映画「クラシコ」監督 樋本淳さんの講演会に行ってきた話 ~呂比須インタビュー記事についても少し~

昨日発売のサカダイに掲載されている呂比須へのインタビュー記事は言い訳全開ですな。特に世代交代が失敗しているの件はオファー受ける前から分かっていた事で、逆に言えばそこも期待されてのヘッドコーチ就任だったはず。色々言い訳してるんだけど、結局どれも原因の根本は本人の力量不足。そもそも言い訳が許されるようなチーム状態じゃなかったですから。解任妥当。やむなし。

話は変わって、映画「クラシコ」の監督・樋本淳さんの講演会に行ってきました。映画クラシコは一昨年のヨコハマ・フットボール映画祭で観て非常に素晴らしい映画だったと記憶しております。その時の感想はこちら

元々は宇都宮さんの著作「股旅フットボール」に感銘をうけて、この本を映画化したいというところからスタートしたとの事。北信越リーグを取材する事になったのも宇都宮さんの紹介。ちょうど撮影のタイミングで高速1000円がスタートするなんて幸運も重なったようです。

幸運は更に重なり、この映画を観た人全てに強烈なインパクトを残す「主人公」まるちゃんは偶然出会ったサポーターだったなんて裏話も。松本山雅のメイン取材対象がまるちゃんである一方で、長野パルセイロは監督のバドゥという強烈なコントラスト。笑。ただ、パドゥ自身が山雅のサポーターを非常に評価しており、更にクラブが持つ雰囲気として「企業」っぽいパルセイロに対して、「市民団体」っぽい山雅という話を聞いて、そうした部分とも上手くシンクロなぁ、と。

他には前例がない北信越リーグとの撮影に関する契約の苦労話や、撮影過程で両クラブ関係者から「山雅(長野)はなくして、うちだけの映画にしなよ」といった売り込みがあった笑い話、両クラブに確執(ライバル心)が生まれる理由・背景をどう見せていくのかといった演出面での話も。

これはこのブログでも何回か書いたかもしれないけど、サッカー好きで地元のクラブを愛せないのもったいない。サポーターである自分の経験から考えるとかなり損してると思う。その要因の1つとしてその魅力をクラブやJリーグが伝えきれていない事はあるのだと思うけど、こういう映画が魅力を伝える起爆剤になれば良いよね。

サッカーの映画は当たらないと言われ続けた中でこの「クラシコ」を完成させた樋本淳さんに拍手!!


ツイッターも宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。


【Jリーグ第13節】ガンバ大阪ーサガン鳥栖@万博

【ガンバ大阪 2-3 サガン鳥栖】

選手達はこの試合をどう消化するのだろう。何に敗因を求めるのだろう。「内容は悪くなかった。前半に決定機を外しすぎたのが痛かった」的なコメントで自分を納得させる事ができるのだろうか。完全に降格を意識せざるをえない状況の中で、今までとは違ったモチベーションと戦い方を余儀なくさせられる。このタイミングで中断期間に入れて良かったと思う。色々整理する時間が必要でしょう。

自分はこの敗戦は受け入れ難い。・・・信じがたいという方が表現が適切かな。この試合、「決定機を外す」とか「武井が機能しなかった」とかネガティブ要素を探せば見つかるとはいえ、それだけが敗因じゃないだろうし。逆にフタ、ウッチーなど久々スタメンのメンバーの動きをはじめポジティブ要素の方が多かった。

0-2からの逆転なんてベタな展開だし、前半圧倒的に攻めながら決定機外しすぎている事を危惧する人が多かったのはこういう展開も想像できたから。3失点目も勝ち越しを狙った中でのセットプレーからのカウンターで定番の失点パターンではある。テキストに起こせば納得感しかない展開ではあるものの・・・。

3失点目のシーンの直後は「降格」の文字が頭に浮かんだ。こういう負け方をするクラブが降格をするのかもしれない・・・と降格経験もないのに。05年の夏に渡辺光輝が2ゴールを決めて勝利した時に感じた「これは優勝するかもしれん!!」と感じさせる空気感というかチームが持つオーラと真逆の空気感を感じました。えぇ、怖いと思いましたよ。

1失点目は佐藤のゴール直後で、2失点目は藤春がナイス守備をした直後で、3失点目は今シーズン不調のラフィが必死にボールを追いかけてファールをもらったプレーの直後。こんな報われない展開があるか。消化できません・・・うっ、また吐き気が。

運もないというか、岡田監督じゃないけど勝負を分けるのは細部だと思うけど、その細部をことごとく掴み損ねているのが今のガンバ。とりあえず中断期間はフィジカルトレーニングのやりなおしと同時にお祓いもしてもらおう。

 

ツイッターも宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第12節】横浜F・マリノスーガンバ大阪@日産

【横浜Fマリノス 0-0 ガンバ大阪】

このサッカーで結果が出ないのは地獄。まあ、選手もしたくてしている訳じゃない部分もあると思うけど、選手(特に攻撃的な選手)もサポーターもメンタルが序々に疲弊するサッカーをしていると思う。勝ち点3を狙う戦い方には見えない。てか、勝ち点1もあの展開でよく取れた。娯楽性0%。嫌な疲労感が残ってる。

数少ない希望である敦志の充実と共に守備陣は最後まで良く耐えたと思うよ、思うけど・・・・試合後ゴール裏の罵声と拍手が入り混じる光景はそういう複雑な心理を表していると思う。

低いライン設定をはじめとする今年の戦い方に批判的な声が多い中で、自分はそこまで批判的な見方はしていなかった。けど、後半の内容は衝撃。このサッカーを今後も見続けさせられるのは辛い。あんなに一方的に攻め込まれる展開もさることながら、ガンバの選手達がポゼッションを放棄するようなクリア、ロングボールを多用(せざるをえない)する姿にピッチ上の選手達同様に追い込まれる感覚に陥った。

日産スタジアム2012
CWC決勝以来の日産スタジアム。暑かった・・・。

出来る・出来ないもあるし、色々考えた上でああいうサッカーになって「しまっている」だとは思うんだけど・・・このサッカーを続ける事で何を得れるのだろうという思いもある。仙台戦はそれなりに手ごたえもあったんだけど・・・。じゃあ、他にどういう戦い方があるかって・・・・多分、多くのガンバサポが同じような事を考えて結論の出ない無限ループに陥ってる気がする。苦笑。

すぐに解決策が生まれるような状態ではないのは分かっているものの、中断期間の立て直し&夏の補強に期待してる。今のサッカーがベースとして続くのであれば、補強ポイントは自分の中ではなんとなく見えてる。とりあえず、中断までのあと1試合。次はナイトゲームだし、なんとか頑張って90分走りきって欲しい。耐えてくれ。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら↓ こちらも何卒宜しくお願い致します。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【ACL第6節】ガンバ大阪ーアデレード・ユナイテッド@万博

【ガンバ大阪 0-2 アデレード・ユナイテッド】

「あの」松木安太郎が2失点目以降、口数が一気に減ったからね。安太郎にも励ましてもらえない状態・・・これは本格的にヤバい事を暗示しております。ただ、戦いぶりからはチームが危機感を持っているとは感じられない内容で、得るものの少ない結果となってしまいました。

メンバー的に考えて連携の部分で難しい部分もあったとは思うのだけど、それを差し引いても酷い試合と言わざるをえない。今日に関しては結果以外の部分で新たな発見を期待していたのだけど何も得るものはなかったというのが正直な感想。2失点目後のスタジアムの白けっぷりはTVからでも痛々しく伝わってきた。

「切り替えよう。忘れよう。」しか前向きな言葉が思いつきません。

メンバーが大幅に変わっても何も変わらないこの雰囲気。負のオーラ。「○○選手が○○すれば」レベルの話ではなく、チームとしてどういうサッカーがしたいのか、そのためには誰に何が求められているのか。中断期間に整理しようよ。今日のスタメン、ポジションを観ても、あれは今後につながる起用なのか正直疑問。迷走の感を強めたとすら思ってる。

ガンバサポの皆さんはこの試合をどう消化してるのか興味深い。色々ネットサーフィンしてみるか。単純に無かった事にするのが精神衛生的には一番良い気がするけど。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。こちらもお願い致します。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

【Jリーグ第11節】ガンバ大阪ーベガルタ仙台@万博

【ガンバ大阪 1-1 ベガルタ仙台】

大宮戦のエントリで中盤の選手がフィニッシュに絡まないとゴールは遠そうという事を書いた。特に昨年実績から倉田に期待する部分が大きかった訳だけど早速結果を出してくれて嬉しい。あのシュートからはフィニッシュのセンスは感じる。今日のゴールのように佐藤を起点にした倉田ゴールは中断期間まではガンバの攻撃の生命線になるような気もする。

倉田だけじゃなく、どちからというと守備面での貢献が光っていたチンも今日はドリブルでの前への推進力を見せてくれてたし、明さんも三列目から長い距離を走ってシュートというシーンもあって中盤の選手の攻撃への意識の高さを感じさせてくれた。

中盤の選手達がそういったプレーが出来たのは佐藤の献身的な動きによる部分が大きいと感じていて、守に関してもグノを思い出させるようなプレスバックも。1-0の展開からは仙台が中国みたいなラフプレーが増えて(報復を感じされるプレー、肘からのタックルには憤りを覚えた)、佐藤へのクサビのボールに対してもファールありきのようなタックルで潰しにきたけど最後まで体を張ってくれた佐藤に拍手!解説の美濃部さんも心の中ではきっと佐藤がマイベストプレイヤー。

相棒のパウリーニョは久々のスタメン。裏へ抜けるシーンの迫力なんか見ても、佐藤との相性は悪くなさそう。ラフィを見ていたからというのもあるけど、FWの位置で単純にボールを失う回数が減っただけで満足してしまう。笑。シュートの意識も高い選手だし、個の能力だけでどうにかしてしまうまでの迫力は感じないけど、今日のコンディションを最低限に連携を積み重ねていけばそれなりに結果は残してくれそう。

チーム状態を考えれば引き分けは試合内容的にも妥当。面白いゲームだったし、やっとスタメンの組み合わせやコンディション、戦い方が少し整いはじめてきた感じがする。そして、敦志、丹羽、寺田、倉田あたりが出場しているゲームでそう感じさせてくれている事も大きい。だって、ガンバの未来は彼らに託されているんだから。

会報誌ガゼッタに掲載されたチンの「今年は今年と思うんで。前までの攻撃的なイメージはあるけど、そのイメージばかりに頼ってると、チームとして成長していかないと思う。今年は今年のスタイルというのを早く選手みんなで共有していけば、いいチームになっていくと思うので、そのチームの中心に僕ら二人(※もう一人は倉田)がいられればいいんじゃないですか」って言葉期待してるよ!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。こちらもお願い致します。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

【ACL遠征記】浦項スティールヤードの写真をたくさんUPする

こんばんは。浦項戦のエントリが近年稀にみるアクセス数の少なさだったので、その無念を晴らすべく浦項戦ネタでもう1本書きます。せっかく韓国まで行ったので。笑。

今回は試合会場であった浦項スティールヤードの写真をたくさん撮ったので、それをUPするエントリにします。浦項は強いので他サポの方も今後ACLで行く機会があると思います。その際の参考として使用頂ければ幸いです。では、どうぞ。

(※その前にアクセス数が異常に少なかった試合についてのエントリも是非お読み下さい。笑。)

まずは、スタジアム入口

入口

チケット料金(だと思います。安いな~)

チケット代

2階席からの眺め

2階席からの眺め

ロゴがシュライカー大阪に似てない?

チームロゴ

駐車場

駐車場1

2階席の傾斜

傾斜①

1階席の傾斜

傾斜②

ゴール裏の様子①

ゴール裏①

グッズショップ。記念マフラーを購入しました。 記念マフラーの写真はこちら

グッズショップ1

スタジアムグルメ。店員のおばさん曰く「チキン」との事。どのお店も同じものを販売しています。

スタジアムグルメ

トイレ。まずまずキレイです。

トイレ

ゴール裏の様子②

ゴール裏②

ウォーミングUP時にあった網も・・・・

ゴール裏網

試合開始直前にはがされて視界良好

ゴール裏網なし

スタジアム外観

スタジアム外観

試合終了後のピッチ

試合終了後1


スタジアムは浦項スティーラーズの親会社(?)であるPOSCO社の敷地内にあります。日本でいうとヤマハ(磐田)が近いかな?スタジアムの周りは親会社の工場や自社ビルばかり。そんな感じです。ただ、磐田と違って浦項は無機質というか街自体が工場で溢れかえっていて、ちょっと不気味な印象も持ちました。正直、少し街の雰囲気怖かった。

ただ、スタジアム自体は良スタである事は間違いないです。次回、ACLに参加できる際もスタジアムが素晴らしいクラブと同組になりたいものです。(逆に他国の方、万博ですいません・・・。)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Jリーグ第10節】大宮アルディージャーガンバ大阪@NACK5

【大宮アルディージャ 1-0 ガンバ大阪】

社会人何年目でもゴールデンウイーク明けは5月病になりかけますな。スーツを着てる自分が自分じゃない感覚・・・そして、昨日の疲労。ガンバが勝てません。ゴールデンウイークの3試合は全て現地観戦して全敗&ノーゴール。2012年は「悪魔のゴールデンウイーク」として記憶されました。

昨日の試合は個々の出来はまずまずだったと思うんですよ。今ちゃんは自分の持ち味である対人守備の強さを随所に見せてくれたし、阿部も想像以上にボールがおさまったし、裏への意識、シュートの意識共に高かった。交代カードも適当で途中出場の選手たちも期待されたミッションをこなしてた。

チーム状態を考えれば悪いゲームではなかった。崩壊気味だった守備も今日はうまく連携しているシーンも多かった。敗因を探すとなると・・・決定機を決めれなかったから?こんな当たり前の理由しか思い浮かばないけど今後もそこはチームのアキレス腱になりそうな気はする。3試合連続無得点とかここ数年確立しつつあったクラブのアイデンティティ崩壊の危機。今年のスローガンが「超攻撃」じゃなくて良かった。

今後、決定機の数が劇的に増えるとは思えず、例年以上の決定力が求められそう。ただ、現在のFWの軸である佐藤がゴールを量産するようなタイプには思えず、ルーキー阿部に期待するのは酷な気も。ラフィはあんな状態だし、パウリは・・・・どうして使われないんだっけ?つまり、単純に選手の実力不足も大いに結果に関係してると思う。

夏にFWの補強はマストだと思うけど、それまでの間は中盤の選手の得点力にも期待したい。ヤットには08年の時のようにフィニッシュに絡む意識を高めてもらいたいし、倉田にも昨年実績を考えればゴールを期待したい。決定機の数を増やすことを考えればフタさんをもっと起用したい気もする。動き出しが結構早い阿部あたりと良い関係築くかもしれないし。

残留争いに巻き込まれる事が現実味を帯びてきた。上記以外にも抱えている問題が多すぎる。敗戦後の選手挨拶で拍手するサポーターが多いのを見ると敗戦に麻痺しつつある気もする。まあ、ブーイングしたところで何か変わるような状態ではないのも確かだけどね。

NACK5
この後、空が真っ暗になり、雷雨に襲われました。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

【ACL韓国遠征記】浦項スティーラーズーガンバ大阪@浦項

【浦項スティーラーズ 2-0 ガンバ大阪】

昨日、韓国より帰国しました。往路の飛行機は金森社長と復路の飛行機は選手達と一緒という縁もありつつの旅となりました。ACLの海外遠征は数年前の済南以来だった訳ですが、やっぱりガンバを通じて海外に行ける事、海外でガンバを応援できるって最高。サポーターとしてこういう経験ができるのはホント素晴らしい事だと再確認しました。

現地に行ったサポーター方のブログやツイッターを拝見していても皆さん同じような事を書かれていますし、日本では経験できない選手、サポーター間での一体感が味わえます。そして、人数が少ないという責任感からか応援もいつもより頑張れる気がする。おかげ様でJ’S GOALにも我々の頑張りを紹介して頂けたようで良い思い出になりました。笑。

浦項スティーラーズ
スティールヤードスタジアムゴール裏からの眺め。試合中は網も外されました。

ぬるま湯ツアー参加者の私はスタジアムへは釜山からのチャーター車で移動。所要時間は2時間くらい。個人旅行の皆さんは釜山からの高速バス組が多いとか。スタジアムへはキックオフの2時間強前に到着。ガンバスタッフの方からチケットをもらい入場。入場後はガンバサポによるスタジアム大撮影大会→選手バスお迎え→スタジアムグルメ→お土産購入の流れを経て、アップする選手への声援の流れで試合に入ります。

選手バスお迎え
皆で選手バスを出迎えている様子。

試合は完敗。最終的なスコアはチェックしていませんが決定機の数はスコアの倍以上の差があったという印象を受けています。浦項にはホームでも0-3で負けていますが、監督うんぬんではない実力差を痛感させられる結果となりました。

浦項の2点目はスーパーゴールで、点を決めたアサモアはマッチアップの多かった藤春がスピードで全くひけを取らずに対応できていただけに残念。同時にああいう個人能力での一発は今のガンバにはない部分だなぁとも。去年のチームでいうところのアドリアーノみたいな個で点が取れる選手が1枚欲しい。昨年はアドが抜けてフォアザチームなプレーができるラフィが入ってからチームが好調になったという流れはあるものの、今は状況が違う。夏に手を打たないと本格的に残留争いに巻き込まれてしまう心配をしてる。

パウリの復帰&覚醒に期待したい部分もあるけど、そこまで個で打開できるパワーがあるようにも思えず、今のチーム状況を考えれば少し厳しそう。外国人枠2枚がFWという状況ではあるものの補強ポイントはFW。個人的にはここがチームで一番の最重要課題。山本さんが抜けて、強化本部がいきなり真価を問われる時期が近付いていると思う。

翌日新聞
試合翌日の現地スポーツ新聞。浦項がガンバに勝ったよと書いてます。

チームの方向性がブレない事は大切。理想のスタイルは持ち続けるべき。ただ、スタイル・方針に選手をはめ込みすぎるのは危険だとも思う。プロである以上結果が最優先であるため、スタイル・戦術ありきではなく、選手ありき。選手をよく観察してるように見える松波監督だったら選手の適正を考えたベストな戦い方を見つけ出してくれるはずと信じている。

そういう視点で考えると、日本を代表するDFである今ちゃんを生かす戦い方の議論はもっとあってしかるべき。限定された視点での議論が多いような気もする。一応、ことわっておきまずが私は今野支持派でも否定派でもありません。ただ、低いライン=点が取れませんという事ではない事ではないし、低いラインで守る事自体にやたらネガティブな感想を持っている人が多すぎる気はする。

まあ、私もリアクションサッカーなんて見たくないし、ましてや引き籠って1-0を目指すガンバなんて想像すら出来ない。常に攻撃的なガンバであって欲しい。ただ、柔軟性はあってしかるべき。常に理想のスタイルで戦える訳ではない事を覚悟すべき。世代交代を含め、そういう我慢のシーズンもあるってこと。

お土産
スタジアムで買った記念タオマフ。

P.S.ツイッターにも書いたんだけど、復路の飛行機は選手達と同じ便で選手の表情とかなんとなく見てたんだけど、今ちゃん疲れてるように見えたなぁ。なんとなく昨年、部署移動を経験して異動直後の数カ月はめっちゃ疲れた自分の経験と重ねて合わせて見てしまった。

しかも、結果出てない現状を考えると今ちゃんの心労計り知れず。今こそサポーターは温かく今ちゃんを応援すべきじゃないのかな。環境が大きく変わっている事をもっと考慮してあげても良いと思う。選手に対して今、優しくできれば今ちゃんの中でガンバサポを人生の財産として考えてくれる・・・そんな気がします。