【Jリーグ第18節】VSサンフレッチェ広島

【Jリーグ第18節】ガンバ大阪 5-3 サンフレッチェ広島

「今日も2失点か~(苦笑)」と思った直後に3失点目をやられるのがガンバクオリティ。これが大阪名物失点芸です。ただ、後半立ち上がりのやられ方や試合全体の被決定機の数を考えれば3失点で済んで良かった気も。苦笑。ゲーム内容を考えるとこの展開(スコアの動き方)は正直、ちょっとラッキー。結果だけ見れば前節同様に「ガンバらしい」って事になるのかもしれないけど、内容を考えるとそんな良いものではない。勝てて良かった・・・復調に加えて、今日は運も味方したね。

まあ、広島もカウンターに対する守備甘かったし、自分達(広島)の時間帯に点を取れないと逆に失点をくらうというのはサッカーの典型的な流れでもある。ただ、その展開を生んだのは前半の2得点。最近、セットプレー点入るね~。そして、交代カードが突き放す2得点をするあたり、ここ数試合の西野采配は冴えてる。佐々木のはしゃぎ過ぎな喜び方、高木のゴール後の祝福のされ方。前節同様、これはこれで今後にチームにいい影響を与えてくれそうなゴールな気がする。

ただ、スンヨンのサイドバックで使い続ける部分だけは謎。敗因になりかねない判断だった気もする。サイド攻撃が相手の1つの狙いである事は明確だったし、途中から高木を右サイドバックに入れるのであれば、最初からスンヨンじゃなくて高木でよかったんじゃないかという気も。そして、スンヨンがMFをやってるタイミングでのグノ→佐々木も、スンヨン→佐々木で良かったんじゃ。結果オーライだけど、スンヨンー将生の2トップのタイミングで同点にされる展開になっていれば・・・ゾッとする。現状、スンヨンの使い方はリードしている時の攻撃的な守備要員かなと思ってる。スンヨンのポジションが序々に前に行くのを見た山野さんが「そうなんですよ。スンヨンはどこでも出来るんですよ」って解説には違和感感じた。そりゃ監督インタビューの際に、西野に関西弁で変な服装を突っ込まれるわ!笑。加地の状態がまだ分からないけど、次節のレッズ戦で右サイドバックとマッチアップするのは原口?スンヨンじゃ止めれる気がしない・・・まあ、高木でも止めれる気しないけど。苦笑。(1つ誤解のないように追記すると、個人的にはスンヨンのキャラクターは好きです。)

なんだかんだで3連勝。広島にも前回対戦での4失点の借りは返せたし、気持ちの良い1週間が過ごせそう。仙台戦の内容から考えると、ガンバサポでもこの結果を予想していた人は少ないのでは。次節は1週間空くし良いサッカーをしてくれる気がする。7月は浦和→大宮→甲府→(大阪)→鹿島→磐田と関東(東日本)away強化月間。関東ガンバサポとしては頑張りどころ。全部参戦しますよ~!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第17節】VS柏レイソル

【Jリーグ第17節】柏レイソル 2-4 ガンバ大阪

出たね。今シーズンのベストゲーム。梅雨どきに晴天だった天気といい、気持ちの良い一日を過ごさせて頂きました。

2011日立台
この距離感。何回来ても日立台での応援は試合に入り込める。ナイススタジアムです!

14時過ぎにこそこそと会社を抜け出し、2年ぶりの日立台。スタジアム到着は16時ちょい前。平日開催だし、スーツ姿のサラリーマンサポーターが多いかなと思ったけど、意外に少なめ。到着した時には既に行列だったし、皆、休みを取ってるって事か。中途半端に午後休なんかにしなければ良かったかな。革靴にスーツにユニホームってコーディネートで応援してるのは俺だけだったし。試合帰りの山手線、結構恥ずかしかった。苦笑。

試合は完勝。内容もお互いにチャンスが多い攻撃的なナイスゲーム。立ち上がりから良いリズムで攻撃できてたし、先制点をくらっても今日は心配にならなかった。最初の15分で今日は勝てると思った。個人的に勝負所だと思った2失点目からの10分~15分(あんまり試合に出てないみたいだけど、兵藤が途中出場してからの10分~15分とも言い換えられる)もウッチーのボランチ起用という2試合連続のナイス采配で対応。結果的には下平のゴールで試合を決める訳だけど、試合を左右するポイントに若手選手が関係している点もナイスゲームだと思う根拠の1つ。

相変わらずの2失点も、今日のような攻撃的なサッカーの結果であれば「ガンバらしい」と思うし、肯定はしないまでも、ある種のポジティブさを感じる。前節も悪くない内容だったけど、流れの中からのゴールがなかったから、今日の試合がターニングポイントになればいい。得点者も今季J初ゴールの将生、今後はストライカーとしての活躍を期待したいグノ、そして、ガンバ復調のシンボル的な存在として扱われはじめた下平と今後のキーマンになりそうな人達ばかりでポジティブだと思う。

特に下平復活のタイミングとガンバの復調のタイミングが重なってるのは面白い。実際の関係性に関わらず本人の自信になればいい。今日のようなゴールも1本決めれば相手はシュートを警戒してくるだろうし、そうすればプレーの選択の幅も広がって好循環が生まれそう。あとは縦への突破がもう少しできればいいんだけど。まあ、現状のメンバーを考えれば、怪我だけしないようにしばらくは無理せずプレーして欲しいね。

しかし、連戦の中で怪我人も出てるのに内容が前節より明らかに良くなってるなんて、改めてサッカーは分からないもんだ。アドリアーノの退団と下平の復帰だけでこうも変わるもんかね。全体のバランスが大切って事なんだろうな。今日のような試合を見ると新外国人FWはチームの戦い方を変えてしまうような強烈な個性を持つタイプよりも、チームに合わせられる器用なタイプの選手の方がいい。ルーカスみたいな、ラファエルみたいな。笑。

そして、久しぶりに生で見た柏は良いチーム。特に北島の前半の充実したプレーぶりが印象的。あんなに上手いオフ・ザ・ボールの動きする選手だった記憶がない。今日は完勝だとは思うけども、決定機の数を考えると紙一重と捉えることも出来る。相手サポ的にみると、左サイドバックは諸刃の剣だよね。意図的にジョルジ・ワグネルを置いてるんだと思うけど、今日の試合に限っては守備面をカバーするほど攻撃面で重要な役割を果たしてる気はしなかった。まあ、だから途中交代なんだろうけど、グノのゴールも柏の左サイドからだったし、佐々木をもっと早いタイミングで投入していれば4点目はもっと早い時間帯に取れたと思ってる。(だから、逆にジョルジワグネル交代後の佐々木投入は微妙だと思った)

絶望的な仙台戦から予想外の2連勝。・・・ん?宇佐美が目立ってないやん。ドイツに行く前にすげープレーをもっと見せてくれよ。ガンバで完全燃焼して、強烈な印象と勝ち点の置き土産を期待しとるよ。

柏号外
定番の朝日新聞号外。今日の試合版はこんな感じ。柏に来た時は毎回いい思い出としてもらって帰ります。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第16節】VS横浜F・マリノス

【Jリーグ第16節】ガンバ大阪 2-1 横浜F・マリノス

まあ、なんとか。内容も求めたいけど、連戦である事、アドリアーノが抜けた事を考えると勝てただけマシか。正直、マリノスも低調な出来に助けられた部分も大きいし、楽観できるチーム状態ではないのは明らか。まるで副音声かのような解説者・安田理大のスカパー!の中継に気分は高まっているけど、それにごまかされてはいけない(ミチにエンジンがかかってきてからは、今日の試合中継はお笑い番組と化しました)。笑。

タイプ的には期待したい川西も全体的な能力・経験不足は否めないし、平井は例のごとく消えている時間長すぎ(消えている時間が長い分、1本あった決定機を決めないと存在価値が問われかねない)で2人共チームの組織的な攻撃に寄与してるとは言い難い。まだ、2人ではフルにリーグを戦う事は難しいし、途中出場を中心に経験を積んでもらうしかない。そういう意味では、アドリアーノの穴埋めはマストだろうな。ポストプレーが上手い、懐深めなFWが個人的にはいいけど・・・ラファエル来ないかな。そして、中盤戦以降はグノにはエースストライカーとしての活躍を求めたい。シーズン前の動きを見ていれば十分その役割を果たせる気がする。

で、守備面では今日もしっかり1失点。決定機の数を考えると1失点で済んで良かった気もする。相手を見失って決定機を作られたり、クロスボールをかぶって失点したり(共に聡太だけど)、安定とは程遠い。ただ、そんな中でも下平の復帰は大きい。下平も存在をここまで頼もしく感じた試合は過去ないくらい。そんな日が来るなんて、嬉しいような、少し複雑なような。笑。特にビルドアップの部分で全然違うし、前節よりスムーズにバイタルまでボールを運べたのは下平の復帰という要因が大きい。

今年のジュビロみたいに大卒選手がいきなり主力として数人も活躍するのがチームとして素晴らしい事だとは思わないけども、ガンバもその年代の選手達には今年は特に期待したい。今日の試合で明神が怪我をしたけども、ベテラン勢にそういう怪我は今後も出てくるだろうし、メンバーを固定して今年は戦えないはず。センターバックであればジョンヤ、内田。ボランチであれば横谷。武井は完全に主力にならないといけないシーズン。そして、FWは川西。これらの選手がシーズン後半にどれくらい存在感を大きくしているかがチームの順位と比例している気がする。去年以上に若手にはチャンスのあるシーズン。今日の下平を見て改めて当たり前の事を思ったけど、使わなきゃ伸びないし、若手が活躍する姿は最高やね。クラブの未来を楽しめるから。将生?彼は我が道を行く気がする。別次元。笑。

しかし、今年好調で専門家の評価も高かったマリノスでも今日のようなサッカーをしているのを見ると、今年のJリーグは戦力が抜けているチームがないんだろうなと感じる。ケネディ・闘莉王のような圧倒的なストロングポイントをもっている名古屋がACLもなくなったから優位な気もするけど、2人と同じ位の存在感があったダニルソンがいなくなったりしているし、夏の補強がJリーグの左右する気がするわ。アドリアーノの移籍金は4億?5億?(一方で、宇佐美の移籍金が1~2億ってなんか複雑)。使うしかないだろ。今年のガンバは低調なチームだけど、他もあんまり変わらないわ。Jリーグ的には問題だと思うけど、ガンバサポ的にはポジティブ。外国人枠は2つ・・・いや、3つ空いているにも等しい状況。ピッチ外に今年のターニングポイントが迫ってきている気がする。アドリアーノと宇佐美の穴の補強はマスト。久しぶりにエムボマみたいな大当たり期待してますよ!

山本さん、ここは汚名返上のチャンスですよ!!

P.S.1つ予言をします。次節の柏戦はコンディションを整えたイ・グノが大活躍!2得点!私も会社午後休で日立台へ参戦します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第15節】VSベガルタ仙台

【Jリーグ第15節】ベガルタ仙台 2-1 ガンバ大阪

今日は一応情報シャットアウト作戦(出社から帰宅までガンバの試合情報を見ないようにする事)にチャレンジ。東京で働いている事もあって、社内は節電モード。社内に無数に設置されているTVモニターも震災後は基本OFFになってて、そのおかげもあって作戦成功。社内でもサッカーの話題をされそうな人を避けて歩いたり、プライベートケータイの電源を切ったり、色んな努力を経て、帰宅後はワクワクで再生ボタンを押したんだけど・・・・先ほど観戦を終えてガックリきております。

しかも、負け方が酷過ぎ。怒りよりも絶望感が先行してるレベル。ライトファンに愛想尽かされるレベル。西野土下座レベル。1得点は半分相手のミスだし、90分を通じて決定機と呼べる場面は0。そもそも連動して相手を崩すシーンが皆無。中年チームの悲壮感とでも言えばいいのか、このサッカーに未来を感じられない。関口の馬力あるドリブルとか、加地さんが1対1で後手に回るシーンを見ちゃうと世代間の勢力図の変化には逆らえないんだなぁと改めて痛感する。ガンバのクラブ間ではベテランの存在がまだまだ強かったとしても、Jリーグ全体ではそうじゃないんだな。ACLのセレッソ戦同様にチームとしての勢いの差をモロに感じた。

じゃあ、せめてチームとしての経験値や老獪さみたいな部分で対抗できればいいんだけど、毎回やられるオーラが出まくる不安定なセットプレーの守備からはじまり、ロングボールで簡単に裏を取られ(多くがスンヨン絡みなんだけど、使い続ける事で修正されている感じもないし、彼をサイドバックに置くメリットって何?下平が回復するまでは武井のサイドバックがとりあえずの答えだと思っていたのだけど)、2失点目はアドリアーノの下手過ぎるポストプレーからカウンターという幼稚さ。

特に2失点目はああいう形でのボールの奪われ方を見たのは1度や2度じゃない。アドリアーノは視野が狭いのか、何か難しい事を狙っているのか、なぜ簡単にボールをはたかないんだろう。そこで勝負するタイプの選手じゃないだろうに。相手をせおった時のプレー下手過ぎて、中盤でアドリアーノにボールが入る事自体がリスクになっとる。け~ど、そんなアドリアーノの個人能力に頼らざるをえないチーム状態。だって、前線で待っててもボールこないしね。皆、横パスとバックパスばっかりだもんね・・・って、ダメだ。こんなんで勝てる訳がない。現状のチームにポジティブな要素を探せない。昨年の序盤戦みたいな状態になりそうだ・・・。前節の清水戦の後半にそれなりの希望を見たんだけど、あれは何だったんだろう。勘違い?

個人的には今のチームには単純に刺激が必要だと思う。しかも、若い刺激が必要。俺に未来を見せてくれ。ちゅ~事で、2人の若手選手にチャンスを与えてあげて欲しい。1人目は木村。理由はこういうタイミングでチャンスを与えてあげないといつチャンスを与えるんだという気がするから。藤ヶ谷のパフォーマンスも今年は微妙。2人目は川西。理由はFWで起点が出来ないという点が諸々の問題の根本だから。彼に起点になってもらう。アドリと2トップ希望。

そんな希望を書いてもスンヨンがまたスタメンだったりするんだろうな。笑。まあ、スンヨンにも頑張って欲しいし、当然応援はしてるけどさ・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ第14節】VS清水エスパルス

【Jリーグ第14節】ガンバ大阪 2-2 清水エスパルス

勝てた試合だなと思う一方で、らしさを出せた試合だとも思う。今年は後半攻めに出れない展開も多い中で、今日は決定機も数多く作れたし(個人技頼みの部分もあるけど)、後半のワクワク感はあった。今日の後半の展開こそガンバのサッカーだし、あとはゴールを決めれば「万博劇場」だったんだけどね。まあ、内容的にも、連敗を止めたという意味でも、悪い引き分けじゃない。そして、移籍が噂される2人がゴールを決めたのは嬉しいような、移籍後が心配になるような・・・。

アドリアーノはゴール後にエンブレムにキスをするパフォーマンスをしてくれていたけど、あれは「俺は中東なんかに行きません!ガンバに残るぜ!」ってメッセージでOK?今日の試合もしかり、簡単なシュートを外すシーンも多くて、中東移籍報道に対して「(お金沢山もらえるなら)売っちゃえ」派のサポーターも多いみたいだけど、今のチームの中ではアドリへの依存度は相当高いのは明らか。シーズン中においてはお金の重要度は低い。「お金は儲かりました!けど、リーグ戦は低迷しました」じゃ意味ない。何のためのお金だって話。移籍金で他の外国人を入れるにしても、Jリーグ内でアドリの穴を埋められる外国人FWって今年はあまり見当たらないし、地震の影響もあって海外からの獲得はなかなかハードル高そう・・・。何とか残って欲しいけどなぁ。自己中なプレーも多いけどもシーズン序盤よりは連携も明らかに良くなってきてるし、期待してる!

そして、宇佐美のゴール後のパフォーマンスも印象的。あのガッツポーズ、スタンドへの指差し。単純な喜びだけじゃなく、反発心が溢れ出てる。若さゆえのメンタリティってやつ?素晴らしい。「どうだ!見たか!関塚ば~か」的な。まあ、想像だけど。笑。(追記:どうやら奥さんに向けたものかな?そ~いや、キックオフ前からスタンドやたら見てたもんな)。U-22落選をエネルギーに変えた、そのメンタリティはずっと持ち続けて欲しいね。それがあれば海外でもやっていける気がする(本音はあと半年ガンバにいて欲しいけど)。宇佐美のU-22代表落選理由に「態度」を挙げたって報道もあったけど、練習態度はともかく(ストイックなイメージがあったけど・・・)、途中交代に悔しさを表すとか別に普通だろ。まだ、若いんだし、これからの厳しい戦いにおいてはそういう感情を表に出せる気持ちの強い選手こそ必要なんじゃないの?関塚さんがコントロールする能力がないだけじゃないの~?・・・なんて、完全宇佐美寄りの考えで文章を書いてしまった。まあ、変に落選理由を意識して小さくまとまる事だけは無いようにチーム関係者は宇佐美のフォローをお願いしたいね。大丈夫だろうけど。

と言う事で、来週から2週間は水曜開催も含んだ過密スケジュール。ガンバのユニを着た宇佐美の姿を目に焼き付けようウイークでもあります。次節の仙台はこういう時だからこそ観戦に行って、沢山飲み食いして、お金を落としたいところだったけど水曜日開催。お仕事でございます。しかも、14時開催ってリアルタイム観戦すら無理やん!情報シャットアウトして、録画をリアルタイム風に見たいけどな~・・・誰かに結果言われちゃうんだろうな。言われない=敗戦って可能性も高いしな・・・。苦笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

アシシさんの講演会に行ってきた話【後編】

Jリーグのない週は自己啓発ウィークエンド。と、いう事で今週はアシシさんの講演会に行ってきました(「結局、サッカー関連かよ!」というツッコミはひとまず置いといて・・・・)。

アシシさんの講演会に参加するのは実は2回目。前回の講演会について書いた【前篇】はあまりにアクセス数が低くて心が折れ、【後編】を書く気力が出る前に第二回の公演が開催されたってオチ。なので、今回は前回の講演会と今週末に行ってきた講演会をまとめてレポート。

※アクセス数が異常に少なかった【前篇】はコチラ
※アシシさんって誰って人はコチラ

前回は「世界一蹴の旅」の報告会、今回は先週まで行っていた「ヨーロッパ遠征の旅」の報告会というのが講演会の趣旨。僕は世界一蹴の旅の最中にアシシさんの存在を知り、そこからブログをチェックし続けているというのがアシシさんに興味を持ったきっかけ。そのライフスタイルが羨ましかった事と、生で世界のサッカーを体験した人がどういう事を語るのか興味があった。結論から言うと、サッカーに関しては、特段珍しい話は出てきません。ブログの方が面白い。笑。ただ、普段は新人のマナー研修などの仕事をされているとの事でお話はとても上手で2時間半の講演はあっという間。

ちなみに講演会中に実施されたアンケートによると講演会参加者(100人くらい?)の7~8割がツィッターを通じてこの講演会を知ったとの事。それは当然、7~8割の人がツィッターを実施している事を意味している訳だけど、今回の講演会で一番衝撃だったのはこの事実。そんなにツイッターって普及してるの??個人的にはつぶやきじゃなくて、ちゃんとした文章で色々語ってくれよ~と思うのですが、好きだったブロガーの人がツイッターばっかりやっててブログの更新頻度が落ちてたり、ツィッター全盛の今の時代はブログ好きには悲しい状況です。そして、ちょっと置いてかれてる感。

話がそれました。ネタとしては当講演会で特段新しい話はなかったのは前述の通りなのですが、アシシさんが多くのサッカーファンに支持されるのはその行動力(本人はこの言葉は嫌いらしいのですが)もさることながら、「サポーター目線」でサッカーを語れるところ。前回の講演会で日本代表の試合観戦について「勝たせないといけない試合はお荷物になるから素人は連れて行かない」的な発言が印象的で、本当にサポーター心理が分かる人なんだなと思ったからこそ2回目の講演会にも参加した。ここはアシシさんも公言している自分の強みで、案外そういう目線でサッカーを語っている人は少ない。ここでいうサポーター目線とは例えば、「ドイツではスタジアムに行く途中のバス亭でビール瓶を集める人がいます~」とか、ゴールに喜ぶ選手ではなく、「サポーターの姿」を語る点。

サポーター文化はまだまだ語られていないと思うし、サッカー観戦ってピッチ上だけではなくて、移動過程のエピソードなども含めてサッカー観戦の楽しみなんだな。Jリーグのサポーターブログはコアな人達が多いからって理由もあるのか、何回も行った事あるアウェイのグルメとか観光地の事とかあんまり書かない。だからこそ、アシシさんの文化的な側面も含んだ形で書かれるサッカー観戦の話は楽しいし、アシシさんのブログを読んでると海外サッカーも一度見に行ってみたいな~って気にさせられる。宇佐美もどうやらドイツに行っちゃうらしいし、まずはブンデスデビューを今年あたり果たそうかな。

また、アシシさんはコンサドーレ札幌のサポでもあるとの事でJリーグ・日本サッカーにもそこそこ興味をもっているみたい。海外には少し飽きたなんて発言もされていたので、次は世界一蹴と同じ要領で日本全国のクラブ一蹴の旅をしてくれないかな?アシシさんなら新たな国内サッカーの魅力を伝えて、新しい国内サッカーファン・サポーターを生み出してくれそうな気がする。

サッカーブログを運営する多くの人にとって、大きな理由の一つであろう「サッカーの魅力を伝えたい」という部分を今、一番実現しているのはアシシさんじゃないかな。いちサッカーファンとして、多くの人にアシシさんのブログを読んで欲しいし、それでもってサッカーファンになって欲しい。

P.S.アシシさんの講演会はお土産抽選会が開催されます。今回の講演会では私も当たっちゃいました。私が当選した商品は・・・・

アシシ講演会プレゼント1
「フェルトナ通信」

ドイツのサッカークラブ・フォルトナで働く瀬田さんが中心となって制作された現地日本人向けのクラブ会報誌です。瀬田さんは最近専門誌などで露出をちょくちょく見るけど、ブログもやってる見たいです→コチラ。日本語版の会報誌が出来るなんて、日本人が多い地域なのかな?どれくらいの部数刷ってるんだろう?こういうところにもヨーロッパにおけるサッカー文化のすごさを感じちゃう。

中身はこんな感じ。

フォルトナ通信
日本人小学校を訪問した事がニュースになってます。日本語版オリジナル記事?

フォルトナ通信2
表4には現地のすし屋とTOTOの広告。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。