【チャリティーマッチ】VS ヴィッセル神戸

【チャリティーマッチ】ガンバ大阪 2-2 ヴィッセル神戸

一番良かったのはお客さんが沢山入っていた事。日曜日だし、寒いし、同じ府内で日本代表練習してるし、集客に苦労するかなと思ったんだけに今回の観客数は素晴らしい。そして、ガンバサポーターとして誇らしい。試合内容もそれなりに締まったものを提供できたし、東北地方出身の佐々木が点も取って被災者の方々にメッセージも遅れたし、話題性十分のチャリティーマッチになったと思います。佐々木のゴールとメッセージの映像が沢山のメディアに報じられたらいいなぁ。

真剣勝負ができたのでゲーム内容についても少し。個人的に注目してた点は2つ。良かったと感じた点と課題と感じた点という形で紹介。

■良かった点

怪我で出遅れていた去年のレギュラー陣である明神、中澤の長時間出場

明神に関してはブランクを全く感じさせない。前回のACLで今シーズン初出場した高木、佐々木のプレーが試合感に課題を感じていただけに、スムーズにフィットしたのはさすが。守備はもちろんだけど、つなぎの部分でもスムーズで改めて存在感が際立ってた。試合中の負傷も軽傷そうで一安心。

中澤もまずまず。前半出場したジョンヤが裏に抜けてくる相手や中盤から飛び込んでくる相手の動きに対して後手に回っていたり、高木との連携の部分で不安を感じさせる部分が目立っただけに去年一年間高木とコンビを組んでる中澤の出場は4月のACLに向けて大きい。キムは現状でもある程度戦えるし、ポテンシャルも感じるけど直近のACLを勝ち抜くとなると中澤ー高木コンビがベターな気がするなぁ。

■課題点

キムスンヨンの右サイドバック微妙

今日の試合、一番期待して見ていたんだけど。攻守共に1対1がそこまで強くないというのはサイドバックの選手としては厳しい。2失点目はスンヨンが突破された事がほぼ原因だし、攻撃面でも1対1で勝負する場面は0。藤春のようにまず縦への突破ありきでプレーする事でインサイドへのスペースが空くし、選択肢が増える。下平もドリブル勝負ができない選手だけど、クロスの正確性やビルドアップでの貢献ができるという特徴がある。一方でスンヨンは何か特徴(強み)なのかみえてこない。本来は攻撃的な選手だから仕方ない部分もあるのかもしれないけど、ポジショニングも守備ありきで取っているとは思えないし、サイドバックとしての適正はあまり感じず。スクランブル用のオプション程度に考えるべきかな。加地さんのバックアップ問題は今年も継続決定。個人的には藤春を相当かってるんだけど、右サイドのテストはしないのかな?


まあ、そんな感じ。チャリティーとしてはナイスゲームだったと思うけど、チームとしては正直、遠藤、宇佐美、加地の不在を感じずにはいられない出来だと思うし、アドリアーノも味方へのパスがワンテンポ遅くて噛み合わなかったり課題も多い。センターバックの組合せを固定できないもの課題。チームの落ち着き、安定感を考えるととりあえずは去年の戦術、メンバーをベースとして戦っていくのがベターかなと思ってます。Jリーグはまだ次で2戦目で調整する余裕はあるけど、ACLは待ったなし。関西のクラブは震災の影響もそこまでないはずだし、4月のACLに向けていい調整をして欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【読書感想文】Jリーグ選手名鑑~5冊を比較~

Jリーグの再開はG.W.頃からになりそうですね。一時的にオフに入ってしまったクラブもありますし、日程やスタジアムなど調整すべき問題も多いので、再開時期としてはG.W.頃が私も適当だと思います。今シーズンは昨シーズンの猛暑を考慮してナイトゲームが多く組まれていました。節電といっても8月に昼間からサッカーをする訳にもいかないと思いますので、夏場は西日本クラブのホームゲームが続くなどの有利不利も出てくるかもしれません。ただ、今年に関してはそれもやむなしです。Jリーグが観れる、贔屓クラブを応援できる、それだけで十分だと想う、今日この頃であります。

正直、自分も東京で今回の地震を経験して諸々のトラブルに巻き込まれる中で2週間前に開幕したJリーグの事がぶっ飛びました。私と同様にきたるG.W.の再開にむけて今シーズンのJリーグに関して再確認が必要な方も多いのではないでしょうか?そこで今回はそんな再確認にぴったりな「選手名鑑」に関してのエントリー。

2011年選手名鑑
左上から時計回りに「サッカーダイジェスト選手名鑑」、「サッカーマガジン選手名鑑」、「エルゴラ選手名鑑」、「日刊スポーツ選手名鑑」、真ん中は「週刊サッカーダイジェスト(付録選手名鑑)」

先週の木曜日から会社が地震に伴うお休み(自宅待機)になった関係でここ5日間は終始家で読書をして過ごしていました。結構な数の本を読みましたが「選手名鑑」が一番面白かった。まあ、ガンバのページしか読んでないんだけど。笑。一慨に選手名鑑といっても沢山種類があるようで、今回はそんな中でも頂きものの5冊の選手名鑑についての特徴と感想をご紹介。


【日刊スポーツの選手名鑑の特徴と感想】

・安い(400円)
→一番部数が出ている選手名鑑らしいけど、やっぱり安さが決め手?

・小さいのでスタジアムに持ち運びできる
→スタジアムはスマートフォンアプリの選手名鑑がつながりにくかったりするしね。

・カラーじゃない
→その分、値段にフィードバックしてるだろうね。

・年俸載ってる
→これは個人的には重要データ。コストパフォーマンスを考えれば将生は責められない。

・木村敦志の寸評にだけ「!」出てくる。「藤ヶ谷に追いつけ、追い越せ!」
→担当ライターは敦志とどういう関係ですか?

・高木和道の寸評にだけ愛称出てくる。「ガリバー」。※他誌掲載の愛称は「和道」で統一。
→他に載せる情報なかったのか。

・下平匠の寸評。「礼儀正しく、性格がいい」
→主観情報はあんまりいりません。

・代表実績や獲得個人タイトルが多い選手は寸評少なめ
→遠藤保仁の寸評全文「日本の心臓」。同じく宇佐美貴史「日本の宝」。もうガンバ優勝決定だろ。

・出場試合数やゴール数などのデータが2010年シーズンしか載ってない
→スペースの問題でやむなし。


【エルゴラの選手名鑑の感想と特徴】

・全員同じ分量の寸評
→宇佐美の寸評「ガンバの至宝」。日刊スポーツさんより評価厳しめ。全体的に真面目な内容。

・全ページカラー
→その分料金は少し高め。490円。

・準加盟・準加盟申請のJFLクラブもフォロー
→V・ファーレン長崎にゴンちゃんいました。

・マスコット名鑑付き
→ガンバボーイの寸評「低姿勢」

・出場試合数やゴール数などのデータが全く載ってない
→せめて昨シーズンのデータは欲しい。



と、ここまでが所謂「ポケット版」。情報量という点ではどちらも甲乙付けがたい。「選手の年俸」か「JFLチーム名鑑」のどちらを選択するかがポイントかなという気がします。個人的には昨シーズンのデータが全く載っていない点が大きなマイナスポイントなので「日刊スポーツ」派です。

で、次は「サイズ大きい版」です。



【週刊サッカーダイジェストの選手名鑑の特徴と感想】

・チーム紹介が昨シーズンの順位順
→2位なのでそんなに悪い気はしません。

・主要コーチも写真入りで紹介
→来シーズンはコーチで唯一写真が載らなかった吉道コーチの写真も入れてあげて下さい。

・ニックネーム掲載あり
→宇佐美「ピョンス」、スンヨン「リマリオン」、グノ「太陽の子」。来年は由来付きでお願いします。

・出場試合数やゴール数などのデータを全シーズン網羅している
→サイズが大きい分、情報量も多いです。

・選手の顔写真が大きい。各選手のサイン入り
→新人の選手は最近考えたのかな?川西のサインは初々しくて好きです。ずっとあれで続けて欲しい。

・スペースを持て余して、あまり重要でないであろうアンケート回答もある。
→質問:仲の良い選手は?高木「イ・グノ」、イ・グノ「キム・スンヨン」、キム・スンヨン「イ・グノ」来年の回答が楽しみです。

・広告がいっぱい載ってる
→J2クラブの紹介ページに掲載されている広告の方が地元色が強くて面白いです。

・過去3シーズンの詳細なデータ(シュート数、クロス数、警告数等々)と昨シーズンのデータグラフがある
→グラフデータはJ1平均数値との比較で表示されているので各選手の特徴が分かりやすい。このグラフデータだけ見ると佐々木はスーパープレイヤー。

・おススメスタジアムグルメ一覧がある
→ガンバ「くくるのたこ焼き」

・欧州組名鑑がある
→ミチの寸評「アジアのD・アウベス」。誉めすぎ。

・金額
→880円。まあ、1年間使えるし高くない。


【週刊サッカーマガジンの選手名鑑の特徴と感想】


・金額、チーム紹介順、選手顔写真サイズ、サイン入り、出場試合数やゴール数などのデータを全シーズン網羅している点はサカダイと同じ

・やっぱりアンケート充実。サカダイより人間性に迫るアンケート多し
→世間的にはサイズが大きい選手名鑑はアンケート内容が命なのかもしれない。おススメの本や映画などサッカー選手に聞いてどうするのという質問も多々。ただ、それによって面白回答が連発しているのも事実。面白回答はここでは割愛。難しいと感じたのは「自分は何系?」という質問。「文系」「癒し系」など無難な回答が多いのもやむなし。「自分系」(下平)といった意味不明な回答や「活発型」(スンヨン)といった回答になっていないものも。そんな中で「Dr.K」と切り返す敦志はさずがです。

・直筆の「今季の目標」が掲載されている
→他の質問ではボケに走った回答も見られる中でこの回答は全員真面目。宇佐美の「スタメン、2ケタ得点、タイトル」とよくばりなところが実に頼もしい。

・吉道フィジカルトレーナー顔写真あり!!
→吉道ファンの皆さんはマガジン版をご購入ください。

・チームスローガンが載っている
→「新芯進」ファンの皆さんはマガジン版をご購入ください。



「硬派なサカダイ」か「軟派なサカマガ」という感想。選手のプレイヤーとしてのデータを重視するのであればダイジェスト、選手の人間性をよく知りたい方はプライベートに関するアンケート項目数が多いマガジン。私はサッカーダイジェスト派です。

最後に週刊ダイジェストの付録についている選手名鑑は上記サカダイ選手名鑑の簡易版。プライベートに関するアンケート項目と過去シーズンのデータがないバージョンと考えて頂ければ問題ないかと思います。まあ、このタイミングでこれ紹介してももう店頭に売ってないし意味ないしね。苦笑。

結論としては「ポケット版」と「大きいサイズ版」の2冊を組み合わせるのがベスト。私みたいに選手としてのデータを重視する場合は「日刊スポーツ」と「サッカーダイジェスト」の組合せ。カラーは譲れない、そして、選手の人間性を知りたいという方は「エルゴラ」と「サッカーマガジン」の組合せ。

まだ選手名鑑を買った事がないという方は一度買って、読んで、Jリーグ再開に向けてテンションを高めてみてはいかがでしょうか?


P.S.苦手なもの「地震」と回答していた智はこないだのACLで痛めた怪我も含め大丈夫だろうか?


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【ACLグループリーグ第2戦】VS天津泰達

【ACLグループリーグ第2戦】天津泰達 2-1 ガンバ大阪

試合が終わった直後にまた大きな地震がありましたが、皆さん大丈夫でしょうか?東京も結構揺れました。緊急地震速報の音が最近ちょっと恐いです。

地震で日本中の気持ちが滅入る中、スポーツで元気を与えて欲しいという期待を背負っての今日の試合。TVも煽ります。しかし、結果は残念ながら敗戦。色んな意味で難しい試合でした。コンディション、プレッシャー、アウェイ・・・・・。試合に勝って日本に激励のメッセージを送るというのが一番美しい形だった事は間違いないですが、選手達のファイトする姿勢は伝わったはず。敗戦のタイミングとしては悪いものの、ACLはまだ2試合が終わったばかり。この敗戦を糧に次頑張って欲しいところ。次戦からの韓国のクラブとの2連戦が勝敗表を見てもグループリーグの肝になりそう。

天津は想像以上に好チーム(ラフプレーや遅延行為がなければ更にアジアで評価されると思うのだが・・・なんであんな行為をするのか理解できない。国内リーグでも同様?)。戦前の情報通り、細かくパスをつないでくるチームで技術的にもしっかりしていて雑なプレーも少ない。守備面でも球際激しくハードワークを惜しまない戦えるチームでセカンドボールもかなり拾われた。22番の大宝(いい名前だ)選手など個人でも打開できる術をもっており、東アジアのレベル差はクラブレベルでも小さくなってきている事を痛感しました。そして、今年のACLはグループリーグもハードになる事を覚悟しました。スタジアムも専スタ&お客さん沢山でアウェイの雰囲気を作り出せるのも強い。

この試合の敗戦ポイントは2つ。シーズン序盤なので、当然といえば当然の理由だけど「連携」と「コンディション」。

選手交代で今シーズン初出場した2人(高木、佐々木)の出来がそれを表していると思う。PKのシーンは高木の対応ミスだと思うし、失点前から不安定なプレーは続いてた。ジョンヤとの組合せを考えて中澤ではなく高木というチョイスだったと思うんだけど、PKの前のシーンでも22番の突破に体が付いていかなかったり、ジョンヤとの連携にも気を取られたのか終始不安定。智の怪我の具合も影響すると思うけど、センターバックは色々な要素を考慮して今シーズンのベストの組合せを決めて連携を深めて欲しい。

佐々木も同様。見せ場は2回くらい作ったものの、期待された形でのプレーじゃないし最後までゲームに入りきれなかった。佐々木自身のプレーの選択も効果的なものは少なかったと思う。1-2と負けている展開で相手も引き気味でスペースがなかった事も影響していると思うけど、展開も考慮しながらチームとしてどう佐々木を活かすのかを考えないといけない。

攻撃の不調は佐々木だけじゃない。失点は崩されたという形じゃないけど、逆に攻撃も崩したシーンはわずか。3人4人と複数人絡む攻撃が出てくるのはもう少し先だと思うのでとりあえずホットラインが欲しい。現状、『スンヨンーグノ』ラインくらいだと思うけど、『フターアドリ』、『宇佐美ーアドリ』のアドリ絡みのホットラインが出てくるともう少し決定機をつくれそう。今年は2トップが固定できているので『グノーアドリ』のホットラインは開通間近じゃないかなと予想しとる。

ただ、まだまだシーズン序盤だし悲観する内容でもない。今日感じた課題は時間が解決してくれそうなものばかり。下平も相手のマッチアップした相手のキーマンである22番相手に決定的な仕事をさせなかったし、ジョンヤもプロ公式戦2試合目でACLはなかなかハードで前半は後手に回るシーンもあったけど、後半は強い気持ちを見せて戦える選手って事を示してくれた。武井もスムーズに前を向けるシーンが増えてきてる。シーズンオフの補強はしょぼかったけど、現状、少なくとも去年よりはワクワクしてる。

【その他雑感】
・今日のレフリーはロスタイムの部分以外は上手でした。
・国際試合のヤットの頼もしさが凄い。ACLの時は球際の強さ3割増し。
・松木さん、アジアカップの時よりテンション低め。もっと励まして欲しかったw

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【Jリーグ開幕戦】VSセレッソ大阪

【Jリーグ開幕戦】ガンバ大阪 2-1 弱い方の大阪

只今、大阪から帰宅。万博開幕戦に行ってきました。東京からは夜行バス。夜行バスの中で聞こうと某芸人のPodcastを3週間分くらい我慢して残しておいたのだけど、東京を出発して高速のったあたりから熟睡w 目が覚めた時は山田駅あたりを走っていて、こんなに夜行バスで熟睡したの初めて。いびきかいてなきゃいいけど・・・・。そして、万博には7時半くらいに到着。この時間に並んでもゴール裏で場所を確保するのは結構ギリギリ。毎回思うけど、ゴール裏のチケットを持っている人達は全員ゴール裏に入れているのだろうか。俺の後ろにもかなりの長蛇の列があったけども・・・苦笑。そんな状態なのに俺の隣の人は結局2人しかいないのに4人分くらいのレジャーシートを試合中も引き続けるという・・・・座席が明確な新スタジアムが早く欲しいなぁ。

試合は今年も過激度は昨年度よりも少し減ったもののスタメン紹介前に相手を煽る映像が流れた。過去のダービーを振り返ると共に、智の「セレッソなんかに負けね~」的な発言のシーンで締めるような内容。クラブはサポーターのセレッソに対する言動には厳しいけど、自分達ではこういう事をしちゃうところが好きだ。で、そんな煽りをしつつ勝つ。カッコいいし、プロっぽい。逆にセレッソは2年連続でこんな煽り映像見せられて、試合も負けてなんて悔しすぎるはず。次回、AWAYでは長居でガンバに対してどんな煽り映像を見せてくれるのか楽しみだ。ただ、ガンバに勝っている点がないので編集は大変そう!笑。もしや・・・専スタ自慢?w

試合内容は開幕戦という事を考えればまずまず。ジョンヤも試合を重ねるごとに落ち着いてプレー出来るようになってるし、スンヨンのあのプレーはシュート前にゴールパフォーマンスの「敬礼」が頭をよぎってプレーが雑になっちゃったかな?w 2人を初め、ユース上がりじゃない選手達が外の刺激をチームに与えて、即戦力を獲得した時とはまた違う効果をチームにもたらしてくれそうで期待しちゃう。藤春に刺激されたのか下平も1アシスト決めたしね。

選手もサポーターもこれからエンジンがあたたまってくる段階。ACLと合わせてシーズン序盤に結果を出していい入りが出来たのは大きい。勝利という結果によってチームが好転していくのはW杯の日本代表が証明済。次のレッズ戦も開幕戦で鈴木啓太が退場していたり追い風吹いてる!と、いう事で今日は試合内容以外の部分で印象深かった事を1点。


今年の判定基準について

まだ他会場の試合を観ていないから分からないけど、万博での開幕戦を観る限り今年は激しいプレーを相当流しそう。これ自体はポジティブに捉えていて、単純にプレーイング時間が長くなる事はいい事だし、プレーが切れないとそれだけゲームに選手もサポーターも集中するから好ゲームが増えそう。今までは、守備側の選手の自陣でのプレーがやたら保護されていたり(それはそれで空気が読めているとも言えるんだけど)、笛吹きすぎの嫌いはあったと思う。

ただ、万博でのこのゲームに関して言えば、流しすぎ。昨年の手を使ったファールを厳しく取るという方針もシーズン序盤は極端過ぎるくらい笛を吹いて「あれじゃサッカーにならね~」と野々村さんに突っ込まれていたけど、今年も同じミスを繰り返しているんじゃないか?そして、昨年の方針を忘れたのかアドリ―ノの突破を後ろからホールディングしたプレーまで流す始末(もしかしたら、アドリアーノのファールを取られていたような記憶も)。「すぐ倒れない選手をつくる」的な目的での方針だろうけど、ああいうプレーまで流しちゃうと序々に悪質なタックルも増えてきて怪我人が出そうで心配。逆にイエローの数とか増えるんじゃないの?

そして、この方針に審判も慣れないせいか判定基準もバラバラでゲームは荒れ気味に。ガンバに関してはなぜかオフェンスファールは数回取られるわ、明らかに決定機につながりそうなチャンスに限ってアドバンテージを取らず笛を吹いてしまうわで散々な内容。このバカな判定の影響もあってかガンバはリズムを崩して失点・・・。結果は勝ったから大きな問題にならないものの、家本は自分の低レベルな判定によってゲームが壊れかけた事を猛省してほしいね。まあ、家本に関してはしなさそうだけど。今日あたりアフターゲームショーで野々村さんが指摘してくれる事を期待しよう。


2011年開幕戦
開幕戦の戦利品。去年の来場ポイントでもらった金券で購入。水は無料配布のお礼として載せておきます。
水を配ってた皆さん>無料でもらったお礼にブログで宣伝しときましたよ!w



そんなこんなの開幕戦。PSMのジュビロ戦といい、この開幕戦といいアドリアーノへの判定が妙に厳しいのは気になるものの、去年なかった裏に抜けるスピードをチームとして手にしたのは相当大きいと実感しております。ショートカウンターからアドリアーノがDF吹っ飛ばしてゴールするシーンが今年は沢山観れそうな予感。来週、再来週は埼玉2連戦。新しいゲーフラ持って参戦します。


P.S.さっき2011年のユニフォームが届いた。オーセンティックタイプ。和訳すると「本物」。つまり、選手が実際に着ているものと同じだそうです。ただ、このタイプのユニフォームを購入した多くの中年サポーターが嘆いたでしょう。選手と同じという事で非常にタイトにつくられています。最近のユニの流行でしょう、締め付けもあります。何が言いたいかと言うと・・・体のラインが出る!お腹出てるのバレる!w オーセンティックユニが似合う体になるために明日から摂生しよう。

(女友達と試合を見に行く機会があれば、絶対オーセンティックユニを貸してやろう!!w)



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

【ACL初戦】VSメルボルン・ビクトリー

【ACL初戦】 ガンバ大阪 5-1 メルボルン・ビクトリー

シーズン明けましておめでとうございます。今年も18時前に退社するシーズンがやってまいりました。周りにいる先輩に申し訳ないと思いつつも毅然とした態度で「お疲れっした」。笑。

と、いう事で最高のスタートが切れました。09年のフクアリでの開幕戦も新しいガンバが見れて、シーズンへの期待感が高まったシーズンインだったけど、今年はそれに近い、もしくはそれ以上。期待値が低かった分、この爆勝の喜びは大きい。去年のシーズン序盤のつまずきの経験もあって、この試合は結果が大切だと思っていたから本当にほっとした。あ~早く万博行きて~!!

今日の試合、この感情の高まりを生んだ要素は2つ。

①イ・グノがスーパープレー連発

ジュビロ加入当初もこんな感じだったの?そりゃあんなけ点取るわ。先々週のプレシーズンマッチでもコンディションは良さそうだったけど、今日はまさにスーパー。プレシーズンの時と違い2トップでの出場する事でプレーエリアが拡大し、コンディションの良さが更に活かされた。昨年との違いは前への推進力。ドリブル、ポストプレー、ワンタッチプレー・・・・どういう状況でもグノを通す事で形になってた。チームへのフィットというより個人の変化?キムスンヨンの加入の影響?正直、グノの覚醒(復活?)だけでもスンヨンを獲得した甲斐があるってもんだ。w

②新加入選手躍動

3点目と4点目は半分アドリアーノのゴール。バイタルエリアで仕事ができる選手という昨年のガンバに足りなかったピースを見事に埋めてる。最後の部分は個人に頼る部分は大きい。宇佐美・イグノ・アドリアーノという自ら仕掛けられる前3枚の迫力は05年のアラウージョ、フェル、大黒を思い出させた。今日はジュビロ戦よりボールも収まったし、献身的な守備も◎。大丈夫。フィットする。

そして、キムスンヨン。初ゴールおめ!プレシーズン、この試合と2試合続けて観て、リアルに「コリアンホットライン」が存在する事が分かりました。頑張り屋さんなイメージはこの試合も同じで決してスーパーな選手じゃないけど、しっかりファイトできる韓国人らしい選手。これからの渋く活躍して欲しいね。

で、大卒の2人。藤春は走り方にやたら躍動感がある!笑。髪型?守備の部分はまだよく分からないけど、攻撃面では1対1で仕掛ける姿勢があるし、そこは下平との違いとして強みになりそう。下平がこの試合はあんまりな出来だっただけに、またチャンスはあるはず。あと、金。競り合いでの強さも見せたし、ビルドアップの部分でもプレシーズンの時はあまり見なかったロングフィードも出したりして及第点。智との連携も先週よりスムーズだし引き続きアピールして戦力になって欲しい。


チーム全体としてはまだまだな部分はあるものの、新加入選手が想像以上のスピードで戦力になっている事や智、フタの復調。グノの覚醒(復活)など明るい話題が多いシーズンイン。今週末の弱い方の大阪との戦いも今日くらいのスコアで景気よくJリーグの開幕を祝って欲しいね。

では、今週土曜日のJリーグ開幕も頑張りましょう。久しぶりの金曜夜行バスで大阪に3ヵ月ぶりに帰ります。ユニフォーム開幕までに届かないかな~。


P.S.新ゲーフラ完成した。第2節のレッズ戦でデビュー予定!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。