Jリーグ第14節 VS コンサドーレ札幌

Jリーグ第14節

ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌
            4-2

得点者

5分:FW 18 バレー             23分:DF 6 西嶋弘之
36分:FW 18 バレー            76分:DF 32 柴田慎吾
67分:FW 9 ルーカス
84分:DF 5 山口智


くいだおれ人形しつこくない?笑。

結果はともかく内容は納得できない試合でしたな。2-1からの3点目、3-2からの4点目を奪えたのは今シーズンなかなかなかった展開だから嬉しいものの、2-1から3点目を奪うまでのダラダラと流した時間帯は反省点。相手に合わせる必要は全くなし。決めれるときに決めないと後からキツくなるのは分かりきっている事で、今シーズンは駄目押し点をスムーズに取った完勝という試合が少ないなぁ。まあ、バレーがはずしまくるからなんだけど・・・前節の京都戦しかり。苦笑。正直、3-1から押される時間帯が続いて3-2になった時はかなりヤバイと思った。後半、特に3-2になった後はチームとして守るのか攻撃するのかあいまいで間延びしてたし。実力は4-2くらいの差はあったけど、結果は負けてもおかしくない試合。ギリギリで加地さんや智のナイスディフェンスに助けられるシーンもあったけど、今日は相手に助けられた部分が大きい試合。

攻撃は予想通りポゼッションを握って遅攻中心。サイド攻撃を中心に崩すのはいいし、中にも人数かけているんだけど競り合いが強い選手がいないからピンポイントじゃないと厳しい。あとは低いボールとか何か変化をつけたい。深くえぐってから上げれたら一番なんだけど、そこは相手もかなりケアしてるしね。まあ、4点取ってる試合で嘆く事じゃないけど。しかし、前半の2点はいかにもバレーらしい得点だな。奇跡みたいな2点目はバレーの真骨頂。あとは、2点目とった後2回くらいあった1対1のチャンスを決めれたら完璧なんだけどな。打たなくてもいい時に打つくせに、打つべきときに躊躇するのはなぜなんだ!?

今日の3点目といい前節の京都戦といい遠藤の飛び出しがゴールに結びついているわけだけど、他の選手も運動量を増やして前への飛び出しを増やしていかないと!ハッシーの2列目起用は前への飛び出しを期待しての事らしいけど、それなら佐々木も試してみては?ヤットをボランチ起用するなら無理にハッシー使わなくてもいい気がするけどね。過密日程なんだし、佐々木なんかは十分使える選手なんだし上手く使ってほしいわ。

今週末はJの試合を何試合か見たけど、次の柏なんかはかなりいい試合してた。スコアは2-1だけど、前半だけで3-0でもおかしくない位の勢いがあったし、更にフランサ復帰ときてる。アウェイだし、ここ2試合を見るとかなり気合入れないと厳しい試合になりそうだ。ナビスコはどういうメンバーでいくんだろう?多少いじってもいい気がするけど。


応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

Jリーグ第11節 VS 京都サンガF.C

Jリーグ第11節

ガンバ大阪VS京都サンガF.C
1-0

得点者

54分:MF 7 遠藤保仁


こんばんわ。こ~@自転車パクられた・・・・です。先日、東京はビックサイトで行われた「ケーブルテレビショー」に行ってきたのですが、そこで生・水木一郎見た!!期待通り「マジンガーZ」と「バビル2世」歌ってくれたし、歌後も「「ゼーット!」」連発!ガキ使の収録?ってくらい期待通りの働きでした。スターは自分に期待されている事わかっておられるわ。他にも色んなジャンルの放送事業者さんがブースを出展されていてなかなか楽しいイベントでした。客引きとして抽選会もたくさん行われている関係であらゆるグッズもいただいた上にカメラの前に立たされてインタビューまで受けちゃいました。笑。興味のある方は来年どうぞ。

P1000032.jpg
獲得グッズ一覧。(MTVステッカー、ユーロ使用サッカーボール(WOWOW)、Tシャツ(Scifi)、マグカップ、化粧品、ローション・・・etc)

と、いう事でいまさら水曜日に行われた京都戦について。前回のエントリで「絶対に7時に家に着くまでは退社する」と意気込んでいたものの、その夢は叶わず帰宅は0時過ぎでJスポの0時からの再放送にすら間に合わないとう悲劇でした。ただ、万博では平日にも関わらずかなりの数のサポーターが駆けつけたようで。皆ガンバを待ってたんだね!ああいう事件があった後だからこそ、サポーターの応援はクラブの力になるはず!すばらしいことだよね。

試合について簡単にふりかえるならいいのか悪いのか、中断前と特に何も変わっていない印象。バレーは相変わらずポテンシャルだけを感じさせてくれるし、明神・ハッシーは献身的だし、智、加地さんのプレーの安定感も相変わらず。チームとしての大きな伸びしろは数年前ほどは感じないけど、崩れる気もしない。しっかりポゼッションを握ってチャンスをたくさん作り出す。安定期だね。あとはフィニッシュなんだけどなぁ・・・。そこが結局一番重要な気もするし。アラウ・マグノレベルのフィニッシャーがいないのは後半戦厳しくなるだろうなぁ。大黒は結局戻ってこないの?バレーの覚醒に期待するしかないかな。

GKは中断前の充実ぶりを考えると松代でいくのかなと思ってたけど藤ヶ谷が復帰。一本ファインセーブもあったし藤ヶ谷にはまだまだ長い期間頑張ってもらわないと。ミチの怪我で左サイドバックは下平。精度の高いキックでチャンスを数本作ってはいたものの、個人的な趣味としては前々から書いているように縦に勝負できない、スピードのないサイドバックは微妙な気もする。縦に勝負しなくても活躍できるんだという新たなサイドバック像を自分に印象つけるような活躍を期待してます。個人的にはアーリークロスのタイミングを練習して欲しいかな。これからは下平、安田、倉田のような選手の成長がそのままガンバの成長になるからね。

色んな選手の名前を出したけど、この試合に関して言えばヤットは別次元の活躍ぶり。存在感ありすぎ。プレーのひとつひとつの選択が適切。単純に視野が広いだけじゃなくて、ゲーム全体の流れというか、今何をすれば効果的なのか理解して、それを実行できる。いつも出来ているといえば出来ているんだけど、京都戦は運動量もあったもんだから印象的だったんだな。色んなタイプの選手がいるから一概には言えないけど、今のJリーグの中盤選手で一番じゃないかな。少なくとも過去のガンバ中盤では一番。マジですごいわ。オリンピックに行かれるのは辛いけど、本人が望むなら仕方ないね。同じ関西で大久保を五輪に出すことを渋っているダサいクラブもある中で素直に送り出すガンバの姿勢もえらいわ。

今後は夏という気候や連戦で厳しいと思うけど、当然運動量がキーワードな気がする。京都戦のゴールのように中盤の選手がどんどん前に飛び出していくような動きがないと得点は厳しそう。06、07年と比べてもチャンスの作り方が少し雑な気がするし、バレーの身体能力に頼りすぎるのは危険。ヤットがいない間に倉田とか寺田あたりにチャンスがあるのかなと思うけど、もしチャンスがあったならどんどん前に飛び出すプレーを期待したい。全体としていく時はいく、守るときは守るって意思統一をしてプレーに厚みを持たせることが夏場の連戦のポイントじゃないかな~。ナビスコカップは今年に限っていえば正直どれだけモチベーションがあるのか微妙なとこはあるけど、リーグは過密日程の中でもがんばって欲しい!いい感じで9月のACLにつなげられればいいね。

では、札幌戦もTVで今回は生で応援させていただきます!!くいだおれストラップ欲し過ぎる!!

P.S.シジクレイはさすがのプレーぶりだったわ。


応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

OBでもないのに大学サッカー早慶定期戦を見てきた話

こんばんわ。明日は久しぶりのJリーグ。毎年中断期間に似たような事を言っている気もするけど、EUROも日本代表もどうでもいいんです!はやくガンバの試合を見せてくれ!と、いう事で明日は命をかけて19時まで帰宅できるように退社します!笑。あ~会社の近くに住んでてよかった~♪日本代表組は過密日程だったり怪我してしまってたり、レッズ戦の一件からゴール裏の雰囲気も変わったりして色々気になる事はあるけど明日も勝ってくれるでしょう!万博にめっちゃ行きたいけどTVから応援する!

で、話は変わって先日早稲田と慶応の大学サッカー定期戦を見てまいりました。残念ながらどちらの大学のOBでもないのですが、知り合いからチケットを試合当日に頂いた事もあって久しぶりに学生ノリを感じに国立競技場まで足を運んできました。いただいた席はメインスタンドの真ん中らへんの席でそれなりにいい席だったらしく周りに早慶のOBと思われる有名がちらほら。川淵キャプテン、関塚元川崎F監督、あと早慶のOBかは知らないけど田嶋さんも見た気がする。

P1000031.jpg


試合はといいますと、とにかく前へ前へ!よくも悪くもバックパスなんて使いません!印象としてはこないだのワールドユース(U-20W杯だっけ?調子乗り世代の)の日本代表を見ている感じ。若い人のサッカーってなんでああなるんだろうね。攻め急ぐ感じ。全然否定はしないけど。残り5分でリードしてても前へ前へ!ただひたすらにゴールだけを狙うプレーの連続。カウンターのリスクなんて気にしません。本当の超攻撃を見た感じ。笑。たくさんの大学の友達が応援してくれて選手達もアドレナリンが出ていたんだろうね。よく走る。しっかりファイトする。たまにファインプレー。そして、フェア。試合後はエール交換ですよ。見ていて気持ちいいじゃないですか。これが川渕キャプテンが若い選手に求めるピチピチ感ってやつですか?

試合自体は後半の慶応の猛攻の時間帯を耐えた早稲田が試合終了間際にダメ押し点を決めて4-2で勝利。決めた奴は次の日学校でヒーローだろうね。応援に来ていた学生は大盛り上がり。一点入る度に近くにいる人同士で肩組んで歌ってた。青春だなぁ。試合後は右手を上下に振り回して校歌合唱。自分の大学がみんな好きなんだね~。あぁ、俺もあと4~5年くらい学生生活過ごしたい・・・・。早稲田の皆さんサッカー見て盛り上がりたいならJリーグもあるんで、お近くのスタジアムへもどうぞ☆

たまには学生スポーツもいいね。両校に負けないぴちぴち感を明日の試合でもガンバ大阪の皆さんお願いします!

P.S.先日、半分仕事だけど東京は東銀座に始めて歌舞伎を見てきました。いや~眠かった・・・・5時間もあるんだよ。苦笑。常連しか分からない文化というか常識(感覚)だらけでついていけなかった。実際、客層も高齢者ばっかりで新規客は少ないんだろうなって安易に想像できた。こういう事ってサッカーにもあてはまるよね。明日から万博ゴール裏は新スタート。誰でも楽しめる雰囲気を作り上げていきたいもんだ。

応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

水本の退団について

こんばんは。最近、男子バレーボール監督の植田辰哉さんといい、サッカークロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督といい、常人では信じられない位の熱いリアクションをする人をよく見かける気がします。どういう精神状態まで高めることができたら大の字でうつ伏せという感情表現になるのでしょう。(Number最新号の写真はスゴイ!)笑。けど、同時にそういうオーバーリアクションの重要性も感じております。ベース投げで有名なプロ野球広島のブラウン監督が退場した試合は広島が絶対勝つみたいなデータもあるようですが(Tシャツまで発売された)、選手の士気をあげるのは勿論、マスコミにもたくさん取り上げられ、ネットでも話題になり、スタジアムのお客さんも大喜び!我がサッカー日本代表はどうか?岡ちゃんは燃えているか?「負けたら退任する」といって非公開練習を連発したり、消化試合であるバーレーン戦でリベンジを誓ったり熱さを感じない事もない事もないんだけど、どこか悲壮感が含まれている感じがしてこっちに熱さが移ってこない。もっとストレートな喜びや熱さが見たいんだ!岡ちゃんにはゴールの瞬間、自分のかけているメガネを思いっきり地面に叩きつけて踏みつけながらガッツポーズを連発するくらいのパフォーマンスをしてくれたら人気低迷が叫ばれる日本代表の人気回復にもつながる気がする。今日のバーレーン戦、意外にチケットは売れているようで。岡ちゃんのリアクションに注目しながら観戦する事にします。

で、本題。遅ればしながら私も水本のガンバ退団について。

リーグ後半戦、ナビスコ・ACL決勝トーナメントがはじまってチームの団結力が求められる「これから」って時(シーズン途中)によくこんな選択ができるなと呆れております。シーズン途中のこの時期の移籍がチームにどういう影響を与えるのか考えた上での決断なのか?・・・利己的すぎる。水本にとってもこれからが勝負の時期で過密日程もあるのでチャンスはいくらでもあったはず。なんでこんな逃げるような選択肢を選んだのか理解に苦しむ。この選択が彼にとってポジティブな影響を与えるとは到底思えない。チャンスは与えてもらってたはず。開幕戦だってガンバで何も実績のなかった水本をスタメンに起用したのは期待されていたから。開幕前に結果を出した中澤はどんな気持ちで水本のスタメンを聞いたのか彼は考えた事があるのか。スタメンは外されたのは彼の出来が悪いからという他ない。当然の結果。あの低パフォーマンスを見せられたら次はなかなか使えないのは当たり前。スタメン際奪取後の中澤のプレーを見て選手としての心構えを学んで欲しかった。何も感じなかったのだろうか。彼はただ逃げただけ。

京都に移籍したら確実に試合に出続けられるとでも思ってるのか?京都の現レギュラーのDF陣はどういう気持ちで水本を受けいれるのか?京都サポは水本を素直に受け入れる事ができるの?試合に出たいからって理由で京都に移籍って京都は舐められているも同然でしょ。ガンバの移籍も一緒。中澤や福元は敵じゃないとでも思ってたかな?どこに行ってもレギュラー争いはつきまとう。レギュラー争いにちょっと負けたからってすぐ移籍を要求するようなしょ~もないモチベーションしか持っていない選手が日本一のDFになれる訳がない。世界で戦える訳がない。というより、チームのためにがんばれない選手なんてどこのチームでもいらないでしょ。

まあ、ガンバで戦う気のない負け犬には興味なし。戦えない選手はいらない。去ってもらっておおいに結構。クラブもしょ~もないモチベーションしか持ち合わせていない選手を慰留する必要があったのか?使えない選手である事が他のチームにばれる前に高くで売れるのなら逆にうちのクラブは得をしたのかもしれないね。

今後の水本のキャリアがどのような道を歩むのか興味深い。

応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ



EUROと日本代表

こんばんわ。こ~@「ラストフレンズ」の最終回が気になってしかたない です。かなり久しぶりの更新となりました。Jリーグが中断期間中もドタバタの韓国遠征とか、ナビスコ準々決勝の組み合わせが決定した事とか、例の埼スタの暴動の件についてJリーグ裁定が発表された事とか、やべっちFCでツネがフットサル頑張ってた事とか、水本の熱愛報道(笑)とかガンバに関するニュースはそれなりにあったんだけどね。仕事から帰宅すると飯食べてダラ~とTVを見て寝る・・・みたいな生活を繰り返しでいるもんで。特に最近はEUROが開幕したのもあって深夜はWOWOWに釘付け。そろそろこっちの生活にも慣れてきたし活動的なプレイベートタイムを過ごさないといけないと感じている今日この頃であります。更新をサボり続けているとブログ上から本文が消えて関係ない広告が載ってしまうらしいので今日はユーロと日本代表について。

「Jリーグより海外リーグの方が面白い」という人に対して幾度となく反論を繰り返してきた私ですが「日本代表のアジア予選よりEUROの方が面白い」という意見には反論できない。Jリーグより海外リーグの方が面白い思う理由の1つに「海外の方がレベルが高いから」というのがあるけど、特定のチームを応援しない場合その理由は実に真っ当。特にこの時期は日本代表の試合も多く、どうしてもEURO出場国と比較しちゃう。僕の場合、W杯行きを期待しながらも「3次予選で敗退したら過密日程が少しはマシになるし、それはそれでありかも」なんて中途半端な気持ちで見ている日本代表の試合はEUROを見た後で見ると退屈でしかない。最終予選になって拮抗した試合になればまた違ってくるのかもしれないけど、痛感するヨーロッパ各国とのいかんともしがたいレベルの差。タイにセットプレー2発の3-0で喜んでるマスコミにむなしさすら感じる。

「谷間世代」なんて呼ばれる事もあったアテネ世代が中心になってる今の日本代表。大久保、山瀬、駒野、阿部、闘莉王、今野、鈴木、松井・・・マスコミが取り上げるから(取りあげる選手が他にいないから)各選手がスターみたいに見えて今の日本代表もいけるぞ!みたいに錯覚しちゃうけど過去W杯2大会と比べると個人的には期待感の少ないチームだなぁ、と。中田、中村につづくニューヒーローも出てこないし、3次予選で苦しんでいる様子を見ても他のアジア諸国がレベルアップした事よりも日本代表のレベルが落ちている事の方が大きいんじゃないかな。鈴木みたいな五輪メンバーから漏れた後急成長した選手もいるけども、谷間世代と呼ばれた評価の低かった世代の選手達を追い越す下の世代の選手があんまり出てきてない事事態が日本の停滞を象徴している気がする。今回は香川がAに呼ばれた事が注目されているけど、五輪をこれから戦う水本・ミチ・水野・本田・家長・青山・柏木・梅崎・西川・内田・・・etc 下の代の選手達の活躍に期待してる。そこがないとW杯出場すらヤバイ気がする。2002年のイナ、小野、高原らが五輪後にA代表に本格合流した頃のワクワク感をもう一度味わいたいね。

EUROに話を戻すけど、見れば見るほどクラブではなく代表レベルでなんであそこまで機能したサッカーができるか疑問。しかも、シーズン終わりの大会だから疲れも溜まっているはずでしょ。セットプレーでしか得点が取れない日本代表の戦いぶりがEUROを見た後だと受け入れられない。苦笑。EUROを見ていると改めて運動量がすべての基本だと痛感させられる。先の展開を読んだ運動量が多いのが更に凄いところで、俗にいう3人目の動きが効果的にバンバン出てる。シンプルだけど奥が深いプレーとでもいうか、憧れるサッカーがあそこにはあるよね。無駄なプレーが少ない。皆こういう場面にどういうプレーが効果的か状況判断が早くて適切。そういった一連の動きが沢山あった上でスペシャルな個人技をもった選手が最後を締めてくる。なんか普段は海外サッカーみないから時々こういう試合を見ると日本は世界から置いてきぼりにされてる感じがするよ。

こういう国と普段から試合ができないアジアに属しているだけで不利な気がする。レベルの高いサッカーを見ているという高揚感と当分追いつけないだろうなという絶望感の両方を感じながら明日からもEUROを楽しみたいと思います。ごきげんよう。

P.S.今日初めて錦糸町にあるMIYAMOTOフットサルパーク行ってきた!人工芝ふかふか!!


応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


FINA男子水球ワールドリーグ2008を見てきた話

P1000029.jpg


こんばんわ。こ~@さよならレトルト晩飯生活です。と、いう事で明日は日本ダービー。サッカーでいうところのナビスコカップ決勝って感じでしょうか。最近、ジョッキーの間でガンバユニが流行っているのが少し話題になっていましたが、それを今夜の日本ダービー関連のニュースで実感。全国ネットの地上波番組でガンバユニ姿の福永・川田と連続で杉本さんからインタビュー受けてるんだもん!!マジ目を疑った!!しかも、川田騎手に関してはアウェイユニ!!笑。もうこれは明日買うしかないでしょ!!最初は勝負服がガンバユニに色が似てるからという理由で武のブラックシェルにしようかなと思ってたけど訂正!明日は福永騎手のモンテクリスエスと川田騎手のアドマイヤコンドの2頭を軸に買わしていただきます!よろしくお願いします!東京競馬場のある府中はこないだ暗闇祭とかいうお祭りに行った時に近所のお寺に参拝してきてるし明日は勝つ気しかしね~!

P1000027.jpg
暗闇祭の様子

話は変わって、水球のお話。

昨日金曜日は珍しく平日休暇をいただいたので東京は千駄ヶ谷駅下車すぐの東京体育館まで水球の国際大会を見に行ってきました!余談だけど、千駄ヶ谷は間違いなく会社の最寄り駅以外なら一番下車した回数が多い駅。なんかこの駅でばっかり降りてる気がする。国立競技場やディスコパンツなんかもこの駅だしね。で、再び水球に話を戻すと、この大会に勝ったらワールドカップとかに出れるとか大会の意義的なものは全く不明。けど、大会出場チームを見るとアジア・オセアニア地区の国ばっかりだったから、きっと予選的な意味があるんでしょう。けど、そんなのはどうでもいいんです。水球ってどんな感じのスポーツなんかなって事が分かれば今日は十分なのです。ルールも見ていればなんとなく分かってくるのです。

17時15分会場到着。この日は17時半から中国VSイラン。19時から日本VSニュージーランドの2試合。チケットは全席自由席で一律2000円。誰が見にくるんだろう?と買った自分でさえ思っていましたが、予想通りというか1000人位のキャパシティのうち埋まっているのは全体の4~5割。そのうちの7~8割が無料チケットもらったのか水球部の学生ジャージ軍団と関係者。その人たちは運営側の人間とも会話していたりて普通にお客さんとして来た自分はものすごく疎外感を感じたのは言うまでもありません。笑。それでも、7時からの日本戦が始まるまでにまでぞろぞろと会社帰りのグループ客が7割くらい観客席は埋まってたのは意外。告知もそんなにしている大会じゃないし、TV放送も深夜にBS朝日のみでニュースでもやってないのに皆どこでこの大会知ったんだ?知り合いでも出てるの?ちなみに今日行われた日本VS中国の試合のチケットは完売だとか!えっ?密かに水球ブームくる?今までの人生で水球部に所属していた人に出会ったことないけどね。年代的にサッカーばっかりなもんで。

P1000028.jpg


試合はバスケ的な感じで進んで8分を4回やる。4クォーター制とでもいうのかな?半分の2クォーター終了時にコートチェンジ。で、ルール。攻撃中のチームは30秒以内に1回シュートを打たないといけなくて、打たないと相手ボール。接触時にファールがよく取られてたからファールの基準もバスケに似てる感じかな?サッカーでも同じだけど少しアバウトなところがあって、同じような接触プレーでもファールの時とファールじゃない時があるんだな。で、人数は7人制。GK1人。チームを見分けるのはキャップ。キーパーは違う色。

コートが小さいのと水中でのプレーだからGKの守備範囲が狭いのとでゲームは大量得点のスポーツみたい(けど、シュートはあんまり打たない)。ちなみに中国VSイランは16-2で中国勝利!日本VSニュージーランドは16~18-8~9で日本の勝ち!(アバウトですいません。苦笑)ただ、運動量は前回の車椅子バスケ同様かなり必要。水上のサーキットトレーニングと言わんばかりにクロールを敵陣に自陣に繰り返す繰り返す。さらに敵とのフィジカルコンタクトやボールコントロールが加わる、と。

応援もバスケ風で攻撃時と守備時の応援が違う。これはバスケと同様そんな簡単に攻守が切り替わらないからこそ。なぜか守備時の方が応援が盛り上がるんだな。コールリーダー的役割を果たしているのはDJでもテレビ局スタッフでもなく観客席にいる学生水球部ジャージ軍団というのも特徴。学生ノリというか皆で大声だして楽しそうにしてました。けど、応援もワンパターンで単調だし、となりの学生軍団の声が途中からうるさく感じてきて試合途中で萎えた。少しだけゴール裏の雰囲気嫌いという人の気持ちが分かった気がした。笑。まあ、そんなこと思いながらも運営者から配られた日本国旗を振って応援してたけどね!

全体的な感想としてはDOスポーツとしては面白そうだけど、SEEスポーツとしては水球は向かない。だって、写真見てもらっても分かるとおり水面には基本頭しか見えないから誰が誰かわかんね。笑。一応、スイミングキャップに番号は書いているんだけど、あの小ささじゃ見えない!無理!このスポーツは水の中まで映せるTV向きかな。それに自分がサッカー人間だからか1点の重みが低い大量得点のスポーツは熱くなれない。バスケも水球も守備の重要性が軽んじられてるスポーツは好きになれない。あのルールだと完封なんてありえないからね。実力差もはっきり出ちゃうし、第一試合の16-2なんて試合は興行として成り立っていないでしょう。途中からイランの選手の気持ちが切れた事もあってマジ眠たかった。もうコールドゲームでいいよって感じ。ゴールが決まった時は各国オリジナルのカッコいい音楽が流れるんだけど、イランだけめっちゃ陽気な民族音楽がかかるのがお気に入りで応援してからこそ余計。

あっ、そうそう!試合前のメンバー紹介の際に選手のニックネームを観客席でコールする時間があったの。例えば佐藤太一選手なら「タイチ」って感じ。「ホッシー」「ケンヤ」「アキラ」と順調にきて残るは監督!「最後は監督!ゴラン・サブリッチ!せ~の!」「さぶちゃん!!

さぶちゃんはマズくね?一応、監督なんだし。笑。しかも、インタビューの雰囲気見る限り「さぶちゃん」ってキャラクターじゃ全然ないし!笑。

よかったらどうぞ。日曜日(6月1日)まで開催されています。



応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