【Jリーグ第27節】VSヴァンフォーレ甲府

【Jリーグ第27節】ガンバ大阪 0-2 ヴァンフォーレ甲府

完敗。正直、守備のイメージがない甲府相手にこういうゲームになるとは全く予想してなかった。前回の戦いを考えても比較的戦いやすい相手だとすら思ってたけど、数年前までの大宮みたいな戦い方をしてきたね。そして、よく研究されてたわ。こんな完敗ぶりは仙台戦以来。残り7試合における対戦相手にとっていいデータとなるゲームにならなければいいけど・・。

結果的には選手交代に伴うシステム変更が今日の試合のターニングポイント。前半から崩せる気配がなかったから積極的な2枚替えは悪くない判断だと思うけど、崩される気配もあまりない中で3バックというリスキーな選択をする必要があったかは疑問。今日は西野采配が裏目に出たね。個人的にはボールが足元につかず、簡単にボールをはたくところを狙われ続けたラフィーニャは交代でも良かった気がするけど。一本ヤットに出せば決定機な場面も違う選択をしたり、途中からリズム失ってたし。今日みたいな展開では個の力がものをいう展開だっただけにラフィーニャのストライカーとしてのエゴをもっと出しても良かったかな。

そして、重要すぎる3枚目の交代カードの将生は完全に空振り。劣勢の展開で将生投入から盛り返した記憶がない。スペースもあんまりない展開だったし、効果的ではないのは予想できた気もするけど・・・どういう意図なんだろう。得意じゃないクサビをもらいに下がってきたプレーでトラップミスからカウンターなんて場面もあったし、ペナルティエリアでの積極性も感じないし(クロスのこぼれを前につめずに高木に怒られてたシーンが典型)、選手交代は自らの首を絞める結果になったね。前節でアフォンソが良かっただけに、西野の中での序列とか使い方の整理がどういう風にされているのかは気になる。(今週、将生が調子良かったとかなのかな?)

まあ、とはいえ今日は甲府の出来を褒めるべきなのかもしれん。相手の決定機の数を考えればもっと早い時間帯でゲームが終わっていてもおかしくない試合だった。片桐のシュートがポストに当たった時は運はガンバにあると思ったんだけどね。甲府は残り試合でマリノスとのゲームがあるのか。そこでも今日みたいなゲーム頼みます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Fリーグ観戦記】府中アスレティックFC VS シュライカー大阪

「白い恋人」久々に食べたけどうま~。私、昨日の北海道出張を経て本日は代休を頂いております。新千歳空港楽し過ぎ。で、今日は外は雨で出歩くのも面倒なので、先日久しぶりに観戦した「Fリーグ」の観戦記でも。

Fリーグ観戦は確か3回目。デビューはFリーグ開幕戦。場所は大阪の南港の方の体育館。シュライカー大阪のバンダナとかお面をもらった記憶があります。2回目は東京の代々木で行われた「セントラル開催」。確か2年前くらい。そして、今回は府中アスレテックFCの試合です。対戦相手は我が地元のシュライカー大阪。近くに行く用事があったのと、最近のFリーグの盛り上がりとか、セントラル開催以外の会場での演出というかローカルな賑やかしに興味があったので久しぶりにふらっと行ってきました。個人的には同じアリーナスポーツのbjリーグでも毎年有明コロシアムでやるプレーオフよりHOME&AWAY感が味わえるレギュラーの試合の方が演出も面白いと思っているので。

まず意外なハードルだったのが会場へのアクセス。Fリーグの公式HPに「京王線府中駅からバス」って書いてたのに府中駅から体育館の方向に出ているバスは一日3~4本。・・・それ書けよ。ただ、運が良かったので30分待ってバスに無事乗車。本当は分倍河原駅からバスか、府中本町から徒歩がベターだったようです。そして、キックオフに10分遅れて到着。試合前の演出とか見たかったので来た目的の3割くらいを失ってはいるのですが・・・。苦笑。

