Jリーグ第27節 VS 東京ヴェルディ

Jリーグ第27節

東京ヴェルディVSガンバ大阪
       1-3

得点者

55分:MF 10 ディエゴ                10分:MF 7 遠藤保仁
                             12分:MF17 明神智和
                             69分:MF 16 佐々木勇人


P1000043.jpg


後半のロスタイムにちょびっと出場しただけのミネイロに全部もってかれた感のある今日のヒーロー佐々木(本日、J1初ゴール)が可哀相過ぎる。笑。ミネイロが出場した時のゴール裏の妙な期待感漂う雰囲気は何なんだろうか。J1で何の実績も上げていない選手なのに無限のポテンシャルを感じるんだ。3-1のロスタイム出場で普通にキープすればいいところを2本もシュートを打ってしまう自由人なミネイロ。特に悪質なプレーをしている訳ではなく普通にドリブルしているだけなのに相手DFを負傷させてしまい土屋からなんか文句を言われているミネイロ。右サイドから崩したときにゴール裏から「ミネイロに合わせろ~!!」「ミネイロがフリーだぁ~!!」とフィニッシャーとしてサポーターから絶大な信頼を得ているDF登録のミネイロ。試合終了後、ゴールをあげた3人に加えてなぜかサポーターから名前をコールされるカリスマ・ミネイロ。ロスタイムの数分間のインパクトが強すぎてミネイロの試合みたいになってしまった。ACLで闘莉王とやりあうミネイロが見たい。ACLで都築とやりあうミネイロがみたい。たとえ、今シーズン残り試合で1試合も出なかったとしてもサポーターは君を忘れない。ミネイロ・・・永遠に。

と、いう事で今日は味の素スタジアムに行ってきました。味スタは3回目。飛田給駅にも準急が止まればいいのにっていつも思う。ところで、生観戦の翌日はちょくちょく体調を崩す。と、いうのも私の場合風邪はいつも喉からくるので、試合で喉が潰れるとその時点で翌日風邪になる可能性が高いのだ。ただ、睡眠を十分に取れば問題ないので土曜開催ならばOK。逆に言えば日曜開催は危険。明日はヤバイ気がする。しかも、そういう自分の体調が分かっているのにも関わらず深夜までこうやってブログを書いてしまう俺・・・嫌いじゃない。

試合は完勝といえば完勝。後半バテるのを想定してか前節同様前半から積極的にゴールを取りにいって2点リード。後半1点返されて相手ペースになりかけたところを途中出場選手の3点目でゲームをフィニッシュさせるという理想的な展開。後半はある程度引いて守る時間も予想される中でカウンター要因となれる佐々木という監督のチョイスもナイス。しかも、ゲームの中で佐々木がハマリまくり。相手守備陣は佐々木のキレにまったく付いていけず3点目は佐々木が絡んだ形にはなるだろうとは思ってたけどあんなファインゴールを決めるとはね。佐々木と山崎は俺の中では途中出場でこそ力を発揮してくれる選手。そういやこの試合の3点は全部ファインゴールだね。

チームは完全に立ち直り。今日の試合で確信した。過密日程の中でも気候も涼しくなったしプレスが効きはじめてる。前から追えてるしハッシー・明神の辺りでボールが取れるシーンも増えてきているから攻撃もいい形がつくれる回数が増えてる。個人的にはここ数試合のハッシーの貢献度はめちゃくちゃ高いと思うんだけど。

今日は3点も見れてミネイロも見れて、久しぶりに生観戦で楽しい試合でした。サンキューでした。

次は水曜日という事で過密日程が続くけど、怪我だけには気をつけて欲しい。Jリーグも上位陣との差がまた少し縮まって欲が出てくるけど柏(水)→鹿島(土)→浦和(水)の日程はやっぱりハード過ぎる。西野監督は全部ベストメンバーで行くんだろうけど・・・。案外これから続々と出てくるであろう出場停止が最終的にはいい方向に働くんじゃないだろうかって思ってる。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!

ACL 準々決勝第2戦 VS アル・カラマ(HOME)

ACL準々決勝

ガンバ大阪VSアル・カラマ
             2-0

得点者

83分:FW 30 山崎雅人
86分:FW 18 ロニー


やっと見れた。ACL準々決勝。テレ朝チャンネル再放送サンキュー。再放送でも興奮できた。しかも、ACLの準決勝の相手はレッズときた。埼スタの運営は「ガンバ?・・・・最悪だ」って思っているかもしれなけど(苦笑)、サポーター的には一番熱くなれるカードじゃないの。今年は現在のJリーグの順位もあってキックオフ前から痺れる試合には立ち会えないかもって残念だったんだけど、ここに来て完全に今年の大一番と呼べる試合が実現したわ。試合は平日だけど、5月の一件もあるしアウェイでの試合はとんでもない空気になるんだろうな。楽しみ過ぎる。個人的にはアウェイの試合の日に有給をお願いしたら普通に却下され軽く怒られた事が想定外だったけど(注・上司はレッズサポではありません)、定時よりは早く帰らせてくれるようでほっと一安心。会社の携帯にガンバボーイストラップつけてアピールしてた甲斐があるってもんだ。笑。まあ、まずはチケットをなんとか確保しないといけないけどね。

で、試合。

ガンバ系ブログを読んでいると「勝ったけど内容はいまいち」とか「相手が弱かった」的な文章もちょくちょく見られたのでそういう意識で試合を見てた。確かに相手はコンディションが悪いのか特にフィニッシュの部分で全く脅威がなかったのは事実だけど(恐いのはセットプレーのみ)、それを差し引いても内容には満足。後半はもっと運動量が落ちるのかなと思ったけど、気候が涼しくなったのとACLという事で気持ちが充実していたからなのか後半もプレーの質が落ちるって事は感じなかった。大学の頃に学んだ心理学の授業を思いだしたけど、ACLでユニフォームを変えているのは気持ちを切り替える(テンションを高める)上で密かに効いている気がする。

あと、良かったと思うのは無駄なバックパス・横パスが少なかった事。スペースへのパスは少なかったけど、前へボールを運ぼうという意識はプレーから感じられた。特にチン君と加地さんはドリブルという形でも前への意識を示してくれて2人のプレーがチーム全体を引っ張っていたような気もした。チーム全体にひっぱられる形で下平もチームに引っ張られる形で積極的なプレーを見せていたしね。遠慮は迷いと同意だし、この試合のいいプレーをきっかけにふっきれてくれたらいいね。ハッシーも左サイドのカバーお疲れ様でした。

この試合でずっと続いた不調の流れを完全に打ち切ったと考えてる。1勝でチームが立て直ったり、1人抜けただけでガタガタになったり改めてチームは生き物なんだなってこの2ヶ月で痛感した。バレーの後遺症もなくなってきてロニーもフィットしてきた。ロニーは高さとか速さとか特別な武器や特徴はないから「怖さ」はあんまりないけど、チームの1人としては十分機能できる。解説の堀池さんはあんまり評価してないみたいだったけど、批判されるほど悪い選手じゃないでしょ。結果出しているし。

で、明日はJリーグ東京V戦。生観戦は大宮以来という事でACLに気がいってるといっても楽しみ。個人的にはACLメインでJリーグは主力温存をすべきという考えだけど、やっぱりJリーグも勝ってACL出場権獲得して欲しいという想いも当然あって・・・。結論は主力を温存して勝って欲しい!大黒出るかな?

では、味の素スタジアムで!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!

Jリーグ第25節 VS 京都サンガF.C.

Jリーグ第25節

京都サンガF.C.VSガンバ大阪
       1ー2

得点者

23分:MF 14 佐藤勇人            1分:DF 5 山口智
                          26分:FW 18 ロニー


耐えた~!予想通り後半はバテバテだったけど、相手の決定力とガヤのファインセーブに助けられました。ガヤは横の反応はイマイチだけど前に出るタイミングはいいと思う。これで公式戦2連勝。先週のACL勝利で悪い「流れ」を切れたんだろうね。神戸戦みたいな展開も十分起こりえたのに勝てたのを見ると、論理的には説明できない「流れ」ってあるのかなって思う。内容も疲労を考えれば悪くなかった。

結局、メンバーを変えずに京都戦にも挑んだ訳だけど水曜日大丈夫?勝利の喜びよりも水曜のコンディションが気になってしまう。相手に走り勝てる勝てないの前に怪我が恐い。今節はルーカスが怪我したけど、どのチームも見ても怪我人が出始めているし。ルーカスは軽症という事だったので、逆のこの怪我でのオフがコンディションを回復させて終盤戦のチームを引っ張っていて欲しいね。水曜ACLの代役はザキさんかな。ACLやたら強いし。ザキさん含め倉田・寺田・佐々木・播ちゃんあたりのコンディション良い組が試合のキーマンな気がする。あ~アルカラマ移動でクタクタになってくれてないかな~。あと、あんまり研究されてませんように。左サイドが狙われませんように。

京都戦はスカパー!観戦。関西アウェイは楽しそうで現地がうらやますぃ。この試合は中継中、関東ですごい大雨が降ったので「ヤバイかな・・・ヤバイかな・・・」と思ってたらやっぱりヤバかった。大雨でCSの電波が遮られて同点ゴールを決められた直後から映像受信できず画面真っ黒。仕方なく台所でラーメンを作ってたら約5分後再びサッカー中継の音声が!ダッシュでTVの部屋に戻ると(注・大げさな表現になりました我が家は小さな1DK)スコアが2-1になってるやん!決勝ゴール生で見れず・・・。けど、ハイライトで見ました。いつかどこかで見た事のあるような展開のゴールシーン。ロニーは1対1は強いみたい。足は遅いけど。

京都は元ガンバが多いクラブでもあるし勝てて良かった。シジもフェルもまだまだ健在だったのは敵ながら喜ばしい事です。フェルはあと1歩球離れが良ければ危険だったと思うシーンがいくつかあった事にフェル「らしさ」を感じた。笑。シジはホームでやった時ほど脅威ではなかったかな。前半はDFラインの前のスペースを使いまくれたし、全くガンバのパス回しについてこれてなかったもんね。ものすごくスムーズにボールも人も動いてたし、あの時間帯にあと2点いけた。まあ、最初の15分限定だけど。あと、意外だったのはCKでのヤットのキックが比較的ふんわりとしたボールだったたのに2回もヘッドでシュートを打てた事(1回目は智ゴール。2回目は中澤惜しいヘッド)。ああいうボールはシジクレイの餌食だと思ってたんだけど。あっ、ちなみに1点目のCKを生んだのはガンバを逃げ出した水ナントカ君のクリアミスです!イエーイ!!

この調子で水曜日も是非!個人的には水曜日は現地どころがTV観戦もできそうだけど、行ける人は万博行ってホームの最高の雰囲気創って選手達を後押しして下さい!疲労がたまっている今こそホーム力を!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!


【DVD】ガンバ大阪レジェンド・オブ・スターズ

「ピンポーン!」と家のチャイムが鳴って「なんだろうな?」と思ったら佐川急便でした。「お届けもので~す。え~と3つあるんですけど・・・まずガンバ大阪さんからで・・・・もう1つもガンバ大阪さん・・・あっ、全部ガンバ大阪さんですね(笑)」と自分で時間指定いておきながら何か少し恥ずかしい気持ちになりました。3つの荷物とはACLユニ(10番)とポンチョとDVDの3つなんですが、そのDVDがなかなか面白い出来だったので紹介しておきます。

オフィシャルHPにもバナーがあったとおもいますがJリーグ開幕15周年記念とかで全クラブバージョン作っている記念DVD。その名も「ガンバ大阪レジェンド・オブ・スターズ」!!その名の通りDVDの内容は過去のガンバ大阪のレジェンド達(OB)が当時の映像と共に過去を語るというものです。具体的に誰が出てるかといいますとエムボマ・本並・永島・磯貝・和田・今藤・松波・実好の8人!このDVDで嬉しいのは皆さんがそれなりに充実したセカンドキャリアに就いている事が分かった事。指導者からコメンテーター、代理人・クラブの強化担当など。子供のころの自分のヒーローが今は無職です・・・は辛いですからね。

ここ最近のファンタジスタ発売のDVDは正直微妙なモノも多かったのですがこのDVDには満足です!こういう形で過去の選手の映像を見れるのはいい事だと思います!まさに永久保存版!他にもガンバボーイが奇妙な服8神様的)を着て生まれる瞬間やガラガラの万博スタジアムなど懐かしの映像の中に含まれているので要チェック。フラビオ超カワイイ。フェル越え決定。2005年の優勝の試合も繰り返し流れます。やっぱりあの試合で一番印象的なのはヤットがPKを決めた後にユニのエンブレムを叩いてサポーターにアピールしたシーンだなぁ。微妙にPKの蹴り方も違うしね。あと、オマケで川淵さんと犬飼さんのメッセージもついてます。二人ともかなり鋭い目つきをしていたのですが、特に川渕さんはかなり険しい顔で話されていたのも見所の1つです!笑。

ここでは個人的に注目の4人のインタビューの感想を。

インタビューの初めを飾ったのはエムボマ(クリスタル・ケーに似てない?)。ここに登場する8人はそれぞれに違った形でガンバに貢献してレジェンドとなっている訳だけど、プレーだけ考えたらエムボマがリアル・レジェンドって印象。彼だけ別格。尋常じゃない身体能力。特にジャンプ力。カラオケで「太陽のイレブン」を入れると流れる伝説のベルマーレ戦のリフティングゴールシーンも繰り返し含まれています。アラウージョも凄かったけど、インパクトならエムボマだわ。正直、本並・磯貝・永島のプレーは子供だった事もあって印象にはあまり残ってないけどエムボマだけは別格。神様・仏様・エムボマ様の弾幕は伊達じゃない。ガンバ愛は未だあるようで当時の松波やツネとの思い出を語ってくれています。

永島(FC東京の城福監督に似てない?)。キャラの濃さは健在。どんなプレーをする選手だったかはよく覚えてないけど、弱小ガンバにおいて数少ない希望だった記憶だけはある。FWのキャプテンマークって最近あまり見ないからかっこいいと思った。このDVDの途中、和田選手について話す時に関西のおばちゃん見たいな手の動きと話し方になる場面が注目ポイント。ガンバを移籍してしまったのが幼心に残念だった記憶が残っているんだけどこのDVDでガンバを離れる事は本意でなかった事を語ってるシーンが嬉しかった。これからもガンバOBとして頑張ってください!そろそろ指導者への道を本格的に歩みだすようで・・・応援しています!

本並(浪速のイタリアーノ)。金のネックレスは未だ健在。なんかガンバ初期はキャラ濃い選手ばっかりだな。本並と言ったら腎臓破裂。腎臓破裂はもはや本並の代名詞。笑。子供の頃にサッカーで倒れたら「うわ~!腎臓破裂したかも~!」とふざけた記憶が甦ります。本並以外で試合中に腎臓破裂した選手っているの?まさにレジェンド。このネタを話しているだけでもこのDVDは買いだと思います。本並選手にはユメセンとしてこの話を全国の小学生に伝え永遠に語りづがれてほしいものです。当時のガンバの選手の意識の甘さを批判しているのが印象的。今は大学サッカー部のヘッドコーチだそうです。数秒の指導映像を見る限り恐そうなコーチで指示もアバウトでした。笑。

磯貝(小笠原選手に雰囲気が似ている気がします)。数年前にブクブクに太ってしまった磯貝選手を見て言葉を失った記憶がありますがもう見慣れたもの。ガンバ大阪について話している磯貝選手を見たのははじめてかもしれません。DVDに登場する8人の中で一番話に引き込まれました。なんなんだろうあの存在感。磯貝選手の個性的な考え方や哲学を少しこのDVDで触れられた気がいます。もっと深く彼の事を知りたい、もっとサッカーについて話してくれと思わせるオーラがあります。金子達人あたりが今一度磯貝についての本を出してくれないかななんて密かに期待しています。

DVDの最後を松波・実好が育てたユースの子が今後もガンバを支えていくのでしょう的な終わり方をしたのもナイス。過去の選手のプレーやチーム状態は鮮明には覚えていないながらも過去の映像を見ることで甦る記憶もありました。今藤選手の映像を見てあのころはガンバから代表選手が出るとすごく嬉しかったなぁ~とか。確かファルカンの時だよね。4人くらい選ばれた記憶がある。時の流れと共に考え方も変わるもんですね。また10年後くらいにこういうDVDを希望します。皆さん、これは買いですよ!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!

ACL 準々決勝第1戦 VS アル・カラマ(AWAY)

ACL準々決勝

アル・カラマVSガンバ大阪
     1-2

得点者

5分:DF 13 BELAL LUAI ABDULDAIM           70分:DF 5 山口智
                                  76分:FW 30 山崎雅人


やっと勝てた~!まあ、勝つならここかなとは思ってました!選手の皆さん、現地のサポーターの皆さんお疲れ様でした!前半5分の軽すぎる失点シーンを見た時は選手に勝つ気があるのかすら疑わしかったのですが、あれはACLアウェイ恒例のフリだったのでしょう!ザキさんの決勝ゴールのシーン。堀池さんも指摘していましたが、あの場面でパスではなくゴールへのドリブルを選択した結果があれなのです。待っていたのはこういうプレーです!ザキさんはACL強いね~。

後半の戦い方をすれば第2戦も十分勝てる。恐れるようなレベルの相手ではない。立ち上がりを集中して先制点を取ればほぼ準決勝行きを決められる。アウェイゴールを恐れてリスクを犯さないサッカーは見たくない。守れるチームではない。今のガンバで今回の相手ならば単純に攻撃は最大の防御という言葉が当てはまる。選手によってゴールとかシュート、前へボールを運ぶ意識に差があるけどシュートで終わるのがカウンターのリスク的にも少ないはずなんだしどんどん前へボールを運ぶという意識をチームとして意思統一したサッカーが見たい。選手個々のプレースタイルがあるとはいえ、バックパスがファーストチョイスのようなプレーをする選手は見たくない。そういうプレーには苛立ちしか覚えない。で、もう涼しいんだし前からボール取りにいって欲しいね。もっと運動量をあげれるはず。そういう意味ではザキさんか播ちゃんのどっちかをスタメンに入れて欲しい。ロニーとどっちか。ルーカスは中盤だわ。本人にとってもチームにとってもそっちの方がいい影響を与えられる。まあ、今日の中盤のうち誰を外すかって話が難しいんだろうけどね。現在、弱点以外の何物でもない下平のところにハッシーという形が一番しっくりきそうだけど、ハッシー中盤で効いてるもんな~。攻撃の意識が日に日に形になりはじめているよね。本当に着実に成長する選手だわ。大切な試合でゴール決めそう。

ところで、シリアはなかなか雰囲気のあるスタジアムでしたね。経験してみたいもんだ。同じアジアとはいえあそこまで離れると完全に異文化。近いものをあまり感じないよね。中東でよく聞く変な呪文みたいな歌はなし。中継でやたら抜かれていた観客席に座ってる偉い(風な)人は誰?プレーに関しては前半にやたら倒れるとかFK時の壁がじりじり近づいてくるとか「らしい」セコさは多少見えたけど、予想より悪質なファールも少なかったし案外フェア。球際もそこまでの激しさは感じなかったし、それもあって今日はセカンドボールをたくさん取れたのが大きかった。明神いつもありがとう。

今日は噂されていた秘密兵器ミネイロの投入はなし。守備に難があるという事で試合には使われていないみたいだけど、下平の守備の大概酷いと思うんだが・・・あれより酷いの?攻撃にストロングポイントがある分使ってみる価値はあると思うんだけどな。次節の京都戦でテストしてみてはどうですか、西野さん。京都戦はガンバにゆかりのある選手が多いし、残留も確実な状況ではないので(来年のACL出場権獲得も諦めないで~)全力で勝ちにいって欲しい気持ちがある一方で水曜のACLを考えると何人かは温存して欲しい気も。チン君、シュウがそれなりにコンディションも良さそうだし明神、フタあたりは温存でもいいのでは?

とりあえず今日勝てて本当に良かった。リーグでは期待できない秋のしびれる戦いを今年もACLという大舞台で感じれそうで楽しみだわ。けど、ACLは水曜日開催なんだよな~!そこが個人的には一番の問題だわ。有給取らしてくれるだろうか・・・・。

はい、今から会社行って来ます。連休明けの出勤は辛いわ。

P.S試合後の監督・選手インタビューを担当したアナウンサー(?)はカミ過ぎです。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします!




Jリーグ第24節 VS 名古屋グランパス

Jリーグ第24節

ガンバ大阪VS名古屋グランパス
             0-1

得点者

                  10分:MF 29 小川佳純


こんばんわ。少し遅い夏休みという事で半年ぶりに大阪に帰ってきております。昨日はこれまた半年ぶりにフットサル大会に出場したのですが(ちなみに優勝しました!!)、ただいま全身筋肉痛であります。衰えって辛いね。

と、言う事で土曜日は3月の東京V戦以来5ヶ月ぶりに聖地万博に参戦してきました。3時半くらいに到着してわらび餅(これも最近、新登場?)なんか食べながら時間を潰していたけど慣れていることもあって快適だった。まさにホーム。久しぶりの万博だけど、特に観にくい(少なくとも日産スタジアムよりは見やすい)って事もなく、フードコートなんかも登場していていいスタジアムやんか!新スタが出来ても年2回くらいは万博で試合をして欲しいもんだね。

200809132055000.jpg

ただ、試合は残念な事になってしまいました。例のごとく左サイドを突破されて失点。後半はボールも良かった頃のガンバみたいに運べていたし、スタジアムもチン君・播ちゃんが入った後は特にイケイケな空気になってた。サイド攻撃も上手く人数かけれて久しぶりに深くえぐってたし、見ていて楽しいサッカーは戻ってきていたんだけどラストパスの精度とかアイデア不足もあって決定機まではいかないんだな。ラストを担当する一人で打開できるFWがいたらなぁなんて思ったり。ただ、内容的には悪いとは思っていないし、次節もこれが続いたらいいんだけど、8月9日横浜F・マリの後半も内容がよくて次節は大丈夫だって思ったら普通に完敗したという悪しき前例もあるし・・・期待と不安・・・矛盾した考え方になっております。

この敗戦でリーグ優勝争いは事実上終了。あのワクワクした終盤戦を味わえないかと思うと寂しいな。ここからのリーグは取りあえず残留、あわよくば来年のACL出場権獲得を・・・無理?

まあ、現実問題目標をACL一本に絞って全力で行くしかないね。目標が1本化できたとポジティブに捕らえよう。今年のACLは西野監督の総決算。メンバーもほぼ揃ってきたし、途中出場のオプションも充実してきたし戦力的には戦えるはず。とりあえずの最大の課題と言われているFW(攻撃陣)も播ちゃんはさすがの動き出しで違う攻撃パターンをもたらしてくれているし、ロニーも足元はしっかりしてるからフィットすればガンバでもそれなりに点は取れそうな気はしている。気になるのはルーカスがボールを失う機会が多すぎること。チャレンジしている証拠との捉えることもできるんだろうけど、個人的には好きなプレースタイルではないし、1回ルーカスがいない試合も見てみたい。今のメンバーでルーカスがどういう役割を果たしているのか(果たそうとしているのか)よく分からない。少なくとも自分がゴールを取る事を第一に考えているとは見えないけど、現状彼に求められているのはそこなはず。間違いなく上手い選手なんだけど、活かしきれていないのが現状。実はここが一番も問題点なんじゃないの?

残されたタイトルはACLしか残っていないんだしモチベーション的にも気持ち切り替えてやってくれるって信じてる。チームの底力・ポテンシャルを疑うサポーターは誰一人といない。頼むよ!!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

オービックシーガルズ 東京ドーム1万人プロジェクト~完結編~

P1000042.jpg

関連記事 『オービックシーガルズ 東京ドーム1万人プロジェクト』

こんばんわ。今日はXリーグ東日本の開幕戦にあたるオービックシーガルズ VS IBM BigBlueの試合を東京ドームまで観戦してきました。会社帰りのアフター5に先輩におごってもらったハンバーガー食べながらアメフト見る。時々チアリーダーや売り子の可愛い子を眺めながら会社の裏話をする。そんな風にスタジアムで過ごす時間は個人的にはすごく贅沢な過ごし方だと思うのです。

ちなみに、東京ドームは初めてでしたがTVで見るよりグラウンドは近い。あれなら外野席でも普通に楽しめそう。また、実はXリーグも初観戦。感想は「アメフトのルール難しいっ!!」 アメフトの試合は学生の頃に見た経験があったのである程度のルールは分かってはいるものの、やはり何で試合が止まったのか分からない場面の連発。特にこの試合はファールが多い試合だったそうで。今日はたまたま一緒に観戦した人がアメフト経験者だったから解説ありで見れたけど、何も知らない人が1人でふらっと見るスポーツではない気がする。しかも、戦術とかも複雑でよく言えば奥が深いんだろうけど、ある程度の興味を持てないと理解するのに時間がかかるスポーツではある。素人の僕はボールすら追えない場面すらある。上記にある前々回のエントリでも書いたけど、シーガルズがアメフト普及の一環として女性対象のルール説明会を行っている意味が分かる。

結果はシーガルズが35-17で勝利!試合開始直後にIBMにタッチダウン決められてどうなる事かと思ったけど、第2クォーターからは終始シーガルズペース。ビックプレイも数回飛び出したりして最終的には結構な差になりました。

で、この試合も一番のポイントである観客動員数の話!第3クォーターあたりで電光掲示板に前半終了時の数字として5741人(微妙に違っているかもやけど・・・)という発表。平日ナイターということもあり時間が経つのに比例して仕事帰りのサラリーマン観客が増えていった事は間違いないけど、おそらく最終的にも1万人はいかなかったのではないでしょうか・・・。最終的な観客数が気になって試合終了後も少し待っていたのですが発表はなし。帰宅後インターネットで調べているもの観客数までは載っておらず現時点では正確な数字を把握できておりません。

現実はシビアです。ただ、大切なのはこれからでしょう。継続する事が大切です。こんなにすぐ1万人入ったらアメフトは今現在のマイナースポーツという立場に甘んじていないでしょう。じゃあ、どういう風に継続していくのか。ここが難しいとこでしょうね。地道な事をコツコツとって感じでしょうか。コアファンがどれだけいるか分かりませんが、アメフトの場合はコアファンがどれだけ友人を連れてくるかが重要な気が個人的にはしています。Jリーグサポの僕が今度どういうきっかけがあればXリーグを見に来るか・・・正直、無料チケットかなぁ。プレー以外の面でチアをはじめとするパフォーマンス面を強化するのはありかもとは思います。集客の苦労は続くんだろうなぁ。

とりあえず、選手と関係者の皆さんお疲れ様でした。


《追記》 最終的には6400人入ったそうです。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

ナビスコカップ準決勝第2戦 VS 清水エスパルス

ナビスコカップ第2戦

ガンバ大阪VS清水エスパルス
            2-3

得点者

11分:FW 18 ロニー                3分:MF 28 山本真希
79分:FW 9 ルーカス               46分:MF 8 枝村匠馬
                            55分:MF 8 枝村匠馬


自暴自棄になってしまいそう。試合終了の笛を冷めた気持ちで聞いたのは何年ぶりだろう。なんでこんなに勝てなくなってしまったのか。何もできないチームになってる。気持ちで取ったルーカスの2点目すら虚しい。相手には毎試合いい部分を出されて主導権を握られ、自チームのいいところは封印される。てか、今のガンバのストロングポイントってどこなんだ?攻守ともに高さも早さもない。特徴だった効果的とはいえない横パス連続のポゼッションすら出来なくなってる。1対1の球際では負け、運動量でも負け、試合のどこに勝ちたい気持ちを見出したらいいの。勝ち続ける事でチームは成長するけど、負け続ける事でチームはここまで脆くなるのか・・・。

今はどのチームにも勝てる気がしない。一番欲しいタイトルのACL決勝トーナメントを前にして不安しか感じる事ができない。1つ1つのプレーがマンネリで打開する2つ後3つ後のプレーが全くイメージできない。選手個々の能力が他のクラブの選手と比べて劣っているとは思わないけど、他のクラブの選手は迷いなくノビノビプレーしているように見える。自分の特徴を出し切るチームとしての戦い方をしているように見える。ガンバはその逆。特別選手層が薄いとか質が低いとかいうチームじゃない中でここまで勝てないのは何か変えた方がいいのかもね。何を変えるかとなるとまず思いつくのが監督って事になるのかなとは思うけど、よくも悪くも今のガンバは西野が作り上げてきたチームだし最後の大舞台であるACLが終わるまでは西野監督でいってほしい気持ちもある。いきなり監督更迭したところで来シーズンまでは優秀な監督を呼べないだろうし。ただ、ACL決勝トーナメント第2戦まで負け続けるような事があるなら真剣に降格争いもありえるので、監督を更迭する事で負の流れを断ち切る必要はあるだろうね。って、ACLベスト8で負ける事なんて考えたくないけど。

まあ、切り替えるしかないわな。流れの中で2点取れた事を復調の兆しだと思い込もう。メンバーは揃ってきてる。播ちゃんが本格復帰して裏へ動きがチームに戻ったら全てが好転するって信じてる。笑。ミチが怪我からか五輪燃え尽き症候群か不調を引きずっていたり不安な面もあるけど、一番大切なのは自信でしょう。次節は今シーズン好調の名古屋だし、ここに勝つ事で自信を取り戻して再スタートしたいよね。どうやって勝つかは見えないけど。もう何が悪くて、何が良くてとか分かんない。苦笑。誰か今日の試合を冷静に論理的に分析して敗因を教えてください!次節は久しぶりに俺も大阪に帰省中という事で3月以来の万博参戦だし万博での勝利を見せて欲しい!いや、見せろ!!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

ナビスコカップ準決勝第1戦 VS 清水エスパルス

ナビスコカップ準決勝第1戦

清水エスパルスVSガンバ大阪
        1-1

得点者

54分:MF 8 枝村匠馬        10分:MF 10 二川孝広


アウェイゴール1点のドロー。最低限の結果は出せたかなってゲーム。フタナイス!FKも良かったけど、その他のプレーでも疲れが出てくるまではさすがのプレー。ゴールに直結するプレーができる選手でイージーなプレーに逃げずにチャレンジするところが好き。「あえてそこ」みたいな。そういうプレーって意外に誰にも出来るわけではないので、やっぱフタは他の選手とは違うレベルにあると思う。寡黙なテクニシャンから頼もしい選手といった感じにイメージが変わってきてると感じているのは俺だけ?表情とか。早くフタのACLユニ届かないかな~。

今日の試合は清水の決定機に助けられた部分が大きい事は否めないけど、ガンバにも超決定機が数本あったし、引き分けは妥当な結果だと個人的には思ってる。アウェイゴール1点の引き分けでは2戦目ホームが特別有利とは言い切れず。しかも、次節は山口が出場停止ときた。次も今日の試合以上にタフな試合になる事は間違いない。福元は今シーズン1の勝負所が来るね。こういう展開になるとこないだの先発出場の経験が活きてくるような気がする。次の試合は今後を占う大一番!この試合でここ数年の経験の差を出そう!ホーム力見せつけるしかないっしょ!

今日の試合をどう判断するかは難しいところかもしれなけど、良かった点はロニー・播ちゃんの復活によって途中出場選手の力でもう一度流れを戻せる(変えれる)選択肢が増えたこと。今日の場合は特にロニーの投入によって行き詰まりぎみだった攻撃が多少の変化をもたらす事が出来た。倉田も決定機を外したのはいただけないけど(FC東京戦を思い出した)、あそこに顔を出せた選手がいる事を今のチーム状態では喜ばなくてはいけないし、守備でも運動量豊富に貢献してくれて役割をまっとう。今までは佐々木くらいしか攻撃的な選手では交代で効果をもたらす事が出来なかったので今日の3人の途中出場選手の活躍は第2戦に期待がもてる。

あと、後半のサッカーを見て改めて、ストライカータイプというかゴール前で勝負ができるロニーか播ちゃんのどちらかを次節はスタメンで出して欲しいと思った。最近のルーカス・山崎の両方とも引いてくる2トップが相手に脅威だとは思わない。ずっと同じ動きだけど、チームとしてこの2トップの動きはOKなの?後半の山崎ワントップ気味なんて攻撃を捨てたとしか思えなかった。山崎にどういうプレーを期待してたんだろう?周りのフォローも大してある訳でもなく、一人で突破するような選手でもない。ボールを引き出すために色々動くんだけど、山崎が空けたゴール前のスペースを誰かが埋めることもなく。一体どうやってゴールを取るつもりだったんだ。(まあ、すぐ変えたけど)

今のチームは敵陣でボールを奪えないからいい形での攻撃があまりない。しかも、基本遅攻で必要以上のバックパスを連発する。ワンツーパスの場面でも一人目のパスの出してが縦に抜ける事はほとんどなく、いくふりしてまた足元にボールをもらう。ボールもらえなくてもいいから縦に抜けることによってスペース生まれるんだし一回抜けろよ。攻守の切り替えもたいして早くなく、攻撃に人数をかけないので攻撃にも厚みがない。形もない(ショートパスをつなぎ続ける遅攻が形と言えば形だけど・・・)。FWには裏でボールをもらう事で全体を押し上げる働きもしてほしい。播ちゃんがそういうプレー上手いけど、コンディション的にはロニーかな。どんなプレーするかまだよく分かってないけど。そういうプレーにプラスしてゴール前でのプレーを期待したい。今の2トップはペナルティエリアまでのプレイヤーって感じだから。

対照的にエスパルスは自分たちの攻撃の形があって見ている人にどういうサッカーがしたいのか伝わってくる。クサビのパスもかなり効果的に使ってくるし、エスパルスサポーターは楽しい試合だったんじゃないかな。好き勝手やられてしまうガンバにも大きな問題があるんだろうけど。今日も要所要所でサボるというか注意を欠いたプレーで決定機作られてるし。今日の清水さんの解説はやたらガンバを批判するから試合中はイラっとしたけど、それだけ課題が多いって事やわな。継続して見続けている訳ではないだろう第三者(解説者)が1試合でそれだけの課題に気づくのだから、チーム状態はやっぱりまだまだ悪いんでしょう。個々の選手でパフォーマンスが落ちてる選手がいるのも気になるし。今までは勝ってたから気にならなかったけど、ガンバのサッカーって無策な感じがするのも最近気になる。

まあ、負けてるときはサポーターもネガティブになるもんだ。どんだけネガティブな状態でも次節は勝つしかない!絶対国立!絶対国立!!


P.S.ところで、ポジショニング悪い審判多くね?




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。