【Jリーグ第24節】VSヴィッセル神戸

【Jリーグ第24節】ヴィッセル神戸 0-4 ガンバ大阪

今日は楽勝。神戸には悪いけど、今シーズンで一番イージーなゲーム。神戸も調子がいいって聞いてただけに少し拍子抜け。唯一の不安点だった左サイドバックには藤春をチョイス。デビュー戦の福岡戦と違ってファーストタッチでいいプレーが出来た事で落ち着けたっぽい。攻守に置いて特に目立ったプレーはないものの、思い切ってやろうという気持ちはプレーに出てたし、前節からの若手が頑張るといういいチームの流れに乗れたんじゃないかな。

今日も途中出場したアフォンソの荒削りだけど前への高い意識とがむしゃらさといい、若手が若手らしいプレーをしてくれてるのはチームにとって大きい。佐々木も戻ってきてたし、なんか一気に選手層が厚くなった錯覚に陥るわ。笑。

今日のゲーム内容としてはグランドが悪い事もあってロングボールを多用。ガンバらしくないとは言えばらしくないんだけど、その結果、FW陣のクオリティの高さが目立つゲームに。グノ&ラフィが違った形で起点にもなれれば、フィニッシャーにもなれるという万能ぶり。2人もエゴイストではなく、ためをつくれたり、周りを使えるのでガンバのサッカーにフィットしているし、2トップの相性も良さそう。ガンバの2トップでは久しぶりに「2トップの連携」を感じる事ができるコンビになっております。久しぶりに2人が持つとゴールの予感がするし、チーム全体が動き出してる事を感じる事ができる。いい感じで連携深まってるよ~。

この2トップの連携が深まった結果、スンヨンに「2列目からの飛び出し(ゴールに入っていく動き)」という得意プレーがある事が分かってきたり、サイド攻撃が増えたり、チーム全体の引き出しを増やすような相乗効果も発揮しているような気がするなぁ。FWがハマればガンバは強いってのはずっと分かり切っていた事だけど、チーム全体の高齢化に伴う怪我人の増加や体力の低下などマイナス面をグノ、ラフィの存在が補ってくれてる気がするわ。うん、今日はベタ誉め。

マリノスが昨日引き分けで喜んで、今日も柏あたりは必死の川崎が相手だし負けてくれそ~、名古屋も前半戦負けてる甲府相手にもしかしたら・・・とか思ってたら両方勝ってやんの。今年の優勝争いはなかなかハードそう。久しぶりに優勝争いらしい優勝争いになりそうだね。多分、優勝を争う相手は名古屋でしょ。10月の直接対決までは負けられない。

P.S.東城へ。全体的に流すジャッジは今シーズンの方針だからいいと思うけど、2-0の展開での明らかなPKを変に空気を読んで流すのは違うだろ。これで2-1とかになったら一気にゲームの流れ変わるから。頼むよ、素人じゃないんだから。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第23節】VS柏レイソル

【Jリーグ第23節】ガンバ大阪 2-0 柏レイソル

個人的には松木安太郎の解説は肯定派なんですけど、レイソル戦を解説した金田さんも好きな解説者の1人。変な知ったかぶりをしない点がいいのと、ゴールの瞬間の「おおっ!」ってやつが好き。あと、「きたぁーっ!」ってやつも。あれはライブ感出せてる。あのリアクションが普通だよね。「あっ、入りましたね」みたいな解説者はバカかと。解説者=冷静みたいなステレオタイプじゃないとこがいい。松木しかり、金田さんしかり、二人とも自然体なんだな。山口智の事を「ヤマ」って誰も他に呼んでるのを聞いた事ない呼び方で呼ぶのも金田さんなら許す。「ヤマ」とか言って「普段はあんまり智のプレーとか見てないんかな~」と思わせておいて、智のミスを「らしくない」って気が付いてるところが通です。

で、試合は会議が延長したので帰宅後追っかけ再生で半分LIVEで観戦しました。2点取って、3点取られて、4点取るみたいな試合も面白いけど、0-0の緊張感溢れる展開の中で生まれる1点の重みを感じられる試合も悪くない。てか、こっちが普通。村上龍風に言うとゴールの瞬間「カタルシス」を感じられるゲームでした。1点に痺れる事が出来たゲーム。点に絡んだ選手といい、ゴールの内容といい、優勝した05年同様に幸運が続いてる感覚がある。そして、いつかの渡辺光輝の2ゴールみたいに夏場に意外性ある選手の活躍ってのも共通してる。大塚にジャンプして抱きつく西野。気持ちは皆同じ。ガンバサポはあのシーンを誰も「キモい」とは言わない。西野さん、あんたのリアクション最高だよ。

まあ、その展開に持ち込んだのは間違いなく柏。引き分け狙いみたいなサッカーで、やられかけたのも事実だけど全体的に振り返ってみれば負ける可能性が低い展開だっかな。他の人のブログを読むと、柏はアウェイでは毎回ああいうサッカーしてんの?なんかもったいないね。やっぱり自分たちのサッカーをどんなけ出せるかっていうアクションサッカーでしょ。

そんなこんなで首位なので大口を叩きました。で、調子に乗ってたら下平怪我ですが。ダメじゃん。これは相当ヤバい。サイドバックはガンバのアキレス腱。ただ、ピンチはチャンス。我々は下平の代役で出場する選手を信じるだけです。スンヨンとか武井、高木でもいいけど、個人的には藤春に再びチャンスを与えてあげて欲しい。なんか柏戦でベンチに入ってたのは最近調子がいい証拠でしょ?攻撃的なサイドバックが大成したらガンバにとって大きな武器。大塚、アフォンソのファイトする姿を見て刺激ももらってるだろうしね。藤春頑張れ。大塚を見習って、最初のプレーでミスしても縮こまる事なく思い切ってプレーしてちょ~だい!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。


【Jリーグ第22節】VS川崎フロンターレ(+サポーターミーティング)

【Jリーグ第22節】ガンバ大阪 6-3 川崎フロンターレ

さきほど今週3回目の大阪より東京の我が家に帰宅。一緒に行く予定だった友人の寝坊というハプニングはありましたが、初めてのサポミにも出席してきました。さっそくサポミで社長が話していた事がスポーツ新聞系のWEBサイトでニュースになってたりしたけど、想像以上に具体的な話が聞けるんだなぁって感想。知ってる情報も改めて口頭で説明を受けると理解が深まるし、雰囲気も想像以上に笑いありの和やかな感じで有意義な2時間だったと思います。まあ、昨日首位になったというタイミングでもあったからね。

具体的な内容はいろんなところで露出されているだろうから、ここでは割愛。個人的に印象的だったのはやっぱり「スンヨン」の件。質疑応答の一発目もこれで、質問(意見?)内容を要約すると「山本てめ~!こないだのサポミでスンヨン、サイドバックできるって言ってたくせに!全くできないじゃないか!どうなってんねん!」というもの。会場も「いきなり核心ついたねぇ~」的な雰囲気で笑い発生。同様に関連するところでいうと「守備のヘボさ」に関する質問は多々。ただ、もはや山本さんは完全に開き直り。逆に「西野監督はあんまり守備の練習しませんしね~」、「次の試合も加地の代わりは武井?・・・もしくはスンヨン(笑)」的な鉄板ネタとして笑いを取りに行く始末。西野同様に「攻撃的なスタイルなんだから、守備は我慢してよ」が基本的なスタンス。山本さんの言い分は「同じレベルの選手を2人置くのは難しい(だから、右サイドバックの補強が進まない)」、「ミチとか家長の例から分かるように、そういう手薄なポジションを奪う若手が出てきて欲しい。(今年は菅沼とか大森もサイドバックにチャレンジしている)」という想いがあるみたい。一方で「来年は両サイドバックが出来る選手を必ず獲る」とも発言しており、多少の危機感はある・・・のかな?期待しましょう。最後に桑原さん、ミーティング中リラックスし過ぎ。一人だけ休日のお父さんみたいな服装だし。笑。

で、サポミ前日に行われた試合。

20118月川崎戦@万博
今日の美味G横丁はB級グルメでお馴染みの「十和田バラ焼き」。お肉あんまり入っていません・・・味薄いし。

結果的には後半のPK&退場が全て。まだハイライトは見ていないものの、ニュースとか見ているとガンバ側からするとラッキーな判定だったのかな?まあ、正直ゴール裏から見ていても「・・・ん?PK!?ラッキー!!」みたいなリアクションを取った事実は否定しない。笑。ただ、川崎サポには悪いけど家本には過去痛い目に合わされているのでこれでチャラだと思っているし、前節の名古屋、前々節のセレッソと2試合連続明らかなPKをスルーされている事を考えると、たまにはこういう事があっても罰は当たらないはずだとも思ってる。

2011年川崎戦@万博4
皆さん、整列場所確保後はどこで時間つぶしをしてるのでしょう?帰宅?俺、ちょっと家遠いんだよなぁ。

3-3から勝ち越しに時間がかかったのは相手も引いてきたし仕方ないと思ってる。もう少しサイドから崩せたらとか、CKを取れたらとかは思うけど結果6点も取れた事に満足してる。一方で2-0からの3失点は意味不明。ここ2試合は失点はしてたけど、それなりに集中した守備が出来ていただけに残念。失点のシーンを考えると山本さんが言うところの「スタイル」の問題じゃなくて、各選手の意識の問題のような気もするけど。なんか毎回同じこと書いてる気がする。。。苦笑。次節は加地もいない中でより高い守備意識が求められる上に日程もハードだけど、首位攻防戦だし頼みますよ。レアンドロドミンげスをスンヨンが止めてくれるって信じてますよw (あぁ、俺もネタにしてしまった・・・)

2011年川崎戦@万博3
試合後のワニナレナニワ。雨でビショビショ。帰りのバスの冷房が辛かった。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第9節】VS名古屋グランパス

【Jリーグ第9節】ガンバ大阪 2-2 名古屋グランパス

私はお盆休みがない身なので「なんか今年はいいカードの平日開催多いな・・・」と手帳を眺めながらため息をついていたら18日に大阪出張が緊急決定。さらに、前泊許可。これは神様からご褒美という事で奇跡的に名古屋戦に参戦してきました。今週は明日の川崎戦参戦も含めてダービーから1週間で東京ー大阪間を3往復です。名古屋戦はスーツ姿だったり、スタジアム到着が遅かったりする事もあって数年ぶりにSB席観戦。年パスもっているのに3000円払ってSB席買いましたよ。いいサポーターでしょ?

2011818名古屋戦@万博
懐かしい景色。SB席では揚げたこ&しなしなポテトがセットです。

変なヤジを飛ばす人、試合中もひたすらDSをする少年、写真を撮り続けるおばさん、前半終了前に席を立ってゴールシーンを見逃す人、試合前に帰る人・・・そうです!これがSB席なんです。笑。ちょっと意外だったのが試合前にゴール裏と一緒に実施する「俺達が大阪さ~♪」をSB席に座っているほとんどの人が歌っていないという事実。笑。いつもゴール裏から「一体感があって良いよな~」とか思って見ていたんだけど違うみたい。昨年の「ガンバ大阪オレ」に戻した方が皆やりやすいんじゃないかなとか思いました。まあ、実際は「ガンバ大阪オレ」の時もあんまり変わらなかったのかもしれないけど。

試合はドロー。ただ、90分を通じて高い集中が感じられたし、後半までファイトできたナイスゲーム。前半良くても後半は主導権を握られる展開が多い試合が多い中でこの試合は最後の最後まで勝ち越せる空気感があった。ポイントだったセットプレーも対策を練った感が感じられまくっていたし、内容的には十分満足できる。まあ、だからこそ勝ちたかったけどね。実際、勝てたゲームだったとも思う。2試合連続でナイスゲームだけどあと一歩って感じだね。悔しさと充実感が半々の好ゲームでした。引き分けだけどこの試合を生観戦できた私は勝ち組ってことで。笑。このゲームを見て初めて優勝を意識しはじめております。

と、いう事で今日の夜に夜行バスで大阪に向かいます。そして、日曜日には初めてサポミにも出席予定です。

P.S.横谷は福岡戦の低調なプレーをこの試合で挽回したね!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第21節】VSセレッソ大阪

【Jリーグ第21節】セレッソ大阪 1-1 ガンバ大阪

ただいま大阪より帰宅。寝坊して飛行機に乗り遅れるという失態を犯したおかげで今回の大阪遠征は交通費だけで35000円くらいかかってしまった・・・。そして、忘れていたけど世間は今、お盆休みなんだね。行きの新幹線めちゃくちゃ混んでいた事で気がつきました。絶対寝坊しては行けない日だった訳だ・・・無念。と、いう事で私は明日も普通に仕事です。電車空いてたらいいな。

寝坊した結果、長居には12時くらいに到着。めちゃくちゃ暑かったらキックオフ3時間前の16時開門は評価するけど、15時に列整理開始とか言っておきながら15時になってもダラダラ「列整理はしばらくお待ちください」と待たせる運営はダメだろ。熱中症なるわ。しかも、一方で「15時半には列にお戻りください」ってめちゃくちゃか!で、結局私のところには誰も来ないというオチ。あの炎天下にさらされた1時間が現在の疲労感に直結してる・・・とクレームです。

試合はドロー。ACLのリベンジという点、優勝争いをしている点から考えるとこの結果では満足はできない。追いついてのドローという展開だけ考えると試合後のブーイングは少し厳しいような気もするけど、上記の理由から仕方ないとも思う。ちなみに私は一定の評価はできるという意味でブーイングまではしませんでした。

2011 8月 長居
確か3万7千人強のお客さん。両ゴール裏でコレオが実施されました。

この試合のポイントは個人的には3つあって、「セットプレー」、「前半で1点取れなかった」、「グノを2列目に下げさるを得なかった(スンヨンの怪我)」。1得点はセットプレーからの一連の流れでの得点ではあるけども、ヤットはあのクロスを上げられるのであればCKでもあの質のボールを上げられないかねぇ。もしくは何か狙いがあったのかもしれなけど。

