Jリーグ第12節 VS 湘南ベルマーレ

Jリーグ第12節

湘南ベルマーレVSガンバ大阪
        1-3


得点者

11分:FW 11 阿部吉朗     41分:FW 14 平井将生
                    55分:MF 9 ルーカス
                    62分:FW 14 平井将生



こんばんは。こ~@日曜ナイターの翌日は風邪をひくのが常だったので午前休を取る男 です。録画したアナバンを朝から観てから通勤するサラリーマンって冴えないなとか思いながらも無事本日もお勤めを終了してパソコンの前に座っている訳であります。

そんなこんなで昨日は初めての平塚に行ってきました。アクセスは東京駅からは東海道線で1時間強。所要時間を考えると鹿島とかの方が遠いはずなんだけど、気持ち的には大阪ー東京ばりに疲れた。ちなみに余計な感想ながら初めてのスタジアムなのに感動は0だった。正直、申し訳ないけど今までのスタジアムで一番ヘボい。アフターゲームショーなんかで平ちゃんがよく、こういうこじんまりとしたスタジアムをベタ褒めするけど(メインスタンドから観た場合)という注が必要だと思う。トラックがあって、あの傾斜ではゴール裏のチケット料金は500円だと思う。あれではお客さんが増えない。と、同時にこういうスタジアムに来た時にいつも思う。万博に来たアウェイサポーターの人ごめんなさい。

平塚競技場
観にくい・・・・・・。電光掲示板がない・・・・。

どっちのサポーターでもない某ブサッカーブログに「前半のガンバのサッカーは糞。金返せ。」的な事が書かれてたけど、数試合前までのガンバはこの試合の前半の比じゃないような消極的なサッカーをしていたと彼には伝えてあげたい。確かに現地で観ていても前半はチンタラとしたサッカーしているなという印象だったけど、帰宅後、録画した試合を観返したところそこまで酷くないかな・・・・と思ってしまった僕はオシムに説教されるべき?判断、プレス、ボールスピード、ランと全てがスロースピードな展開ながらも、それなりにボールは回っていて、ルーカスが宇佐美と変わってFWに入ってからは厳しいところにもボールが入りだして、いつものただ回しているだけ状態からは少しマシになったかと。実際、将生のゴールもルーカスのポストプレーから。

後半は攻守共にテンポアップ。高い位置でボールが取れるようになって、攻撃もいい形が作れるように。いい時間に勝ち越せたのは大きかった。セットプレーで2点目取れてからは盤石の試合運び。最初からこれできないの?セカンドボールもほぼ取れてたし、後半のポゼッションは7:3くらいあったんじゃないかってくらい圧倒。湘南は失点にがっくりきたのか、前半飛ばし過ぎたのか運動量は落ちたね。そこで生まれた将生の3点目はゴール裏から見ていて最高に気持ち良かった。本人も語っている通り、裏に抜ける以外のプレーが増やす事がテーマになるであろう中であのドリブル突破は素晴らしい。決定力も素晴らしい。西野もガッツポーズ。試合後、マスコミはヤットじゃなくて将生にもっとカメラを向けるべき。この試合のヒーローが少し肩身の狭い思いをしてたのが気の毒。苦笑。

展開から考えると4点目5点目も取って欲しかった。そういう意味では中だるみしかけた時間帯に早めに佐々木あたりをインしても良かったのでは?本人も外から見ていてこの試合は出たかったはず。結局、残り10分ない状況での出場ながら、そんな限られた時間の中でもインパクトを残す佐々木はさすが。しかも、ほぼ毎試合!佐々木にもっとスポットライトを。この試合で一番伝えたかったのはそれ。試合は後半から実力差が明らかだったので、後半途中からはアップをしながらピッチを眺める佐々木ばかりを観てた。寂しさと少しの苛立ちを覚えた眼をしていたよ(注・想像)。佐々木のドリルル突破を集めたDVDが出たら俺は買う。頑張れ佐々木。皆、評価してる。

まあ、こんな話ができるのも、3-1という完勝に終わったのも1-1の前半のPKを湘南が外してくれたから。勝った試合だからこそ言うけど、録画した映像を観てもあのプレーでファールの判定はエグイ。観にくい現地でもダイビング気味である事は分かった。そんなプレーなのにTV解説の人がファールの判定に肯定組なのにもビビった。1つ前のプレーで加地さんがミスしているだけに心証が悪かったんだろうな。そんなレベルの審判だから、ガンバ側にもPK取ってもらえるかなと思ってから後半の宇佐美に対する明らかなファールを流しやがった・・・・「ガンバリードしているし流しちゃえ」的な発想だろうか?そして、そいういプレーの直後にはピンチが待っているもので・・・危なかった。ガンバに取って3-1が決して安心できるスコアじゃない事は前節証明済みだと思ったんだが。苦笑。パスのボールも体に当てちゃうし、この試合の審判はレベル低かった。聞いた事ない審判だったし、新人?日本の審判はあんまり批判しちゃいけない文化は早々になくして、選手同様に審判も批判して成長してもらいましょう。アフターゲームショーの野々村さん切り込み隊長のポジションお願いします!

このタイミングで中断期間。ガンバは何か動くのかね。動くとすれば大量流出(予定含む)のFWに外国人枠って事になるだろうけど、将生が結果を出しているし、育てるなら今年かなという気もするし判断が難しいね。個人的にはDF陣に1枚外国人枠でもありかと思うけど。

まあ、とりあえずW杯遠藤ガンバれ。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

ACLラウンド16 VS 城南一和

ACLラウンド16

城南一和VSガンバ大阪
    3-0

得点者

74分:MF 11 ウリベ モリーナ
84分:FW 14 ソン・ホヨン
89分:MF 11 ウリベ モリーナ


・・・・終わった。なんか暫くACLとはお別れの様な気もする。悔しいし、少し腹立たしい。ただ、なぜだか去年のACLラウンド16での敗退時より絶望感はない。この結果を案外素直に受け入れられてる。現チームへの期待感の低さゆえ?どこかで覚悟もしてた?・・・・まあ、完敗だったし、この試合に関しては「タラレバ」もないね。これが今のチームの限界だわ。

今年は我慢の年になるんかもね。まあ、そういうシーズンもあるでしょ。いつかはこういう時が来るのは覚悟はしてた。ただ、このままダラダラシーズンが終わる事だけは勘弁して欲しい。去年からチームを変えていかないといけないのはサポーターもクラブも分かっていた事だし、この敗戦はある意味きっかけ。いきなり大幅な世代交代とかスタイルチェンジなんて事にはならないし、不必要にしても、残されたタイトルを追いながらも新しいガンバを再構築するような、未来を感じる戦いを見せて欲しいね。

一番最悪なのは今まで通りのキャリアのある選手を起用し続けたのにも関わらず、特にスタイル変更のないまま、結果を出せないまま、シーズン後に西野辞任(解任)のパターン。私の西野支持・不支持は置いておいて、こういう状況だからこそ、あえてこの時期にクラブ・西野相談の上、来季以降の続投を確定・発表しちゃって、来季を見据えた形で西野にシーズン後半を指揮してもらうのもありなんじゃないかな・・・・とも思う。契約上はあと1年あるんだっけ?西野はどういうモチベーションなんだろうか。去年も続投を悩んでたし。この中断期間は色々ハッキリさせて後半に臨むべきやね。

今週末の湘南戦行きます。去年はACL敗退から崩れたけど・・・大丈夫かな。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第10節 VS川崎フロンターレ

Jリーグ第10節

ガンバ大阪VS川崎フロンターレ
     4-4

得点者

33分:FW 33 宇佐美貴史  39分:DF 19 森勇介
59分:MF 10 二川孝広   74分:MF 16 楠神順平
63分:FW 9 ルーカス    80分:MF 16 楠神順平
82分:MF 17 明神智和   90分+1:MF 16 楠神順平


こんばんは。こ~@夜行バスに乗る前に食べたラーメンで胃もたれ です。学生の頃は深夜ラーメンとか当たり前だったのになぁ。西宮あたりの国道2号線。ラーメンパラダイス。ラーメンつながりで、先日放送された「古谷一郎」を特集した情熱大陸は久々に面白かった。画面越しでも何か人を引き付ける魅力がある事が伝わってきた。「全知力・体力をラーメンに捧げる」とか普通に言えるのがカッコいい。リーダーに求められるものはやっぱり人望というかカリスマ性なんだろうね。「この人のために頑張ろう」って思えたら人は強い。

西野監督のために頑張ろうと思っている選手は今のガンバにどれくらいいるんだろうか。今なら平井とか星原とか若手FW?特別すごい戦術家とかじゃなければ次期監督はパーソナリティで決めたらいいと思う。J1なら広島、鹿島あたりに監督との一体感を感じるし、J2であれば岸野さんが今年横浜FCをどんなチームにするのがかなり注目してる。チンがめっちゃ熱い男になってガンバに帰ってきてくれれば面白いんだけど。

で、試合に行ってきました。川崎戦は12時前に万博到着。・・・・暑い。ちなみにユッキーナは見れず。観戦場所はピッチから見てG-VISION右端の後ろらへん。7時間前にスタジアムに来ても、4時間前に来ても大体この場所で観てる気がする。そういやバルサのサポーターは試合ギリギリにスタジアムに来るらしいのだけど、全席指定なんかね。ガンバの新スタジアムも全席指定とまではいかないまでもゾーン指定を細かく分けたらいいんじゃないの?そしたら常識的な試合前時間に来れる。おじさん夏場に炎天下の中並ぶ勇気ないっす。

万博・川崎戦2010
試合前恒例のメイン&バックスタンドのお客さんと一緒にガンバコール。メガネをかけないで観る3D映像みたい

上の写真の事だけど、何度見てもちょっと感動しちゃうのは俺だけ?スタジアムが1つになるってすごいパワーだなって毎回思わされる。柏のスタジアムとかでスタジアム全体が応援している風景を見て羨ましいと思ったけど、万博も大分パワーアップしとる。あとは試合中にも同じような一体感を生むゴールを決めてくれればいいんだけど。2006年の京都戦マグノゴール以来そういう感覚を万博で体験できてない。

で、肝心の試合内容はといいますと残念は4-4。3-1から追いつかれ、4-3から追いつかれ・・・・経験のあるチームのする試合運びじゃないですな。決定機の数から考えれば負けなくて良かったと思う部分もあるくらい、リードしている時間帯ですら安定感とはほど遠い試合をしていたって事です。前半はテセの前でインターセプトをしたり相手に起点を作らせなかったものの後半は西野の言葉を借りるのであれば「疲労」で守備陣はラインを上げられないし、ボールウオッチャーだし。ラストパスの部分やシュートの部分で足がでない、寄せきれない・・・最終的には判断も遅くなってミス絡みの失点。ありゃないぜ。

ホッシーの途中出場は前がかりの相手に対しては常套手段だと思うけど、これで逆にカウンターを強く意識してラインさげちゃったとか?しかも、ホッシーは裏に抜ける動きだけで起点にはなれないからタメもつくれずラインも上げられず・・・・ただ、ホッシーで1点取ればこっちの勝ちだった訳で、ここは賭けの部分で「結果論」。しかし、それ以外の部分はピッチにいる選手含め誰も修正できなかったかね。チームとしてどうにも対応策はなかったかな。明らかにずっと不安定で流れ悪かったのに・・・こういう試合こそベンチワークに期待したいんだけど。疲労を敗因の1つにあげるならば、もう1枚の交代カード使って欲しい。あの状況で外せない選手はいなかったと思うんだけど。記者からの指摘を「結果論」の一言で片づけるのは少し乱暴。守備的な選手を入れたとしても「外せない」とか言って動かずやられるよりは全然攻撃的だと思うんだけどね。

まあ、そうこう言っている間に来週火曜日は前半戦の大一番。将生も戻ってくるのかな?とにかくこの試合だけは勝ってくれ。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第9節 VS 鹿島アントラーズ

Jリーグ第9節

鹿島アントラーズVSガンバ大阪
         2-1

得点者

45分+1:DF 3 岩政大樹    80分:FW 24 星原健太
68分:MF 8 野沢拓也


ただいま帰宅。意外に行きも帰りも高速は渋滞もなくスムーズ。と、いうか今まで鹿島スタジアム行った中で一番スムーズに帰宅できたかも。ただ、そうはいっても2時間半バス移動&30分の電車移動はやっぱりハード。しかも、負けたし。一昨日に出場したフットサル大会の筋肉痛もあわさって疲労困憊です。明日はジムのプールでクールダウンしよ(気分はアスリート)。

今日は過去の鹿島スタジアムのイメージと真逆の快晴。寒い時期とか雨の試合が過去数年は多かったからね。だからこそ「もつ煮」の美味しさの記憶が強いんだろうな。今日も暑いくらいの気温なのに皆もつ煮食べてるもんね。クラブ別鹿島スタジアムもつ煮消費量をランキング化したらガンバサポーターは絶対上位にくるはず。お願いランキング(テレ朝)にハガキ出しとく。そういやテレ朝つながりで試合前のピッチに竹内アナらしき人物がいたね。狙ってる選手とかいるんかな。・・・下世話な話ですいません。

213_convert_20100501221734.jpg
快晴のカシマスタジアム


で、試合。ナイスゲームをしたんだけど負けた。やられた2失点は共にセットプレーだし、自らに敗因を探すのは難しい。ガンバの選手達は良くやったと思うし、皆もそう思ってるからこそ試合後は拍手で選手を見送ったんだと思う。鹿島は強い。一昨年くらいの対戦からJリーグでは唯一チームとしての完成度に差を感じる。各選手のプレーの判断が的確で連動もしてる。特に岩政ー中田ー小笠原ーマルキーニョスのセンターラインは強烈。その中でも小笠原の守備力(攻守の切り替え)は強く印象に残ってる。最近、メディアを賑わせてる「小笠原をW杯メンバーにキャンペーン」も納得の出来。あと、中田も前半は特に明神ばりに効いてた。共にベテランだけど、経験からくる読みが鋭いのかポジショニングが絶妙やね。・・・・なんかインパクトがある選手ってベテランばっかりやな。

ガンバも相手が鹿島という事もあって例のごとく緊張感のある集中したゲームをしたと思う。攻撃も3-5-2の特徴であるサイドを使った効果的な攻撃が出来ていたし、ミチも珍しく(?)するどいクロスあげていて良かった。得意の中央突破もルーカスにボールがおさまった事もあって宇佐美やフタが前を向いてプレーできたし期待感あった。強烈なフィニッシャーがいないので恐さという部分ではまだ物足りないけど、将生が戻ってくれば・・・とは少し思った。チーム状況が良くなっている今の状態で将生がどう絡めるのか楽しみではある(期待感ゆえ求めるハードルが高くなっちゃっているのは少し可哀想だけど)。将生は途中出場やろうけど、4-4-2での2列目宇佐美ーフタライン&将生の絡みはかなり楽しみにしてる。

最後に星原初ゴール。将生といい、星原といい、若手が結果を出しちゃうのが今年のガンバ。交代のファーストチョイスだった事から考えても西野の期待感もありそう。トータル面ではまだまだ物足りない部分も多いからスタメンは厳しいけど、俊足という一芸を持っている選手だけに出場機会はそこそこ与えられそう。大塚との序列が逆転している感もあるし、結果次第ではチャンスがもらえるという若手の間では刺激し合えるいい状況になってるんじゃないかな。

調子が戻ってきているだけに次節は絶対結果を出したい。いい気持ちでACLへ!私も東京から万博参戦します。翌日の仕事?勿論、有給取りました。今年は人よりちょっと長めのGWです。ACLラウンド16韓国遠征は我慢するんでこれ位はいいでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。