Jリーグ第13節 VS 鹿島アントラーズ

Jリーグ第13節

ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ
      0-1

得点者
           16分:MF 6 中田浩二


こんばんわ。こ~@最近はi-podでさだまさしの「私は犬になりたい\490」ばっかり聴いています です。残念ながら今日は諸事情によりスカパー!観戦。まあ、会社からの大阪行く事を自粛するように言われていた事もあったので今日は早起きして髪を切りにいくという充実した午前中をおかげさまで過ごさせていただきました。

前半戦の正念場、レッズ・アントラーズの2連戦で合計勝ち点は1・・・・。しかも、得点は0。首位との勝ち点差を悲観する時期ではないけど、ゲーム内容としてはなかなか厳しい結果が出たね。まあ、0得点は単にレアンドロがいない事が原因な気もする。1人がいなくなったからゴールができなくなるチームってどうなのさって感じもするけど、鹿島みたいな強い相手だと案外そんなもんなのかも。代わりに入った宇佐美はバイタルエリアでボールを持った時に何かしてくれそうな期待感があっただけにもう少しプレー時間を引っ張ってもよかった気もするけど、代わりに入ったミチも機能してた(プレーがシンプルになって元気が戻ってきたね)。

また、レアンドロがいない事を意識したかどうかは不明だけど、この試合は後半相手が引いてくるまでは昨年終盤のようにヤットがいいタイミングで飛び出しを見せて決定機を作ったり、明神も鋭い出足で後半の波状攻撃を支えカウンターを未然に防いだだり(強い相手の時はその存在感は本当に際立つ)、チーム全体としてはそれなりの内容のゲームをしていただけに敗戦は非常に歯がゆい。

失点のシーンやジェジンのクロスバーに当たったループシュートなど不運な面もあったけど、なんやかんやで勝ちきってしまう鹿島は強いと認めざるをえない。攻守の切り替えの早さや攻守におけるチームの連動性は他のクラブには感じないクオリティを感じるし、このチームのサッカーを見ると個にばっかり目がいきがちな自分に「組織の大切さ」を痛感させられる。コンセプトというかチームとしてやるべき事が浸透しているから、小笠原のようなキーマンが抜けても安定した戦いができるんだろうね。あの安定感は選手層じゃないと思う。マルキ以外で特定の選手に「脅威」を感じることはないけど、チームとしての「強さ」とか「完成度」は本当に感じるし、Jリーグの中でも認める事をためらわない唯一のクラブかもしれないね。感じる脅威は少ないけど強い!って、誉めてばっかりはいられないんだけど!

ガンバは今年使える選手が増えた分、その選手の個性という意味で攻撃のバリエーションが広がったかもしれないけど、チーム全体としての質、その個性をチームとしてどう活かしていくかという共通意識はまだまだ。ガンバの場合、戦術に個を当てはめる戦いはしていなくて、個の特徴を見極めた上でチームとして合わしていくような感じでチームをつくってる(個頼みという意味ではなく)。だから、怪我人や代表などでじっくりチームをつくりをできていない中で開幕を迎えているので新加入選手も入った中で組織力が鹿島と比べて見劣りするのはある程度仕方ないかなとは思う。質の高い選手が揃っているのでACLでもJリーグでもそこそこの戦いができているけど、これから中盤戦~終盤戦と厳しい戦いが待っている中では組織力のアップは必要不可欠。それを気づかせてくれた鹿島戦をラストに中断期間に入るのは実はナイスタイミングなのかも。

個人的にはこの中断期間で高さを使った攻撃のクオリティをもっと上げて欲しい。今日の試合も1点ビハインドで、ホームで、相手は水曜日に中国ACLを戦っていてコンディションが万全ではない事を考えると後半のように相手が引いてカウンターを狙ってくるような展開は十分に想像できる内容。こういう展開で点を取るために高さというオプションがあるはずなんだけど、活かしきれていないからね。まあ、単純にクロスの質もあるけど。ジェジンの使い方が今年のキーになると思っている。ポテンシャルの半分も引き出せていないんじゃないかって期待感も込めて。遠慮はしてないだろうけど、プレーがなんとなく窮屈そうにしている気がするんだな。

この中断期間でそれぞれの選手の個性をチーム全体が理解してバリエーションの質を上がる事を期待しよう。フタや加地が戻ってきて、水曜ACLで安定したプレーを見せていた高木が起用されはじめた時にチームにどんな変化が生まれるのも楽しみだし、この中断期間がもつ意味は大きい気がしております。

BUT!!中断明けの新潟戦であっさり負けちゃったりするのがガンバだったりもする・・・。苦笑。まずはACLラウンド16だね。もう一回くらい海外行きたい!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

Jリーグ第12節 VS 浦和レッズ

Jリーグ第12節

浦和レッズVSガンバ大阪
     0-0

P1000033255.jpg

こんばんわ。え~このエントリをアップするまでに3回文章消えてます。笑。パソコンが超熱持っちゃう上にいきなり電源落ちちゃうの。えっ?俺のパソコン豚インフル?今のパソコンは5年目だけどパソコンの寿命ってそんなもん?次のボーナスでTV買おうと思ってたけど先にパソコン買おうかな。地デジカごめんね。パソコンってエコポイントつくっけな~。

埼玉スタジアム行ってきました。今年もついつい31アイスクリーム買っちゃいました。気温は涼しいくらいだったんだけど。

過去の埼玉スタジアムでの観戦で、ゴール裏後方席の人達のコールが全体のコールとズレている事から分かっていた事だけど、埼スタのゴール裏(AWAY)は縦に長くスペースが確保されているから中段より後ろに席を取っちゃうと最前線のコールリーダーの声が聞こえない(特に試合前はスピーカーから流れる大音量の音楽で余計に届かない)。今日は集合時間をミスって入場に出遅れた事で中段より少し後ろらへんで観戦したんだけど、やっぱり全然聞こえなかった。声を出そうにも明きからに前方のサポと手の動きが違っていたり、リズムがずれていたり、後方に位置するサポも前に合わせる人、近くにいる人に合わせる人と色々だから手拍子もバラバラで・・・(太鼓の音も聞こえない)。万博ではまず起きない大きなスタジアムゆえの問題を体験させて頂きました。ガンバの新スタジアム建設ではこのあたりもポイントの1つとして快適なスタジアムをつくって欲しいね。ゴール裏には屋根があった方が跳ね返りがあって歌いやすいとか?

で、試合。

0-0という結果にガックリきているのは事実だけど、きっと内容やホームである事を考えればガンバよりレッズの方がガックリきているはず。そう思うと0-0という結果もまあまあかなと思えてくる。スコアこそ0-0だけど、ゲーム内容自体は濃くて90分はあっという間に感じた。ミスの少ない結構レベル高い試合だったと思う。雨もなんとか降らずにもったし、気温も高すぎず低すぎずのサッカーをする上では最高だったし、久しぶりに1週間のインターバルがあったのも好勝負が生まれた要因かな。

今日は守備陣とクロスバー&ポストに感謝の日。話題の山田(な)に決定機を3本作られたけど藤ヶ谷神のファインセーブとクロスバー&ポストが助けてくれました。今日に関しては運がこっちにあったね。山田(な)はボールをもったら攻撃に変化をつけられる選手で非常に高いセンスを感じたし、それにプラスして運動量もあるからレッズの選手という事を差し引いても注目に値する選手だとは思った。噂通りレッズのサッカーは変わっていて、個人能力頼みのリアクションサッカーから、細かいパスをつなぐサッカーに変わっていたけど、山田もその中で堂々とプレーしているのが印象的だったわ。顔は超童顔だけどメンタルは強そう。あとは後半戦もコンディションを保てるかどうかがポイントだろうね。

試合全体としては終始レッズにポゼッションされる予想外の展開。ただ、ポゼッションはされるけど崩されたのは数回。フィニッシュの部分ではそこまで脅威ではなかったかな。セットプレーもよく集中して守った。中澤お疲れ。ガンバもポゼッションされる時間が長いと守備面でも集中力を発揮できる事を見せてくれました。天皇杯の記憶が甦ってきたよ。個人名を挙げるとこの日は明神のポジショニングの妙やボール奪取能力が劣勢の展開もあって目立ったね。守備面で気になったのは途中から下平のサイドが狙われてた事くらいで、そこもルーカスや明神がフォローに入る事で対応できてた。ただ、そういう流れの中で下平が無駄なイエローを貰ったのは勿体無いし、自ら立場(試合においても、チーム内のレギュラー争いにおいても)を苦しくしてる。その辺が未熟だなと思うし、1発勝負の時は致命傷になりかねないから今後が心配。逆にミチは途中出場という事もあるけど、ボールを持ったときの期待感が戻ってきた。

ただ、ガンバは攻撃のクラブ。この日の攻撃面も物足りなさは少し心配。特にレアンドロが負傷退場した後の時間は点が入る気しなかった。播は途中出場、途中交代だけど出来を考えたら交代もやむなし。期待感0だった。裏への飛び出す場面が少ないし、攻撃の組み立てに参加しようとしてもフィジカルの差がありすぎてキープすらままならない。ペナルティエリア外での貢献度が低すぎる。前節得点という事もあるし、タイプ的にもレアンドロの代わりということで山崎より前に飛び出せる播というカードをきったのだろうけど劣勢の時(強豪との戦いの時)は正直、播ちゃんは厳しいのかなと感じざるをえなかった。ジェジンも一人でドリブルとか裏に抜けるタイプではないのでレアンドロが抜けた後はゴールへ向かう迫力が消えた。前半効果的だったカウンターもスピード感を欠いたし、ゴールの可能性はサイドからジェジンの頭くらい。そういう意味では結果論だけど、この試合ではまずザキさんを入れてポゼッションを高めて、90分はもたない佐々木(監督もザキさんに代える選手を播にするか佐々木にするか相当悩んだはず。なのに交代直後に佐々木が攣るなんて・・・・ついてない)に代えてラスト5分で播ちゃん投入(もしくはパクドン入れてのパワープレー・・・無理か)みたいな交代策の方がよかったのかもね。不幸中の幸いがレアンドロの怪我のタイミングが中断直前という事。次節は多分、ザキさんとジェジンの2トップという事になるのだろうけど、昨年のベストシステムである4-5-1なんかもどうでしょう?ジェジンを一番前に置いて、佐々木とミチの両サイドからクロス上げまくり作戦。もしくは、水曜のACLで宇佐美爆発で急遽スタメン抜擢なんて展開も・・・ないか。

まあ、豚インフルエンザで試合開催は微妙らしいけど。毒性は弱いらしいし、普通にやっちゃえばいいやんと思わない事もないけどそういう訳にもいかないんだろうね。ただ、騒ぎすぎだと思う。マスコミも煽り過ぎだと思うし、ここまで騒がれると感染者が可哀相。感染者の数が増えたのは一人あたりに向けられる世間の目が分散したという意味では良かったのかもしれないとすら思うね。サッカー開催についての話題に戻ると、希望としては後々過密日程になるのは勘弁なのでACLは開催して、鹿島戦は中断期間明け直前まで延期がベスト(そうすればレアンドロが戻ってこれるかもしれない!笑)!仮に日程通りに行われたとしても俺は参戦しない方がいいんだろうな~。「東京でも感染者!万博記念競技場で感染か?」みたいな報道されたら俺、東京に住めなくなる。苦笑。特に選手の皆さんは注意をしてもらって、練習帰りにマイカル茨木あたりに寄り道しないで直帰してもらいたいですね。あそこは茨木市の高校生の溜まり場ですから。笑。

P.S.もし鹿島戦が無事開催された場合、「ガンバマスク」を販売したらいいと思う。なんてってたってJリーグは世界で一番安全なスタジアムを目指してますから。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

Jリーグ第11節 VS 柏レイソル

Jリーグ第11節

ガンバ大阪VS柏レイソル
      4-0

得点者

12分:FW 23 レアンドロ
19分:FW 18 チョジェジン
46分:MF 16 佐々木勇人
86分:FW 11 播戸竜二


こんばんわ。こ~@定額給付金は遠征費 です。無事、中国から木曜日の深夜に帰ってきました。幸い空港での検疫にもひっかからなかったですし、今も健康なので豚インフルエンザにも感染していないみたい。中国遠征記は今週中にでも書くとして、とりあえず今日の柏戦を。

今日はスカパー!観戦。東京も相当暑かったけど中継を見る限り大阪もなかなか暑そうでしたね。現地組は日焼けしたんじゃないでしょうか?そんな天気だから試合前は苦手のACL後の試合という事もありタフな試合を想像してたんだけど、前半の早いタイミングで2点入る合計4-0という案外イージーなゲーム。柏も連戦で疲労が溜まっていた事とフランサのワントップという事で前線からのプレスは全然なかったのはラッキー。かと言って、引きこもって守備をする訳でもなくスペースもそれなりにあったし。特別なガンバ対策とは連戦でしてなかったのかもね。

今日の試合は去年外しまくるバレー見て「決定力のあるFWがいれば前半で決まるゲームが増えるのにな~」なんて想像していたような展開。レアンドロはすげぇわ。それしか言えない。ジェジンも上手く周りと絡めない時間帯もありながら、決定力はさすがだね。FWは今のチームのラストピースだと思っていたから2人の加入による今の得点数にそこまで驚きはないかな。あっ、あと佐々木のバイタルエリアでの切れ味も得点数に貢献している事を忘れてはいけないよね。佐々木は今日のヒーローインタビューで本人自身が話していたけど、クロス以外でのフィニッシュへの絡み方のバリエーションが増えてきている。今日はスルーパスで2アシスト。プラス、前から意識の高かったシュートも最近は結果が付いてきている。プレーのバリエーションが増えると一番の持ち味である縦への突破も更に輝く。佐々木選手好循環に入っております。また、カウンターをくらうようなリスキーなプレーによるボールの取られ方もしなくなってきてるし、プレーの判断が出場試合数に比例して確実に良くなってる。ヤットがボランチで出場していていて、フタがいない今、2列目で仕掛けるプレーができる佐々木は外せない。前にも書いたけど、ミチは佐々木から学ぶ点はかなり多いと思うな。ただ、今日のミチはプレーに積極性が戻ってきてたし、レギュラー復帰は近いかもね。

試合は後半の立ち上がり早々に3点目が入った事でペースダウンしたけど、来週・再来週と前半戦の大一番(2戦だから大二番?)が控えている事を考えるとあの天候だし体力を多少温存できたとポジティブに考えよう。ペースダウンした展開で元気のあるミチ・倉田・播を入れる交代策も交代選手を含めて的確だと思うし、最近は西野の采配とサポーターの考えがシンクロしてきてる気がする。播・山崎のFW陣は特にだけど、選手の使い方のバランスもよく考えられていると思うし、今日なんか見たいに途中出場の選手が結果を出すあたりチームが上手く回っている感じがするね。特に播というのがいい。ゴール後の喜び過ぎイエローカードさえ清清しい!笑。中継で見たけど「1・2・3・バーン!」盛り上がりすぎだから!笑。フタ・加地が戻ってきたら更に選択肢が増える事になるけど、今の西野なら上手く選手を回してくれそうな気がする。

今週はACLもないし、土曜日のレッズ戦は今日より凄いガンバが見れそうやね。レッズも今日負けて連敗は絶対しないという意気込みでくるだろうし、去年負けまくったリベンジという気持ちもあるだろうし、これは相当熱い試合になりそうやなぁ。重要な試合なだけに審判にはしっかりした判定をお願いしたいね。

P.S.近い将来、佐々木ージェジン、二川ーレアンドロのダブルホットラインが形成される気がする。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

Jリーグ第9節 VS 大分トリニータ

Jリーグ第9節

大分トリニータVSガンバ大阪
        1-3

得点者

23分:FW 14 家長昭博      38分:FW 23 レアンドロ
                    47分:FW 18 チョジェジン
                    63分:FW 18 チョジェジン

こんばんわ。3日連続更新の2日目はJリーグ大分戦について。大分の天気は快晴で現地で応援した人にとっては気持ち良い天気だったのではないでしょうか?私は残念ながらスカパー!観戦。いい天気なのに家にいるのはもったいない気分になります。いい天気だとボールを蹴るか、見るかしたくなるんですわ。あ~久しぶりにスパイク履いてサッカーして~なぁ。まあ、今回の大分遠征キャンセルは明後日からの中国遠征に備えててのもの。いわゆる、行ったつもり貯金。なんやかんやで結構出費してるんでね。今日だっていきなりトイレの水が止まらなくなるという故障発生で想定外の出費が・・・(原因はブルーレットが詰まるという初歩的なものでした・・・ブルーレットを取るだけの工事で2000円なり!)。あっ、そ~いや全然、中国遠征の準備できてないわ。準備できているのはむこうで読む雑誌のみ!このブログ書いたら準備しよ~。行く料理屋決めよ~。

で、試合。

シャムスカがはるばる九州まで応援に来たガンバサポに気を使ってくれたのかアキがスタメン。ウエズレイのワントップの下に金崎との2シャドーの一角といった感じのポジションだったのかな?ガンバを離れて1年数ヶ月で怪我こそあれ、どんなプレーを見せるのか、どれくらいの成長があるのか楽しみではあったのだけど、チームがああいう極端な戦い方をするとなると前線の選手は後ろの押し上げも少ないし難しいだろうな。ウエズレイの他に高松もいればもう少しキープが出来て、後ろの上がりも待てるんだろうけど、今日に関しては言えば、アキはタメをつくる事も求められるし、1点目のように裏へ飛び出す動き(カウンターでの単独ドリブル突破も)やウエズレイのフォローも求められる、求められる事の多い状況だったんじゃないかな。まあ、アキのポテンシャルなら全部出来るはずなんだけど、例のごとく運動量は少なく、淡々とプレーしている印象であまり変化を感じなかった。ボールを持っても無難なプレーに終始するし、大分のチーム状況を考えればアキに期待されているのはあんな無難なプレーじゃないと思うんだけど・・・ゴール前で変化をつけられる、決定的な仕事ができる選手は限られた選手でアキはそれが出来る選手で、意識の問題なのか運動量やリスクを負うプレーの少なさが課題としてあるので見ているサポーターは歯痒い思いをしていた。そのあたりが改善されれガンバに戻ってくる事を楽しみにしていたんだけど、あんまり変わってないかな。って、敵チームの選手に要求高すぎ?1点取った選手に言う台詞じゃないか。ガンバサポの自分がそんな事言うのも矛盾してるし。笑。

ガンバはついにリーグ戦初連勝。大分相手に1点先制された時は相当苦しいゲームになるかなと思ったけど、同時にあのサッカーに負けたらいけないって強く思った。この試合で言うと相手のミスによる同点ゴールがターニングポイントで一気に楽になれたし、ジェジンの勝ち越し点が入った後は負ける気はしなかった。ただ、相手に引かれた中でのガンバの攻撃が機能的だったかといえばそうではなく、例年同様苦しんでる。今日2ゴールとはいえジェジンが入った効果が出ていない。相手が引いてきた時には高さを活かしたいけど、サイドからのクロスの質は課題としてあるね。佐々木にもっと楽な体勢でクロスを上げられるようにフォローしたいのと、ドリブル突破ができない下平がもっと深い位置でクロスを上げられるようにサイドに人数をかけて崩したい。サイド攻撃が機能しはじめると得意の中央突破もさらに威力を増すだろうしね。

連勝とは言えば特別サッカーがよくなったとは思わない。失点も相手の攻めはこれしかないと分かっている中でやられているし、攻撃もチームが連動してとかいい流れの中でというよりは場面場面の個人の能力によるところが大きい感じ。それで勝ち続ければそれでいいのかもしれないけど・・・。あとはセットプレー(特にCK)でもっとゴールを決めたいね。

さ~さ~いよいよ次は中国ACL!!初ガンバ海外試合参戦でございます!無事スタジアムに着けますように!病気にかからないで帰国できますように!ちゃんと飛行機が飛びますように!

 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします