Jリーグ第27節 VS 川崎フロンターレ

Jリーグ第27節

ガンバ大阪VS川崎フロンターレ
      2-1

得点者

16分:MF 7 遠藤保仁    41分:MF 29 谷口博之
75分:MF 7 遠藤保仁


ナイスゲーム!!個人的には今シーズンベスト。皆、気持ち入ってたし見ていて痺れた。後半の後半ルーカスの必死にボールを追いかける姿に本場のサッカー魂に震えたねぇ。後半戦は技術より気持ちの入ったプレーに魅せられるのは例年同様。上記の理由により中澤の存在感が私の中で高まりつつあります。この日はロングフィードでも存在感みせてたしね。視野広がってるよ~まだまだ伸びしろがあるのは素晴らしい!とりあえず、先週発売のエルゴラ中澤インタビューはラミネート加工で永久保存にしといた!笑。いつの間にやらACL圏内どころか諦めていた優勝も見える位置にいてるし、上位陣との直接対決もあるし、この秋も痺れる試合が見られるのか・・・幸せだ・・・。とりあえずルーカスは複数年契約決定でお願いします!

ここからの残り7試合は総力戦。加地さんのポジションさえ怪我がなければチーム状態考えても優勝狙える。節替わりヒーローが出てくるような展開が一番理想的だけどキーマンはペドロ。ガチンコで勝負してくる上位陣との対戦も多いし、裏へのスペースを使える機会も多くなっていくはずだしね。苦戦する試合も予想される中で個人で打開できるというプレースタイルにも期待したい。ルーカスが好調でいい感じで前線でボールを持てているのでフィニッシャー的な選手が出てくればかなり攻撃力は上がると思うんだけどね。早く怪我治らないかな。あと、GK。藤ヶ谷はベンチ入りしてたけど次から?松代をスタメンで引っ張る理由は正直何もない。1点目も谷口のゴールを誉めるだけでいいのか疑問。あのシュートを弾いてくれというのは厳しいお願いじゃないと思うんだけど。ここが現状唯一の不安。

これから先の試合は多分ほとんどが今日みたいなギリギリな試合。この試合は致命傷にならなかった1対1の決定機逸機なんかが次の試合では致命傷になるかもしれない。2006年福岡戦のゴンちゃんのヘッドとか2007年終盤戦、怒涛の引き分け祭り・・・思い出すなぁ。この試合は久しぶりにヤットのFK弾が飛び出したけど、これからの試合でも是非色んな選手の底力を見せて欲しいっす。

P.S.ギネス記録おめでとうございます!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

Jリーグ第26節 VS FC東京

Jリーグ第26節

FC東京VSガンバ大阪
   0-0


こんばんわ。こ~@9連休です。私は比較的色んなスポーツ会場に行っている方だと思うのですが、今年に限ってはどのスポーツ会場でも「コカコーラ・ゼロ」の看板を見ます。リーガのエスパニョール開幕戦でもTVからコカコーラのロゴがあったもんね(しかも、看板広告ほとんど日本馴染みの企業だった!)。スポーツファンをターゲットにしてるのか、スポーツマンをターゲットにしているのかCMを見ていてもよく分からないけど、スポーツとコカコーラの親和性ってかなり低いと思う。かつては漫画「シュート」の久保先輩がコーラを振って炭酸を抜いてから飲むみたいなシーンがあったけど、そのシーンに象徴されるようにコーラ=体に悪い・太るのイメージがあるからね。まあ、「ゼロ」だから大丈夫という話なのかもしれないけど、店にアクエリアスとコカコーラが並んでいたら(同じ会社の商品だけど)ついつい長年の癖でアクエリアスを選んでしまうスポーツマンはまだまだ多いと思うんだけどね。いつかサッカーのピッチサイドの給水ボトルにコカコーラ・ゼロが入る時代が来るのだろうか。


と、いう事で試合。

味の素2

この日はブラジルデー(?)とかで試合前からサンバ踊ったり、ブラジル料理を販売したりされていました。私が現地で買ったブラジル料理を1つご紹介。

味の素1

ブラジル風お肉と小豆(?)のカレーライス・・・みたいな。味は甘いので主食なのか、おやつなのかは不明です。ただ、私は売店に出ていた見本の写真を見て勝手にピリ辛風な海鮮料理を想像していたので正直「あれっ?」という感じでした。笑。ちなみに500円です!!

試合はといいますと両チーム共に決め切れず0-0という感じ。後半はほぼガンバの時間帯で残り10分はイケイケの雰囲気があっただけに悔しい気もしますが、逆に前半は完全にFC東京の試合だったからね。決定機の数だけ考えると納得しないといけない試合でしょう。選手交代で流れを持ってこれた部分など納得できる部分もあるし、後半は気持ちも感じれたしスコアレスながらナイスゲームでした。

FC東京は昨年も国立での試合を見た時に書いた気がするけど、ナイスチーム。まさにムービング。あのサッカーに平山がどう機能しているのか想像がつかない部分もあるけど、今面白いチームと言われる意味が分かる気がします。注目は当然石川。ポジションチェンジを頻繁に繰り返して、右サイド縦勝負一発の選手のイメージは完全にない。独特のリズムでいいアクセントになっているというか。この試合は石川に助けられたシーンは2本くらいあったけど、フィニッシュもいけるとなるとかなりいいね。日本代表でも見たいという声が大きい理由が分かる。切り札的に使えるはず。他にも今野は相変わらずの安定感だし、見どころの多いチームかもしれん。あとは他のチーム同様フィニッシャーの問題だけなんだろうな。

そのフィニッシュの面となるとガンバもルーカス・ジェジンの2トップはやっぱり難しいのかもしれん。ジュビロ戦でジェジン・ルーカス共に結構裏に抜ける動きをやってそれなりに機能してたんだけど、この日はさっぱり。現状、ジェジンはクロスに合わせる以外で良さを出しているシーンがない。ガンバはサイドからのクロスがそこまで多いチームでもないし、ジェジンは少し可哀想な気も。それぞれの能力の問題じゃなくて相性とかタイプの問題だけに2トップで行くなら片方のFWは裏に抜けるスピードのあるFWがいいね。ペドロに期待するしかないんだろうか。

川崎は連戦だし、今年勝っていない相手だけに絶対勝たないといけない相手。とりあずリーグ戦は諦めてもらわないと!!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

【読書感想】「ホペイロの憂鬱~JFL編~」、「用もないのに」、「サッカー馬鹿につける薬」他

こんばんわ。こ~@金曜深夜の『キャンパスナイトフジ』を楽しみにしている独身アパート住まい男です。このまま東京に居続けるのであれば数年のうちに東横線の駅に住みたいと考えております。そんな社会人になってからすっかりインドアになった私が最近読んだサッカー関連の雑誌・DVDをご紹介。数年ぶりの予約投稿でございます。社会人の休憩時間を狙った時間設定となっております。笑。

■小説

①「ホペイロの憂鬱~JFL編~」作・井上尚登

ホペイロさんの所属するサッカークラブでの日常を描いた小説。キャッチフレーズをつけるならば「妙なリアリティとほのぼのミステリー」って感じ。クラブに起きるさまざまな問題をホペイロさんを中心に広報やボランティア・選手も巻き込んで解決していくというのが基本ストーリー。自分は小学生の頃から大学までクラブチーム・部活・サークルとサッカーを続けてきたからかもしれないけど、小説を読んでいるとチームの雰囲気を思い出して楽しい気持ちにさせてもらった。そんなサッカーチームの雰囲気がよく出ている作品。仕事場のああいうチーム感があればもっと楽しくなるんだけどなぁ。

②「用もないのに」作・奥田英朗

「空中ブランコ」などでお馴染みの奥田さんが描いたスポーツ観戦記+α。8月の山形遠征時のお伴として持って行った本で電車の待ち時間が長かった事もあって1日で読み切った。内容は野球観戦記がメイン。オリンピック野球・メジャーリーグ・楽天イーグルスの3種類。同じ小説家の村上龍もサッカー観戦記の本を沢山書いていて、共通する部分として「視点」が面白い。やっぱり小説家という職業がら観察力があるんだろうね。勿論、彼らは専門家ではないので戦術的な事以外の部分を描いているんだけど、そういう本質的な部分以外も含んでスポーツを見るとますます面白いんだろうなと勉強になります。あと、事実とそれを受けた自分の感想の組み込み方が非常に上手くてそれこそ小説みたいで読みやすい。確か今もNumberで「どちらとも言えません」という名前の連載を持っていたような気がするので気になる人はそちらからどうぞ。

③「サッカー馬鹿につける薬」作・サポティスタ

「推薦」ではないかな。笑。サポーター目線でマスメディアに報じられないけど、一部サポーターの間では盛り上がったネタや話題を時系列にまとめている本。ガンバ系の話題でいうと朝日新聞に掲載されたバレーのヒーローインタビュー事件(「『でん』いきましょ~!」が「ぜひ、いきましょ~!意味不明」って報じられたやつ。懐かしいね。)とかをまとめて、これってこういう事が背景にあるよねってまとめてくれた文章が沢山載っております。大袈裟にいうとサッカー社会学の本。笑。他にもマジメな戦術うんぬん見たいな記事もあるけど、それは正直つまらないです。あくまでネタ本としてどうぞ。Jリーグを見て1~2年ですって人で普段、ネットでサッカー情報をあまり見ない人が見たら面白いかもしれません。ただ、この本にも自分で書いてますが、好き嫌いははっきり分かれると思います。ちなみに弊ブログもちょびっと登場しています。

■DVD

①「1436~ジーコ監督と日本代表 そして 2006FIFAワールドカップドイツの真実~」

2006年版「6月の勝利の歌を忘れない」。「6月の~」を多少意識している作りにはなっているのですが、クオリティ的には全然敵いません。ただ、黄金世代ファンの私としては一応おさえておきたかったので買いました中古で。映像の前半は久米さんがブラジル国内でジーコのゆかりのある場所を周る映像。後半はW杯中の日本代表の映像となっております。忙しい人は前半部分を後から見る事をお勧めします。

ただ、後半部分もホテル内の映像やプライベートっぽい映像はなく基本的には練習風景なのでチームの内部まで踏み込んだ感のある映像はなし。また、後半部分の映像は1日ごとにチャプターが設定されているのですがまるまる謎の風景映像の日もあったりして内容は薄いです。ただ、そこは今DVDのナビゲーターを務めている久米宏さんがかなりフォローしています。やっぱりニュースステーションのキャリアは伊達じゃなく、インタビュー等でのコメントは実に的を得ていて(聞き上手なんだろうな)、コメントの1つ1つがこの作品の質を高めている感じがします。それでいて硬すぎる内容にならないのは久米さんが持つ独特の雰囲気の成せる技でしょう。うん、このDVDは久米さんのワールドカップ観戦記くらいに考えた方がいいかも。

あと、このDVDの感想を箇条書きで。

・各国のサポーターがW杯を楽しんでいるる映像が沢山流れるのでいくらクラブチーム偏愛の人々も一度は生でW杯は観戦しときたいなって気持ちになります。

・川口のPKストップのシーン(クロアチア戦)は何回見ても鳥肌が立ちます。

・なんかヒデが浮いてます。

・「えっ!?今、そんな事確認してるの?」みたいな選手間の肉声が聞けます。そりゃ負けるわ。

・最後のインタビューで久米さんサッカーがますます好きになった事を知れます。

・テーマソングがSpinna B-ILLです。


②「INA」

「イナ」こと稲本潤一のガンバ在籍時の様子を紹介したDVD。ブックオフで500円で売っていたので買いました。ガンバサポの皆様は古き悪きガンバの懐かしい面々を楽しむ映像としてもご使用いただけるかと思います。このDVDを見て改めて感じる「スケールのでかさ」。特に大きなサイドチェンジのロングパスは今のチームではまず見れないパスの種類だけに新鮮です。あと、体の入れ方とボールを前に運ぶ力ね。本人は原点回帰として守備ありきの方針らしいけど、あの前に行く力はイナの最大の魅力。あのスケールの選手は今の日本代表にはいないし、何かやってくれそうな期待感をイナはもっている気がするので2010のW杯にも選ばれる事を期待しております。そして、できればヤットとのダブルボランチを南アフリカの地で再び!

以上、本3作品、DVD2作品の紹介でした。シルバーウイーク暇は方は是非どうぞ。


DVD.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

Jリーグ第25節 VS ヴィッセル神戸

Jリーグ第25節

ガンバ大阪VSヴィッセル神戸
      3-2

得点者

15分:MF 10 二川孝広    26分:FW 21 茂木弘人
22分:FW 9 ルーカス      57分:FW 50 大久保嘉人
64分:MF 10 二川孝広


こんばんわ。こ~@最新刊の雑誌「Number」誌内で発表されている『Jリーグ×Number』 メッセージコンテストに密かに応募していた男 です。しかも、5作品も。笑。当選する気満々で賞金でオリンピックを見に行こうと思っていたのですが、残念ながら落選しました。入選はしなかったけど、そんな事情報も載っている最新刊のNumberは『ノート特集』。俊輔ノートがメインなんだけど、野村監督のノートの記事はかなり深い。以前、NumberかV.S.か雑誌名は忘れたけど『捕手特集』でのノムさんの記事も最高だったけど、今回もなかなかいい。野村ノートを一部や真面目なインタビュー記事を見る度にあの監督が単なるぼやき親父じゃないって再確認できる。俊輔のノートもそうなんだけど、技術論だけじゃない精神論・人生論みたい部分も多分に含まれていてサッカーや野球をしていない人にも響く文章があるのではないかと。おススメです。

と、いう事で2週間ぶりのJリーグ。その間にはジェジンの中東移籍情報なんかもあったりしたけど、最終的にはガンバで頑張るという決意をしてくれたみたい。クラブに気持ちがないのであれば移籍金がはいる期間での退団ウエルカムだけど、個人的には高さのオプションは重要だと思ってるし、今日のペドロの出来を見てると次節あたりはスタメンのチャンスもありそうなので自力でスタメンを勝ち取って来年も一緒にACLにチャレンジして欲しいね。

で、今日の試合。ゲーフラ祭りという事らしくて私も行きたかったんだけど、年に1度の住宅電気チェック訪問日で家を留守にする事ができず、やむなく断念。苦笑。大阪は結構雨が降ってたみたいでゲーフラ祭りにはタイミングが悪かったね。どんなゲーフラが並ぶのかTVで楽しみにしてたんだけど、全然中継で映さないんだな。負けたチームの試合後のゴール裏への挨拶も映さなない傾向があるし、本当に見たいものが見れない気がしてる!選手入場時に試合前のインタビューを流したり、もっとライブ感のある映像を求めてるんだが・・・俺ってマイノリティ?

内容はこのカード毎回ながら接戦。2失点目のPKがどうなんだという話はさておき、1失点目も2失点目もGKの判断ミスや遅れに原因があるよなぁ。自分のクラブのGKだし、決して色眼鏡で見る訳ではないけど最後の砦に不安を感じずにはいられないし、不安を感じながらの試合は選手達のメンタル面での影響は大丈夫なのかちょっと心配になってしまった。

負けている時に課題だった攻撃面は先制したって事も大きいけど、スランプは回復したっぽい。攻撃がシンプルになっているし、ルーカスのポジション取りが効いてる。0-2から同点に追いつかれる展開で勝ち越したのは自力の差がある証拠。フタの表情にバリエーションが増えてきた気がする。武井も着実に経験を積んでいるし、ミチが左の佐々木的な役割を果たしてくれるようになれば更にチームがよく回る気がする。前節結果の出したザキさんジェジンにチャンスがないのは難しいところだけど、そこは西野のマネジメントを信じるって事で。
新加入のペドロは空回り気味。ボールが足についていない感じのプレーでほとんどのプレーでボールロストしていた印象。練習試合では爆発が報道されていただけに正直拍子抜けの感はある。序々によくなっていけば・・・って言ってる時間はないだけにとりあえず次節はオプションかな。スピードもあるらしいし、ドリブルもできるらしいので途中出場でも機能しそう。磐田戦でまずまずの出来だったジェジンとルーカスの2トップがスピード感はないけど無難かな。このままのメンバーで来年もいくのであれば将来的にはジェジンとペドロの2トップに西野はしたいと考えている気もするけど。

来週はシルバーウイーク突入という事で勿論Jリーグは東京戦・川崎戦共に参戦します!!本当はこの時期ACL海外遠征を考えていたのでJリーグ以外は予定がそんなになくて暇でちょっと淋しいけどガンバって応援する!!とりあえず目指せACL圏内!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします