それでもやっぱり前に進んでいく~第33節 VSヴィッセル神戸~

Jリーグ第33節

ガンバ大阪VSヴィッセル神戸

            1-1

得点者

40分:FW 11 播戸竜二           89分:DF 11 茂木弘人


タイトルとは裏腹に今はそんな前向きな気持ちではないです。試合後はのりちゃんの引退表明がなければブーイングしたかった。引退セレモニーで試合終了直後の感情がうやむやになった感じ。試合後の「いつまでもずっと~」のチャントもどこか気持ちがこもらない。けど、不思議と苛立ちはなかった。苛立ちって次があるときにでる感情なんかな。ただただ脱力した。こんな残酷な終戦の仕方があるなんて想像もしてなかったよ。苛立ちとか悔しいと言うより情けないって感情が先行してる。次の試合に対する気力が今は出てこない。試合終了後にまず思ったのは「マグノはこの結果を聞いた時どう思うんだろう」。なんか虚しい。こんな自分が。これが終戦ってやつですか?

けど、今はちょっとムカつく。こんな時期にこんな自ら勝利を手放してしまうような試合をした事に。しかも、2試合連続で。同じシステムで同じような展開で同じように決定機を外して同じように土壇場で同点ゴールを食らう。バレー、マグノに「お前がいなくても俺がいる」ってとこを見せてやれよ。

こういう試合をしてしまう原因はシステムうんぬんではないのかもしれないけど、3バックにする利点ってミチを高い位置を取らせる様に意識させる以外どういう利点があるのかわかんね。意識しだいで4バックでもミチなら今日くらい攻撃的にいけるはず。今日は前半に関しては特にミチのクロスから以外点が入るのイメージできなかった。その形でゴールが生まれたから良かったのかもしれなけど、それ以外の面で特にビルドアップに苦労してる印象を受けたし、流動性が4の時と比べてない気がする。後半は逆にミチのサイドが押さえられて右のハッシーが空いたんだけど本職でないポジションで守備的なプレーを得意とするハッシーにドリブル突破とか正確なクロスは求められない。もどかしかったよ。リードしている展開とはいえあそこは右に攻撃的な選手をもってくる選手交代をしてほしかった。相手の左サイドは古賀だっけ?ハッシーを置くほど攻撃が恐い選手だとは思わないけど。適材適所がシステムの基本だと思ってる人間としては右ストッパー中澤,右サイドMF加地さんでいいとじゃないのかと。加地さんのストッパーが結構いい事とか中澤、ハッシーへの信頼度の差とかも影響しているんだろうけど。結果が出ていないからね。

まあ、「たられば」は尽きないですよ。


最後に。のりちゃん本当に現役生活お疲れ様でした。長い間、ガンバ一筋でプレー面以外でも多大なる貢献をしてくれてありがとうございました。年齢的に引退の可能性もあるだろうなとは思っていたけど、いざこういった形で発表されると本当にびっくりしたし、悲しい。のりちゃんは小学生の頃にガンバを応援しはじめてからずっといる選手なので思い入れは他の選手よりも深いです。ここ数年、松波、ツネ、のりちゃんと子供の頃から憧れていたガンバの選手が一人また一人と万博のピッチから去る姿を見るのは仕方ない事とはいえ寂しい。のりちゃんがいなくなる事でガンバがガンバでなくなるような錯覚さえおこしそうです。のりちゃんの引退で自分の記憶における昔からガンバにいる選手は一回移籍があるとはいえ播ちゃんくらい。まだ20代の私ですが、ガンバに関しては時代の移り変わりを感じずにはいれません。これもまたサッカーなんだね。のりちゃんがいなくなってもガンバは続くし、選手もサポーターもこの歴史を胸に前に進むしかないのだろうね。のりちゃんは松波同様一生忘れる事ができない選手ですし、引退後も何かしらガンバに関わってくれる事を期待しています。本当に本当にありがとうございました。


P.S.「實好コール」してくれた神戸サポの人もありがとうございました。


もしよろしければ投票クリックお願いします!

第32節 VS FC東京

Jリーグ第32節

FC東京VSガンバ大阪

   1-1

得点者

76分:FW 9 ルーカス         44分:FW 9 マグノアウベス


なんだろう。この1シーズン分の疲労感は・・・。家でスカパー観戦だったのに試合終了のホイッスルと同時ににどっと疲れが出てきたよ。で、試合後のアキの笑顔に拍車をかけられ・・・。何があったか知らないけどこの試合後に笑顔はでないよ。あと、試合中もな。まあ、他人の考え方にどうこう言うべきではないとは思いますけど・・・歯を食いしばってるアキみたいよ。あぁ、眩暈が・・・病は気から・・・明日は熱かな。

勝負事なんでこういう事もあるのは知ってる。毎年毎年(優勝した05年も)終盤戦はこういう試合をしちゃうのもしってる。けど、慣れない。レッズが引き分けていたり、茂庭が退場したり、審判がなぜかアウェーのこっちよりだった事などもあって、ただでさえ引き分けは悔しいのにこれらの要素が更に悔しさを倍増させるわ。まだ数字的には優勝の可能性は残っているものの、今日の試合前ほどの前向きさは正直ないな。本気で結構な可能性で優勝できると思ってからね。広島での歓喜の瞬間をイメージできてた。実際、今日勝ってたらかなり面白い展開になってた訳だし。けど、引き分けでレッズをアシストしちゃった。しかも、3位転落で2位鹿島の勝敗も気にしなければいけないという・・・。試合後の川勝さんインタビューで「まだ優勝の可能性は残ってますんで頑張ってください」というコメントを受けての西野の厳しい表情が今の状況をよく表してる。この試合を終えても優勝して欲しいし、応援するという気持ちには全く変わりはないけど、清水戦といい今日の試合といい大事な試合で勝ちきれないというこの負の伝統だけはどうにかしてほしい。

今日は相手が10人になってから逆におされるというサッカーにありがちな展開。10人になってから早めの時間帯で1点取れれば試合は終わったんだろうけど・・・。バレーが決定機外しちゃったりしているうちに序々に東京ペース。あそこは選手交代で攻めにいくのか守りにいくのか監督が示してもよかったんじゃないかな?点取られてから動いたんじゃ遅いよ。ナビスコ決勝の意気込みバリに自ら先手先手で動いて流れを引き込むような采配をして欲しいんだな。個人的にはチン君アウトの中澤インで加地さんをひとつ上げて引き気味でバレーのカウンター狙いのサッカーで良かったんじゃないかと思ってます。東京のDF陣は全くバレーのスピードに対応できていなかったんだし。なんか退場から逆にガンバのサッカーがグタグタになったよね。

で、中途半端にプレーしているとルーカスにファインゴールを一発決められると。この失点で攻撃的にいかざるをえなくなった訳で逆にガンバにとってはいい展開なのではと思ったけど、なぜか落ち着きがなくなっていてFC東京ペースを変えられず10人相手にポゼッションを握られてまま試合終了。同点にされたからは特に見せ場も作れなかった。1点返されて浮き足立って逆転くらった去年の味スタでの試合を思い出したよ。これが鬼門の魔力ですか?

けど、敗因は結局のところ「決定力」。例のごとくバレーが決定機を外しすぎ。ただ、決定機を生み出したのもバレー。凄いんだが、下手なんだか本当に分からない選手だわ。力みすぎなのだけは言えるね。あそこまで振りぬかなくてもいいんだよ。まあ、決まれば美しいゴールになるんだけど。ゴールも印象的だけど外したシーンも印象的。それがバレー。

とにかく次の神戸戦は関西ダービーだし、しっかり勝って気持ちよくホーム最終戦を終えましょう。それに浦和にしろ、鹿島にしろうちからすればなかなか面白い試合残してますしね。(浦和→鹿島、横浜FC。鹿島→浦和、清水。)「横浜FC(笑)」なんて思うなかれ。横浜FCにはカズがいる!キングなら・・・キング・カズならやってくれるはずです(アツもFK決めてくれるはず!)。こんな事を書いてるとなんかまだまだ優勝の可能性結構あるんじゃないかって気がしてきたよ。あぁ、俺って楽観的過ぎる。

P.S.俺達の今野(笑)に注目してたけど改めていい選手だと思ったわ。メンタルも強そうだし、体の軸がぶれないから対人プレーすごく強い。ボランチとしても前にボールを運ぶ意識が高いし素晴らしいけど、今日の試合に関しては退場者が出て少し下がり気味でプレー時の方が対戦相手からすると嫌だったわ。本当に来年ガンバ来てくれたら嬉しいね。


もしよろしければ投票クリックお願いします!








第31節 VSジェフ千葉

Jリーグ第39節

ガンバ大阪VSジェフ千葉

            2-0

得点者

58分:FW 18 バレー
61分:FW 18 バレー


朝10時起床。のどに激痛。そして、頭痛。おまけに寒気ときた。・・・やってもた。風邪だ。きっと昨日、お風呂あがりにちゃんと髪拭かないでYouTubeなんて見たからだ。ど~しよう。学校だったり仕事だったら確実に休むんだけど・・・行こう。大切な試合だ。個人的な連続万博観戦記録も継続中だし。選手達は俺達サポーターの声を待っている!!!

と、思いつつも久しぶりにSB席観戦。笑。寒気と頭痛は引いたものの喉痛は一向に収まらずとてもじゃないけど大声なんてだせません。ごめんよガンバ。今日はファンクラブ招待デーという事で友人(ラーメンとハーゲンダッツごちそうさま)もSB席がいいって言ってたし、天気予報は雨という事でゲーフラのアクリル絵の具が雨で溶けちゃうのも迷惑な話なので自分の原点のSB席でのど飴を舐めつつまったりとひっそりと観戦。しかし、SB席見やすいな、おい。

今日の試合は妙に安心感があった気がするなぁ。バレー・マグノがたくさん外したけど全く負ける気がしなかった。自分が風邪で頭がボーとしてた事もあるでしょうが特に興奮する時もなくヒヤヒヤする事もなく終始ゲームをコントロールしてた気がします。守備の安定がそういう印象をもたらしてくれたのかな?エンターテイメント的には4-3みたいな試合が楽しいんですが、今日のようなエンターテイメント性には乏しいもののしっかりと勝つ試合の積み重ねが12月2日の広島戦での大熱狂を生むと信じています。今日の試合は感動のフィナーレへの序章ですからね。前菜ですからね。

守備の安定と言えば今日はナビスコ決勝後半時の3バックだったようで。SB席で見てたのに試合終了後まで気がつかなかったよ。だって、スタメン紹介の時にG-ヴィジョンに映されたシステム4バックだったし・・・笑。ミチが高いポジション取りしてたらから積極的だな~とは思ってたんですよ。ナビスコMVP取ってノリノリなんがプレーに出てるよ~とは思ってたんですが逆サイドの加持さん気にしてなかった。それだけスムーズだったって事ですかね。水野VSミチが今日のポイントかなと思って注目してたんですが縦への突破は全く許してなかったし、ミチも積極的に上がってたのはまたしても名将・西野の策がはまってたんですね!ミチはやっぱり本職なのか攻撃的なポジションを与えるとノビノビプレーするなぁ。しかも、それが結果的に二試合連続で同サイドの選手を抑える事につながってるし。攻撃は最大の防御なり。超守備ですな。なびすこ決勝の時のエントリで西野があんまり動かない事を非難してすいません。ハーフタイムでシステム変えてるの気がつきませんでした。選手交代だけが監督が行う戦術じゃないって当たり前の事を見逃してました。けど、あの時は応援に必死だったし・・・・(言い訳)w

バレーは2点決めたけど簡単なシュートをもっと決めてくれ。気になるのが難しいことをしようとして本来持っているはずの最大の持ち味であるシュートの積極性が失われつつある事。打てるのに抜ききろうとしたり、打てるのにパスしたり。そういうプレーはガンバでは他の選手が嫌ってくらいするからバレーはバレーでありつづけてほしいよね。君は君でいいんだよ。そのままの君が皆大好きなんだよ、と。やっぱり環境は人を変えるんですかね?そういう細かいプレーする選手に囲まれてるもんな。1点目のヤットのアシストのプレーなんか見ちゃうと向上心旺盛なバレーは「オレモデキルヨウニナル」ってなっちゃうんですかね?笑。

まあ、決定機を外すのはいつものバレーなんで、ここ数試合で心配してたのはそこに至るまでの動きに迷いがあるのか精彩を欠いていた事。難しくチャンスメイクとか考えすぎずに単純に最短距離でゴールを目指すプレーがバレーの持ち味だと考えています。今日の2点目の様なゴールが生まれたのは復調へのいいきっかけになるんじゃないかと次節を楽しみに待つとします。次節は行くつもりだったけどお金ないわ・・・スカパー観戦だな。

と、いう事でさきほど熱を計ったら38度近くあったので寝ます。明日朝早いし本来はブログ書いている場合じゃないんで。苦笑。


P.S.ガンバ×アンブロのサッカープレー用のウインドブレーカー(ピステ)って発売されないかなぁ?雨はじくシャカシャカしたやつなんですけど。

もしよろしければ投票クリックお願いします!












2007天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

天皇杯4回戦

ガンバ大阪VSモンテディオ山形

        2-2(PK5-3)

得点者

51分 FW 11 播戸 竜二    13分 FW 11 豊田 陽平
75分 MF 10 二川 孝広    30分 DF 13 石川 竜也


PK合戦

1本目遠藤○ 2本目山口○ 3本目二川○ 4本目家長○ 5本目バレー○


ギリギリセーフ!

こんばんわ。こ~@ナビスコカップ優勝グッズはDVDとタオマフ です。ナビスコデビューしたゲーフラを入れる袋と冬にサッカーする時に使うガンバ手袋も購入したので合計1万円が一週間で飛んでいっちゃった。もう年賀状を買うお金ありません。優勝するってサポーターにとってはお金かかるなぁ。苦笑。

と、いう事で今日も勿論万博に応援に行ってきました。去年に引き続き万博で行われている試合は皆勤賞が続いております。ナビスコデビューさせたゲーフラは今日が万博デビューでしたが家からゲーフラ持って出る時、同じマンションの人にジロジロ見られてなんか誇らしげだった。笑。

水曜日開催の天皇杯4回戦という事で5時半到着もゴール裏はガラガラ。SB席に関してはもはや人がいないという寂しい状況。ただ、個人的には平日開催は普段つるんでる友人が土日の時と違って観戦の誘いに応じやすいので楽しく見ることができるので好きなんです。今日は高校サッカー部の同級生と後輩と観戦。近所の高校だからね。最初はゴール裏を嫌がっていた2人が延長戦時あたりから手拍子に加えてチャントを口づさみはじめた事を俺は見逃していないよ。延長戦から鳴り物なしの声オンリーの応援もたまにはいいね!

で、試合。

ギリギリセーフって事で。負けたら120分は戦うは天皇杯は終わってしまうでいい事なしですが、勝利という最低限の目標を達成できた事でよしとしましょう。後半の決定機の数を考えれば90分で決めなきゃいけないゲームだとは思うけど、PK戦突入が決まった瞬間「マジでか~」的なネガティブな発言をしておきながら、心の中では妙にテンションが上がってしまっている自分に気がついたので僕に不満をいう資格はありません。苦笑。だって、PK戦久々に見るし~相手が蹴るの皆で邪魔するの楽しいんだもん。笑。僕もゲーフラを半分に折ってLフラにして振り回しましたよ~(前の人危ないと思ってたらごめんなさい)!しかし、PKみんな上手かったね。5本目バレーは思いっきりインステップで蹴りそうで若干不安に思うところもあったけど、予想に反してインサイドで右に流したのは相手GKだけじゃなくてガンバサポの8割も逆をつかれたんじゃない?

天皇杯4回戦はどのJ1チームも苦戦してるけど何か理由があるんかね?正直、ガンバとは無縁の話かと思ってた。慢心?相手の情報(研究)不足?山形はサイドチェンジを多様するなど少しはガンバを研究しているのかなとは思ったけど(気のせいかもしれないけど。いつもの攻撃パターンかもしれないけど)、ガンバはJ2相手にも対策とか考えるのかね?今回の試合に関しては試合前からメンバーを少し変更するって事で連携ミスがある程度出るのは予想してたけど、ちょっとメンバーをいじるだけでここまでチームの連動性がなくなるかな~と感じたのが第一の感想。山形の寄せも前半特に早かったし、全然ボール前に運べないの。バックパス、横パス、バックパス、ロングボールみたいな。ボールが落ち着くのは自陣でDF陣がボール回している時のみって感じ。サブの選手が中心だから「俺が!俺が!」ってアピールしようとしてチームとしての連携が壊れるとかじゃなくて、どの選手も大した積極性を見せることなく前への意識は非常に乏しかった。悪いときのガンバってそうだよね。こういう時こそ単純にバレー目掛けて縦パス一本とかシンプルな攻撃でもいいと思うんだけどバレーなんか体重い・・・。今日は明神がいない影響もあるんんだろうけど、上手くボールを引き出せるマグノがいない影響も大きいんじゃないかと。ちなみに今野は前にボールを運ぶのが得意なボランチの選手な様ですが・・・おっと、今は関係ない話でした。

山形の脅威は右サイドのササキ選手でしたが、そのササキ選手とマッチアップするのが下平という不運(?)もあってか前半はガンバの左サイドは狙われてた。実際、失点も何回が左から崩された形が続いた後で1本クロス合わされた形だし。山形は精度の低さこそされ攻撃はダイレクト、ワンタッチでボールがポンポーンとつながるシーンも見られたし、なかなかスピード感がありましたな。FKは何もいう事ないです。石川が上手かった。ただ、後半以降は下平も落ち着きましたし、初スタメンとしては120分間頑張れたしオーバーラップからのクロスや大きなサイドチェンジなども見せてくれて及第点ってとこじゃないですか。

前半の最後の時間帯はスタメン同士も連携が取れはじめてきていたので、後半も前半と同じメンバーでもある程度はできていた気もするけど、加地さんとフタ投入。「あ~あ、出してもた」って感じでしたが0-2ではそんな事も言ってられません。この2人を入れたからには90分間で終わらせたいところですが、まさか120分やる事になるとは・・・。後半は主力2人を入れた事もあって自力で勝るガンバに連動性も出てきてボールもスムーズに回るようになりました。決定機を作りまくるものの、あそこまで外しちゃうとまあ、PKまでいくわな。自業自得。審判が気を利かしてロスタイム長めにとってくれたのにね(審判も早く帰りたかった?)。むしろカウンター一発喰らって負けなくて良かったと思うべきかも。バレーは3試合連続で精彩を欠いてますが怪我が原因ではないとするとスランプ?いい時の躍動感がまったくない。上にも書いたけどなんか体重そう・・・。守備も一時期に比べるとあんまりしなくなった気が・・・。たくさん点決めても、いつまでも真面目に守備するバレーでいてね。涼しくなってきたんで高い守備の意識の復活頼みますね。自分の良さを忘れないでね。相変わらず簡単な場面で決めきれないのは練習してね。マグノのようにチャンスメイクもできる選手になって欲しいとまでは思わないけどフィニッシャーとして決定機は確実に決めて欲しいわ。なんか土曜日が心配だ。

結局、今日の苦戦の原因はメンバーが変わってるのでやむをえない面もあるとはいえ、立ち上がりの入り方ミスと決定機外しすぎで。

試合後、ガンバの選手がよく訪れるという鍋店で晩飯後、後輩に家まで車で送ってもらい途中信号待ちでガンババスが横に止まりました。皆一様に疲れた様子で、その中でも青木の遠くを見つめる様な目が印象的だったな。確かに今は今後の選手生活における岐路かもしれないね。

まあ、内容良くて負けるよりは100倍いいけど!まあ、次の試合も頑張ってください!とりあえず23日の長居はチケット買っとこ。


P.S.サイドで仕掛けない青木にブーイングする気持ちは分かるけど元々はセンターバックとかストッパーの選手でしょ?可哀相な気もする。センターバックで使ってあげたい。ただ、現実問題今のガンバのシステムとか他の選手を見るとサイドバックで頑張るのが彼の生きる道なのかなとも思う。まだ23とか22でしょ?適応する時間はあるけど今の技術ではサイドバックで使うのは無理だわ。勝負できない、アーリークロスもたいしていいもの持ってないサイドバックなんて必要ないからね。となるとガンバでは出れない。今から来期の話をするのはどうかと思うけど、レンタル移籍でプロの試合経験積むのもいいんじゃないかな?来年の事を考えると右サイドバックのサブの補強が必要な気がする。ボランチ出身だけど右サイドでも頑張れる松下のカムバックを個人的には期待してます。出場時間が今より限られるの目に見えてるチームには帰ってこないかなぁ・・・。

もしよろしければ投票クリックお願いします!





カップが大阪に!2007年ナビスコカップ決勝戦!川崎フロンターレVSガンバ大阪

2007ナビスコカップ決勝

川崎フロンターレVSガンバ大阪

        0-1

得点者

55分:DF 13 安田理大


生きてて良かったっす。本当に嬉しい時ってどんな言葉を使えばいいか迷いますね。最高?感動?とにかく言葉に変えられないくらい良い気持ちです。

密かにガンバが優勝する瞬間を生で体験するのは初めてだったんですが、試合終了時間が刻一刻と迫るにつれて高まる高揚感。1986年のプロ野球日本シリーズで西武が巨人相手にあと1アウトで日本一という状況で一塁の清原が試合終了まで待ちきれず涙を流してしまった時の心境と似ていたと思います。笑。多分、清原は高校時代の巨人への憧れの気持ち、ドラフトでの裏切り、逆境を乗り越えてつかみ掛けている今シーズンの栄光への道など色々思い出して試合終了まで涙を我慢できなかったんでしょうね。僕もそんな感じ。2005年にリーグ優勝を経験しているとはいえ、現地で見れてない事、ナビスコに関しては初優勝な事、2年前に現地で悔しい思いをしている事(スタメン紹介前に流れたあの映像は反則!あれで一気に上がった!)、なんやかんやで弱かった頃のガンバの記憶がいまだに多すぎて目の前のスコアのまま試合終了を迎えられるのか不安すぎる事・・・etc. 期待、不安、感動、色んな感情が同時に高まってロスタイムは声にならなかった時も。

優勝の瞬間はそれはもう嬉しかったですよ。自分が小さな頃からサッカーとガンバが好きなままでここまで成長してきて本当に良かったなと思いました。特に決勝はめっちゃ多くのサポーターが皆気合入ってたし、そういう同じ気持ちを持ったたくさんの人達と優勝を共有できたって事は何事にも変え難い素晴らしい経験でした。特に僕の周りのサポーターもラッキーな事に特に熱い人が多くていつも以上に僕も熱くならせていただきましたよ。試合途中ピンチ時とかたまに固まってしまう時もありましたが、周りの人達が大声で歌ってる姿に気づかされ励まされ、キーが全然合わないチャントを大声出して歌い続けましたよ。今更なんだけどファンとかじゃなくてサポーターを自覚するなら、まずチャントを声出して歌う事が最初のサポートだと思うし、そうする事によって勝利の時の嬉しさも倍増するって事を改めて思いましたね。

「優勝する事でガンバがもう一段階成長できる」という主旨の文章はよく見ますが、それはチームの選手達は勿論、サポーターも同じじゃないかと思っています。決勝で僕らの前に座っていた女子高生二人組はガンバの試合初観戦だったそうです。けど、歌詞カード片手に楽しそうに歌っていたし(場所的に歌わざるを得なかった?)、そういう過程で優勝を経験した事実は今まであんまりガンバを見なかった人達をサポーターに変えるだけの力があるんじゃないかなって思いますね。決勝戦は彼女達意外にも普段あんまりガンバの試合を見ない人もたくさんいたと思います。そんな人達の中でゲーフラLフラが乱立して皆がめちゃくちゃ声出しているガンバ側ゴール裏で優勝の雰囲気を体験して感動した人も多かったんじゃないかな?Jリーグは地上波放送が減って露出の機会が減っていたり、ゴール裏に来る人間が固定化して一見さんお断りの雰囲気があったりで、なかなか新たなサポーター獲得が難しいとされる最近の状況の中でナビスコ優勝は本当にデカイね。

正直、コアのサポーター団体の皆さんは勿論の事、その他にもガンバが好きで集まっている数十人の小規模団体の皆さんとかが仲間内で盛り上がってるのみてすごい羨ましかった。一緒に声だしまくって応援できるのかと思ってた人達もさまざまな理由でまったり見たいがために遠くに行っちゃったり、夜行バスに乗って朝7時過ぎから並んで開門と同時に走って確保していた席をキックオフ前にキャンセルされたり・・・。辛かったし、僕と同じように真ん中で声だして見たかったであろう人に申し訳ない気持ちになった。もちろん、僕もすごいガンバが好きな友人と一緒に観戦してたんだけど5人より10人、10人より20人、20人より100人で見たほうが嬉しさ100倍ってもんです。時々このブログにも書いているけど不思議とブログを始めてから約2年経つ今でも僕の周りには熱狂的に声だして応援するようなコアなサポーター友達は少ないです。コアなサポーター友達がもっと欲しい・・・。

来年から僕はJリーグを盛り上げる事を仕事にする会社で働く事になっているんですが、ゴール裏で声だしている時くらいの気持ちで働いて、ガンバに興味はあるけどスタジアムに行った事ない人をスタジアムへ、たまにスタジアムに行ってる程度の人を年間パスへ、ゴール裏に興味はあるけど少し勇気がなくてメインスタンドで見ている人をゴール裏へ、ゴール裏で見ているけどそこまで声だすのはちょっと・・・という人をゲーフラデビューへ、僕に優勝おめでとうメールを大阪から届けてくれた友人達をTV前からスタジアムへ導けるくらいにいい影響を与えてコアサポーターを100万人くらい増やして自分の友達にしたいですね。考え方は人それぞれだろうけど僕はサッカーは最高のエンターテイメントだと思ってるし、同時に声だして皆で応援するのが最高の楽しみ方だと思ってる人間なんで、それをちょっとでも多くの人と共有したい。決勝を経験して改めてそう思いました。ACLの準決勝の埼スタ見て多くの友人が感動したって言ってたけど、あの雰囲気を全国で創れたらって本当思うし、ガンバも今回の優勝で一歩あれに近づけたんじゃないかな?

試合内容については本当に痺れた。試合を決勝戦である事やガンバサポである事の贔屓目を抜きに客観視する事は出来ないけど、多分共に持ち味の出せたナイスゲームだったと思います。川崎は中村ケンゴのスルーパスやジュニーニョの速さを使ったカウンター、テセの強さとか分かっていてもチャンスはつくられたし本当に脅威でした(来年はこれにフッキ!?これはやばい。アキはあげないけど)。最後の最後で藤ヶ谷や明神、山口をはじめ皆が体を張って守りきれたのはやっぱりナビスコに対する想いが強かったからなんだろうね。勝ちたいって気持ちめっちゃ伝わってきたよ。

ガンバも前半途中から持ち味のポゼッションができるようになってきて、いつもの細かいボール回しから多彩な攻撃見せれたしね。バレーがまだ本調子じゃないのが残念だったけど(早めに播ちゃんに代えるべきだったんじゃないかなとは思うけど)、結果的には1アシスト決めてるし、試合後のあの笑顔はプレーの不調ぶりを帳消しにしました。笑。マグノはタイトルへの強い思いが空回りすることなく、チャンスを作り続けてくれたし、本当にマグノにタイトルあげれて良かった。今年で退団ってニュースが出てるけど残って欲しいよ。結果は出てないけどチームへ攻撃面での貢献度はバレー以上だと思ってるし。あと1年でいい。もう一回マグノと一緒にACL挑戦したいわ。

前半終わった段階でお互いチャンスは作れるけど最後の最後で体張って守っていたから意外に1点勝負になるのかなとは思ってた。ガヤも当たってたし、明神もかなり集中できてたし後半は十分川崎のカウンターに対応できるだろうなとも。点が入るとしたらセットプレーかな、と。そういう展開で点を取っちゃったのがミチ。ミチのインタビューじゃないけどミチは「もってた」んだろうね。前半から森とのマッチアップは面白かったし、ミチは良く頑張った!ハーフタイムにミチを少し前にあげる決断をした西野もナイス!あのヒーローインタビューの舞台であの受け答えができるミチは敵サポーターからすればウザイだろうけど味方からすれば最高だわ!笑。久々にJリーグに面白インタビューの選手が出てきたんじゃない?喜ばしいことです!大人になってもあんな感じのまま成長してくれ。

川崎がリードされている展開もあって次々とカードをきっていく中で西野が動かないのには毎度の事ながら不安を覚えましたがそれだけスタメンに送り出した選手を信頼しているって事なんでしょうかね?一度あんまり動かない事が多い理由を聞いてみたい。優勝したから動かなかった事が正解となるんかもしれないけど、いいカードをたくさん持っているだけに使わない(使えていない)のは少し不満かも。

残り5分くらいから始まった「俺達が~大阪さ~」のチャント。最高だったね。ロスタイムに入ってからは声出したら泣いちゃいそうで手拍子だけになってたけど。皆が手に青テープを用意しだしてからはマジでヤバイ!いい意味でヤバイ!笛の瞬間はかなりヤバイ!けど、ここで素直に涙を流せない自分はまだまだ子供だなと思ったのです。来年の目標は素直に涙を流せる大人になることにしよう。けど、泣いてる人が少なかったのは意外だったな~。泣くというより喜び爆発って感じだったよね皆。

ちなみに仙石さんのスタメン紹介前の「一番は俺達だ~」的なやつとコールリーダーの「こぶしを突き上げろ~」もヤバかった。そういう熱いの好きなんですよ。テンション上がってる時だし。

とりあえず2冠。この勢いでリーグも最後まで戦いたいね。今から最終節の広島戦のチケット買ってくる!エルゴラも買ってくる!で、録画していた「すぽると」と「スーパーサッカー」と「やべっちFC」見よっと♪スポーツ新聞は噂によるとめっちゃ楽しかったとか~♪で、明日はサカダイ、サカマガ♪水曜は天皇杯。土曜日はジェフ戦。しかも、多分例のサポーターズソング発表すんじゃないの?あ~楽しいなぁ~。

パンパシフィック選手権も行きたいな~。2年前からコツコツためてた500円玉貯金をついに解禁する時が来たかな・・・。ただ、ハワイまでサッカー見について来てくれる人はさすがにいないだろうな・・・一人ハワイはさすがにきつい。苦笑。

まあ、とりあえず水曜日の天皇杯も気合入れて行きましょ~!

祝!ガンバ大阪!ナビスコカップ制覇!!

P.S.どこのメディアにも俺のゲーフラ写ってない・・・。後ろの人気にしてあんまり上げなかったからな・・・。あと、メディア絡みでもうひとつ。開門前に僕の隣や近所の人がスカパーやJ'sGOALからばんばんインタビューされてるのに、俺にはインタビューされず・・・密かにコメント考えてたのに・・・。無念。笑。

もしよろしければ投票クリックお願いします!