【Jリーグ第8節】鹿島アントラーズーガンバ大阪@カシマ

【鹿島アントラーズ 5-0 ガンバ大阪】

「勘違いしてるんじゃねぇ!」と殴られた気分ですな。清水戦で手ごたえのある勝ち方をした後の試合でこのフルボッコ。0-2からは「崩壊」という言葉以外が見つからない負けっぷり。0-5で負けた試合で最初に頭に浮かんだ感想は「5失点ですんで良かった・・・」。こんな負け方、恥ずかしすぎてお嫁にいけない。

前半は悪くないゲームしてた。守備意識も前節に引き続き高かったし。0-2になった瞬間何が起こったの?取りに行かないといけない状況だとはいえ、あんなバランスの崩し方するか。経験のある選手が多数いるチームの戦い方じゃない。今後も先制される試合はあるだろうけど、毎回こんな戦い方してたら降格するわ。

P1010286_convert_20120429155812.jpg
ゲーフラが邪魔で見にくいけど、5-0です。辛い・・・。

試合後、選手挨拶時のゴール裏はブーイングすらなく呆れムード。連敗している訳ではない中でそういうムードにさせるだけのゲームだったって事。ACL初戦の浦項戦後の感想に近い。こんな酷いゲームをこのタイミングでもまだしてしまうのか・・・と。もうどうしていいのか分からないゆえの沈黙。

今年のチームが抱える問題はセホロペ解任だけでは解決しようのない問題が山積みである事を痛感しました。いや、実はうすうす気が付いていたので再確認させられたといった方がいいかも。

多く語られているのは今ちゃんの問題だけど、個人的にはラフィの方が起用の限界感じてるし(鹿島戦も後半頭から替えるべき)、右サイドバックは加地さんの累積とか怪我じゃない形でバックアップ不在が大きな問題になりつつある気がする。他にもあるでしょう。それらの問題がどれも致命傷になりつつある気がしていて恐い。

今年は立て直しのシーズンである事は了承済。ただ、こんな負け方はしちゃダメだ。せめて未来が見れる負け方を。不安と共にACL浦項戦、韓国に行ってきます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。韓国遠征中もつぶやきますので、お暇な時にでもご覧ください。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

【Jリーグ第7節】ガンバ大阪ー清水エスパルス@万博

【ガンバ大阪 3-1 清水エスパルス】

今年一番のゲーム。高い守備意識がもたらした3得点。改めてサッカーは攻撃だけでも守備だけでもダメで、その両輪が大切である事を痛感しますな。アウェーACLの直後という事で後半は足が止まるかなと不安も杞憂に終わり、完勝です。これで今週も一週間仕事頑張れそうです。ありがとうございます。

攻撃面は今日もいまいちだったラフィも守備であれくらい貢献してくれれば使い続ける意味を感じられるし、寺田も今日の試合に限らずだけど体をぶつけられるタフさを身に付けて守備での貢献は高い。佐藤は言わずもがなだけど、案外攻撃的な選手も献身的な守備からリズムを生み出す事が出来るんじゃないかって思ってる。

守備の負担が増える事に比例して攻撃時のプレーのクオリティが落ちるって考え方が一般的だけど、自分の献身的な守備でチーム全体の守備がハマれば点を取らない状態でも貢献を感じる事が出来てメンタル的に楽になれるって事はないかな?日本は得点以外にもFWの守備も評価する国なんだし。そういうメンタル(リラックス)がゴール前での力みを消す→ゴールっていう方程式。あと、サッカーの神様が献身的な守備のご褒美に決定機をプレゼントしてくれる。今日のラフィのPKはそれでしょ。

と、私がフットサルやる時に感じてる事を書いてみました。読み流してください。笑。

とりあえず降格圏脱出。阿部が本物オーラを漂わせはじめ、シーズン序盤に出場機会に恵まれなかった寺田・倉田が本来の力を発揮し、武井が結局今シーズンもスタメンを奪いつつある中でチーム状態は確実に良い方向に向かってると思ってる。新監督になって多少割を食った感のある佐々木&スンヨルあたりも松波監督の選手起用を見るとチャンスは巡ってくるはず。スンヨルは次のACL浦項戦での活躍期待したいなぁ。

最後に、TV観戦だと今ちゃん問題がどういう状態なのかは分かりませんが今日の試合が解決にむけてのきっかけになっていれば良いなと思いつつ本日はお開きです。ご清覧ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

※4/28の鹿島戦のエントリからブログ名を「ロスタイムは7分です。」に変更します。

【ACL第4節】ブニョドコルーガンバ大阪@ウズベキ

【ブニョドコル 3-2 ガンバ大阪】

ツィッターを片手に試合観戦をし始めて3試合目。負けた瞬間にグループリーグ突破への勝ち点計算をはじめるガンバサポの皆さんのメンタリティ素晴らしいじゃないですか。色々想定してみると色んな勝ち抜けパターンがあるし、案外現実味あるんじゃないという気もしてきた。とりあえずは浦項に勝つ。直接対決の結果が得失点差より重視される順位制度なので、4-0で勝利すれば・・・・は現実的じゃないので、6-2で。今野4ゴール。

と、結果しか求めていない今日のACLで負けているのに逆にポジティブシンキングになるのは現実逃避でしょうか。来年以降はACL遠征もおあずけかな・・・という不安と共にGWは浦項に行ってきます。ウォン安を堪能して韓国経済に貢献してきます。

今日の試合に関しては3失点の守備面をまず課題と捉えるのが普通。今抱えている守備面の問題が時間が解決してくれる系の問題ではないのは明らかで、何かしらのメスは必要。今の深いラインコントロールが攻撃的ではないゆえに攻撃的メンタリティのガンバサポに受け入れられていない上に結果も出てない二重苦状態。

今野がその原因であるといった意見がサポーターの中では多いみたいなんだけど、そうなの?確かにインタビューの発言なんかを読み聞きしていると、「攻撃のための守備」的な発想はもってなさそうではある。今野を外すかどうかはともかく違うセンターバックの組み合わせは見てみたい。

ラインを下げる事で守備面が安定するのであればまだしも、DFラインの前のスペース(ボランチとの間)でのプレスが弱まるわ、サイドからのクロスは例のごとく中澤はマークを外しちゃうわでどういう意味があってラインを低く設定しているか不明。もちろん攻撃にいい影響がある訳がなく、もはや自滅状態。ここは早急になんとかせなあきませんな。実好ヘッドコーチの出番です。

攻撃は佐藤が良くも悪くも存在感。決定機を外したり、踏ん張って欲しいところで倒れたりする一方で、不器用ながら一生懸命なポストプレーや守備には好感を覚える。消えてるより全然良い。応援したくなる選手。将生に求めていた事を実践しているところも好評価につながってる気がする。本来のエース候補であるラフィは今日も微妙。今の状態のラフィでは戦えない。とりあえずは佐藤とパウリの2トップで連携を高めていく事になるのかな。

休んでる暇はなく、帰国後は日曜日にJリーグ。負けると心身共にリフレッシュが難しいと思うけど、切り替えて清水戦戦ってください。

P.S.深いラインで守る事が悪みたいに語っている私ですが、現役時代は深いラインで守るのが好きなDFでした。笑。そいうや学生時代プレーしたチームって思い返せば全部カウンター主体のチームだった気がするなぁ・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

※4/28の鹿島戦のエントリからブログ名を「ロスタイムは7分です。」に変更します。

【Jリーグ第6節】ガンバ大阪ー川崎フロンターレ@万博

【ガンバ大阪 3-2 川崎フロンターレ】

初勝利はガンバらしい勝ち方で良いのではないでしょうか。そして、決勝ゴールは俺の大学の後輩!お前は全関学出身者の誇りだ!Mastery for Service!笑。ゴールのシーンもそうだけど、小松の決定機に体を寄せて外させた守備のシーンを見ても運をもっていた感じ。スカパー!「マッチデーJリーグ」で水沼とも初絡みを終え、ニューヒーローの階段を一歩登ったな。よしよし。

この5試合未勝利の試合も今日の試合も勝敗は紙一重の差。前節は寺田のPKがポイントだったと思うし、今日は藤ヶ谷のビッグセーブがポイントだったと思う。毎試合1本ファインセーブが出るだけで全然違うよな~と改めて。もちろん、聡太の前半ロスタイムゴールは0-2からの1点である事、時間帯共にセオリー通りで効果大でした。

あとのポイントは松波采配。個性が出てるというか、バリエーション豊富というか。決まりきったカードの切り方しかしなかったセホーンの後だけに余計に印象的。選手をよく知っていないと出来ないカードの切り方だとも思うし、状況によって使われる選手が違うのはベンチの選手のモチベーション、チーム全体の一体感を生み出すという意味でも良いと思います。

初勝利を得て、ガンバの強みや問題点が序々に見えてきた気も。佐藤の同点ゴールを生み出した倉田ー藤春のラインは同じような崩しを何度も繰り返していたし、ここは新シーズン新たな強み。これは倉田の起用から生まれた組み合わせ。問題点は言わずもがなDFラインだけど、ここも新たな組み合わせを試す事で強みになる可能性はある。個人的には想像以上に今ちゃんは前にボールを取りに行くディフェンスをするので、ペアとしてカバーリングの上手(であろう)丹羽あたりを組ませてみるのは一度見てみたい。

自分の中ではあの対人の強さは魅力的だし、FC東京時代に見たセットプレー含め攻撃面での貢献を引き出せるはずという期待感から今野を外すという選択肢はないかな。

次は水曜日のACL。ゴールデンウイークの浦項戦に参戦する事が決まっている身としては、絶対に勝ってほしい!!ちなみに韓国へは最初一人でぶらりと行こうかと思ってたんだけど、反日感情も考慮して試合後、一人でスタジアムの外を歩きたくないという想いから大阪発着のツアーで参加します。1人ツアーはちょっと寂しいけど。苦笑。

参加するツアーはオフィシャルではなくセリエさんのツアーに初参加。試合翌日は兵庫県で友人の結婚式なので朝一の飛行機で帰れる点が良かったので。ただ、現状ツアーへの参加者は私一人のようです!苦笑。

P.S.引き続き告知をさせてください。4/28の鹿島戦のエントリからブログ名を「ロスタイムは7分です。」に変更します。また、ブログ名変更に合わせてツィッターも開始しました→https://twitter.com/#!/7additionaltime

詳しくはこちらのエントリをお読みください。宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

【Jリーグ第5節】サンフレッチェ広島ーガンバ大阪@ビッグアーチ

【サンフレッチェ広島 4-1 ガンバ大阪】

全体的には1-4ってスコアほど内容は悪くないと思うだけに、この敗戦はあまり引きずらずに切り替えが大切かな。勿論、失点シーンは何かしら、誰かしらのミスが絡んでいるのでそこは反省しつつ取り戻していくしかないわな。ただ、相当ハードルを下げた状態でチームを見てるし、敗戦にも若干麻痺気味になってきている事も付け加えておく。苦笑。

敗因は序盤の2失点が全てで、名指しで批判されるべき藤春の計測なプレーが原因。ヤットも多いけど自陣でのミスにもっと敏感になってほしい。そして、こんなに自陣でのミスが多いのにカバーが遅れる守備組織は昨年以上に酷い。失点にはならなかったけど、加地さんも逆サイドからのクロスに対する中への絞りが遅れるシーンが増えてたり、意識の問題だと思うんだけど。

FWは佐藤、MFは倉田を入れて多少リズムが出てきた事もあるし、DFも一度別の選手をトライしても良いチーム状態だと思うけどね。まあ、連携が物を言うポジションだけにコロコロ変えるのも良くないけども、個の部分で聡太のマークを見失ってしまう悪癖は敗戦に直結する。前述のカバーの部分も含めて丹羽ー今野の組み合わせは是非試してほしい。こういうシーズンだからこそトライできる事もあるはず。

そんなこんなです。今年は違ったサッカー観が観につきそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【ACLグループリーグ第3節】ガンバ大阪ーブニョドコル@万博

【ガンバ大阪 3-1 ブニョドコル】

長い道のりでした。謎の遠回りからやっと今シーズンの第一歩をスタートさせてくれました。喜び爆発というよりも、ACLは負けたら終戦という崖っぷちに追い込まれていた事もあってホッと一息という感じ。今日は相手のミス&審判に助けられた部分も大きかったけど、この1勝が流れを変えてくれると信じております。

松波監督2戦目、確実にチームが良い方向に向かわせてくれている(元通りにしてくれている)事を確認しました。前線までボールを運ぶところから、今日は決定機も数本作れるようになっていた事にこの先の希望を感じております。前回のエントリで書いた寺田を今日はスタメン起用した事も大きくて、倉田と同様に攻撃の潤滑油的な役割を果たしてくれていたと思います。

前節の横谷の起用、今日の寺田&佐藤のスタメン、交代カードの切り方とこの2試合は納得感と共にチームの成長を促すようなチームマネジメントを感じてる。それは西野になかった部分なのかな・・・とたった2試合で過大評価気味でございます。笑。ちなみに、先週放送の「FOOTxBRAIN」は西野監督持ちあげすぎ!重要な試合では彼、固まってしまう事が多々ありましたから!苦笑。

課題だったラフィもシンプルにボールをはたけるようになってリズムが生まれつつあったし、倉田&藤春という相性の良い組み合わせも生まれつつあるし、チームは良い方向に向かってる!細かいミスの数はかなり多いけども、危篤状態だった数週間前を考えれば大きな改善。これは週末にリーグ初勝利あるよ!!

ACLは次節もブニョドコル。今日の試合を見た感じ強いチームである事は間違いない。AWAYではかなりハードなゲームが予想されるのでチーム状態は更に上げていかないとね。ゴールデンウィークに韓国遠征行こうかなと考えているだけに余計に勝って欲しい。誰か韓国一緒に来てくれる人いないかな。

P.S.諸事情によりブログタイトルを4/28の鹿島戦のエントリあたりから変更する予定です。詳細は別エントリにてご連絡します。リンク等を貼って頂いている関係各所にも正式にはまた連絡します。ブログ名が変わっても引き続き宜しくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第4節】アルビレックス新潟ーガンバ大阪@ビックスワン

【アルビレックス新潟 1-1 ガンバ大阪】

「取り戻せる!」。ひと言で表すと試合の感想はそんな感じ。自分達のスタイルも、勝ち点も。やっとスタートラインに戻ってこれた。そんな勝ち点1。昨日の試合に関しては結果よりも内容を重視してたけど、復調のきっかけにする事ができる内容だったのではないでしょうか。

新潟には行ってきました。夜行バスで5時に新潟駅に到着し、新潟駅付近で唯一営業していたロイホで始発のバスを2時間半待ち、スタジアムに着いてからはアルビサポに交じってスタジアム内「展示室/休憩室」で開門を4時間待ち・・・。前日仕事で行った某出版社にもらった雑誌5冊を完全読破。ちなみに毎回ビックスワンに来たら思うけど、「休憩室」は「田舎の運動会」みたいな雰囲気に包まれてる。試合観戦をきっかけに近所の人が集まって昼間から選手の話を肴にビール飲む。基本、話はループしてます。This is 百年構想 みたいな?観客数は減ってるみたいだけど、新潟はJリーグ成功のモデルケースなんだなと改めて。

2102 ビックスワン3
休憩室入口。中では皆さん、レジャーシートを敷いて飲んでます。

ちなみに昨日の新潟は激寒。雨&風に体温を奪われ、傘を壊され、ビニール袋に入れていたはずのバックもなぜか浸水し、着替えが全部ダメに。往路は夜行バスで行った事もあって久々に試合後は酷い疲労感に襲われました。土曜日開催で良かった。日曜日開催のJ2って翌日仕事でただでさえハードなのに、チーム所在地を考えても長距離移動が多くなるって・・・絶対にJ2に落ちちゃダメだな。

2012 ビッグスワン
開門前の様子。写真で寒さが伝わらないのが残念!

話を試合に戻します。

試合前から「練習の雰囲気が良い」とかポジティブな報道が多かったので期待値は高かった。サポーターも選手もある種リセットして良い精神状態で挑めたから例のごとく先制点を取られても重苦しい雰囲気は感じなかったし。これも監督交代の効果?前半は「負の遺産」を多少引きずってる感もあったけど、3人目の動きからチャンスを作るシーンもあったし確かな改善は感じてた。そして、後半の立ち上がりからの10~15分でそれは確かな手ごたえに変わった。

攻撃のリズムが良くなれば守備も良くなるもので攻守共に動きだしが早くなったし、セカンドボールも拾えて久しぶりに厚みのある攻撃を楽しめた。効果的なフリーランニングをする秋の影響も大きかったと思うし、不調が続いた藤春・加地のサイド攻撃に躍動感が出てきたのが印象的。バイタルエリアまでボールを運べるようになったのであれば、あとはフィニッシュ。

ただ、ラフィは引き続き不調。後半は多少マシになったけど攻撃の起点になれずボールロストを連発。フットボールコンタクトを流す傾向にある今年の判定基準に苛立つシーンばかりが目立って、最終的には勝ち越しのチャンスでファールをもらいにいく倒れ方に対してシュミレーションのファール(イエローカード付き)をもらうオチ。シュミレーションをもらったシーンは周りのガンバサポは主審に対してのクレームを言っていたけど、個人的にはラフィに踏ん張って欲しかったなぁ。

最後にこの試合は交代のファーストカードとして横谷が2列目として使われた。それ自体は別に良いんだけど、ヨコがあの位置で使われるとなると松波監督の中では寺田はチーム内でどういうポジションにいるんだろう。個人的には秋と同様に寺田は効果的なフリーランニングが出来て攻撃面の潤滑油になれる存在だと期待してるんだけどな。武井が明神(守備要員ボランチ)のサブだとしたら、ヤット(攻撃要員ボランチ)のサブ的立場?チン頑張れ!期待してる。

2012 ビッグスワン2
トラックはあるけど、結構観やすいスタジアム。

そんなこんなの新潟戦。良い流れは作れたはずなので火曜日のACL超頑張れ!この試合は内容ではなく勝ち点3がマスト!

P.S.夜行バスで新潟入りしたのは初めてだったけど、「新潟交通」の夜行バスはおススメしませんよ。理由は「停車バス停が多い」、「停車のタイミングで都度、車内照明が点灯する」。夜行バスで睡眠を妨げられる2大要素が全開。新潟交通は乗車者アンケート取れ。個人的には「停車が少ない」、「停車のタイミングで照明が点灯しない」でお馴染みのJRバスが夜行バスでは最強です。同士である金欠サポーターの皆さん、どうぞご参考に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。