オービックシーガルズ 東京ドーム1万人プロジェクト

P1000041.jpg

こんばんわ。こ~@先日、生まれて初めてタンブラーというものを使用した男です。今週末はガンバの試合がないので久しぶりにガンバ大阪以外の話題を。今日書かせてもらうのは日本アメフトのトップリーグであるXリーグ所属・オービックシーガルズが挑戦している「東京ドーム1万人プロジェクト」について。先日、学生時代からお世話になっている方が主催するセミナーでこのプロジェクトの発起人である玉ノ井康昌氏の話を聞く機会があったので、そのセミナーに聞いた話なども含めて。

「東京ドーム1万人プロジェクト」の詳細はオービックシーガルズHP http://www.seagulls.jp/team/10000pro/index.html

「オービックシーガルズの挑戦」(スポーツビジネスオンライン)http://www.sportsbusiness-online.com/sbo/showTopicInfo.do?tpcId=7285

このプロジェクトを簡単に説明すると、その名の通りXリーグの開幕戦が行われる9月10日東京ドームに1万人の観客を集めようというもの。Xリーグの観客数は通常1000~3000人程度なので1万人という数がどれだけ大変なものか分かる。ある程度は予想できたものの、話を生で聞く事で改めてスポーツチーム(クラブ)運営の多くの工夫・苦労を知った。

告知方法

お金がない。広告塔(スター)もいない。→広告をうてない。ここから始まる告知活動。キーワードは「共栄」。お金がない中でもさまざまな告知活動をしているという話を聞いた中で私が一番印象に残っているのはライバルチーム・他スポーツチームとの協力の話。どのスポーツチームもお金がない。ならば、お互いに協力する事で共栄しようという考え方。シーガルズだけではチラシを作るにしても印刷代・配布する人件費などを考えるとたいした枚数は刷れない。ちなみにこのセミナーでいただいたチケットクーポン券は1万枚刷ったと教えていただきましたが、1万枚刷って1万人チケットを買う訳がなく、他に作っている告知物などを考えても、現在のXリーグの認知度を考えてれば告知物はいくら作っても作っても多過ぎるという事はないのです。ジャンルが違うので一概に比較は出来ませんが、私も仕事でチラシを使った販促をした経験がありますが1万枚ばら撒いて50人反応があれば成功、20~30人反応があればまだマシという感じ。その事を玉ノ井氏に伝えると「そんなもんでしょうね」と話されていたのでスポーツチケットでも同じようなものなのかもしれません。(ガンバも駅前チラシとかやってるよな~。あれって効果どれ位あるんだろう)

もっと数が必要なのです。そこで今回は開幕戦の対戦相手であるIBMにもこのプロジェクトの趣旨を話す事で賛同してもらえます。マイナースポーツなので敵だからといって何でもかんでも敵対している余裕などないのです。試合以外では協力し合う事もアメフト人気が安定するまでは必要でしょう。IBMも社員や関係者向けに自チームで作ったチラシをサンプリングするという形で協力してくれます。他にも合同チアリーダーイベント・合同グッズなどチームの垣根を越えた協力は行われているようです。

このような例はXリーグ内だけではなく、他スポーツチームにも及んでいるようです。シーガルズの場合、Jリーグジェフユースと練習場を共有されているそう。サッカーファンにもシーガルズの認知を広められるし、ユースの子にアメフトのボールを蹴ってもらう体験をしたら大変好評だったなんてエピソードもあるみたいです。

ガンバ大阪も阪神タイガーズやオリックスと共同企画があったりしましたが、Jリーグは特に理念的にもサッカーだけではなく日本のあらゆるスポーツの発展を願っているはずなのでJリーグは特に力を入れて他のスポーツとの交流を深めていくべき。他のスポーツと比べたらまだお客さんが入るスポーツだし、他のスポーツと交流する事で得ることもあるでしょう。ガンバも好き、オリックスも好き。どっちも好きでいいじゃない。まあ、ガンバも好き、セレッソも好きはありえへんけどね。笑。ガンバの親会社であるPanasonicなんてバレーボール、アメフトなんかも持っているんだしパナソニック括りでのイベントをもっと企画したらいいのにね。

プロジェクト・・・その後

地道な活動をしているのも印象的だった話。ルールの難しさはアメフトのハンデの1つだけど(アンケートでアメフトを見ない理由の上位だった)、それを克服すべくリールの説明会を女性向けに行ったり、アメフトの普及を目指して子供を対象にしたアメフト(タッチフット)教室を行ったり。DOスポーツの普及はSEEスポーツの普及にもつながる中で長期的な視点で考えればアメフト教室などの子供に対する普及は重要。今回のプロジェクトの告知で関係者向けの施策が多く出てきたので「それって未来につながるの?」と疑問を感じる所もあっただけに、こういう話も聞けて良かった。最近では学校の授業でタッチフットが扱われるケースも増えているようなので今後の人気つながるか要注目ですな。そういう意味ではコートが増え続けているフットサルなんて未来があるように思えるけど・・・Fリーグを見る限りそんな気しないなぁ・・・。苦笑。そんな単純な事じゃないって事だな。

余談

今回話を伺えた玉ノ井さんをはじめ現在スポーツ業界で働いている人って主体的かつ精力的に生きて自らのキャリアを切り開いてきたぞ~って人が多いんだけど(多くの社会人もそうかもしれなけど・・まあ、印象的な話)、皆さん同じような前向きなオーラを感じる。力強い目の力というか・・・。(ちなみに今回のプロジェクトの告知でも玉ノ井さん個人のコネで得た告知媒体が存在する。)今はスポーツビジネスブームでこないだも週刊ダイヤモンドでスポーツビジネス特集がされてたけど、多くの優秀な(感じ)の人がスポーツの事を真剣に考えていて皆さん思い思いの動きを起こしている。ものすごいマンパワーを感じる。なのに、どうしてスポーツ業界からは苦しい話ばっかり聞こえてくるんだろうねぇ。不思議で仕方ない。

とりあえず、9月10日は東京ドームに行ってきます。このプロジェクト、今回の様なセミナーを開いたり、2buy1クーポン(2枚買うと1枚プレゼント)など話を聞く限り告知面ではパブリシティも期待している様に見えたので今回の記事を書いたのですが、このブログを見て興味を少しでも持った人がいれば嬉しい限りです。

てか、こういう話を聞けば聞くほど逆にJリーグはなんで成功したんだって思えてくる。タイミング?

P.S. ちなみに玉ノ井さんは背番号21番ですよ!



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。





Jリーグ第23節 VS コンサドーレ札幌

Jリーグ第23節

コンサドーレ札幌VSガンバ大阪
         3-3

得点者

11分:FW 10 ダヴィ           27分:DF 5 山口智
30分:MF 15 クライトン         33分:MF 8 寺田紳一
44分:FW 11 アンデルソン       71分:MF 17 明神智和


何と言っていいのやら。少なくとも「チームが苦しい時こそサポーターが応援しようよ!」みたいな事を言える気持ちではないね。これでリーグを捨ててACLとナビスコに集中する決心がついたと考えれば今日のドローも意味があるように思えて・・・・こないわな。

久しぶりに3点取ったと言っても1得点目はGKのミス、3得点目はDFのミス。58分には相手に退場者が出て30分以上数的優位があったのにドロー・・・・。前半にあった決定機をバレーばりにルーカスが外し、セットプレーでは相手をフリーにし、競り負け・・・。ネガティブな面ばっかりに目がいくのは負け続けているからです。ひねくれてきているのです。チームから負のオーラを感じているのは俺だけ?一時期、ロスタイムに失点しまくっていた時の心境に似てる。ロスタイム、勝ち越し点よりも失点の恐怖に怯えていた私。どうやらここ1ヶ月間の情けないガンバの試合を見続ける事で弱者のメンタリティが植えつけられてしまったようです。

プレーに積極的も工夫も激しさも感じられない。同じプレーを繰り返していたら同じように負けるだけ。どのチームのギリギリのところで力を発揮してくる。1つ1つのプレーに激しさとか積極性を感じる。そういうプレーの積み重ねが土壇場でのゴールにつながってる。ガンバは技術でそういう激しさとか積極性をカバーしてきてたけど、カバーしきれなくなってる。最下位の札幌でギリギリ引き分けって現実がよく表してる。バレーの存在は技術的なところより、チャンレンジしないチームにおいて積極的にリスクを犯すプレーをするという面で大きな役割を果たしてた。相手を背負っている状態で前を向こうとしたり、無謀な位置からシュートをしたり・・・。そういうプレーは時と場合によっては必要だと思ってる。けど、今は誰もリスクを犯さない。犯せない。

例えば、ミチは去年のブレイクで今年はどの相手も2枚つけてきて徹底的に縦を切ってくるから勝負すらできない状況。この状況を逆手にとってのプレーはリーグ開幕から約半年の今でもまだ決定的なものはなく、オーバラップしては横パス、バックパスの連続。これではチームとしても個人としても彼の能力の半分も出せてない。ここでミチがアーリークロスなんかを覚えたらまた縦へ勝負できるようになる。逆サイドに佐々木というお手本がいるんだし。あのタイミングを学んでほしい。常に何か新しいものを生み出さないと勝ち続ける事はできない。

ガンバは相手の良さを消すというよりは自分達の良さを出すサッカーをしてるだけに余計新しいものが必要。そこを本当は新加入選手に求めたい。ルーカスは器用貧乏というかプレーの幅は広いんだけど、どのプレーもスペシャルじゃない。ゴール前でも足元にボールを欲しがるくせにバイタルエリアでのプレーの質はそこまで高くない。ゴール前での動きの少なさはどうなんだろう。逆に佐々木は一時期(今も?)批判されてたけど、今やゴールの匂いがもっともするプレイヤー。佐々木みたいな発見がどんどん出てくれば活性化する。在籍は長いけど、チン君も新しい力として後半戦期待したい。足下ばっかりでボールをもらいだがる選手が多いチームの中でゴール前で大きなフリーランニングは効果的だったし、ここに同じくフリーランニングの動きが素晴らしい播ちゃんが入ればもう少しスムーズに攻撃できると見込んでいるんだけどね。チンは今のチームでは外せない選手。あとはフィニッシュの部分をロニーが担当してくれれば・・・期待していいものなのか。

ナビスコで決勝に進出する事でもう一度勝者のメンタリティを取り戻して欲しいし、復帰する播ちゃんにはチームに厳しさとか激しさをもたらしてくれる事を期待して1週間を過ごします。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第22節 VS ヴィッセル神戸

Jリーグ第22節

ガンバ大阪VSヴィッセル神戸
             1-1

得点者

27分:FW 30 山崎雅人         89分:FW 13 大久保嘉人


今日はスカパー観戦。つまり、久しぶりの万博。やっぱり青黒のユニは素敵だわ。そして、東京に生活の拠点を移してから他クラブのサッカー専門スタジアムばかりで観戦する機会が増えていても万博の雰囲気はまた違った味があって素晴らしいと感じる。離れて初めて分かる万博の素晴らしさ。糞スタジアムとか言ってゴメンよ。そんな万博なのにTVから聞こえるのは神戸のチャントばっかり。マイクの位置のせいだと思ってたけど、どうやら違ったようで。オフィシャルHPのニュースリリースを読んでややこしい事になってるのは分かってたけど・・・残念やね。クラブの対応はなんとなく冷たい印象を受けるけど、ガンバ大阪はガンバ大阪を応援するすべての人のものなんだし、多くのサポーターが納得する解決策を見出して欲しいもんだ。あと、試合後選手が挨拶に行く時のゴール裏の映像を流さなかったJスポーツの中継にはガッカリ。現場にいない人間的には一番見たいとこなのに。サポーター心理を全く分かっていない。

試合はドロー。一応、連敗ストップ。ただ、神戸には2年連続万博でロスタイム同点弾。これが今の精一杯かな。負けている時に限ってPK外したり、終了間際に失点するのはチーム状態をよく表しているとは解説の原さん(加地さん大好き)。試合後は数年ぶりにガンバより順位が下のクラブとの勝ち点差を確認した。