「前半で1点取れなかった」というのは逆に言えばそれだけ出来が良かったって事。内容的には今シーズンNO.1に近い前半だった気もする。ラフィーニャが一気にフィットした印象もあったし、分厚い攻撃が復活してた。たまに重要な試合で見せるガンバの本気に改めてチームとしてのポテンシャルの高さを感じる。一昨年のACLラウンド16の川崎戦の前半に近い感覚。ただ、どっちの試合も勝ててないという事実・・・。昨日はGKも良かったけどね。PKっぽいシーンの判定が悔やまれる。あとで録画見ます。

「グノを2列目に下げさるを得なかった(スンヨンの怪我)」ってのはそのままの意味。後半は例のごとく運動量が落ちて前線の動きだしが一気に少なくなった。明らかに出しどころが減ってたし、そこは将生に左右に流れてボールを引き出すとかしてほしかったんだけど、なぜか真ん中で足元でもらおうとする動きに終始して・・・というより運動量少なすぎじゃね?裏抜けの動きも少ないし。奴は大丈夫か?グノの好調ぶりを考えるとグノはそのままFWにおいて、スンヨンとの交代は普通に大森か、ウッチーをボランチに入れるとかで良かったんじゃないかな。これは結果論ではなく将生が出てきた時から思ってた。あと、足もそこそこ速いはずなのにラフィーニャはあんまり裏に抜ける動きしない気がする。上手い選手だけど、得意な形とかって持ってるんかな?

そんなこんなで次節は夏場の天王山・名古屋グランパス戦。ガンバは武井と加地が累積出場停止。フタ、スンヨン、佐々木が怪我。久しぶりにスタメンが全く読めない。ただ、案外こういう試合の方がコロっと勝ったりもするしね。大森あたりはチャンス。いつかのレッズ戦でスタメンデビュー(?)した倉田ばりにインパクトを与える活躍を期待したいね。出てこいニューヒーロー!!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第20節】VSアビスパ福岡

【Jリーグ第20節】ガンバ大阪 2-1 アビスパ福岡

今シーズンはこんな勝ち方多いな~。前半の内容を考えると後半押し込まれる要素はどこにもなかったはずなんだけど。むしろ前半にボールを回し続けた事で相手の体力的にも後半は更に圧倒できるとさえ思ってたのに、後半は寄せが遅くなり、セカンドボールを拾われ、パスがずれてショートカウンターを食らい・・・。意図的にペースダウンしている訳じゃなさそうだし、そんな展開の中でも武井、下平という若手2人が交代させられるというモヤモヤ感。そして、途中出場した平井が決定機を外し、横谷がボールロストを繰り返す・・・もう少し緊張感持とうよ。2-0から複数回あった決定機も決めれないし、今シーズン初完封はどう考えても相手の決定力も問題。解説の山野さん、こんなゲームではさすがにうちの監督でも満足なんてしませんよ。勝ったチームを褒めりゃいいって話じゃないんですよ。

ただ、同じような内容のゲームが続く一方で勝ち点を稼ぎ続けている事も事実。内容に不満を持つのは「このままでは勝ち続ける事ができないから」なんだけど、勝ち続けているという不思議。「さすがガンバは勝ち方を知っている」「勝負所を抑えている」的な称賛はしっくりこないし、去年の名古屋みたいに内容悪いけど勝ちきる強引な力強さ的なものとも違う。けど、結果が出ている以上、このスタイルも認めた方がいいのかもしれない。まあ、夏だしね。

それに今日の試合でラフィーニャがそれなりにスピードがあるところも見せてくれて、後半押し込まれた時のカウンター要員としても使えそうなのもこのスタイルが続くと仮定すると大きい。また、ラフィーニャは今日が初スタメンで真価が問われたけど、得点という結果もさることながら、90分を通じて視野の広さ、ラストパスも出せる事、ポストプレーでボールが収まる事など十分戦える選手である事を証明してくれた。運動量は少なめだし、特別スーパーな選手だとも思わないけど、今のJリーグを考えるとラフィーニャという存在は大きい。結局、こんな展開でも勝ててしまうのはJリーグ全体のレベルが下がってきている証拠でもあるんだと思うな。

で、次はダービー。ここは気持ちの問題。ACLはセレッソの方が勝ちたい気持ちが強かった。プレーにそれが出てた。最近のサッカーがまた改めてフィジカルの重要性が語られる事が増えてきたと感じるけど、同時に一時期毛嫌いされていた感のある「気持ち」の部分も重要性を改めて感じてる。気持ちが見える試合を期待してる。私はお盆という事で乗りたい夜行バスが予約できなかったため、朝一の飛行機で参戦します。来週からは長居、再来週は万博と2週間連続大阪帰省強化週間です。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。