2009-2010天皇杯準決勝 VS ベガルタ仙台

天皇杯準決勝

ガンバ大阪VSベガルタ仙台
      2-1

得点者

3分:FW 9ルーカス  58分:FW9 中原 貴之
65分:FW 9ルーカス


こんばんは。こ~@ボーナスでプラズマテレビを買った男です。もちろん、パナソニックのビエラです。ビエラ先生です(By のだめカンタービレ)。映画観ました。実はディーガも持ってます。ついに夢にまで見たビエラリンク実現です。8畳の部屋に42インチです。デカイです。これで来年のオリンピックもワールドカップもフルハイビジョンで観戦決定です。ブルーレイデビューも近いです。スカパー!もスカパー!HDにアップグレードしときました。ちなみにテレビ購入分の2万円強のエコポイントは全部おこめ券に変えます。嘘です。商品券が無難だと思っています。

と、いう事でも年末の恒例行事となった天皇杯準決勝@国立競技場に行って参りました。日の当たるホーム側だったので寒さは多少楽だったのですが、日差しはきつく元旦も晴れるならサングラスなどの何かしらの対策はあった方がいいかも・・・いう事を今日現地に来ていなかった人にアドバイスをしておきます。

天皇杯準決勝@国立
試合前のスタジアムはこんな感じ。眩しいです。前半、太陽を背中に向けるエンドを取れたのはラッキー

で、試合。

報道では聞いてたけど、まだ準決勝&年末とはいえ平日にも関わらず仙台サポーターがたくさん。ゴール裏はぎっしりで試合前のチャントの声量からも勢い溢れまくり。仙台(宮城)関連(?)のメディアもたくさん。念願のJ1昇格を決めて、強豪川崎を倒して、ここ勝ったら未知なる元旦決勝という事でテンション上がっていたんだろうね。確かに初ファイナルの興奮はやばいからね。私も05年ナビスコ準決勝終了時の興奮は一生忘れないと思う。実感がなかったくらいだからね。あの時は勢いあったなぁ。ただ、サッカーにおいては経験値が勢いを凌駕してしまう事が多いんだな。勝ち方というか、中村俊輔風にいうと引き出しの多さというか、一番大きいのはメンタリティかな。

今日の試合は2-1という僅差だし、内容も一方的という訳ではないけど負ける気はしなかった。実際、先制点後にスローダウンして同点を食らった後、流れが仙台に傾いてもおかしくない展開でガンバがポゼッションを取り返して勝ち越し点を挙げた展開を見てもメンタリティの強さや底力の差はあったんじゃないかな。1-1になった段階でがっくり&バタバタしちゃうのが数年前までのガンバだったけど、色んな経験をして円熟期を迎えている今のチームにそんな雰囲気は少しもなかった。サポーターも当たり前のように勝ち越しを信じてる雰囲気があった。

ただ、欲を言えばいい立ち上がりで先制点も取れた展開の中でスローダウンをせずに早めに追加点をとって、もっと楽にゲームをコントロールして欲しかった。いい流れでの先制点後にスローダウンする癖は強い相手には危険だし、実際それで負けてるゲームもある。実はそういう意味では名古屋は格好の相手。リーグ戦で実際にそういう展開でホーム&アウェイ共に負けてる相手。最終的には松代のミス絡みだけど、そこに至るまでの過程が問題。最後の最後で最高の追試験相手ゲット!!これは圧倒して終わるしかないね。

ポイントは西野の選手交代のタイミングだと思ってる。監督が試合に影響を与えられる数少ない方法なんだし、追加点を取りに行くにしても、試合をクローズさせにいくにしても、交代という方法でメッセージを選手にもっと伝えてもいいと思う。ここがガンバの来季の最大の課題なような気もする。播ちゃんをどう使うか見ものやね。ガンバラストという意味でも、上手く裏に抜けられるという意味でも今のメンバーから考えると、展開次第では使わないと損なカードだと思うんだけどね。まあ、名古屋は今オフ大型補強をしているし、来年のACLのライバルになりかねない。今のうちに叩いて出場権奪っておきましょう。

最後に今日の試合でついにGK・木村がデビュー。ファインセーブの機会はなかったけど、ハイボールの処理など堂々としたプレーで安定感があってよかったんじゃないでしょうか。試合後のパフォーマンスも新たなコメディアン登場の予感を感じさせる期待感がありました。笑。播がぬけて、木村が登場する。バラエティ部門では世代交代が順調に進んでいるようで、ホッとしました。今後の存在感UPを期待します。まあ、藤ヶ谷の壁は厚いかもしれないけど、彼にとって大きな一歩を踏み出した事は間違いないし、勝利で終われてホントよかった。選手やサポーターも上手くフォローできたと思うし、決勝戦ももし出場したら頑張って欲しい。名古屋戦という事で松代に締めてもらいたい気もするけど、苦笑。

それでは皆さん、元旦は一生懸命応援しましょう。年内最後のエントリとなります。良いお年を。

天皇杯準決勝@国立2

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

2009-2010天皇杯準々決勝 VS 鹿島アントラーズ

天皇杯準々決勝

鹿島アントラーズVSガンバ大阪
         1-2

得点者

44分:FW 9 田代有三     29分:FW 30 山崎雅人
                   69分:FW 30 山崎雅人

こんばんわ。こ~@忘年会のビンゴ大会に当たりまくる男です。とりあえず運が向いているうちに年末ジャンボを数年ぶりに購入しました。ところで、昨日もそうなのですが最近、試合帰りに駅で選手集団をよく見かけます(皆、スーツがよく似合ってます)。ファン・サポーターの方々がサインや写真をお願いするために選手の周りに集まる訳です。当然、たくさんのファンに囲まれる選手もいれば、シレーと通り過ぎる選手もいるのですが、その人気のバロメーターが男前度じゃなく試合の活躍度な気がするのは俺だけ?集まるファン・サポの多くが女性なので意外な気がする一方で、なんか健全な気がする。笑。

そんなこんなで昨日の鹿島戦。いつもより駅でのファン対応がフレンドリーだった気がしたのは勝利の満足度が高かったからでしょう!今年3敗だった鹿島にシーズンの最後でやっと雪辱を果たす事ができました!!今年も帰省が遅れる事決定!!

鹿スタ天皇杯

勝因は単純にモチベーションの差。攻守の切り替えとか球際の激しさが2週間前の鹿島とは違った。ちょっとしたミスや一歩目の速さみたいな些細はところで勝敗をが分けるこのカードにおいて今年の鹿島はそのあたりが非常にしたたかだったけど、昨日の試合は2失点目のシーンとか決定機をポスト・バーに当ててしまうとからしくない甘さを感じた。祝勝ムードの鹿島と、天皇杯にむけて決起集会を開催したガンバ。ガンバは勝たないといけない試合だったし、逆に鹿島は「まあ、しゃ~ないな」という気持ちもどこかに感じてるんじゃないかな。天皇杯なのにAWAY扱いという難しさはあったけど、明神をはじめ気持ちの入ったプレーでいいゲームを見せて頂きました。

ザキさんは2得点。昔の武田じゃないけど、なんか点を取る選手って重要。そこにいるって事が凄いし、もっと評価されて欲しい。これ!って武器がある訳じゃなく個人で打開するシーンが少ないからインパクトは多少薄いけど、つなぎの部分や守備の部分などでの貢献度は高いし、ポジションもマルチなのでチームには絶対必要。セカンドストライカーというか今のガンバだとルーカスの役割と少し重なっちゃう部分があるけど得点力ならひけを取らない。ルーカス2列目のザキさん+エースFWみたいな組み合わせなど、来年はあまり新加入が期待できそうにない中でクオリティの高いオプションが増える事が大切なので是非残留をお願いします!ただ、ルーカス・ザキさんの2トップはボールは微妙。ボールはつなげても最終的にどう決めるのかが見えない。悪癖の回すだけという事にもなりかねない。高さか裏に抜ける速さのどちらかは必要なのでジェジンか・・・播ちゃんに期待したいね。どっちも来年いないかもしれないんだけど。苦笑。

これで最低でも29日まではシーズンが続く事が決定。サポーター的には嬉しい半面、来年の超ハードスケジュールを考えると複雑でもある。今年の夏場の失速は去年のACL疲れが多少影響しているんじゃないかって気もするし。まあ、ここまで来たら29日も1日もあんまり変わらないから頑張って欲しいけどね。笑。決勝のチケットはもう買ったので選手も皆さん頼みますよ!!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします


Jリーグ最終節 VS ジェフ千葉

Jリーグ最終節

ガンバ大阪VSジェフ千葉
      2-0

得点者

28分:MF 7 遠藤保仁
58分:MF 7 遠藤保仁


こんばんわ。こ~@家でハムを焼く男です。先週の鹿スタ以来、ハムが自分の中で再評価されております。そんなこんなで、早いもので昨日で2009年のJリーグも終了しました。毎年恒例の事とは言え、シーズン終了時の退団・引退セレモニーはやっぱり寂しいものです。ガンバでのプレーをあんまり覚えていない斎藤大輔選手の挨拶ですらやばかった。また、松代が途中出場したシーンなんて勝手に「あぁ、引退するんだなぁ・・・」って決めつけて試合そっちのけで松代ばっかり見てうるうるきてた。出場直前にベンチの選手達のハイタッチを交わす場面なんてもう・・・・。まあ、結局今日の報道を見ると引退ではなく退団(戦力外)っぽいようで。チームキャプテンとしての挨拶後にてっきり仙石さんの「続きまして、松代選手から皆様にご報告がございます」的なアナウンスがあると思ってたから「まだかまだか」って。苦笑。

ただ、昨日の主役は播ちゃん。昨日万博に集まった2万人は試合を見に来ているというよりも播ちゃんのラストを見に来ている感覚だったはず。実際、試合終了後のお客さんの残り方が例年以上だった気がする。引退や海外移籍ではなく戦力外退団でここまで盛大に見送られた選手は記憶にない。皆、プレー以上に播戸という選手の存在・貢献度を認めていたという証拠だろうね。また、逆に播ちゃんもサポーターの事を大切に思ってくれているのが改めて伝わってきた。繰り返し行った「1・2・3バーン!」や「サポーターによる胴上げ」はお互いにとっていい思い出になったはず。たんたんとプレーする選手が多いガンバの中で播の存在は大きかったし、来年以降は播の分も中澤とかルーカス、智をはじめに皆でカバーしてもらいたい。で、最後天皇杯を取って播に有終の美を飾って欲しい。昨日の試合は次につながるとはいいかねる内容だったけど、昨日のセレモニーで播や松代のためにというモチベーションを新たに獲得したのは大きかったんじゃないかな。

試合内容はお互いに何もかかっていない試合はこんなものかなという感じ。松代や播ちゃんが登場していたりするし、全体的な内容については語るまい。個々に目を向けるとすると見所はジェジン・ザキさんの2トップでした。それぞれ要所要所でらしい(得点につながる)プレーはするのだけど、90分を通じてどう評価するかというと微妙。消えている時間や流れをとめるプレーがあったり、もう一歩迫力に欠けたり・・・。来年の補強としてはFWはペドロがいるいないに関わらず動かないとダメだろうね。来週からは補強と天皇杯の2軸でニュースを追いかけましょう。

と、いう事で残り天皇杯頑張りましょう!もちろん鹿スタにも参戦します。・・・バス混まなければいいな。

万博ゴール裏
試合前に行ったSB席&SM席合同のチャントは素晴らしい光景でした

播ちゃん万博ラスト
ゴール裏に登ってきて拡声器で挨拶する播ちゃん。違うチームでも活躍を!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします