の試合を観ている訳ではないのでパウリーニョの存在が攻撃においてどれくらい重要な存在なのかは分からないのだけど、全く変化をつけてこれない栃木のボール運びを観て、チームが変わってしまうくらい重要な存在である事は推測はついた。あの攻撃では今の順位にはいれないはずなので。素直なボール運びに両ボランチも対応しやすかったはず。ステップ1としては栃木には悪いけど非常に適した相手だった。

という事で真価が問われるのは次節以降。当初のポイントだと思っていた攻撃面では二人とも幅広く動いて貢献度は高かったと思います。久々の出場だった丹羽ちゃんも充実のプレーだったし、試合後のコメントを読んでいると周りの選手への気遣いもできる点がさすがキャリアを積んでいるだけあるなという感じ。こういう選手がベンチにいてくれるのは頼もしいし、そこをしっかり評価している事をコメントできる長谷川監督もさすが。こういうコメントの積み重ねでサポーターのサッカーへの理解度も高まりそう。J2の1年間、クラブの底力が高まっていく感じがする。J2降格クラブが昇格後、活躍できるの少し分かってきたかも。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



小ネタはツイッターで。