2011Fリーグ3
駅からは遠いです・・・。自転車などで来られている地元の方が多かった気がします。

会場到着後は一応、元大阪府民としてシュライカー大阪応援団付近の席に着席。シュライカー大阪のサポーター(って呼んでいいの?)はアウェイにも関わらずホームの府中サポよりもチャントの種類も声量も圧倒。というか、府中には応援を統率するサポーターもがいなかったような気がするし、チャントと呼ばれるような応援もなかったんじゃないかな。面白かったのはシュライカー大阪のチャントがガンバと同じものも含まれている事。「俺達が~大阪さ~♪」も一部歌詞を変えて歌われてた一方で、セレッソの「潰せ~ガンバ~♪」のチャントも歌詞を変えて歌われていたりして、大阪のJリーグサポのチャントを参考にされているのだと思います。あと、シュライカーサポの審判や相手選手へのヤジはライトファンが多いであろうあの会場では異色の存在。別にどっちのサポーターでもない人間としてはあのヤジには少し引く。「ガンバのサポーターはガラ悪い」って理由でゴール裏に来ない人達の気持ちが少し分かった。苦笑。

試合は4-4の引き分け。試合のレベルが高いか低いかはよく分かりません。ただ、大阪のGKのイゴール選手のレベルが高い事だけは素人目にも明らか。特にスローイングの精度とスピードはプロの技。カウンター(攻撃)への意識の高さが凄いんだわ。お金を払っても見たいと思わせる選手がいるってのはクラブにとって大きいはず。そういう投資はどんどんすべきですよね。あと、個人的にはフットサルはプレースピードが速いスポーツだけに会場でリプレイ映像が見れないのは残念。セットプレーの場面でサインプレーなど、一度見ただけでは良く分からないフットサルの見どころを更に堪能できる機能は欲しいなぁ。

2011 Fリーグ4
試合後、サポーターに挨拶をするシュライカーの選手達。イゴールは子供達に大人気。

で、観戦目的である試合の演出は全然ダメ。感銘を受けるポイントがない。同じ日にbリーグとFリーグがあったらサッカー好きの俺でもbjを見に行くレベル。あの試合を見てフットサルに元々興味ない人達がリピーターになる可能性はないんじゃないかな。お金がなくてボランティアに支えられていたりするんだろうから仕方ない部分もあるとはいえ、お客さんからお金を取っている以上、あのアマチュア丸出しな演出はいかがなものか。エンターテイメントの空気感がまるで感じられないのは問題。チアの質、ダラダラ仕事をするボールボーイ&モップ担当、選手の名前を言うだけで何の煽りも出来ないDJ(実況)・・・・正直、途中眠たくなった。

良かった点は選手とサポーターの距離が近い事。JFLを見に行った時も同じ感想を持ったけど、近所のお兄ちゃんがサッカーしてるといった感じで試合後にサッカー教室があったり、自由にサインをもらえたり、子供達に委縮がまるでないのは印象的。選手達もフレンドリーだし。今回のFリーグでも試合後はホームの選手、アウェイの選手関係なく子供達とハイタッチをして、両クラブのベンチ、サポーター席に挨拶をしていたのはFリーグならではの光景なんだと思う。各クラブがというよりもFリーグ全体で盛り上げていくという方針なのかね。

2011 Fリーグ5
入口でもらったグッズ類。ちなみにセルフサービスです。チケットもぎりのお姉さんが指指して「あれ、良かったらどうぞ」。それでスポンサーの皆さんは納得してるの?

Fリーグは今後どうなるんだろう。日本の全てのスポーツリーグがプロ野球とかJリーグのように大きな規模になる必要はないから、地元の人達(だけ)に愛されるようなスポーツがあってもいいよね。野球でいうところの独立リーグ的な。まあ、それで選手をはじめとする関係者の生活が成立つのであればの話だけど。個人的にはアマチュア大会の決勝戦が前座として組まれたようだけど、そういう何かしらのイベントと組み合わせていく事がまずは大切な気がする。現状、これだけでは見ない。付加価値というか、きっかけというか。試合前は地元フットサル大会の決勝戦、試合後は選手のフットサル教室・・・みたいな。

もしくは、Jリーグクラブと協力して共同チケットとか?別の日程だと意味ないから、Jリーグの試合の4時間前にスタジアム付近の体育館で開催するとか。そんな都合のいいスタジアム(アリーナ)がある会場は思いつかないけど・・・・1000人くらいならシャトルバス出すとか。とかとか。アルビがJリーグとbjリーグのクラブを持っているように、JリーグクラブがFリーグクラブを持つ事はないの??個人的にはジ女子サッカーよりFリーグクラブを持って欲しいけど・・・お金ないか。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第26節】VS横浜F・マリノス

【Jリーグ第26節】横浜F・マリノス 1-1 ガンバ大阪

ただ今、日産スタジアムより帰宅。今週は連日深夜にタクシー帰宅だったり、試合前日も友人の結婚パーティーだったりで睡眠不足だったので今日はゆっくり12時ちょい過ぎにスタジアム入り。このスタジアム、視界は悪いけど、ゆっくり来ても希望の座席が確保できるのが好き。私が経験する限り、日産スタジアムと瑞穂競技場とNDソフトスタジアムとビックスワンは開門の数時間前とかに来なくても比較的どんな席でも不思議と確保できるので今年初めて上記のスタジアムに行こうとしている方は参考にして下さい。そんなこんなで開門までは読書タイム。暑さも少し落ち着いたので開門待ち時間がそこまで苦じゃなくなってきました。

2011 横浜
快晴の横浜。ただ、日陰はそんなに暑くない季節になりました。

試合は納得のドロー。お互いに持ち味は出た試合だったと思います。ガンバとしては一番先制されたくない相手に先制点をくらってしまった中でのアウェイドローは順位を考えても及第点。まあ、同点からの10~15分(相手が交代選手の対応に戸惑っている時間?)はイケイケでアフォンソのシュートがポストに・・・なんてプレーもあったし、失点の気配はあまりなかっただけに「勝てたな~」という想いも多少はあるのですが、決定機が少なかったのも事実で、そのあたりにマリノスとしてもスタイルが出ていたのかなと感じるのです。

Jリーグアフターゲームショーとかでマリノスの試合を見ててもハイライト映像ながら「この内容で勝っちゃうの?(引き分けちゃうの?)」って感想を持った試合は多々。それは守備の安定から来ている事は明らかで、セットプレーとかカウンターでのゴールを守りきれるスタイルが身に染みてるんでしょうね。そういう意味では今日はセットプレーのスペシャリストである俊輔や狩野がいなかったのは大きかったとアウェイサポ的には感じてます。ヤバい位置でのセットプレーが2本くらいあったけど、両方とも枠いってなかったしね。俊輔がいつ復帰するかは知らないけど、去年の名古屋が内容無視で「勝ちきる力」があったとすれば、マリノスは「負けない力」という感じ。ここから大崩れはしなさそうだけど、勝ち点3が必要になる展開になるのは明らかな中でセットプレーのキッカーである俊輔の復帰時期というのは優勝争いをする上でかなり重要じゃないかな。てか、なんで狩野は使われないの?

ガンバは藤春の積極性が印象的。藤春は今日のゲームが真価を問われる事を自覚していて、それが空回りにならない積極的なプレーに出てた。不安な守備に関しても責任逃れのワンサイドカットだけするような守備じゃなくて「ボールを取りに行く」守備をしていたし、得意の攻撃でも1アシストという結果を残してくれた。体力がありそう。さすが体大出身(あんまり関係ない?)。1つリスクエストをするといいタイミングで上がってきているのだから、1対1で縦に勝負して欲しい。そこが下平との違いになるはず。オーバーラップしてアーリークロスや横パスを選択するのであれば、下平の方がクオリティは高いからね。

今年の首位争いはチームも絞られているし、それぞれが結果を出し続けているので例年にないハイクオリティな緊張感があっていいね。ここからは総力戦。意外(?)に今日のマリノス戦は警告が0で甲府戦での累積警告でのお休み選手もなし。甲府戦が終わると20周年記念試合(レッズ戦)、今年の天王山である名古屋戦と重要な試合が控えているだけにイエローカードには相当ナーバスにならざるをえないね。あんまり焦って出場して欲しくはないけど、ここにきてハッシー復活の状況は整ってきた感があるな~。ハッシーのゴールで勝つ試合とか生まれてきたらドラマだな。そんな試合が出たら優勝決定。DVD化決定。CWCのチケ買う。

と、いう事で私は明日(正確には今日)は休日出勤でございます。朝7時羽田発のフライトなんだけど・・・眠過ぎ。深夜にブログ書いてる場合じゃないね。早く寝よ。ちなみに高校生時代の修学旅行以来の北海道に出張に行って参ります。スープカレー食べてこよ。

2011 横浜2
連休中&首位攻防戦という事もあって沢山のお客さんが入りました。


P.S.試合後は転職で今年から東京に来たという大学の後輩から連絡が入り、卒業以来の再開。スタジアムから新横浜駅に向かう道にある居酒屋「TAPA」で晩ご飯を食べて帰ったのですが(もしかしたらマリノスサポの間では有名なのかもしれませんが)、このお店尋常じゃないくらいご飯が出てくるのが遅い。飲み物ですら20分待ち。そして、ご飯は冷たいときた。しかも、そんなに安いお店ではありません。これから日産スタジアムに行くJリーグサポーターの皆さん、「TAPA」はお勧めしませんよ。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第25節】VS大宮アルディージャ

【Jリーグ第25節】ガンバ大阪 2-0 大宮アルディージャ

今、なでしこJAPANが試合している済南って俺が唯一行った事あるACLの海外AWAYのスタジアムだから、ニュースであのスタジアムが映る度になんか懐かしい気分になる。個人的には済南って北京から一日に数本しか新幹線がなかったり、建物もそんな近代的な記憶がないから田舎ってイメージだったんだけどTVでは「大都市」って報道されるのがなんか意外。また、海外遠征行きたい。ACLのゲームも1/3くらい土日開催にしてくれればサラリーマンの俺も行きやすいんだけどなぁ。

ちなみに2009年ACL・山東魯能戦で済南に行った時のエントリはコチラ

で、今日の大宮戦。午前中に西武スタジアムで自分のサッカー大会があったので今日は家でTV観戦。1点目のゴールシーンを含め、スイッチングが下手でちょっと見にくかったのが残念。

試合内容はそれなりに苦しんだゲームではあったものの、被決定機などを考えると負ける気はしなかったかなという感じ。強いチームの勝ち方だとも思う。手ごたえが分かりにくい内容にこそ底力が隠されている・・・みたいな。こういう勝ち方は大切ですよ。

今日は2週間空いてコンディションは多少は戻っているはずなんだけど、その分連携面に少しブランクが出たかな。あと、コンディションの部分に関して言うと、状態は大宮の方が上だったと思う。回復力という意味ではおじさんクラブのガンバは連戦の方が他のクラブとのコンディションの差が逆に出にくいのかもしれないね。今日はヤットも無理して使うべきだったか疑問が残る運動量だったと思う。

そんな中でラッキーゴールで先制出来たのはいつもの試合以上に価値があったし、この先制点があったからこそ後半にスペースに動けるスンヨンの投入が効果的で→2点目アシストに繋がった訳だ。交代がハマって西野的には手ごたえがあったゲームだったはず。ここにきてスンヨンの使い方が分かってきたのは大きい。ガンバでは久しぶりのゴールパフォーマンスが楽しみな選手である点も評価高い。笑。

最後に藤春スタメン3試合目について。攻撃時の積極性が形になってきて、序々に自分のプレーが出始めてるんじゃないかな。自らシュートする意識もあるし、上がるタイミングも良いし、個人的には好きなタイプのサイドバック。ただ、ビルドアップやクロスの精度、そして、守備時のポジショニング。この辺りがレギュラーへの課題かな。特に守備時のポジショニングはスンヨンと大差ない。苦笑。総合力ではまだ下平の方がまだまだ上である事は間違いないけど、下平より早く成長してくれそうな気もする。今日もカバーしてもらいまくりの智と組めてるのは藤春的にも大きな経験になるはず。

残り9試合。久しぶりの首位なのに不思議と緊張感とかないわ。きっと選手達も同じような感覚じゃないかな。平常心で残り試合を戦ってくれそう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。