内容が絶望的に悪い訳ではないんやけどね。個々ではいいプレー見せてくれているんだけど、連動しないし90分間続かない。ハッシーも空回り気味だった前への積極性が序々に形になりはじめているし、チン君もスピードのあるドリブルでゴール前までボールを運べるようになってきた。あとはラストの精度と連動。そういう意味では1点目はその精度と連動性で生まれたゴール。バイタルエリアで(しかも左足で)あのラストパスを出せるヤットはさすがだし、ルーカスも周りと動きが合った時はビックチャンスを生み出せる選手。久しぶりにガンバらしいゴールで先制できたから今日はいけると思ったんだけどね。神戸の出来を考えても本来ならばドローになるような試合じゃない・・・本来ならば。

結局、シーズン前に選手全員で合わせる時間が少なかった事が未だに影響してるんかね。それに加えて怪我や病気、移籍などで入れ替わり続けるスタメン。結果が出ず固定できない悪循環。この状況で平井・倉田あたりの若手が力を発揮するのは酷かもしれんとも思う。今節にしてもここ数試合不調の中澤に代えて出場した福元が中澤のパフォーマンスより上だったかと言えば、そうとは言い切れず(期待してたビルドアップはいまいち)、中澤の前例を考えても数試合は使わないと安定はしなさそう。他の例で言うと、早い仕掛けからの面白いタイミングでの佐々木のクロスは依然合わず。今後、播ちゃんやロニーが入ってきたら、また他の選手と同じように合わせていく時間がかかる訳で・・・。ただ、そこに期待せざるをえない現実。純粋なストライカーではない山崎・ルーカスの2トップでは脅威に欠けるのは間違いない。今のガンバの攻撃はバイタルエリアでの迫力は0%。中盤が前に飛び出してやっと20%って感じ。

ことろで今日の審判には異文化を感じた。理解できないジャッジの連続。ヤットへのイエローはなんだあれ?ハンドでイエローではないよね?審判の指示に応じなかった事に対するイエローなのかなと認識しているんだけど、相手がFKを再開しようとしている展開でパスコースを空けてまで審判に近づいて注意を受ける選手がどこにいる?あの場面は選手を呼ぶのではなくて審判自らに近づいて注意をするべき。一緒にゲームを作っていくという感覚ではなく自分が試合をコントロールしていると考えるタイプの審判だね。やたら笛吹いて試合の流れ止めるし。審判が下手なのは日本人だけじゃないんだね。まあ、そんな審判のおかげでもらったPK。止められたけど単純にキックミス。コースが甘かった。蹴り方を変える必要はないだろうけど、もう少し速い(強い)ボールは蹴れないのかな?まあ、このPKが試合のターニングポイントになった事は間違いない。そんなヤットを交代させた後に失点。ヤットが途中交代した試合って悪い印象しかないなぁ。チームが一気に浮ついてしまう印象がある。

今年は本当に上手くいかないね。まだ、夏場なのに今シーズンを愚痴りたくなるこの心境。シーズン前に選手全員でキャンプできなかった事から始まって、加地さんの怪我。ミネイロ外れ発覚(キャラは◎)。播ちゃん・ヤットの病気。水本の脱走。バレーの旅立ち。ルーカスを筆頭に新加入選手は未だにチームにフィットしたとは言い切れず。サポーターは浦和で暴動、それに伴う現在の混乱。チームの低迷。今年は厄年か?

はぁ~。

P.S.今、MTVでハイエスト・マウンテン見てるけど何万って人が一斉にタオルを振る風景は相変わらず凄いな~。タオルを使った定番の応援が今後生まれて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

Jリーグ第21節 VS 大宮アルディージャ

Jリーグ第21節

大宮アルディージャVSガンバ大阪
           2-0

得点者

4分:FW 10 デニスマルケス
43分:DF 3 レアンドロ

P1000040.jpg

雷雨と豪雨の中無事帰宅しました。弱いね、ガンバ。サポーターの件を含めチーム全体が混乱している印象を受けた。

今年は例年と比べると開幕当初から大したサッカーはしてなかった。けど、ここ数年で身につけた勝者のメンタリティー、自信、緊張感などによってギリギリ耐えてきた。それが完全に崩れてきてる。勝てる気がしない。いや、点を取れる気すらしない。今日の1失点目はまるで前節の1失点目を見ているみたい。同じように下平のサイドを崩されまくる。何度もクロスをあげられる。中はマークに付ききれない。前節の後半に感じた復調は一過性のものである事が本日判明しました。俺達の期待を返せ。

G-MAILの一文。「序々によくなってる」・・・・・そ、それはどのあたりでしょうか?いいところを探す方が難しいゲーム。どう改善していくのか方向性すら見えない。前も書いたけど、チーム状態が悪いとかではなく根本的に何かを変えないといけないのかもしれない。ここまで負けると今のチームのスタイルにすら疑問に思えてくる。今のパスを回し続ける遅攻で相手を崩せるのか?遅行の結果は半分以上がサイドに流れてからのクロス。しかも、時間がかかっているから相手守備陣の準備は万全。中にはルーカスと山崎(もしくはロニー)。うちの攻撃陣のスタイルとか身長を考えるとこの攻撃は有効だと思えない。結局、ここ数年は優良はFW外国人に助けられていた部分が大きいのかなと感じてる。

岡田監督が鹿島の内田の常に前にボールを置くトラップを絶賛してたけど、確かに毎回毎回ボールを自陣方向に置いて必要のない時にすらバックパスを連発するうちの左サイドバックを見ていると岡ちゃんの気持ちが少しだけ分かった気がする。なんであそこまで積極性がないのか。自分の責任でリスクのあるプレーをとるのを怯えているようにすら見える。岡本にしても君達が新しいものを見せてくれないとチームは成長しない、チームは勝てないくらいの意識をもってくれ。ただ、もうしばらくの間は下平のプレーは見たくないけどね。

新加入のロニー。今日見た感じだと基本シンプルにボールを叩いてゴール前で勝負する感じのFW。これ以上ボールをこねたり、難しい事をする選手はいらないのでとりあえずよかった。個人的にはルーカスはとても上手い選手なんだけど彼のプレーがガンバのサッカーをより難しくしてしまってる気もする。味方すら動きについていけてない場面もちらほら。佐々木とか播ちゃんとか自分の仕事を明確に意識してプレーするスペシャリストを中心に変化をつけれる選手を1~2名って感じてメンバーを構成して今一度シンプルなサッカーを再考して欲しい。後半戦になっても予想外にそこまで息切れしない名古屋のサッカーを見てそんな事を考えた。

とりあえず、このままでは勝てないのでなでしこJAPANの澤を来年獲得するか。

P.S.初NACK5スタジアムはなかなか味のある、それなりに見やすいスタジアムでした。ただ、日産スタジアム同様ゴール裏の電子広告は試合中チカチカしてウザイからやめてけれ。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。




Jリーグ第20節 VS 横浜F・マリノス

Jリーグ第20節

横浜F・マリノスVSガンバ大阪
        2-1

得点者

31分:FW 15 大島秀夫         53分:MF 10 二川孝広
57分:FW 11 坂田大輔

P1000039.jpg

ただいま日産スタジアムから帰宅しました。昨日はお昼に中華街、晩飯にラーメン、今日の晩飯は王将。お昼にはカンフー・パンダ。帰ってきたら北京五輪と、中国三昧の週末を送らせていただきました。シェーシェー。

しかし、なんだかな~。昨日の試合後は色んな意味で麻痺している自分がいたよ。1-2で敗戦。前半終了時に感じた苛立ちを試合終了時に感じなかった理由はなんだろう。多分、理由は2つ。1つ目はここ数試合と比べて後半がまだ期待が持てる内容だった事。2つ目はどういう経緯でそうなったかは分からないけど、5月の埼スタでの暴動以来封印されていたチャントが復活して後半は熱い応援ができた事。始まり方は少し乱暴だったけど、「この空に輝く~」のフレーズが聞こえてきた時はテンション上がった。ただ、これって過去当たり前だった姿に戻っただけ。

試合に関しては結局、最後の部分の甘さはそのままだから、結果もそのまま。我慢の時期とかそういう問題なんかね。今のチーム状態って時間が解決してくれる問題なの?応援に関してもチームが勝つために応援してるのに久しぶりに封印してたチャントが歌えた事に満足して敗戦の悔しさを少し忘れてしまった自分は本末転倒だわ。負け続けるとちょっと感覚狂ってくる。あと、後半の応援に関しては賛否両論あると思うけど、個人的には封印されてたチャントがまた歌えて熱くなった。実際、後半のゴール裏はかなり盛り上がったし。偶然なのかもしれなけど、ゴール裏のボルテージに比例するかのように選手達の動きも良くなった。解散とか自粛とか復活とかそういう事に関しては詳しい事を知らないのでノーコメントだけど、後半のあの雰囲気は正直好きだという事だけは書いておこう。

試合に関して。勿論、時間帯によって内容は違うんだけど、ヤットがスタメンに戻ってきた事でパス回しはスムーズになる一方で例のごとく回してるだけの印象もある・・・よくも悪くもガンバ大阪のスタイルが戻ってきた感じ。ただ、フィニッシュの部分で決定力うんぬんの前にフィニッシュの意識が高い選手が少なく、ワントップのルーカスもエゴイストってタイプのFWじゃないだけにシュートが少ない。後半、山崎が入ってFWの数が増えた事がシュートや決定機が増えた要因の1つじゃないかなって思ってる。個人的には今のガンバで1トップはありえない。そんなに前に飛び出す選手もいないし。そういう意味ではチン君には出し手ではなく、受け手の選手として新たな風をもたらしてくれるんじゃないかって期待してたんだけど、前半で交代・・・まあ、これからって感じかな。てか、日産スタジアムは久しぶりにトラックがあるスタジアムでの観戦だったからめっちゃ観にくかった。久しぶりに生で見るチン君の動きを追えなかった。いつボールに絡んでたか記憶に全然ない。あと、この試合は2万以上入ってるのにハコがでか過ぎてガラガラのイメージあるし、やっぱりガンバの新スタジアムは3万くらいがいいね。

失点のシーン。2失点目は坂田を褒めましょう。1失点目。クリアしきれなかった事も原因、フリーにしてしまった事も大きな原因。けど、あれだけ何回もふられてしまうとマークが外れるのはよくある事。個人的にはその前の簡単にクロスを上げさせたことのほうが大きな問題だと思う。かなり軽い守備だった。もっと寄せれた。クロスを上げられた瞬間も足を軽く上げてるだけ。明神・中澤・山口なんかが体投げ出して守っている姿を見る一方で要所要所で淡白なプレーが出るのが本当に残念。今シーズンは多分、今のまま団子状態で終盤までいきそう。どの試合の接戦だし、チームの実力差が本当に小さい。そんなシーズンだからこそ、そういう1つの軽いプレーが命取りになる。そういうプレーって気持ち的なところも大きいと思う。チームの勝利のために自分の責任(守備範囲)以上のプレーをしてほしい。

次節もアウェイという運の悪いスケジュールだけど、次節負けるような事があ・・・・いや、そんな事は考えまい。西野監督も自分の首がかかってる位の意識で次節に望んで欲しいね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。






ナビスコカップ準々決勝第2戦 VS 横浜F・マリノス

ナビスコカップ準々決勝第2戦

横浜F・マリノスVSガンバ大阪
        2-1

得点者

32分:MF 13 小宮山尊信              34分:MF 10 二川孝広
84分:MF 8 ロペス

※アウェイゴールの差でガンバ準決勝進出。


こんばんわ。こ~@クリスタルガイザーで餃子を焼く男 です。五輪前という事もあっての事なのか、最近色んなメディアでサッカー界における黄金世代関連の記事(ニュース)を見る気がします。で、そのタイミングで小野が代表復帰。今の代表に魅力があったら過去の日本代表の話がそんな頻繁に出るわけがないので、この流れは実は結構ネガティブだよね。ただ、そんな事言っている僕は黄金世代の選手大好き人間です。イナにも小野にも2010年にもう一度輝いて欲しいって思うもん。この流れってサッカー界だけじゃなくて、例えば音楽とかでも一時期勢いの落ちたアムロちゃんが再評価されていたり、PUFFYや徳永英明などが再び人気が出始めてたりするのを見ていると、時が経てば全ての事が前進する訳じゃないんだなって改めて感じる今日この頃です。そんな僕は今から昔の思い出アルバム眺めます。

と、いう事でナビスコ準々決勝第2戦。仕事の関係もあって今日は三ツ沢行きを断念(土曜日にも横浜行くしね)。6時50分にぴったり帰宅してスカパー!観戦。

しかし、今日の結果はギリギリとしか言い様がない。いや、ギリギリギリかもしれん。シュート数は4:20だそうで。アウェイゴールでリードしている展開が長かった展開を差し引いても、この数字は意図したものではないね。完全に負け試合。こんなに長い期間チグハグなガンバを見るのは本当にいつ以来だろう。誰かのコメントにもあったけど、強い感じがしない。こんな試合が続くとここ数年で積み重ねてきた自信まで無くなってしまいそうで不安。崩れるのは一瞬だからね。今のチームはサポーターながら、怪我選手が戻ってきたり新しく選手が入ったりする以外でチームの改善する姿が想像できん。今日に関しては久しぶりに主審(奥谷さんポジショニング悪くね?)の笛にナーバスになってしまうくらい、見ていて不安になるサッカーだった。2失点目なんて直前に同じような位置でミドル打たれていたんだから、あの位置でカチガチいけとまでは言わなくても、無防備すぎるように見えた。直後1-2からのCKで中澤(ゆ)にドフリーでヘディングされた時なんて怒りのあまりベッドをおもいっきり叩いてしまった・・・こんなところで平日のストレスを晴らす俺・・・プライスレス。嘘です。下の階の人すいません。けど、あんなシーンの後はガヤはもっと怒ってもいいんじゃないか?

単純に勝ち抜けて良かった~って喜んでいいもんなのか。結局、流れの中からの得点は3試合連続なかったし(ジェフ戦もギリ)、ゲームもまったくコントロールできてない。なんであんなにイージーなミスが出るの?ミスとちょっとしたズレが連発することで自らリズムを手放してる。細かくつなぐチームなんだから、もう一度そこは丁寧に集中してプレーして欲しい。シュートで終われてないから(ミスで攻守交替してるから)リズムが生まれていない気がするし、こういう時期はシンプルに攻めたらいいんじゃないの?今日途中から出場したヤットのプレーがお手本。贔屓目ではなく改めてヤットの一つ一つのプレーはシンプルなんだけど適切で効果的だと痛感した。しかも、正確。ああいうプレーがリズムを生むんだろうなってテレビ越しからでも伝わってきた。少なくとも俺はヤットのパスに「♪」を感じた。笑。

個人的にはFWのシュート意識の低さ、裏への意識の低さがおおいにチームに悪影響を与えている気がする。どうせボール取られるなら危険なエリアで飛び込もうよ。危険なエリアで勝負しようよ。もっと勝負しようよ。もっとチャレンジしようよ。プレースタイルとかタイプとか関係ない。ゴールを第一に考えるとあんなプレーにはならないと思う。ここが現在のチームのウイークポイントであることは明白だし意識もプレーも変えていく必要がある。ただ、FWだけにも頼ってられないし、今こそ選手全員が自分が決めるくらいの気持ちが必要。今のサッカーでどうやって得点を取ろうとしているか意図すら感じられない。バレーがいなくなって新しいサッカーを模索するどころか、バレーがいないのにバレーがいてる時のようなサッカーをしている気がする。山崎にバレーの動きはできない。それを求めるのは山崎に失礼な事。山崎はハーフウェイラインからゴリゴリゴール前までドリブルはしないし、角度のないゴール30メートル前からシュートも打たない。山崎にバレーを重ねるのは昔の彼女を想像しながら今の彼女をだ・・・・失礼しました。

土曜日に同じ相手とやる訳だけど・・・。また、左サイドの下平は狙われるだろうね。将来のことも考えての起用なんだろうけど、ミネイロはそんなに使えないの?春から比べると練習で改善されてるんじゃないの?確実に来年はいない選手だけど、今日の下平の出来を考えると・・・・ACLのミネイロを思い出すと軽々しくそんな事もいえない気がするけど・・・。苦笑。佐々木と加地のコンビとか数少ないポジティブな発見もあるものの、土曜日どうやって点取るかね~。ヤットの復帰で今よりゴール前まではスムーズにボールを運べるだろうからやっぱり最後の部分だよな。セットプレーも取りたいね。土曜日は中華街でたくさんご飯食べて元気になってから一生懸命応援するから!頼むよ!

P.S.土曜日の横浜戦は僕の誕生日だったりもします。あっ、別に深い意味はありませんよ。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。