ACLグループリーグ第4戦 VS アームド・フォース

ACL第4戦

ガンバ大阪VSアームド・フォース
      3-0


得点者

28分:DF 13 安田理大
55分:FW 14 平井将生
90分+3:FW 15 ゼカルロス


先日、W杯前に南アフリカについて理解を深めるのもいいかなと思って映画「インビクタス~負けざる者たち~」を観てきました。最初から最後まで映画を観る前に想像していた通りの内容で、いわゆるスポーツの力が人種の違いを超えて皆を1つにするいう実にベタなストーリー。ただ、なぜだろう・・・泣けた。笑。特にラグビーW杯決勝の前に南アフリカ中の人がスタジアムの内外でラグビー南アフリカ代表を応援するシーンは過去の自分の経験とシンクロして普通に鳥肌立ってしまった。やっぱりスポーツって・・・・素敵やん。

と、いう事で今日の試合。

今日は運良く6時過ぎに退社できたのでキックオフからTV観戦。解説は安太郎。とりあえず言いたい事が纏まってから話した方がいいね。個人的には好きな解説者なんだけど、やっぱり真剣に試合を観る時は解説が邪魔になってしまう。なんでも話せばいいってもんじゃない。

この試合のハイライトはやっぱりゼ・ゴール。あの喜び方は格下相手の3点目(しかも、相手DFに当たって入ったラッキーゴール)のそれじゃない。笑。暗い情報が多い今のチームの中で久しぶりに笑顔になれるシーンだった。もうダメだと思っていても、何かを期待せずにはいられないオーラをもっとる。ミネイロしかり、ゼ・カルロスしか関西人は面白キャラに弱いからなぁ。愛されキャラにはなりそう。

ただ、実況の人が言ってた情報によるとキャンプからは8キロやせて現在92キロだけど、ベストは85キロとの事。もしかすると、そこまで落としたら本当の力を発揮し始めるのかもしれん。しかし、このオフに一体何があったんだ。ちなみにその情報を聞いた時に松木が発言した「たくさん食べたんですねぇ」は秀逸解説でした。さすがです。

チーム全体でいうとポストの不運もあるもののまだ迫力不足。調子のいい時のガンバは細かいボール回しの中に1つ意外性のプレーが混ざって、それをきっかけに決定機をつくれてたけど今の攻撃はそういう意外性のあるプレーが少ない。ルーカス、ヤットがそういうプレーの役回りをする事が多かったけど、ヤットが不調となると現状誰も変化をつけられない。どの選手も想定通りのプレーをしているのが今のガンバだと思うので、その中で変化を期待したいのはジェジン。ポストプレーもフリーな選手へのバックパスが最初の選択肢のような状態でFWの選手なのにボールを持った時にゴールの恐さがないのはダメだろ。前から書いてるけど、もう少しゴールへの意識&リスクを負ったプレーを期待したいところ。全然大人しい。もっと他の選手に要求してもいいと思うし、韓国の虎というコピーに負けない激しいプレーをするジェジンが見たい。

現状、メンバー的にも状態的にもすぐにチーム状態が向上するとは思えないのでジュビロ戦もなかなか厳しい戦いになりそう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第4節 VS ベガルタ仙台

Jリーグ第4節

ガンバ大阪VSベガルタ仙台
      2-2

得点者

79分:MF 7 遠藤保仁   54分:MF 10 梁勇基
85分:FW 14 平井将生   90分+1:MF 10 梁勇基


こんばんわ。こ~@G-MAILのポジティブさが開き直りに見えてしまう です。今週の試合も昨日夜まで仙台出張だった事もありスカパー!観戦。その出張では楽天イーグルスホーム開幕戦観戦のために初めてクリネックススタジアムに行ったんだけど、その話は来週にでも。

で、今日の試合。

将生のゴールが決まった時は久しぶりに鳥肌が立ったし、「これでトンネルも終了や」って確信したんだけどね。智の復活もあって今節はポゼッションも握れたし、将生の質の高い裏への飛び出しから数本決定機も作れた。前節同様、将生の存在でフタが活きてるし、中盤の選手の飛び出しからのチャンスも作れた。細かいミスはまだ多いものの、らしいサッカーは少し戻ってきた。

ただ、もう4節で内容が良くなってきたと喜んでる場合ではないし、結果を求めている中で昨年同様に前半戦で勝ち点を落とすという展開になっているのは本当にもどかしい。下馬評を考えるとセレッソ・新潟・仙台に勝ち点3はかなり痛い(逆に強豪との対戦がなくて良かったとも考えられるけど)。今日の試合もセレッソ戦同様に前半で勝負を決められた展開。良くなったと言っても前節からの比較であって、決定機・シュートの意識・・・etc.まだまだ物足りない。ジェジン、ゼ・カルロスと本当はFWの軸にならないといけない2人のプレーからはゴールのオーラは全く感じない事もこのドローという結果に暗い影をおとしてる。FWだけじゃないけど、チームの状態が悪い時だからこそ、もっと貪欲にゴールに向かう気持ちを見せて欲しい。ジェジンもチャンスメイクではなくゴールを期待しているんだけど、現状、サイドからのクロス以外でフィニッシュの姿を想像できない。で、ゼ・カルロスは本当にプレーを見て獲得したんか。見た感じあの重すぎるプレーはコンディション云々のレベルじゃない気がする。プレースピードが現役選手のそれじゃない。正直、もうダメだと思ってる。

ルーカスが戻ってきたところでフィニッシャータイプではないので結局、将生にかかるゴールへの期待は必然的に高くなる。なんか酷な気もするけど、やってもらうしかない(ドドと宇佐美も頑張れ)。出場時間を重ねるのと比例して自分の特徴を知ってもらって、得意の形みたいなのが出てきたらいい。ルーカスが持ってきたら、平井とのコンビネーションを含め、08年のシーズン後半みたいにチーム全体で点を取る形を構築してやっていく感じになるかね。絶対的エースがいない以上、決定機を沢山つくるしかないわな。今年は厳しいシーズンになるかもしれん。

最後に1失点目につながるファールについて。スローで見てもファールに見えないし、あれをファールとすると、もはやサッカーにならないだろ。今回のプレーも今年から厳しく取り始めた「手」のファールだと思うけど、この基準が本当に日本サッカーレベルアップにつながるとは到底思えない。正直、この試合もあのファール以降は手の使い方ばかりに意識がいって少しでも手を使われたら「こけろ」って思ったし、そういう部分にばっかり目がいってしまうのはサッカーにとって不幸以外の何物でもないね。減ってきたシュミレーションがまた増えるような気もするし、審判の皆さんの今までの努力・成果を台無しにもしかねない基準だと思う。

来週はアウェイ・磐田。エコパ開催が続いていたからヤマハは楽しみやね。リーグ初勝利を見届けに3週間ぶりに現地参戦します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

ACLグループリーグ第3戦 VS アームド・フォース

ACL第3節

アームド・フォースVSガンバ大阪
          2-4

得点者

33分:FW 9 ERWAN GUNAWAN   7分:FW 14 平井将生
63分:MF 5 NIKLAS SANDBERG   46分:FW 14 平井将生
                       70分:DF 2 中澤聡太
                       81分:FW 14 平井将生


とりあえず結果が出て良かった。正直、内容的には相手に合わせてしまったのか、人工芝に慣れなかったのか、危機感を全く感じないぬるい時間帯も長かっただけにこの勝利が好転のきっかけになるかどうかは分からないけど、ショーキのハットトリックや途中出場の佐々木、武井の頑張りなど何かチームに勢いをもたらしてくれそうな部分があった事も事実。次節が大切。

この試合は佐々木。前節前半交代の悔しさか今日は1人だけキレキレでチーム全体に勢いを与えてくれた(ペドロ観てる?)。サイドに張らせたのも正解で、マッチアップの相手は全くついていけてなかったね。1人だけリズムが違うプレースタイルでいい意味で浮いてた。前半、相手ゴールに背を向けてトラップする選手が多い中で佐々木の前にボールを運ぼうとするスタイルは気持ちが良かったし、その意識が後半の3得点につながってる。ガンバで期待感のあるクロスを上げるのは佐々木だけなので、後半はどことなくジェジンの顔がイキイキしていたように見えたのは俺だけ?笑。佐々木のクロスに合わせるジェジン、裏にぬける動きでフタのスルーパスに反応しようとする平井、久しぶりに連動性のある攻撃を見たよ。ただ、ジェジンがらしくない決定機逸機が続いているのが残念。ゲームには入れないけど、ゴールは決めるのがジェジンだったのに。守備すると決定力落ちるの??

ラストトピックスとしては、ゼさんが20分強出場。今の体型はほぼベストなんかね?まだ重そう。気持ちはあるけど、守備はきつそうだし、足も遅そう。フィジカル勝負の選手かと思えば、案外簡単にボールをはたくし、技巧派的なボールさばきで器用なシュートを打っていたりで個人的には見た目から想像するプレーイメージとのギャップを感じています。笑。イメージとしては得意技のひじ打ちで相手をなぎ倒して強烈なシュートをお見舞いする・・・・という感じだったんだけど。来日時は暴れ馬とか言われてなかったっけ?

しかし、強化部はどういう意図でこの選手を獲得して、どういうプレーを期待しているのか発表してくれればそうい目線で見る事ができるんだけど、いまいちプレースタイルもチームへのフィットの仕方も見えてこず。アジアでのプレー経験&実績だけを過大評価して獲得してそうで不安だ。ゼ・カルロスがチームにフィットしなかったら2連続外国人獲得失敗なので強化部責任者はクビだな。

そんなこんなでとりあえず祝・今季初勝利!アフターでのプッシングが多かったので怪我が心配だったけど無事怪我人がなく試合が終われたのもなにより。ガンバの皆さんにはいい気持ちで帰国してもらって、日曜の試合に備えてください。

P.S.今日、途中出場の相手GKはショウキの兄弟みたいな顔してたね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第3節 VS アルビレックス新潟

Jリーグ第3節

ガンバ大阪VSアルビレックス新潟
      0-0


こんばんわ。今のメディアの論調って「調子が上がらない」とか「本来の姿ではない」とかで、私含め多くのガンバサポも同じ感じ方だと思うけど・・・・1ヶ月後にはNumber Webあたりに「遅れた世代交代の代償」みたいなタイトルでコラムが掲載されるんじゃないかって不安を感じております。毎年恒例のスランプが今年はシーズン序盤に来ているだけと信じたい。ただ、マリノスとかジュビロが黄金期から世代交代に伴う低迷時期に差し掛かった時はどんな報道の流れだったんだろうか・・・・サポーターはどんな心境だったのだろうか・・・そんな事が妙に気になる今日この頃であります。

2週連続で帰阪によりお金がなくなったので今日はスカパー!観戦。しかし、今日の試合はTV観戦に耐えられる内容じゃないね。ちょっと前半眠たくなってしまった。それくらい「ワー」「キャー」言うシーンがなかったって事です。ハッとなるのは新潟マルシオのシュート時くらい・・・ポストさん今日はありがとう。ただ、試合が終わった後はどっと疲れた。ちょっとふて寝して、予約してた荷物の再配達を受け取り損ねた。(佐川急便さんすいません)

システムは本日より4-2-3-1を採用。まあ、ここまでの2トップの絡み、チーム全体の出来を考えれば当然の判断かなとも思う。ただ、そのシステムも機能せず。ワントップと2列目の選手達が上手く絡めずルーカス孤立。今日も連動性乏しいサッカーを展開。怪我(?)の佐々木に代わってワントップにジェジンが入ってからは多少スムーズになったかなと感じる時間帯もあったものの、ゴール前での迫力・アイデアにバリエーションが出たとは思えず。もうこりゃしばらく耐えるしなないな。私、覚悟を決めました。ただ、ブーブー文句は言うと思います。笑。

悪い事は重なるものでルーカスは怪我するわ、ペドロは逆ギレするわで、後味も悪かった。しかし、ペドロは4-2-3-1のあのポジションで機能できないとなるともう希望ないな。てか、新潟ではどうやってあんなに点取ってたんだ。途中出場途中交代は当然の結果で、あの態度を見て反省がない事(プレーが全然変わらない理由)が少し垣間見えた気がする。今のFW陣を考えると本当は彼がストライカーにならないといけないんだけど、正直「もう中東に売れよ」って気になった事は否定しない。少なくともサカつくの世界なら既に売り飛ばしとる。平井・ジェジン(ゼ・カルロス)が現状ではとりあえずの固定2トップって感じかねぇ。

このタイミングで気持ちの切り替えができるACLがあるのは逆にいいんじゃないかって思う。一昨年もACLをきっかけに立ち直った事があったし、次節は明らかに実力が劣る(はず)シンガポールのチームだし、ここで大量得点をきっかけにゴールへの感覚を取り戻してくれればいい。と、覚悟を決めたと言いながら、早速、早期の立て直しを期待する矛盾発言炸裂したところで今日の記事は終了します。

皆さん、よい連休を!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第2節 VS セレッソ大阪


Jリーグ第2節

セレッソ大阪VSガンバ大阪
      1-1

得点者

71分:FW 9 アドリアーノ      65分:MF 17 明神智和


こんばんわ。大阪ダービーから東京に帰宅してまいりました。しかし、ヒドイ試合だった。今季5試合目にして今シーズンワーストゲーム候補にノミネート。ひどく疲れました。しかも、現在、15日の午前3時半。うん、明日は午前休にしよう・・・なんて出来る訳もなく、今週は心身共にハードな1週間のスタートとなりそう。

今日は朝10時ちょい前に長居に到着。場所を確保した後、電車ジャックに参加しようとかとも思ったけどツレが電車寝過ごし&いい天気だったのでまったり過ごす事に。電車ジャックって実は参加経験ないんだな。来年は是非。もしくは人が集まりそうな関東の試合でも是非。

ダービーは4年ぶりという事で関西メディアではそこそこ報道もあったらしく約4万人の集客。ただ、明確な記憶がある訳じゃないけど、4年前はもっと盛り上がっていたような・・・・。もしくは、この4年間でナビスコ決勝、ACLレッズ戦、クラブW杯マンチェスターU戦、天皇杯決勝・・・等々、今日のダービーよりも圧倒的に高揚感・緊張感を感じられる試合を経験した事で良くも悪くもこれ位の盛り上がりじゃなんとも思わなくなってしまったのかね。Jリーグの考え方とは違うんだろうけど、個人的には殺伐とした雰囲気のスタジアム・試合の方が好きだ。ダービーの前に応援に関する警告が出たけど、今日の試合も一番盛り上がったのは家長に対するブーイングだったりする訳だし(?)、そういう楽しみ方を認めてもいいと思うんだけど。

長居スタジアム1
開門前の長居スタジアム。皆、早くから来て気合い入ってます


長居スタジアム2
多分、世界陸上以来の長居スタジアムでのスポーツ観戦。お客さんも沢山入りました

で、試合。

攻守共に不安定でこのチームのどの辺が「成熟」なんだと思う。シーズン前の準備期間が少なかったとはいえ、ほぼ去年からのメンバー。去年の後半はいいサッカーが出来ていたのになぜ1カ月弱のオフを挟んだだけでこんなにチームの完成度が落ちてしまうか理解できん。昨シーズン勝てなかった時期と同じようなオーラを感じる。その経験があるから前半戦の重要性も理解しているだろうし、自分たちのスタイルに固執する事なく試合状況に応じて臨機応変に対応できるチーム力を身につけたと思っていたのに・・・。主力の年齢が年齢なだけにこういう停滞は本当に不安になる。

攻撃はもうダメだ。裏に抜けれない2人をFWで並べる布陣は恐さを与えられない。今の2トップはボールを足元でもらっても1人で突破できるタイプでもなく、サイドからクロスが入る訳でもない状態でフィニッシュを考えるとあの2トップである必要性があまりない(まあ、西野も悩んだ末の消去法的な人選のような気もするが)。無理して2トップに固執する必要もなく、4-2-3-1でコンディションはそこそこ良さげでボールは収まるジェジンをポストプレー要員にペドロ、佐々木などを2列目に起用して中盤の追い越しを期待するエースFWがいなくなった時のガンバの常套システムでいいんじゃないかって。今の攻撃陣は役割分担もチームとしての攻撃方針も全部中途半端な感じ。

守備もダメだった。前半から基本的には裏へのスルーパス狙いで同じような攻撃パターンにも関わらず後半にやられまくるのはどうなんだ。乾・香川のテクニック・リズムは独特で確かに捕まえにくい部分はあったと思うし、攻撃を考えてのあの守備だとは思うけどリスクが大きすぎる守り方だったんじゃないかな。正直、1-1の状況でも攻撃的な選手より武井を入れて中盤の守備を安定させて欲しかった。平井を入れたんだし、ラインを下げて守るという選択肢もあったと思うんだけど。

今日は試合全体としても細かいミスが沢山でる締りのない試合だった。お互いのチャンスが相手のミスからのような展開でガンバも明神を中心に中盤でボールを取れてハーフカウンターを仕掛ける場面は多かったけど、ルーカスにボールが入っても、ジェジンにボールが入ってもスピードはあがらずバックパス・横パス・・・。ハッシーは追い越す動きを続けててさすがの戦術眼・運動量だと思ったけど、1人ではいかんともし難いね。今日のダービーは満足できる点なし。

はぁ・・・・お米炊いて寝よ。

P.S.今回のエントリから写真がデジカメ撮影になっております。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

ACLグループリーグ第2節 VS  河南建業

ACL第2節

ガンバ大阪VS河南建業
      1-1

得点者

35分:FW 9 ルーカス    3分:DF 28 チャン・ルー


18時30分に我が家最寄り駅到着→吉野家で晩飯→家でACL観戦のスケジュールをたててたのに会議が終わったのが18時30分ときた。そして、席に戻るなり内線。ちなみに今日早く帰れるように昨日は終電まで頑張ったのに・・・・平日開催は20時キックオフ案を提出します!と、いう事で今日は前半30分から観戦。TVつけたら0-1で負けてるわ、解説者はネガティブ発言連発するわでそんなに前半30分まではひどかったんかいな?再放送で確認しよう。

結果は1-1。前節の引き分けは人によって感想が異なるゲームだと思うけど、この試合に関しては完全に勝ちゲームをドローにしたという印象。1位突破を目指す上では中国のチーム相手にホームでドローは痛いなぁ。ただ、内容はそこまで悪かったとも思わず、前節孤立のジェジンにもいい感じでボールが入っていたし、らしい中央突破のシーンもチラホラ。中央にボールを集めつつも要所要所でサイドに流してからの攻撃も左右バランスよくいけていたし、フィニッシュ(&ラストパス)の部分だけなんだけどね。まあ、そこが一番肝なんだけども。個人としてもチームとしてのその部分のアイデアには欠ける攻撃は続いているんで、日曜日までの3日間はその辺りも調整してゴールラッシュを見せて頂きたいと思います。(※ミチの空回りはご愛敬。消極的なミスじゃないんでブーイングしないで、大目に見てあげて欲しい。笑)

今日はゼ・カルロスがガンバデビュー。プレーからはあまりキレは感じず、まだ太り気味?タイプも積極的にシュートを打つシーンなんかを見ると単純なポストプレイヤー&空中戦要因ってだけじゃなく、オールラウンダー的な感じかも(期待も込めて)??プレー時間が短かったので今日はそこまでの見せ場なし。とりあえず、しばらくはケンカ要因で。笑。個人的にはスピードのない選手の2トップはどうかなと思うんで、ルーカスがFWの軸である事を考えると相棒はペドロに期待したい。ただ、相変わらずハイリスクローリターンな位置でドルブル突破を仕掛けて、とられて、カウンターみたいなシーンもあるし、時間をかけて連携を深めていくというよりも単純にチームとの相性が悪いのかなという感じも・・・平井頑張れ。完全に今が彼にとっての今シーズンのヤマ場。(そんな事を言いながらゼ・カルロスの覚醒にも期待していたりする)

そんなこんなで今日の結果は残念だけど内容的にはそこまで悲観する内容でもなく、今シーズン初勝利は弱い方の大阪から勝ち取って皆で大喜びしましょう。で、ダービー前にクラブHPにリリースされた警告はごもっともなな内容だと思うし、ああいう警告を出さざるをえない過去がある事も事実なんだけど、ナーバスになり過ぎるのもクラブ・サポーター・ファンにとってもったいない気がする。まあ、クラブに迷惑がかからない程度に大盛り上がりできたらいいね!!

あと2日仕事ガンバろ~。

P.S.日本のサッカーのレベルを上げるために「審判も世界基準にしろ」とか「まずは指導者を育てよう」とか色々な角度からアプローチするのは素晴らしいと思うけど、個人的にはサッカーファン全体の底上げという意味では「解説者」のレベルアップを頑張って欲しい。解説しているチームに対する勉強不足が垣間見える人も多いし、毎試合同じ事ばっかり言う人も多い。アウトプットが下手なだけなのか、元々引き出しが少ないのか。サッカー中継見ても何も新しい知識を得られない。サッカーブログ読む方がよっぽど勉強になる。素人相手の解説の時代はもう終わったと思う。少なくともACL観ているような人の多くはそこそこサッカー詳しいはず。とりあえずJリーグを経験していない世代の解説者陣は「古田の方程式」を見てスポーツの奥深さを面白く語る術を学んだらいい。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第1節 VS 名古屋グランパス

Jリーグ第1節

ガンバ大阪VS名古屋グランパス
      1-2

得点者

21分:MF 10 二川孝広   14分:FW 11 玉田圭司
                  68分:FW 16 ケネディ


こんばんわ。こ~@山手線の車内TV画面で流れる潤工社のCMが妙に気になる男 です。山手線車内でこのCMが流れた時はなぜか毎回凝視してしまいます。多分、気になっている人も多いはず。なぜならヤフーで「潤」と入れると「潤滑油」の次に「潤工社」が候補ワードとして表示されるから!笑。皆、山手線であの動画を観て家で検索したに違いない。あのCM広告制作前と後の潤工社HPのアクセス数を教えてもらいたいもんだ。この動画は潤工社HPでも見る事ができるので関西在住のガンバサポの皆さまは是非。http://www.junkosha.co.jp/cm/index.html(⑦番の動画です)

そんなこんなで毎回サッカーと関係ない話題からスタートしていますが、開幕戦に私も参戦してきました。やたら高い気温設定の夜行バスで寝汗をかきまくりながら(降りたら寒くて二重苦)、私が乗った時にはすでに前の席の人が限界まで後ろに席を倒していて窮屈な思いをしながら・・・・大阪帰るのも一苦労です。今まで何十回と夜行バス遠征を繰り返してきたけど快適だった記憶は一度もないですな。遠征マスターの皆さんに何か快適に過ごせる秘策があれば教えて下さい。

万博到着は14時頃。狭い万博ゴール裏でそれなりの場所を確保するとなるとこの時間がギリ。一緒に観戦予定の高校サッカー部時代の後輩(現在はプロゴルファー目指し中)が来るのが開門後という事もあって1人で美味G横丁グルメや毎回遠征前には購入する雑誌を読んで開門待ち。平日はTVばっかり見てる人間としては開門前や移動中などサッカー観戦に伴う読書(情報収集)の時間が密かに気に入ってたりもします。そんなこんなで試合スタート。

201003061427000.jpg
14時過ぎくらいの万博の様子

Jリーグの日程が発表された時、開幕で名古屋と当たるのは正直ラッキーと思ってた。大量補強で強くなるであろう名古屋に連携面が整う前に戦えるのはアドバンテージだと。しかも、より連携が求められるセンターバック(闘莉王)の部分での入れ替え(しかも、代表合宿等で通常よりもチーム練習ができていない)なので、これは結構突けるかな、と。結果はフタの個人能力による1点のみ・・・後半は決定機もほとんどつくれない内容乏しい開幕戦に相応しくないゲームとなってしまいました。もう連戦の疲労?

凡戦になった理由は名古屋の完成度は思ったより高かったのがまず1点。選手が変わってもやろうとするサッカーは変わらず、能力の高い選手が入った分だけチームとしてのクオリティがそのまま上がるんじゃないかって印象。ケネディは止められない。チーム全体としてケネディの使い方もしっかりしてるし、強いチームはやろうとしているサッカーが相手にも伝わってくる。

もう1点はガンバの攻撃のバリエーション、迫力。ここ2試合はシーズン序盤という事もあって「シーズン序盤にしては」という少し甘い目線で見てたけど、シーズン3戦勝利なしで、シーズンを先に始めている完成度の差で勝負したかった相手に逆に迫力負けした事は悔しいし、痛い。試合後のブーイングは当然で選手には危機感を持ってもらえたらいい。

しかし、なんで攻撃に迫力がでないのかね。前半はそこそこチャンスも作れてたのに後半は一気に失速した感じ。やっぱり(?)ラストの部分は1人かわせるストライカーに頼りたい気もする。昨年から書き続けているけど、ルーカス・ジェジンの2トップはあまりいい組み合わせではない気がするんだよなぁ。スピード感や1人で打開できる期待感が薄い・・・まあ、好みの問題もあるやろうけど、チームとしてジェジンを活かしきれていない以上、フィニッシュの役割をジェジン1人に多くを任せてしまうのはどうかな。ルーカスは1.5列目でMFとFWをつなぐようなイメージだし。フタがキレているのもあってスピード系のFWを一枚入れて欲しい。ペドロはまだか。

ジェジンもコンディションは悪くないんだろうけど、ゴール前で高さを上手くチームとして使えないし、消えている時間も多く、チームにどこまでフィットできるか不透明。ポストプレーもシンプルにはたく場面が多いし(別にいいんだけど)、相手を背負いながらタメをつくるとか、反転して自らシュートを狙うとか、シュートの意識やプレーの引き出しをもっと見せて欲しい気はする。決定力も実績も高い選手だけに期待感は物凄くあるんだけどなぁ・・・。この試合で一番期待したのがどんな選手かよく知らないドドの個人技だったというのは少し寂しい。

ダービーは相手が弱すぎるんで大丈夫にしても、昨年同様序盤でつまづくという同じ過ちは繰り返して欲しくない。W杯までに鹿島戦も川崎戦もあるし、チームのメンバーも変わってないんだし早めに調子を上げて欲しい。と、いう事で私は来週も懲りずに夜行バスで大阪に向かうのであります。(帰りは新幹線)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

サッカー検定を受けてきた話~東京マラソンを横目に~

こんばんわ。こ~@東京マラソンを走っていた西尾アナは本当に可愛かったと思う です。日テレ社員の皆さんは月曜日の会議で西尾アナ東京マラソンドキュメンタリー番組の緊急編成&DVD化を真剣に議論した方がいいと思います。ゴール直前で西尾アナの前を走って正面からのカメラ映像で西尾アナに被っていたコスプレ一般ランナーは猛省して下さい。笑。

そんな東京マラソンが行われた2月28日、密かに『サッカー検定』なるものを受験してきました。世間は今、検定ブームです。ご当地検定はもはや当たり前、「ラーメン検定」に「犬の飼い主検定」が成立する時代なのです。「そんな検定取ってどうするの?」と思ったアナタ、その感想は野暮ってもんです。意味なんてないんです。なんとなくです。暇つぶしです。検定料5000円もするんです。そんな私のサッカー検定体験記を今日はお届け。

東京都民の私の試験会場は市ヶ谷と飯田橋の間らへんにある法政大学。関東の大学は上京してから初めて行ったけど本当にビルみたいな校舎なんだね。私の隠れ母校である代々木ゼミナール(予備校)みたいな造り。敷地が狭いから休み時間に友達とフリスビーする広場もないし(した事ないけど)、たこ焼き屋台車もいないし(関東じゃ需要少なそうやけど)、大学付近にパーキングもないし(車通学禁止だったけど)、色々不便そう。笑。なんか落ち着いて勉強するような場所じゃないよね。まあ、大学で勉強した記憶あんまりないんだけど。

会場看板
入口には看板が立てられております


ところで、サッカー検定を受けるために飯田橋駅に着いた時、東京マラソン一般ランナーの皆さんがちょうど飯田橋付近を走っていて見物する事ができました。参加者は3~4万人との事やけど見た感じは10万人以上いるんじゃないかってくらい人の波が続いてて迫力があった。コスプレランナーも全体の2%くらいいるんじゃないかってくらい沢山いたのも印象的。皆、勇気あるわ。芸能人が苦しい顔で走ってて、徳光さんがお涙頂戴コメントで感動を作っているのに隣でふざけたコスプレ一般ランナーがチャラけてるシーンはもはやコントだもんね。これは東京マラソンの伝統にして欲しいもんです。

飯田橋付近
ランナーの皆さん、悪天候の中お疲れ様でした


話が逸れました。

教室に到着すると実に幅白い世代の皆さんが続々と。この世代の広さがサッカーの魅力・歴史を物語ってる気がした。ただ、男女比は圧倒的に男性の方が多く、スタジアムでの男女比を考えると少し意外な気も。教室の雰囲気は皆さんテスト開始のギリギリまでテキストを読んでいて非常に静か。なんか大学受験を思い出して少しナーバスになりかけた。笑。

校舎内
廊下はこんな感じ。なんか懐かしい。


私が今回受けた試験は5級から1級まであるうちの3級。現在のサッカー検定で受験できる一番上のレベルです。3級の問題は記述問題10問+4択の選択問題90問の合計100問。受験時間は1時間。問題のレベルは結構高いと個人的には感じたので1時間という時間設定はそれほど余裕ないと思います。ちなみに私、時計忘れて挑んだのでその辺りは差し引いてお考え頂ければと思います。苦笑。

4級までは基礎知識問題という感じだけど、3級からいきなりコアファン向けになっているという印象。試合の記録や活躍した選手名を問うありがちな問題に加えて、サッカー協会の規定を問う問題やJリーグ各クラブの経営状態を問う問題など問われる範囲も広く、公式テキストにも載っていない問題も多かったので普段からあらゆる媒体からサッカー情報を取ってないと今日の問題は難しかったんじゃないかな。公式テキストによると3級の合格ラインは8割らしいけど、合格する方は3級にしてかなりのサッカー通だと思います。合格率の予想は30~40%ってとこかな。今日の試験の問題はサッカー検定公式HP(http://soccer.kentei.asia/)に今週限定で公開されているので興味のある方は是非見てください。てか、これで受験者の大方の感想が「簡単だった」ならショックだ。苦笑。

問題用紙は現地回収&問題・解答も今週でカットされてしまうので記録用にいくつか実際に出題された問題を残しておきます。(4級の過去問も探したけどネット上にもほとんど出てなくて困ったので)


問.2008年度、借入金がないクラブはJ1・J2合わせて何クラブか?
A.9クラブ

問.2部制が導入された199年度以降で、J1・J2各クラブへの平均分配金がもっとも多かった年は何年度か?
A.2004年度(ワールドカップバブルの翌年じゃないかとか安易な考え方してました・・・)

問 都道府県サッカー協会とは、各都道府県におけるサッカー界を統括し、各都道府県におけるサッカーの普及および振興を図る組織である。都道府県サッカー協会に関する記述で、誤っているものは次のうちどれか。

 ①都道府県サッカー協会の名称には、「都」、「道」、「府」または「県」を明示しなければならない 
 ②都道府県サッカー協会は、議決機関を保有しなければならない
 ③都道府県サッカー協会は、支部を保有することができない
 ④都道府県サッカー協会は、執行機関を保有しなければならない



その他、リーグ全体でのサポーターシーズンパス所有率や観戦者平均年齢、J2クラブ平均営業収入などを問う問題も出てきます。この辺りはちょくちょく報道される情報だとは思うけど、上2つの問題は能動的に情報を取りに行ってないと厳しい。また、サッカーファン歴がものをいうような問題も。

問 日本サッカー協会の初代会長から4代会長まで、正しく歴代順に並んでいる記述を選べ。(※赤字が正解)

 ①今村次吉→高橋龍太郎→野津謙→深尾隆太郎
 ②今村次吉→野津謙→深尾隆太郎→高橋龍太郎
 ③今村次吉→深尾隆太郎→高橋龍太郎→野津謙
 ④今村次吉→高橋龍太郎→深尾隆太郎→野津謙



・・・知らね~よ。日本代表関連の問題もちらほら。

問 2007年7月に行われたアジアカップのオーストラリア戦における日本代表の戦術・選手起用に関して、誤っている記述を選べ。この試合、日本代表は1-1(PK5-4)で勝利している。

 ①この試合のゴールキーパーは川口能活だった 
 ②日本代表の選手交代が行われたのは延長戦に入ってからだった 
 ③加地亮→今野泰幸、中村憲剛→矢野貴章、巻誠一郎→佐藤寿人という交代があった 
 ④阿部勇樹、遠藤保仁、鈴木啓太、中村憲剛、中村俊輔が先発出場した


問 1994年に日本代表監督を務めたパウロ・ロベルト・ファルカンの経歴、戦術・選手起用に関して、誤っている記述を選べ。

 ①采配初戦となるキリンカップでは、両サイドバックに森山佳郎と遠藤雅大を起用した 

 ②采配初戦となるキリンカップでは、柱谷哲二と浅野哲也のダブルボランチを起用した 
 ③ファルカンはブラジル代表監督として、コパ・アメリカで準優勝している 
 ④アジア大会では、前園真聖、北澤豪、岩本輝雄、澤登正朗のうち3人と柱谷哲二を中盤で起用した



この辺りがギリギリ。明確な記憶がある訳じゃないけど、オシムはアジアカップで選手交代をあまりしなかった印象が残ってるし、ファルカン時代はたまたまガンバの選手が沢山選ばれたタイミングだったので記憶にある。サイドバックは今ちゃんと岩本テルだよね?あれ・・・違う?笑。

あと、個人的に難しかったのが今回の検定が「Jリーグ検定」ではなく「サッカー検定」ゆえに海外サッカーについても問題が出てきた事。ただでさえ海外サッカーに疎いのにW杯はリアルタイムの知識はアメリカ大会からしかなく、各大陸の大会なんかはそれ以上に記憶がない。1998年のアフリカネージョンズカップの順位聞かれても全然分からなかった。興味&記憶がない事もあってこの辺りは公式テキストに乗っている情報だけど全然頭に入ってなかった・・・。

問 CAFアフリカネイションズカップの開催年、開催国、優勝国、準優勝国の記録に関して、誤っている記述を選べ。

 ①1957年のスーダン大会ではエジプトが優勝。準優勝はエチオピアだった 
 ②1998年のブルキナファソ大会ではエジプトが優勝。準優勝はブルキナファソだった 
 ③2006年のエジプト大会ではエジプトが優勝。準優勝はコートジボワールだった 
 ④2008年のガーナ大会ではエジプトが優勝。準優勝はカメルーンだった



最後に地図問題も数問。第1回ワールドカップの開催地を地図上から選ぶ問題は私、パラグアイ選びました・・・。もはやサッカーの知識というか一般教養の無さの様な気もするけど。私、日本史専攻なもので見逃してください。苦笑。

ちなみに自己採点の結果は60点前後だと思います。鉛筆転がして正解した問題もあるので実際の知識的には50%くらいかな。合格ラインの8割にはほど遠い・・・と、いうか合格できる気がしない。とりあえず「釜本邦茂」の「釜」が漢字で書けなかった自分はガンバサポ検定的にもまずいので漢字検定から出直してきます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。