Jリーグ第28節 VS ヴィッセル神戸

Jリーグ第28節

ガンバ大阪VSヴィッセル神戸
      2-4

得点者

22分:MF 33 宇佐美貴史     36分:FW 17 吉田孝行
41分:FW 22 イグノ         47分:DF 5 河本裕之
                     57分:MF 31 小川慶治朗
                     90分:MF 10 ボッティ



こんばんは。土曜を大阪で、日曜を東京で過ごしたおかげで台風の影響を全く感じる事ない週末を過ごしております。ちなみに今日は会社のフットサルサークルの大会だったのですが3日前までの天気予報は「暴風雨」だったのにも関わらず、ナッシング降雨。しかも、優勝!ユニフォームいっぱいもらっちゃいました。少し昨日の試合で感じたストレスを発散できたかな・・・・そんな日曜日の夜です。

で、昨日の試合。シーズン序盤も絶望的な気持ちになるゲームはあったけど状況を打破しようっていう気持ちは感じられた。この試合は何にも感じない。そういう意味でこの試合はシーズンワースト。優勝を狙ってるとは思えないぬる過ぎる90分。相手の順位、メンバー・・・色んな要素はあるかもしれないけど。コンディションが悪そうに見えたけど、別にタイトな日程でもないし、それはやっぱり気持ちの部分によるんだろうね。スタジアムの観客数とか天候とかもどよ~んとした空気作っちゃったかな。

マリノス戦に続きミチがミスしちゃいけない時間帯でイージーミスを繰り返したり(前節キレてただけにもったいない)、佐々木がプレーの幅が広がってる一方で先発の時は得意のサイドドリブル突破が全然なくて残念だったり、裏一本での失点多いなとか、ビルドアップ下手なガンバなんて・・・・とか、将生は試合から消えてる時間長過ぎ(いままでのFWが優秀過ぎなだけ?あんなもん?)・・・とか個人に目を向けても色々不満はあるけど、そんな中でも気持ちを見せて勝って欲しかった。まあ、パスミス含めて淡白なプレーは多過ぎるわな。守備面でももっと体張って欲しいし、怪我明けの明神が一番ファイトしているような状況じゃダメだ。原点を忘れるとああいう試合になっちゃう。

ロングボールをもっと多用してもよかったという声もあるようだけど、確かに少し雑でもゴリゴリ感を出すプレーがもう少しあってもいいのかも。そういうチームスタイルじゃないから機能しなさそうではあるのだけど。苦笑。実際、過去パワープレーが全然機能しなかったゲームもあったし。まあ、パワープレーとロングボールは違うけどね。前節の京都戦含め、タイトにこられて困った時の戦い方として、ジェジンで失敗したけど、やっぱり高さは欲しい。まだ、来年の話は早いけど報道に出てたアファエルはアリ。高さに加えて足元が上手いってのがガンバ向き。ただ、フィニッシャーという印象じゃないから(ルーカス的なタイプ?)、他に外国人FWを獲らないのであればグノ、将生にはやっぱり頑張って欲しいけどね。(アレックスという話も。ミチ、不貞腐れてる前に頑張れ!)

あぁ、10月に来年の話をしてしまうとは・・・・。正直、来週の鹿島ー名古屋戦でACL枠の事を考えると、鹿島を素直に応援できない自分もいる。他カードを気にしているチーム状況じゃないけど。次は調子を上げてきているFC東京。メンバーも戻ってきていて力的には全く下位にいるチームじゃないし厳しい戦いになりそう。ただ、真っ向勝負してくれるチームでもあるので、こっちの積極的に前に出る試合を見せて欲しいところ。来週はいつも一緒に関東の試合を観てる友人に加えてJリーグ初観戦のツレも参加予定。いい試合をして俺の数少ないガンバ観戦友人を増やして欲しいもんだ。

P.S.美味G横丁ができてからあんまり名前を聞かなくなった万博名物「揚げだこ」。俺の中では今でも万博スタジアムグルメベスト3に入ってる。ここ1~2年の間にガンバサポになった方は是非一度はこの「揚げだこ」を。「揚げだこ」を食べずしてガンバは語れない。(嘘)

P1030149.jpg
この写真があるだけで、大阪っぽいエントリになったな(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第27節 VS 京都サンガ

Jリーグ第27節

京都サンガVSガンバ大阪
     1-2

得点者

79分:MF 16 安藤淳   66分:MF 8 佐々木勇人
                70分:FW 14 平井将生



多分、こういうサポーターブログまで読んでいるようなコアなサッカーファンの方は知っていると思うんですけど、Jスポーツで毎週金曜日23時から放送中のサッカー番組『FOOT』。MCの倉敷さんが毎週冒頭でその日番組で紹介するテーマに関連する小話をするんだけど、あの話術に最近魅せられおります。サッカーに全然関係ない話題からサッカーの話題にもっていく話術。話の持っていき方もさることながら、あの知識量(雑学力)には関心する。自分も自己満足ブログながらも、文章の冒頭は遊びの部分を持ちたいと考えながらパソコンに向かう中で、倉敷さんの知識量・話術を羨ましく思う金曜日の夜なのです。もっとサッカー関連の本以外も読も。

で、試合。今日はスカパー観戦。12時半起床。間に合って良かった。

この時期の試合が苦しくなるのは毎年恒例。勝ったから言えるけど、この苦しさこそ終盤戦という感じもして好きだ。ロスタイムの些細なミスにイライラ・ヒヤヒヤしてしまう感じ。笑。そんな終盤戦で点が取れてる将生は調子戻ってきたかな。今日のゴールみたいな泥臭い感じは大切。いい経験積めてると思う。来年は警戒されるだろうけど、そんな中でどういうプレーをするか楽しみだね。まあ、そうは言っても助っ人外国人FWは間違いなく入ってくるだろうから、今日の試合でいう3点目を狙えた1対1あたりを決めないと出場も危ういんだけど。

で、その助っ人外国人候補に入っているんじゃないかと思って個人的に今日注目していたのがディエゴ。毎年、他Jクラブから外国人選手が加入するから、そんな目線でも相手外国人FWを観てしまう。笑。ただ、パワー以外の部分では特に目立った印象はないというが正直な感想。どういうプレーが得意なのかがよく分からなかった。フィニッシャー的なタイプかと思ってたけどそうじゃないみたい。もしくはフィニッシュに専念したいけど、チーム事情から違う役割をせざるをえない感じ?確かアラウージョも清水ではそうだったし。

今日の試合で途中から感じたけど、京都はフィニッシャーが誰もいないんじゃ?そこに大いに助けられた試合だったというが一言で言うと今日の総括。最後のフィニッシャーがディエゴだったらヤバかったシーンが数回あったけど、ディエゴが絡むのはその1つ前のシーン。ポゼッションは取られていたけど、失点する雰囲気はあまり感じなかったもんな。勿論、藤ヶ谷の存在も忘れていません。一試合に数本ファインセーブが出るようになったのは今年のガンバの大きな違い。

しかし、あんなにポゼッションを握られる試合も珍しい。ポゼッション率=チーム力ではないけども、ポゼッションサッカーはガンバの代名詞だけに京都相手にあの前半は寂しい。今日の京都は守備の部分で積極的。ベタ引きじゃなくて、ボールの出し手にもしっかりプレスをかけてきて、球際の激しく前半は全くポゼッションできず。山形との試合も同じような形でやられたような・・・。最近ビルドアップに自信を持ち始めていた武井的にもいい経験だったんじゃないかな。

後半は単純にフタ入れてポゼッションを高めるのかなと思ったいたけど、選択は佐々木と明神。明神に関してはもう言わずもがな素晴らしい選手で影響力抜群なんだけど、攻撃的な中盤に入ったのがフタではなく佐々木だった点にチームの変化を少し感じたような。『困った時の佐々木』が定着しつつある。笑。サイドのドリブル勝負というカウンターのリスクもあるハイリスクハイリターンなプレーが今までの中心で、使う時間帯に気を使わざるをえない選手だったんだけど最近はプレーの幅が広がってる。ピッチ中央でのプレーでも持ち味が発揮できてる。決定的なパスも出してるし、シュートの意識も高い。宇佐美といい、佐々木といい、戻ってくるか分からないけど寺田、倉田と近い将来のガンバはパスだけじゃなくて、ドリブルも含めた形で更にバリエーション豊かな攻撃サッカーを見せてくれるような気がする。そんな想像が広がった京都戦でした。

と、いう事で今週も気分のいい1週間が過ごせそうです。来週の神戸戦は参戦します。ツネが出る事を期待しつつ金曜日の夜に帰阪します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第26節 VS 大宮アルディージャ

Jリーグ第26節

ガンバ大阪VS大宮アルディージャ
      5-1

得点者

14分:FW 22 イグノ       4分:DF 4 深谷友基
32分:MF 33 宇佐美貴史
49分:FW 14 平井将生
82分:FW 14 平井将生
90分+2:FW 22 イグノ


こんばんは。競輪のCMじゃないけど、ラッキーにも金曜日に関西への出張があり、予算的に現地観戦は見送ろうと思っていた大宮戦をおかげ様で現地・万博で観戦してきました。こないだ行った伊勢神宮へのご利益かな。元取った。笑。パワースポット恐るべし。ところで、去年くらいまでは万博から東京に戻ってくる際、新幹線の窓の景色が有楽町~東京あたりになると「東京砂漠・・・」と独り言を言いながらため息をついていたものだけど、最近はこの景色を見ると逆に「帰ってきた感」を感じるようになった事に月日の流れを感じる今日この頃であります。あらためて関東ガンバサポも悪くない。毎試合万博に行ける訳じゃないからこそ、1試合1試合を楽しめてる感じがする。

そんなこんなで大宮戦。涼しくなって観戦しやすいんだけどお客さんはちょっと少なめの1万5千人くらい。ファンクラブ招待対象試合だった事も考えるとちょっと寂しい気も。逆にファンクラブ招待試合だから少ないのか?来年からファンクラブ特典は「1試合招待」or「たこやき」にしたらいいと思う。俺なら後者を選ぶ。きっと一応、招待チケットだけもらって使わない人がいるんだと思うから。

試合はボーナスゲーム。ロスタイムで勝ち越しみたいな試合の方が印象に残るのは確かだけど、たまにはこういう試合があってもいい。こういう試合があるからこそ終盤に痺れる試合が出来る訳で・・・・まあ、今年は残りカード、順位を考えると・・・現状、う~ん・・・なんだけど。苦笑。

このゲームは点を取って欲しい人が取ったという点がポイント。Jリーグ初ゴールのグノは1点取ればとは皆思ってたけど、先週の天皇杯のゴールがきっかけになったのかこの試合はチャンスメイクの部分以外でシュートシーンが沢山あった事に今後もゴールを期待したいし、将生の2ゴールも裏に抜ける「らしい」ゴールで良さが出てた。ルーカスがまた怪我という事もあるし、この2人にかける期待は大きいしね。で、宇佐美。あの間でシュートが出来るのが凄い・・・・というか天才。ドリブル&シュート技術が高いってのが今風なトッププレイヤーな感じがする。将生、武井含め生え抜きの若手の能力開花を感じられるってのが今年の最大の特徴なんだろうな。で、今レンタル移籍に出ている若手選手達が戻ってきて・・・・ってこの話はまだ早いか。

次回の現地観戦予選はホーム神戸戦。ツネが日本に戻ってきてからまだ一度も生で神戸戦観れてなかったんだな。出場したら嬉しいね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第25節 VS モンテディオ山形

Jリーグ第25節

モンテディオ山形VSガンバ大阪
         2-1

得点者

64分:MF 5 下村東美     60分:FW 14 平井将生
68分:MF 6 宮崎光平


この敗戦は受け入れがたい。ここで負けちゃうんか・・・・正直、全く想像してなかった。サポーターはもちろんガックリきてるけど、選手としてもこの敗戦はモチベーションが一回切れちゃうんじゃないか心配。そういう意味では来週1週空くのはナイスタイミングかも。鹿島もドローだし、もう完全に名古屋独走。こういうシーズンも久しぶり。ここまで差がひらいちゃうと名古屋は終盤、優勝がかかったプレッシャーもあまり感じないかも。まあ、05年のガンバみたいな終盤怒涛の連敗という例もあるし他のチームは信じて頑張るしかないな。

今日はTV観戦。現地のサポーターの服装を見るともうすでに山形は結構寒そう。あと、今日の試合後はヒーローインタビューの女性も、監督インタビューの男性もかなりテンション高めで少しイライラした。笑。

勝利ゲームの時はあまり気にならないけど、監督インタビューで「~?」という質問や、「~の感想をお願いします」ではないパターン、例えば「ナイスゲームでした」みたいな自分の感想で相手にマイク向けるのって相手に何を聞きたいのか不明だし止めた方がいいと思う。どのインタビュアーも同じような事をしてるから監督も慣れていて、「そうですね。今日の試合は~・・・」って答えてくれているけど、普通の会話なら「・・・・・で?何が聞きたいの?」だと思う。昔、中田英がそういうインタビューに対して「・・・で?」的な受け答えをしていた記憶があるけど、久しぶりにそういう受け答えをする人が見たくなった。・・・・そんな事を考える秋の夜です。そうです。敗戦で器小さくなってます。苦笑。

で、今日の試合内容で一番印象に残ってるのは、後半の3トップ(ドド、グノ、将生)は何だったんだろうって事。お互いの存在がスペースを消し、動きも消すというおそらく練習はしていないであろうクオリティの低さ。3人の特徴を考えても機能する訳がない。あの交代からは決定機は勿論、ポゼッションも出しどころがない事から安定性を欠いてカウンターをくらいまくる悪循環。あの交代はルーカスの状態も考慮したり、3トップにしてゴール前の圧力を強めたかったんだろうけど完全に裏目に出た。動きがないから相手守備陣も普通に対応してた。あれなら相手が中を固めてた事もあるし、平井を左サイド、佐々木を右サイド、真ん中グノと大きく開いた3トップの方が良かったかも。

失点のシーンは両方最近見たような形。下村のゴールは新潟戦同様、右からのクロスに対する左サイドバックの対応ミス(前回は下平なんだけど)。宮崎のゴールは前節川崎戦の黒津のゴール同様、裏のスペースへのロングボールへの対応。後者の方はミスというか弱点という感じも。

山形みたいなスタイルのチームにリードされるのはキツイ。ロスタイムは完璧にキープ(時間消化)されて、何もできないまま試合終了。正直、3トップにしてからの内容を考えると1-3にならなくて良かったという感じ。今日は相手もいいサッカーしてたけど、ガンバもいい試合が続いていただけここで負けちゃうのは優勝を狙うチームとしてはありえないな。

次節の大宮も山形と似たようなスタイルだと思うけど、ああいうリアクションのチームの守備を崩す対策をもって試合をしないと同じ轍を踏みそう。普通に試合して崩せる攻撃力は今のガンバにない。今日は少なかったセットプレーは勿論、先制点のような「ダイレクトプレー」、「サイド攻撃」、「ミドルシュート」がセオリーなんだろうけど特に今日少なかった「ミドルシュート」はもっと見たい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。