【Jリーグ第27節】ガンバ大阪ー鹿島アントラーズ@万博

【ガンバ大阪 2-2 鹿島アントラーズ】

レアンドロが凄かった。藤ヶ谷が最低。以上。





簡潔に言えばこの一行に尽きる試合。0-0や1-1の時間帯のボールの回り方を見ればチーム状態は決して悪くなかった。アキが自由に動き回ってボールをあらゆるところでもらう事でポゼッション率は前節同様に高くキープできていたし、相手がブロックをつくって守る中でもシュート数もそれなりにあった。

ヤットとアキが同時にプレーするといつも以上に流動的にボールが動いてガンバらしい崩し方が戻ってきてる感じがする。2人に連動して動いて最後の崩しを担当するフタの存在感もここにきて再び強まってきたし、フタの活躍に比例してレアンドロの躍動感も高まる・・・そんな好循環がチームに生まれつつあるのでは。チームのバロメーターの1つだと思っているヤットがフィニッシュに絡むシーンも増えてきているのはヤットへの負担が減って生きている事を意味し、チーム状態が高まりつつある事は間違いない。今日の結果を受けて変にメンバーを変更したりする必要はないはず。

じゃあ、なんで結果が出なかったのか。いわずもがな・・・・いや、いわずもガヤ。藤ヶ谷に責任を求めざるを得ない。ここ2試合の出来が良かっただけに1失点目は目をつぶったけど(あれも触れるだろ)、2失点目のミスは痛恨。この重要な試合でああいうミスを出してしまう不安定さは尾を引く。曽ヶ端がセーフティーにパンチングを多用していた事を観ても雨でスリッピーだった事は何の言い訳にもならない。

鹿島相手にリードされる展開の厳しさを何度も経験している中で一度追いついてからの1-2となるミスとか・・・選手達のモチベーションダウンは想像を絶する。万が一、降格したらあのシーンがターニングポイントになる。世が世なら切腹だろ。正直、俺は試合中に岩下が藤ヶ谷を殴ってしまうんじゃないかと心配したよ。味方殴って退場という前代未聞のレッドカードを経験してしまうのではないかと。

後半45分は不本意ながらある意味予想通りの展開。何も出来ないまま時間がただ過ぎていった。この45分を生み出したのは間違いなく2失点目のミスなんだけど、そこに効果的な対応策を示せない松波ベンチワークもプラスしてピッチには虚しさだけがありました。

また、今日は大迫の成長ぶりに少し驚かされた。代表の試合のイメージしかないのだけどあんなにポストプレー上手かったっけ?前節は縦パス完封だったけに余計に印象的。1失点目も大迫のキープからの展開だし、今野・岩下という人に強いタイプのセンターバックを揃えながらあそこまでキープされたのは痛かった。

他会場の結果を考えれば「勝ち点3以外意味がない」と言いたくなる気持ちは分かるものの、この勝ち点1を意味あるものにするしか道がないのも事実な訳で、あの展開の中で同点になったというのはまだ運が多少残っているのかな。そして、その運を引き寄せてくれるレアンドロは神である事も再認識。明日から神棚にレアンドロの写真を飾ろう。うん。それがいい。

と、ブログを書き終えるタイミングで宅急便が。来週の仙台遠征の新幹線チケットとホテル宿泊券。気持ちを切り替えろという神のお告げかな。分かりました。レアンドロ様。


基本的にはサッカー専用アカウントになっております。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第26節】浦和レッズーガンバ大阪@埼スタ

【浦和レッズ 0-5 ガンバ大阪】

おいおい、何が「来年、遠藤はどのクラブ行くかな?」だよ。0-5で負けた帰り道に話す話題じゃね~だろ。降格してもガンバ残留だよ!笑。という事で行ってきました。埼玉スタジアム。夢スコで完勝した相手サポに来年の陣容をネガティブに予想されながらの帰宅となりました。いやいや、さすがのメンタリティです。

夢スコ2012
完全勝利です。ありがとうございました。

前節からのギャップが凄い。この出来の波は何なんですかね?今日5-0で勝ったチームはどこの絶対王者ですか?強すぎ。残り全勝してまう。迷采配でお馴染みの松波が抜擢した阿部が先制点。佐藤に代わってスタメンのアキの鬼キープ力によりポゼッションサッカー完全復活。アキに関してはイエローカード1枚もらいながら交代の際に終始歩き続ける姿に常人のメンタリティではない事を再確認しました。審判がデブ扇谷だっただけに2枚目イエローとか出してしまうんじゃないかと心配したぜ。ヤットの後継者は君だ(ただ、途中交代に不貞腐れていただけ?)。

まあ、5-0なんて結果の試合だから全員素晴らしい出来だったと思うけど、1人名前をあげるならばレアンドロだよなぁ、やっぱり。もうレアンドロが残り8試合怪我しない事を祈るためだけに明日から百度参りしていいレベル。交代直前に倒れこむ姿を含め全身全霊でクラブのために戦ってる感をひしひしと感じる。残留が決まればアラウージョに次ぐレジェンドFW認定です。おめでとうございます。

ガンバレッズの歴史
今日はレッズの20周年記念試合。ガンバとはこんな歴史もありましたね。

こんなに全てが上手くいくゲームは年に1回あるかないか。躊躇するかなと思ってた岩下ー今野のセンターバックを採用して機能。前半は明神、今ちゃん中心に縦に入ってくるパスをほぼ封殺。なんであんなに守備がハマったのか誰か教えて。とりあえず録画観返そう。前半45分のインターセプト数はJリーグ記録いってるんちゃうか?うまく連動した守備に喜びを感じて、相手がGKまでパスを戻すシーンにブーイングではなく俺は拍手をしたかったよ。

藤ヶ谷も前節のファインセーブに続き、今日も判断の良いナイス飛び出しでピンチを防ぐシーンも。これは岩下効果。きっと緊張感が生まれたに違いない。前節はTV観戦だからよく分かったけど藤ヶ谷、岩下に超キレられてたもん。その岩下自身も理由がよく分からない場面でのイージーパスミスとかもあるのだけど、ボールを跳ね返す姿は頼もしすぎ。ここ数年のガンバ守備の歴史の中で完全に違う風が吹き始めてる。守るってあんなに力強い事なんだぁ・・・・。

レアンドロの加入で誰もいなかったエースストライカーを得て、岩下センターバック起用で守備の安定を得た。アキの加入でポゼッション能力が高まり、フタはエロさ爆発。ちなみに今日の試合の満足度が高いのはフタが久しぶりにエロかったから。90分コースも久しぶりに満喫したし最高だ。うん、これで戦える。松波監督がいらん事しなければタフな残留争いも戦いぬけるはず。


ツイッターはブログの補足です。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第25節】ガンバ大阪ーアルビレックス新潟@万博

【ガンバ大阪 1-1 アルビレックス新潟】

絶望感が半端ないわ。いや、残留を諦めた訳ではないから「絶望」という言葉は違うか。なんだろう・・・無力感・・・うん、松波監督の無力感。理由のない敗戦(正確には引き分けだけど)はない訳で、敗因を探すとまず思い付くのがどうしてもそこになってしまう。采配術の部分。これは結果論ではない。

毎度毎度の事ながらどういう展開をイメージすればあの交代策になるのか。そろそろ本気で松波監督がどこかに買収されている、もしくは怖い人達に脅しを受けている可能性をクラブは調べた方がいいのではないか。いくらなんでも酷い采配連発させすぎだろ。選手の質は補強で明らかに上がってる。ただ、それをブチ壊す采配をいつまで続けさすのか。元も子もないのだよ。残り9試合。俺は解任させた方がいいと思うけどね。監督就任の経緯などを考えれば切りにくい部分はあるものの、そこは非情になるべき。試合の采配だけ見れば選手の求心力もなくなってると思うのだけど。少なくとも俺は横谷投入の時点で少しモチベーションを削がれた。

前半は鳥栖戦の反省もあったのか球際も激しくいけた結果、セカンドボールもほぼ取れれて追加点を取れなかった事以外はほぼパーフェクト。そんな戦いぶりを観ていたはずの途中出場の横谷のファイトしないプレーぶりには失望したし、今までは使われ方に対して少し気の毒かなという想いもあったけどあんなプレーでは擁護しきれん。アキではなくて、横谷を入れた一発目の交代がこの試合を決めてしまった。

試合後の監督インタビューでは横谷に前への推進力や彼を入れる事でDFラインの押し上げを期待したらしいけど、今までの試合を見るとそれを期待するのは横谷ではなくアキではないのか。横谷に個人的に期待している部分もあるのだろう。それは悪い事だと思わないけど、いつまで続けるのか。フタ&倉田を替えるのであればアキや阿部あたりを一枚置いておかないと攻撃の形が無くなるのは今までの試合から十分に想像できるはず。そもそも毎回この2人が替えられる理由も分からないが。

追加点が大切だと分かりながら、2枚目の武井、幻の3枚目のジョンヤという追加点を期待しているとは思えない守備的な交代カードの切り方に関しても、この交代策を肯定するつもりはないものの、展開からそういうカードの切り方もやむをえないという判断はあるとと思う。ただ、そういうカードの切り方をせざるをえない展開を生んだのは1枚目の交代カードによる部分はあると思うし、自ら戦い方の選択肢を狭める迷采配だった。

残り9試合。このままでいい訳がない。


前半の浮かれツイートが恥ずかしい・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第24節】サガン鳥栖ーガンバ大阪@ベアスタ

【サガン鳥栖 4-1 ガンバ大阪】

「博多通りもん」を食べながら書いてます。こんばんは。先ほど鳥栖より東京に戻ってきました。試合は負けました。惨敗です。仮にサポーターと選手の心理が多少なりともシンクロする部分があるとすれば、我々は浮かれていたんでしょう。2試合連続で大量得点で勝って、内容的にも充実してきて、降格圏も脱出した。もう大丈夫だ。レアンドロ不在も関係ねぇ。あとは上がるだけだ・・・・。

個人的には試合前から中洲の夜の事を考えていた事を最初に反省させて下さい。また、初参戦のベアスタゴール裏は等々力風のスタジアムでサポーターの密集度も乏しく応援もいまいち盛り上がれなかった気もします。全てが空回りした。そんな試合だっと感想を持っています。名古屋戦のエントリーで書いた「鳥栖戦で真価が問われる」の答えが残念な結果で出てしまって悲しい。

ベアスタ1
ベアスタゴール裏。横から見るとこんな感じ。

気持ちがプレーに一番現れるのは球際だと思っているのですが、その点で鳥栖に完敗した点がこのスコアの差につながった大きな理由の1つ。鳥栖のプレーは激しいというよりも「荒い」部類に入ると思うのですが、そんなサッカーに負けてしまった悔しさったらない。今のチーム状況やこの試合の重要性を理解すればもう少し戦えるはずなのだけど、淡々としているチームカラーが悪い方向で出ているような気も。

また、「采配が重要になる」と予想していた点に関しても残念な形で想像通りの展開に。もはやベンチワークはガンバの弱点で、この試合もそれを露呈してしまった形に。0-2で前半終了して交代なしはどういう判断なのか。スコア的にも内容的にも攻撃面は何かしらテコ入れが必要なのは明らか。そして、動けないまま3失点目で the end. 心折れるわ。

モンスター
ガンバゴール裏入口にいた謎の鳥栖ゆるキャラ。「ガンバサポの皆さん、博多じゃなくて鳥栖で晩飯食べてよ」

そして、やっと動いたかと思ったらフタ&倉田の2枚替え・・・。攻撃のリズムを変えるというよりも、リズムを放棄するような采配な気もするのだが。また、横谷が悪い訳ではないのだが、繰り返す横谷のオフェンシブ起用は一体何なのか?悪い占い師に何か言われているか。彼のオフェンシブ起用で流れが好転した記憶がない。基本的にボールにあまり触れていない。点差が開いて、相手が引いてきている中でサイドからのクロスが攻めの生命線になる展開が予想できる中で佐々木の投入という選択肢はなかったのだろうか。

負けた試合は反省点が尽きないけども、攻撃面はもうレアンドロ頼みで今シーズンは仕方ない。パウは周りとの連携が絶望的なので厳しい。守備に関しても評価急上昇中の岩下の上がった後のスペースはもっと神経質にならないといけない部分だと思うし(そもそも彼に関しては、攻撃はもう少し自重してもいいのではないか)、藤ヶ谷への期待感の無さは異常。敦志不在の期間で藤ヶ谷が第2GKとしてのレベルにも達していない事が証明されたと思ってる。

もつ鍋〆 雑炊
試合後の反省会は中洲のもつ鍋屋。「領収書は藤ヶ谷陽介でください」

この試合唯一の希望はアキ。フィジカル&技術に裏付けされたキープ力、ドリブルは1人別格だったし、プレーから「俺が打開してやる」という意思が感じられて頼もしかった。そういうメンタリティを持ってプレーしてくれている点が嬉しい。柿谷を観るクルピと同じような気持ちかもしれないな。笑。


中洲の夜についてはツイッターで。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。