【Jリーグ第19節】VSジュビロ磐田

【Jリーグ第19節】ジュビロ磐田 1-2 ガンバ大阪

ただいま静岡より帰宅しました。自分でも何を間違ったか清水駅のホテルに宿泊するツアーで参戦したおかげで試合後の移動は相当疲れました。苦笑。ただ、近くで花火大会があったらしく、浴衣の女性を沢山見れたのは精神的疲労回復にはなったけどね。

2011ヤマハ 1
まるちゃんでお馴染みの清水駅です。


ヤマハには土曜AWAY参戦恒例の寝坊で13時ちょい前くらいに到着。まあ、最近はガンバサポーターの皆さんの到着時間がめっちゃ早いか遅いかの二極化してる感があるので13時に到着しようが14時に到着しようがあんまり変わらなかったりするんだけどね。そんな寝坊をしつつも比較的真ん中を確保。個人的には真ん中の最後尾あたりが好きな場所なんだけど、他の皆さんは前の方の席を好まれるようで、そこはバッティングしないのはラッキーだなと毎回感じてる。

2011ヤマハ 2
視界はこんな感じ。左側に見えるのはブラスバンド部の皆さんです。


試合は最近の試合同様に内容はどちらかというと劣勢の時間が多いながらも少ないチャンスを確実に決める系のらしくない勝ち方で2-1。決勝点の佐々木→ラフィーニャという形も同じ。ただ、1点差の時間が長い中で守りきった展開は最近ではなかったもので、気分はガンバ基準でいうところの1失点完封。試合終了間際に「ラララ ラララー オオオ オオオー エーネロブル フォルツァガンバエー♪」の比較的余裕がある展開で歌われる傾向のあるチャントがスタートした時は少し嫌な予感もしたんだけど無事試合終了。1失点が2試合続いているし、ちょっと今後の希望が持てるような、ただ単にポストや相手の決定力に助けられたような。次節の福岡戦あたりでそろそろリアル完封をみたいところ。

この3連戦全て展開はタフなもので、3連敗もありえた内容の中での勝ち点7は純粋に「勝ちきる力!!」とか言って喜んでいいものかね。ポゼッション率、決定機の数、被決定機の数を考えるとガンバのスタイルからは遠いし、変に油断すると甲府戦同様に来週の福岡にもコロっと負けちゃいそうで怖い。一方でセットプレーでの得点が増えてきた事やラフィーニャという新カードが使えるものであったというポジティブな面も出てきている。選手層、先週の年齢を考えればこういう戦いもやむなしなのかなぁ。2連勝は嬉しいんだけど、完全にすっきりしているって感じではないかな。

で、再来週は大阪ダービー。ACLの悔しさは忘れていない。この試合に関しては内容も求めたい。ラフィーニャも序々にフィットしだす頃だと思うし、カウンターじゃなくて、ポゼッションを握り続けるサッカーがみたいね。この試合の後にも名古屋、柏と重要な試合が続くし、福岡戦は多少メンバーを落としてもいいんじゃないかな。テスト的な意味合いも込めて、武井→横谷、二川→佐々木、智→内田、(藤ヶ谷→木村)くらいはやってもいいんじゃないでしょうか?で、ダービー前には日韓戦があってグノが行っちゃうけど、後半30分くらいからの途中出場でOKです!疲労もあるけど、今のグノは日本代表にとって単純に脅威です!キム・ジンヒョンとキム・ボギョン?当然、90分フル出場でしょ~。笑。

2011 ヤマハ 3
本日のスタジアムグルメ。浜松餃子とウナギつくね?もう1本のつくねは何味か忘れた。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第10節】VS鹿島アントラーズ

【Jリーグ第10節】鹿島アントラーズ 1-4 ガンバ大阪

こんばんは。こ~@革靴&スーツ&ユニフォームスタイルで山手線に乗るのにも慣れました です。先ほど無事帰宅しました。平日開催という事もあって渋滞もなくスムーズに帰宅。帰りのバスは鹿スタ→東京駅で所要時間は2時間切るくらい。そして、今日も帰り道の山手線でユニフォーム胸スポンサーのパナソニックの文字をしっかりアピールしてきましたよ。平日の夜にユニフォーム姿でビジネスバッグ&ゲーフラの人間は完全に異質なので、広告効果高いはず。そして、その広告効果で山手線乗客がビエラを買う→パナソニック儲かる→ガンバへのスポンサー料アップ→ラフィーニャみたいなナイス外国人選手を獲得できる→中東に売る→ガンバ儲かる。このサイクルですよ。笑。

そんなこんなで今日の鹿島戦。仕事は午後休を取って17時の開門前に到着。前売りがあんまり売れなかったのかいつもよりガンバサポーターに与えられたスペースは少なめ。それでも座席はガラガラ。まあ、水曜の夜に鹿島に行ける人は限られてるわな。鹿スタといい、日立台といい、仙台といい、今年のスケジュールは良いスタジアムの試合が平日開催で悲しいです。そんな事を思いつつも、年に一度の鹿スタお楽しみ「ハム焼き」、「もつ煮」を食べていたらキックオフ。平日の鹿島に来ているだけあって今日は周りにいるサポーターが皆熱い方で楽しいゲームでした。そういう空気感って大切だし、たまにやってる特別ガンバが好きじゃないただのサッカーファンの友達を連れてくる習慣をやめようかなと思ったりしました。正直、別に一人でも楽しめるし、逆に隣で応援してない姿とか見て冷める時あるしな。そうやってJリーグはますますコアファン率ばっかり高くなるんだろうなぁ・・・苦笑。

2011年鹿スタ1
好カードなのにお客さんは少なめ。もったいない。

で、試合はスコアほど相手を圧倒していたゲームじゃない事は明らか。G-mailの「パーフェクトゲーム」は完全に誤植で鹿島サポからクレームがくるレベル。ただ、今年は「内容悪いけど勝ったね」みたいな試合が多いのも事実で、「内容はいいけど負けた」より100倍良いのも事実。勝つ事でチームが好転すると信じたい。ただ、今日の試合に関しては勝因を鹿島の低調な出来に求めざるをえないかなという気もする。今の順位にいるのは不運もあったのかなって思ってたけど、チーム状態は想像以上に悪いみたい。メンバーは揃ってるし、年齢バランスも悪くないのに。サッカーは分からないものだね。逆に協力なフィニッシャーだけ入れば一気に吹き返すような気もするけど。今日の試合に関しては怖いのはセットプレーのみ。田代の高さはさすがだとは思ったけど、それが流れの中でゴールに直結する怖さだとは感じなかった。うちのセンターバックのタイプを考えると裏に早い興梠がいなかったのは大きかった気もするし、2-1から前がかりになっていたとはいえ簡単に3点目、4点目を取らせてくれた守備の軽さもらしくない。鹿島のこの状態ってのは今年はチャンスだな、やっぱり。

2011年鹿スタ2
震災の影響。ちょっとまぶしかった。

一方でガンバは例のごとく後半に運動量が鹿島以上にダウン。選手交代までは4点はおろか2点目も相当遠く感じる内容。終始アントラーズにポゼッションされる苦しい展開だったし、選手交代はもっと早いタイミングでも良かったと思った。後半20分までの段階であそこまで足が止まる姿を見ると選手はある程度ローテーションも必要だとやっぱり感じるし、フタあたりは休ませてあげたい。後半に圧力をかけられない展開が多い中でフタ&佐々木あたりを交代カードとして持っておくのはアリなんじゃないかな。まあ、フタの代わりに自信をもって送り出せる選手はすぐには思いつかないんだけど、そこは若手の頑張りに期待って事で。そんな事言いながら計算できるハッシーの復帰が待ち遠しい俺。笑。西野の批判はできません。苦笑。

最後にラフィーニャ。にゃんににゃん。色々な情報を聞いてた中では想像通りだったのは足元の技術はしっかりしてそうである事。イメージと違ったのは周りの選手を使える事。サイドチェンジのパスも見せてたし、視野は広そう。アシストも決めたしラストパスも出せる?あと、そんなに足早くないのかな?まあ、裏抜けタイプはグノが絶賛覚醒中だし、将生もいるから問題ないけど。逆に足は遅くともタメを作ってくれるようなプレーが出来た方がガンバのポゼッション攻撃サッカーが復活するんじゃないかって期待しちゃう。あとは、頑張って守備もしれくれたら完璧だなぁ。今日は途中出場って事もあってそれなりに守備してくれてたけど。ゴール後のパフォーマンスを見ると、それなりの身体能力もありそう。デビューで結果残してくれたし、期待しちゃう。今日分からなかったのはシュートセンスとパンチ力。彼にかかる期待は大きいし、次節はもう少し長い時間見たいね。(ラフィーニャの活躍とグノの覚醒によって目立ってなかったけど、今日はスンヨンも頑張っていた事もここに記しておきます。彼はFW要員決定かな)

と、いう事で土曜日の磐田戦も参戦します。ナイトゲームで電車がないのでホテルを予約しての一泊二日の旅。AWAYで宿泊するのは久々。ACLの中国以来かも。試合前は時間つぶしにスタジアム近くのショッピングモールみたいな所に初めて行ってみようかな。本は何持っていこうかな。そんなこんなで後2日、仕事頑張ります。ちなみに明日、木曜日は午前休です。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第6節】VSジュビロ磐田

【Jリーグ第6節】ガンバ大阪 2-2 ジュビロ磐田

攻撃的なスタイルの代償として多少の失点はやむなしだと思うけど、この失点数は完全に「多少」のレベルの超越している。勝ってた時は良かったかもしれないけど、前節今節と勝てないゲームが続く中で失点数は減らない状況を「スタイルだから」の言い訳で済ましていいもんなんだろうか。スタイルうんぬんじゃない失点も多いと思うんだけど・・・。明神が戻ってきても大して守備が安定しなかった事は結構ショック。被決定機が全てカウンターとか前がかりの結果じゃないし、ポゼッションもどちらかというと全体的にジュビロに取られていたゲームだし、言い訳も通用しなくなってる。危機感、緊張感がまるで感じない。選手達は本気で優勝狙ってないのかな。

今日は内容的には引き分けでラッキー。ポストとクロスバーにありがとうと言いたいくらい。今日もそうだけど、自陣でのミスからの逆襲を食らうパターンが多い。その理由は同じ選手でずっとやってるので連携の部分じゃないとなると、各選手の判断が去年より0.1秒ずつ遅くなった結果かもしれないし、今までは半歩動いていた足が動かなくなったりしている結果かもしれない。FWでキープできる選手がいないのも大きい。相手に前田がいた事もあって、余計そう感じた。自陣でもクリアを極力減らして細かく繋ぐのがガンバのスタイルなんだけど、全てのプレーでそのスタイルを貫く必要はないし、貫くチーム力もない。今はそのスタイルを貫く事で逆にリズムを失ってるような時間帯もある気がする。今の2トップはクサビのボールを上手く扱えるタイプじゃないんだし、簡単にロングボールを蹴るシーンがもう少し増えてもいいかなと思うし、それによって減らせる被決定機は多いんじゃないかな。

そんな厳しいチーム状態でもドローに出来たのはグノの存在が大きい。髪型変えたタイミングから絶好調。美容師ナイス!まず、夏なのに運動量が凄い。そして、今日の「きき足ではない」「コースがない」中でのゴールは本来グノがストライカーとしての能力も高い事を示している。新相棒になるであろうラフィーニャが出場し始めてからも好調を維持してくれたらいいけど・・・タイプ被りそうで不安。

と、言う事で水曜日は鹿島、土曜日はまた磐田とAWAY2連戦。ここは耐え時。私も両試合とも参戦します。会社休みます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第5節】VSヴァンフォーレ甲府

【Jリーグ第5節】ヴァンフォーレ甲府 4-3 ガンバ大阪

今日は試合に負けて悔しいので試合の事は最低限にして旅ブログ的な内容にしま~す。笑。

■出発

朝8時半に家出発。今日も炎天下で最寄駅に着いた時点で汗ダク。正直、サッカー観戦する気温じゃない。夏には秋春制支持派になり、冬には反対派になります。集合駅に到着後、車で甲府へ。途中狭山ICでアイスを買う。苦い。そして、腹痛。渋滞。旅の最中はなぜか財布の紐がゆるくなってしまう。

2011甲府1
150円くらい。抹茶アイスが好きな人にはお勧め。濃いです。


■到着

12時半頃、スタジアム到着。小瀬は初参戦スタジアム。田舎。山形に雰囲気近いような。開門まで時間があったので、一旦待機の列を離れ甲府駅の方へ昼食。「ほうとう」と「鳥もつ煮」で悩むも、「鳥もつ煮」を食べる事に。味はまあまあ。ガッカリもせず、感動もせず。まあ、B級グルメやしね。ちなみに過去のサッカー観戦絡みナンバーワングルメは・・・「ひつまぶし」(名古屋グランパス)かなぁ。まあ、金額も高いけど。ワーストも名古屋で喫茶マウンテン「抹茶の甘口パスタ」(私は抹茶が嫌いなようです)。食べ物での悪ふざけ良くない。「抹茶甘口パスタ」の写真はこちら

2011甲府2
「奥藤本店」のお蕎麦とのセットメニュー。鳥もつ煮は味が濃いのでご飯は大盛りを注文する事をお勧めします。

2011甲府3
「だったんそばブリン」。「だったん」とはなんかをすり潰したものの名前らしい。その「なんか」は忘れました。


■観光

初AWAYの地という事でガッツリ観光も満喫。フルーツ園的なところに移動。「AWAYではお金をなるべく落として地方活性化に協力したい」という考えを持っている私は(いや、マジで)フルーツ満喫。りんごジュース、ぶどうワイン。お土産には桃をチョイス。購入分以外にも孫をもてなすかのように販売員のおばあちゃんにたくさん桃をご馳走になりました。お土産分の桃まで頂いちゃって。笑。そのおばちゃん曰く「どっから来たの?ん?ガンバ?あぁ~今日もヴァンフォーレ負けるわぁ~」。おばちゃん、ヴァンフォーレ勝ちましたよ・・・・。

2011甲府4
おい!「高い割にはQooの方が旨いな」なんて言っちゃダメ。380円。

2011甲府5
十分すぎる太陽の恵みを浴びてブドウもすくすく育ちます。

2011甲府6
中田英寿もこの山梨スイーツを食べて育ったに違いない。

2011甲府7
富士山が見えます。


■試合

開門時間に合わせてスタジアムに。あんまり評判の良くないスタジアムだったので、西京極とかNDソフトスタジアムの視界を想像してたけど、ゴール裏はそれなりの傾斜があって想像していた程見にくくない。瑞穂に近い感じ。スタジアムグルメも充実しているし来年も是非来たいスタジアム。ただ、個人的には試合前のマスコットショーやアウェイサポへの必要以上の配慮は試合前の緊張感を損なうものだと感じるし不要。

2011甲府8
スタジアム隣接のアイスリンク。これから夏にかけて甲府に来るAWAYサポの皆さん、避暑地としてお勧めです。

で、試合内容は勿体無い負け方という印象。2-0からの3-4ってアマチュアの試合運びじゃないんだから。ハーフナーの高さは仕方ない部分もあるかなって感じだけど、2失点はミス絡み(将生、もっと体張ろうよ)。PKはまだハイライトを見ていないから何とも言えない部分もあるけど、内容的には負ける展開じゃなかった。後半のポゼッションも完全にうちが握ってたし、カウンターだけ気をつけておけば余裕を持って勝てた試合。ここ1カ月で稼いだ勝ち点は相手の自滅や運の部分も多少あったし、今回は逆のパターンで清算された気分。

全てが崩された形じゃないけど、ここにきて4失点する守備はいつまで放置するの?メンバー固定しても安定してないやん・・。「いい守備がいい攻撃を生む」っては西野もたまに話す定説だけど、最近の西野は「失点は攻撃的に行ってる分やむなし」的な発言で若干守備は諦め気味。苦笑。もうサポーターも半分諦めの境地で失点数の多さはネタ化しつつあるけど、まったく改善がないのはどうなの。

ただ、攻撃も宇佐美が抜けて一気に選択肢が減った感がある。今日のうちが切った交代カードがスンヨン、川西、横谷って・・・正直、期待感薄すぎ。そもそも下平からスンヨンに変えるメリットが分からない。下平怪我?ラフィーニャをアドリの後釜と考えるとすると、宇佐美の後釜としても誰か獲得して欲しい。アフォンソ使わないなら外国人選手で京都のディエゴあたりをレンタルでダメなの。同じ関西でディエゴも抵抗少ないだろうし。ガンバに合うかは微妙だけどオプションとしては魅力的な気もする。

あ~あ、打ち合いで負けるの嫌だな。

2011甲府9
なにか風情を感じます。

2011甲府10
トラックをスポンサー看板スペースとして有効利用してる。


■帰宅

0:30頃帰宅。大した人数が見る訳でもなく、アフィリエイトを行っている訳でもない弊ブログを真面目に更新(しかも、負け試合)。継続は力なり。継続は習慣なり。1試合毎に更新をちゃんとしないと罪悪感を感じるのです。笑。ただいま、深夜3:30。負け試合のエントリに2時間かける俺・・・素敵やん。笑。明日の昼間にUPされるように予約投稿します。んじゃ、お土産の桃食べて寝ます。おやすみなさい。

2011甲府11
桃で今日の疲れを癒します。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第4節】VSヴィッセル神戸

【Jリーグ第4節】ガンバ大阪 3-2 ヴィッセル神戸

やっとこさ録画してた試合を観戦。リアルタイム観戦できなかったのはかなり久々。今、忙しいんだわ。ただ、おかげさまで今回も情報をシャットアウトして観たので気分だけはLIVE観戦。まあ、試合翌日1日過ごしてもJリーグの結果を目に耳にしないのも、それはそれで寂しいんだけど。

試合内容はグダグダで失点シーンは大学サークルレベル。この内容の3-2では口が裂けても「ガンバらしいスコアだね」なんて言えない。ロングボールに対してはいつになったらまともな対応が出来るようになるのか気が遠くなるし、体が重いのは仕方ないにしろ、イージーミスを連発して更に自分達を苦しめるという悪循環。特にここ数試合の武井は緊張感が足りないんじゃないか?横谷の頑張りがいい刺激になればいいし、ボールを前に運ぶという点においては内田という選択肢もありじゃないかな。ボランチが前にボールを運べない点がこの試合を苦しくした要素の1つだと思いながら見てたけけに、途中出場したヤットのパスを回し方のすごさに今更ながら改めて感銘。ありゃ異次元。あれを見ているだけにボランチへの要求は高くなっちゃうけど、ヤットの場合、天性の感覚もあるだろうし、努力でどうにかならない部分なのかもしれん。そして、ここ1~2年はヤットからリーダーのオーラも感じてきつつあるんだけど、来年あたりキャプテンマークを巻いてそうな気がする。

とまあ、余談を挟みつつ試合内容について書きましたが、この試合は試合内容がメインディッシュじゃないんですね。宇佐美ガンバ大阪ラストゲーム。。1得点1アシストという結果も残して旅立つあたりさすがのスター性。けど、そんなプレーより心打たれたのが宇佐美のガンバ愛。試合後のヒーローインタビュー、挨拶、「自分が活躍する事でガンバの価値を上げたい」に代表されるように言葉の端々にガンバへの愛着を感じられたのが印象的。本当にガンバの事が好きである事が伝わって、めちゃくちゃ好感が持てたセレモニーだった。プレー面だけではなく、メンタル面でもガンバユースの過去最高傑作に仕上がっていた選手だったんだなって。笑。プロとしてのガンバ在籍年数が短い中でもサポーターからここまで愛されて旅立てるのはプレーよりもガンバ愛がサポーターに伝わったから。私も来年からはブンデスリーガを見始めようかなって思ってるし、現地に応援に行く事も検討してる。これはイナやツネの時にはなかった感情。まあ、バイエルンだからという部分も大きいけど。笑。

それに計り知れないそのポテンシャルがどこまで伸びるのか見届けたい。「宇佐美」の名前は彼が中学生の頃から聞いていて、若くして「ガンバの至宝」、「ガンバユースの最高傑作」なんてフレーズがつけられていたから、ユースの試合を見ない(見れない)私はずっとその宇佐美がトップに上がってくるのを楽しみにしてた。実際、トップに上がってからの活躍は言わずもがなで年々目に見えて成長を感じられたし、想像を超えるプレーも随所にみせて楽しませてくれた。全体的に下降傾向にあるチーム力の中で急成長を続ける彼の存在はガンバの未来だったし、希望だった訳で将来的な海外移籍は避けられない事は分かっていてもあと2年くらいガンバで観たかったのが正直な気持ち。ちょっと寂しい。けど、仕方ない。これもサッカー。これからは少し遠くから彼を応援しよう。ドイツでの活躍期待してる。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第3節】VS大宮アルディージャ

【Jリーグ第3節】大宮アルディージャ 2-3 ガンバ大阪

顔にシーブリーズをかけながら書いてます。

スンヨンはゴールだけ?結果論に流されるな?まあ、それでもいいじゃない。勝ったんだから。俺は心から「スンヨン!カムサハムニダ!!」って大声で叫びたいよ。良くも悪くも存在感抜群。後半スンヨンが登場した時の「えっ?スンヨン・・・・(心の声:なんで?)」というゴール裏に充満する不安な空気。スンヨンのミスに過剰にガッカリしてしまうサポーター。けど、ガッカリし続けた分、スンヨンの決勝ゴール時はお祭り騒ぎ!展開出来過ぎです。試合終了後にスンヨンが挨拶しに来た時なんて初見のサポーターがいたら「彼はガンバのスター選手?カリスマ?」と勘違いしかねない人気ぶり。そして、敬礼パフォーマンス。活躍に比例しない愛され度は歴代助っ人の中でも上位クラスです。つまり、ミネイロ→スンヨンと続くいわゆる「ネタ系助っ人外国人選手」の系統。サイドバック→ダメだ。使えない。→FWさせとけ。のパターンも同じ。そして、FWの時の方が活躍するという。まあ、だからと言って次回もスンヨンのFWを見たいかと言われれば答えは「NO!」だけどね。笑。

今日は炎天下での開門&キックオフ待ちが脳に影響したのかあんまり試合の記憶がない。苦笑。記憶にあるのはスンヨンのゴール後の土下座(「今まで迷惑かけてごめん」の意だと理解してる)と試合後の敬礼のみ。あと、謎のポジショニングで中澤がヘディング決めてたシーンも印象的。ゴール後に一瞬、状況が理解出来ない間が生まれた。今日は深い事考えたくない。疲労困憊です。ただ、ナイスゲームだった。楽しかった。ただただ、勝利の余韻に浸りたい。明日は会社?こんな時間までブログ書いていいのか?・・・考えない。明日は明日の風が吹く。なるようになるよね。そんな気分です。体力完全燃焼です。まあ、年に数回こんなゲームがあってもいいよね。試合前に飲んだ「ヘルシア緑茶」効いてたらいいな。

んじゃ、写真をUPしたエントリの方がアクセス数が多い気がするので2枚UPして今回の締めとします。現地組の皆様、今日は暑い中お疲れ様でした。あと、最後ゴール裏に挨拶に来てくれなかったのが残念だったけど、宇佐美行ってらっしゃい。水曜の試合に参戦できない関東組としては今日でお別れ。ドイツでも頑張ってね。


2011大宮リサイズ1
ピッチの中からスプリンクラー登場。スプリンクラーがある場所だけピッチ固いのかな?

2011大宮リサイズ2
最寄駅からスタジアムまでの道のりに風情がある大宮。鳥居が見えます。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第2節】VS浦和レッズ

【Jリーグ第2節】浦和レッズ 1-1 ガンバ大阪

私が本格的にアウェイの試合も行きはじめたのは2005年。以来、埼スタが一番多く来ているアウェイスタジアム。初めて埼スタに来たのは2006年12月のレッズがリーグ初優勝した試合。その時に聞いた「WE ARE REDS」の大合唱があまりにも腹立たしくて(笑)、その悔しさを晴らしたい想いからレッズ戦(特にアウェイ)は出来るだけ参戦するようにしてる。その間、例の暴動事件があったり、ACL準決勝があったり、記憶に残るゲームも多い。レッズとの力関係が変わったターニングポイントはそのACL準決勝第2戦。めちゃくちゃ分かりやすいターニングポイントだと思うし、あのゲームを境にレッズには負ける気がしない。そして、今日はそれ以来の埼スタでのナイトゲーム。

2006年に「WE ARE REDS」のコールを聞いて悔しさに震えていた頃には想像できない事に、あれから5年後の今日、比較的埼スタの近くに住んでいる私は家から電車1本で10時過ぎに埼スタ入り。今住んでる所で結婚して生活を始めれば、子供はレッズサポーターになってしまうんだろうか・・・ガンバサポーターに育てたら学校でイジメにあってしまうのではないか・・・そんな不幸な妄想をしつつ、開門時間まではイオンでまったり。埼スタ参戦6年目で初イオン。武井咲のCMに誘われて。本当は映画を見る予定も微妙に寝坊してスタバで読書タイムに変更。てか、イオンのお客さんのレッズユニ(もしくは、関連ウェア)の着用率高過ぎ!笑。今日はナイトゲームという事でサポ友達もイオンで過ごしていた人間が数人いたけど、同じ感想話してた。マイカル茨木であの光景は見れない。あれが地域密着、地域に浸透しているってやつか・・・・。


2011浦和1
浦和美園駅から埼スタへと続く道。今日はイオンに行ったため、この道2往復です。遠い・・・。

で、試合。元々、今日のゲームはレッズのホーム開幕戦という事でチケットは結構売れてたみたいで観客数は約42000人。ちなみに前述の2006年の埼スタは約62000人。今日もそれなりに埋まってる感あったけど、62000人ってどんなけ入ってたんだ。この2万人の観客減はそのままレッズの実力減と比例すると思ってたけど、今日の試合に関してはレッズ勢いあった。噂によると今シーズンのベストゲームだったとか。後半は柏木、山田、マゾーラの交代カードも機能してか、畳み掛けられた印象。守備も後半になっても激しくこられてポゼッションが全然出来ず。そういった内容を考えるとアウェイで引き分けは悪くない。ただ、この引き分けはガンバDF陣が耐えたというより、枠内に飛ばされたシュートは少なかった印象だし、相手の決定力に助けられた部分が大きい気もする。新加入するセルビアのFWがそのあたりを担当するんかな。

2011浦和02
夜のスタジアムってなんかイイよね。

ただ、フィニッシュの部分での迫力不足はガンバも同じ。後半はカウンターでしか勝機を見出せないような展開だったけど、将生とグノじゃ役不足感は否めず。こういう展開ではアドリアーノの不在を感じちゃう。相手を2人抜けるFWが欲しい。けど、そういう選手がいる結果、チームが機能不全になるというのであれば、今日みたいなゲーム展開の時にでも前線でしっかりキープできる懐深い系のFW欲しい。具体的に言うと、ラファエル欲しい。笑。最近、このブログにラファエル登場し過ぎ?笑。来週の大宮戦はラファエル品定め試合も兼ねてます!?

冗談はさておき、将生に代わって入った佐々木はこういう展開ではハマりそうな予感も無念の怪我。佐々木のアウト&交代カード1枚無駄使いの時点でガンバの勝ち点3の可能性は大きく減った。佐々木の交代が今日の試合のターニングポイント。ラストのカードがスンヨンじゃ正直物足りない。相手の交代カードと比較すると余計そう思う。そういう意味では宇佐美の後釜として攻撃的MFも獲得して欲しいけどな。宇佐美さん、今日はナイスゴールでした。

最後に家本について。嫌いな審判ではある。けど、ガンバ戦に関してはそこまで悪いイメージはなかった。しかし、そんなイメージも今日で終了。ガンバサポにも糞審判である印象が強く記憶に刻まれた。判定の基準にブレがあるのは仕方ない。仕方ないというか、Jリーグの主審は皆そうだし半分諦めてる。けど、家本が駄目なのは審判が持つ権力を誇示しようとするところ。自分が目立つ事で得をする奴は誰もいない事を知れ。佐々木が怪我で倒れた時にボールがサイドラインをわった後もゲームを止めなかった判断が今日の家本悪行ハイライト。佐々木の倒れ方が唐突過ぎたのでプレー中にゲームをストップさせなかった事までは理解できるも、ゲームが切れたタイミングでは佐々木の状態を確認すべきだった。ああいう不信感を与えるようなジャッジを一度しちゃうと他の微妙な判定に選手もサポーターもセンシティブになって、ゲームがコントロール出来なくなる。しかも、そういうジャッジをした時に限って得点が生まれたりする。この負のスパイラルパターンは家本の十八番なはず。同じ事を繰り返していると思うんだけど・・・奴はバカなの?


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。