第30節 VS清水エスパルス

Jリーグ第30節

清水エスパルスVSガンバ大阪

        3-1

得点者

12分:FW 9 矢島卓郎            86分:DF 6 山口智
51分:MF 17 フェルナンジーニョ
62分:FW 18 チョジェジン


更新してないのに久しぶりにブログ見るとかなりのアクセス数。何かなと思ったら「サポティスタ」ね。サポティスタは2回目だけど、前回も少しネガティブっていうか賛否両論を呼びそうな事を書いた時に載せられて、今回も解釈の仕方では誤解をよびそうな内容だった訳で・・(まあ、だから載せたんだろうけど)。次回はガンバはナビスコ優勝した時のエントリでも載せてくださいな。

ちゅ~事で試合からえらい更新が遅れました。清水エスパルス戦後ダッシュでフェスティバルホールに行って「世界のCMフェスティバル」っていうオールナイトイベントに参加してた事と、ゲーフラ作りに熱中しすぎてブログの存在忘れてた!ゲーフラ作りは佳境を迎えております。当初の予定より少し大きくなっちゃったけど、それもまたご愛嬌。大きさは縦120センチ横80センチってとこだけど、通常の皆さんが持っているゲーフラと比べてやっぱり大きい?普通はどれくらいの大きさなんでしょう?詳しい人いたら教えてください!あとはネタが被らない事を祈るばかりです。一応、色々調べた上で書いたけど・・・有名な某ロボットをモチーフにしたイラストなんですけど・・・。ちなみにパソコンで上手く絵書けなかったので手書きです!笑。ゆえに完成度低いです!けど、愛情こもってます。大切なんはそこですもんね。決勝戦は皆でゲーフラ持っていっていい雰囲気作り上げよう~!!

で、試合。皆さんご存知の通り完敗でした。浦和が翌日の試合を引き分けたために残り4試合で勝ち点差7です。僕がガンバサポでも浦和サポでもない第三者なら「あ~今年のJリーグ終わってもた」と発言したかもしれません。西野監督も試合後の記者会見でギブアップともとれる発言をされています。正直、厳しすぎる差だとは思います。負けてはいけない試合でした。この負けは痛すぎます。お腹痛くなります。けど、こういう時こそサポーターの出番でしょう!選手や監督の諦めムードをもう一度優勝へ向かう前向きな気持ちにさせるのがサポーターの役割ってもんです。勝ってる時に一緒に喜ぶのは簡単。いまこそサポーター声が大切だと信じています。ここ2年同じように大切な試合に負けてギリギリの状況から盛り返してきたガンバを知っているので今年もなんだかんだ言って最終節まで可能性が残ったりするんじゃないかって思ってます。こういう時は楽観的な人間なもんで。浦和は名古屋戦を見てても疲労困憊(杉本あれは決めろ)。これにプラスしてACL決勝が2試合残っていること、累積警告リーチが数人いる事などマイナス要素もチラホラ・・・。あるよ!まだあるよ!叱咤激励の言葉はウエルカム!ただの罵声はノーサンキュー。罵声からは何も生まれない。自分が気持ちいいだけ。最後までみんなで応援しよ!とりあえずナビスコガンバろ!

一応試合内容の感想。バランス(連携?)悪いな~というのが試合を通じての印象。故障明けのバレーの不調がその要因の一つであった事は明らかで大勝した試合の後でメンバーをいじる必要があったのかとは思いますね。個人的には播ちゃん・マグノの2トップがファーストセットだと思ってますが。心情的にも両外国人が怪我している時に頑張ってた播ちゃんを外すのは可哀想な気がする・・・甲府戦も点は取ってないけど動きは悪かったか?

攻撃は前の動きが少ないのと合わないのとで必要以上に時間をかけてしまう。なんか柏戦前までの調子悪い時のガンバに戻っちゃったみたいでした。ポゼッションしているというかさせられている状態。清水は青山・高木が空中戦強い分、遅攻になればなるほどガンバは苦しかった。前半からクサビのボールに激しくこられてサイドにボール流すんだけど加地さんは怪我明けの影響もあってかクロスの精度低いのとボールスピード遅くてほとんど青山のえじき。やっぱりここ数年激しく体寄せてくるDFがいるチームに弱いよね。あと空中戦強いチーム。ナビスコ決勝の川崎もファールまがいの守備してくるチームだし嫌だなぁ。そういうチームにこそダイレクトプレーとか絡めて素早く攻めたいんだけど。前半でチン君を変えてしまったのは意外。あの交代で余計に攻撃に停滞感感じたな~。前にボールを運ぼうとする意識の高い選手だしドリブルやミドルもあるし前半よかったと思うけどな。今年のアキはドリブルで前に仕掛けるプレーが極端に減っててボランチみたいなプレーするから、そういうアキよりはああいう試合はチン君の方が良かったんじゃないでしょうかね。

最初の失点のシーンは相手の右サイドからでしたが前半は何度もあそこをやられていたので失点は当たり前。試合中に修正できないもんですかね?サイド攻撃を警戒すべきなのは分かっていたのに何度も右サイド市川をフリーにしてしまう。せっかく守備力のあるハッシーを左においてるのにあそこまで市川フリーにしちゃ意味ない。ハッシー前半で代えられたけどハッシーだけの問題じゃないよね。

てか、スカパー中継ピッチアナウンサー情報によると西野監督は負けてるのに何も指示出さないで固まってたとか・・・。西野頑張れ!ナビスコはリードされる展開になっても固まっちゃダメだよ!

色々問題が見えた清水戦ですが、この反省をナビスコに活かしてもらいましょう。


p.s.青色の紙テープどこにも売ってないんですが・・・誰かちょ~だい。


もしよろしければ投票クリックお願いします!








第29節 VSヴァンフォーレ甲府

Jリーグ第29節

ガンバ大阪VSヴァンフォーレ甲府

             5-0

得点者

4分:MF 20 寺田紳一
10分:FW 9 マグノアウベス
38分:MF 10 二川孝広
73分:MF 20 寺田紳一
84分:MF 16 前田雅文


こんばんわ。試合前に行われたガンバ秋祭りのキックターゲットゲームを成功させてマグノアウベスのキラカードを貰ったこ~です。イエ~イ!人生で一番学生時代サッカー部で良かったと思った瞬間でした。デーゲームは基本的に寝坊な僕ですが頑張って早起きして正解!ベビーカステラも美味しかったし500円であれだけ楽しめて、ガンバ大阪に少しでもお金が入るなら満足!欲を言えばハッシーのユニフォーム当選したかったけど・・・。他にもスカパーの巨大ブースとかも出ていて楽しい雰囲気だったし、来年もこういうイベントが頻繁に開催されるなら来年から東京在住だけどシーパス継続しようかなぁ・・・5試合観戦チケットかシーパスで気持ち揺れてます。シーパス買ってあんまり万博来れないのは最近チケット完売多いし、クラブにとって迷惑かな?

で、試合。生観戦中は目の前の人の良さそうなおじさんが一生懸命大きな旗を振り続けていたためあんまり試合に集中できず。(おじさん頑張りすぎ!!笑。)ゆえにさっきスカパーで再放送で試合内容確認しました。

前半楽しすぎ。まさにガンバ秋祭り!立ち上がりの10分で2得点。甲府は主力DF陣が3人抜けていたのがやはり大きかったのかな?前半はやりたい放題。試合前から甲府はガンバ相手にも引篭もったりせずに攻撃的に来てくれるのは分かっていたんで、チャンスは普段の試合よりは多いだろうと想像できてた。けど、ここまで自由にできちゃうとは。ガンバは技術高い選手ばかりだし、昨日みたいに緩いプレスと裏へのスペース沢山な状況での試合は本当に華麗なサッカーができる。あと、3点は入れるチャンスあったんじゃない?まあけど、チン君のゴールも生まれたし、楽しさしかない前半。チン君は逆転優勝に向けてラッキーボーイになりそうな予感漂うわ。98年W杯予選のゴン中山だわ。(行けなかったけど・・・)

あと、スカパーの実況の人がフタの3点目に至るまで交わされた何十回にも及びそうな数の細かいパス交換に唸り、ゴールが決まった瞬間に「ゴーーール!」とかじゃなくて、「はぁぁ~、う、美しい・・・」的な事を驚嘆のため息混じりに発言!普段地上波で「ゴーーーーール!!さぁ!さぁ!日本!さぁ~!」みたいに絶叫する角澤アナに慣れている僕としてはあのゴールの瞬間の諦めにも似た落ち着きは新鮮でツボだったな。先週のナビスコ鹿島戦のような緊張感溢れる試合もいいけど、たまには大量得点で何の心配もなくエンターテイメントを楽しめるような気分で見る試合もいい!

甲府のサッカーについて。細かくつなぐサッカーは理想としては好きなんだけど昨日は全く怖くなかった。僕は他サポだから完全に余計なお世話だと思うけど、そういうサッカーするだけの技術が選手にあるのか疑問。茂原とかは上手いけど、途中でミスがでる回数が多いからシュートまでいけてないし、カウンター食らっちゃうんじゃないの?あのチームであのサッカーするのリスク高くない?細かくつなぐ「だけ」って感じで点を取られる恐怖を感じなかった。サイドチェンジとか大きな展開も少ないし、個人で打破しようとする選手も少ない。メリハリがないというか細かくつなぐ事が目的になっているような気がした。ガンバの悪い時じゃないけど、シュートを意識してないプレーは恐くないわ。甲府の昨日のサッカーはシュートまで逆算してのプレーじゃない。そんな印象を受けたかな。勿論、単純な選手の技術力、チーム力の差はあったとは思うけど。

解説の人が「甲府のサッカーの完成版がガンバのサッカー」とか言ったけど、ガンバはヤットがいてフタがいて、センターバックの選手のボランチもこなせるくらい足元の技術があって、しかも毎年ユースから技術が異常に高い選手が上がってくるという環境にあるからこそ出来るスタイル。監督の理想も多少は入っているだろうけど、まず理想ありきのスタイルじゃなくて各選手達のスタイルがあって成り立っているチームのスタイル。マグロンがいる頃はロングボール多かったし、結果でなかった。で、マグロンがいなくなって初めて足元で繋ぐように意識したらチームに馴染んで結果もついてきだしたって感じだったように記憶しています。

高校サッカー部顧問の言葉。「服に体を合わせるな。体に服を合わせろ。」

甲府は服に体を合わせているんじゃないですか?その結果が今の順位な気がするな。まあ、詳しいチーム事情も知らないくせにえらそうな事言ってすいません。甲府はスタジアムとかもアウェーチームに優しくて友好的なチームだと聞いているんで、上からの発言になりますが頑張って残留して欲しいと思っています。

ただ、茂原のファールは色眼鏡抜きに見ても全部悪質だと思います。故意のファールばっかりに見えます。昨日の試合は「人権サポーター宣言」関連で普段の試合よりフェアプレーを心がけようって試合前放送されてたのに。

そんなこんなで後半はスローダウンして前半ほどチャンスはなかったものの相手のミスをきっちりついて追加点。終盤に交代出場選手絡みでダメ押し点で5-0の圧勝。貫録勝ちってとこでしょうか。

レッズがなかなか負けないんで試合に勝利しても残り試合数が減るに比例して優勝にむけて厳しさが増すという苦しい展開ですが、勝ち続けるしかないですからね。彼ら結構難敵残してますしね。最終節が横浜FCってとこが逆にいい!我等ガンバはナビスコ決勝もあるし、チーム状態が上向きなのはいい事です!この調子で終盤戦突っ走って行きましょう!!

P.S,勝利後のイチ・ニー・サン・○○(名前)の掛け声はいろんな選手で定番化しそうな予感。


もしよろしければ投票クリックお願いします!


ナビスコカップ準決勝第2戦 VS鹿島アントラーズ

ナビスコカップ準決勝第2戦

鹿島アントラーズVSガンバ大阪

        3-2

※アウェーゴール数の差でガンバ大阪決勝進出!


得点者

41分:MF 10 本山雅志           49分:FW 11 播戸竜二
44分:MF 10 本山雅志           66分:DF 5 シジクレイ
51分:MF 40 小笠原満男


なんという緊張感。これがカップ戦。これがナビスコカップ。

今は最高の気分です。2年前に初めてファイナリストになった時と同じくらい興奮してます。リーグ戦の勝利とはまた違う喜びや興奮がカップ戦にはあるね。うん、今日は喜びの余韻に浸りたい。最高!選手達最高!スタッフの皆さん最高!現地もTV前観戦のサポーターの皆さんも今日はお疲れ様でした!11月3日を楽しみに待ちましょう!!

で、試合を振り返ります。

鹿島との試合はいつも好勝負になる上、今日は準決勝という舞台だったり、アウェーゴールルールが更に内容を充実したものに。本当に痺れる試合でした。こういう試合ができたのも好敵手である鹿島アントラーズがいてこそ。開幕から強豪であり続ける鹿島アントラーズにもこの場を借りてリスペクトの気持ちを示しておきます。

と、いう事で決勝進出であります!!2年前の悔しさを晴らす舞台に再び立つ権利を得ました!!やったぞ~!!!!結局、戦前の予想通り第1戦のホームでアウェーゴールを与えなかったアドバンテージが効きまくり。今日に関してはアウェーゴールルールに助けられた形です。アウェーゴールルール最高!考えた奴天才!!第三者的に見てもアウェーゴールはアグレッシブな試合展開を誘発する点でサッカーのエンターテイメント性を増してくれるなんて素晴らしいルールなんだ!!まあ、勝ったからこんな事言えるんですけど!!笑。

前半をなんとか2失点で抑えた事。後半立ち上がり早々にアウェーゴールを決めれた事。本山の負傷交代。この3点がこの試合を振り返る上でターニングポイントだと感じております。前半の内容見る限り2失点で済んで良かったと考えるべき。同じような形で崩されまくる波状攻撃。セカンドボールも拾えずラインも上げれず、修正する時間もままならない状況。あと5分前半が長かったら・・・・ギリギリセーフって感じ。あの時間帯はTVからは得点した勢いとアウェーサポーターの声によって鹿島のイケイケな雰囲気に呑み込まれてしまっていた印象。ガンバの選手が動揺で浮き足立ってしまっていた様に映りました。去年のアウェーFC東京戦みたいな。2失点目なんて1人に何人競りにいくねん!って感じでテンパってプレーしている典型の様に思えます。

その悪い流れを打ち破ってくれたのが播ちゃんの値千金のゴール!実際でも2ゴールの意味があるスーパーゴール!(前ちゃんもナイスパス!) こないだの柏戦といい、チームが苦しい時に決めてくれている事が実に素晴らしい!!さすが魂のエースストライカー!!

このゴール後すぐFKを決められちゃうものの、このアウェーゴール(とハーフタイム)で嫌な流れを立ち切り落ち着きを取り戻したガンバ。ポゼッションも序々に取り返して、いつもの華麗なパス回し復活。そのタイミングで今日2ゴールの本山アウト。それに追い討ちをかけるかのようにマグノ復活投入。そりゃ流れはガンバに向くでしょ。この流れで生まれたシジクレイのゴールは必然だと思ってます。

ただ、その後鹿島が前がかりになった所をもう1点取れていれば決勝進出へ一気に近づけるものの、そこは強豪鹿島アントラーズ取らせてくれません。マグノがまだまだ本調子ではないって事もありますが、非常にタフでした。そして、このままでは勝ち進めない鹿島の捨て身の攻撃。捨て身の交代策。長すぎる4分のロスタイム。いや~めちゃくちゃ緊張した!この時期の試合はホンマに毎年たまらんなぁ~!

最後の鹿島のパワープレーも本当に「残念、そこはシジクレイだ」というセリフが聞こえてきそうな位にシジクレイが跳ね返しまくり。空中戦では無敵だわ。あとは、ここ最近このブログで押しまくりの中澤も守備固めのために途中出場し、無事今回もシジクレイと共にロングボールを跳ね返して仕事をまっとうしてくれました。この中澤の使い方はここ3試合ははまってる感じがするなぁ。リードしている場面で中澤出てきても受身な印象というかDFが出てきた時に感じる、やられそうな不安を感じないもんね。このブログは中澤選手を信頼しております。これは完全にひとつのオプションだわ。新たな交代策を生み出した中澤の頑張りと西野監督にGJ!あと、パワープレー時に感じる藤ヶ谷選手の空中戦の安定感に改めて拍手!!

ん?今日のエントリは何か試合を振り返ってるだけになってる?た~だ、それくらい今日の試合はワンプレーワンプレーに緊張感があって楽しめたって事で理解してください。

とにもかくにも・・・



祝!!!ナビスコ決勝進出!!!




もしよろしければ投票クリックお願いします!




ナビスコカップ準決勝第1戦 VS鹿島アントラーズ

ナビスコカップ準決勝第1戦

ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ

            1-0

得点者

57分:MF 7 遠藤保仁


イエス!イエス!イエス!イエス!YES!!!(・▽・)

また一歩国立に近づいた。2年前のあの悔しさを晴らしたい。あの決勝の緊張感をもう一度多くのガンバサポーターと共有したい。2年前のナビスコ決勝を知るガンバサポーターにとってはナビスコカップは特別な大会はなず。絶対決勝行きたい。絶対もう一度ファイナリストになる!そして、今度は・・・皆で喜び合いたいよね!!2年越しの想いを爆発させたい!!

その目標達成のために今日の勝利は大きな一歩。言わずもがなアウウェーゴールを与えなかったのはめちゃくちゃデカイ!こういう展開にできるのなら第1戦がホームってのも悪くないなと思う。大きなアドバンテージを得て土曜日アウウェーでの第2戦に挑みます。今日の勝利で決勝に行った気になって2年前のナビスコ決勝の思い出が蘇ってきちゃって思い出話を書きそうになりましたが、そこはまだ我慢。もう一度気持ちを引き締めてしっかり第2戦に挑みます!土曜日はTVの前で応援します!

ところで、今日はシーズンパス持ってる奴の友人にガンバ紹介デー(勝手に命名)でシーパスを持った人は無料でもう一枚チケットを貰えるという事だったので高校・大学と7年間一緒にサッカーし続けた友人を招待。彼とは確か毎年1回は一緒にガンバの試合を見ているはずなんだけど毎回「山口(智)って2002年ワールドカップ予選の韓国戦でループシュート決めた奴?(山口素弘)」って聞いてきます。それが二人の合図なのです。(何の!?笑)そんな彼ですが、mixiの日記で今日の事を書いてくれた上に僕のブログを少し宣伝してくたので好きです。笑。誘った甲斐もあるってものです。頭はヤキソバです。ガンバフロントも喜んでくれるでしょう。いいお客さんでした。まあ、「11月3日国立にナビスコ決勝一緒に見に行く?」と聞いたところ即答で「無理」と返されましたが・・・そんなもんですが。

そんなこんなで今日の試合。決定機の数で考えれば1-0というスコアはラッキーでしょう。久々にホーム力発揮されました。あとはDF陣が最後の最後まで諦めないで体寄せたりスライディングで足出したりした努力の結果がポストに当たったり少し枠に外れたりするシュートを生んだと感じております。ここ数年、淡白な守備のイメージが強いガンバ守備陣でしたが今年は粘り強い守備が出来ていて頼もしい限り。シジクレイも今年は怪我もなく心身共に非常に充実しているのが見て取れるのでナビスコ決勝では伝説の「残念、そこはシジクレイだ」が再び見れるかもしれません!くぅ~!!たまらんのぉ。うれしいのぉ。

前々回のエントリで絶賛した中澤は今回も自分の仕事をしっかりこなしてくれました。悪い流れをDF投入によって断ち切るというのはガンバでは少ない事例で新たなオプション誕生の予感。入江様というオプションが最近使われていない今、中澤の価値は高まる一方です。中澤みたいにシジクレイと共にハイボールを頭で跳ね返せる人間がいるのは非常に心強かった。中澤が本格的に計算できてくるとバックアップとしては勿論、今日みたいに試合中に守備固めのシステム変更なんてバリエーションも増えてチームとしてはでかい!超攻撃に慣れているサポーターから少し消極的な采配に映るかもしれないけど個人的にはこういう使い方は賛成ですな。実際、今日も中澤投入で悪すぎる流れを一旦断ち切った様に思えるし。中澤よ!ガンバ大阪の藤川球児になれ!!笑。

攻撃は可もなく不可もなくって感じでしょうか。相手は鹿島でガチンコの勝負ですしポゼッション的にもこんなもんでしょう。マグノにバレーもいなかったのでフィニッシュに苦労するのは予想できてましたしね。フィニッシュまでの形はいい感じのが多々あったし第2戦はフィニィシュの部分をマグノにお任せしましょう!おかえりマグノ!

あとはアキはスタメンででると頑張る子ですね。決定的な仕事が出来る選手なんでもっとエゴを出して欲しい気もしますがここ2試合の出来には満足してます。オリンピック予選もその調子で頑張って欲しいものです。

第2戦はここ2試合調子の上がってきてたアキがいないのは辛いですがやるしかない!!期待して応援しましょう!信じましょう!!



あっ、1つ言い忘れれた。



新井場ナイスハンド!(・▽・)b


最後まで読んだら押してくださいね。

第28節 VS柏レイソル

Jリーグ第28節


柏レイソルVSガンバ大阪
   
    1-2


得点者

51分:FW 10 フランサ      64分:FW 11 播戸竜二
                    68分:MF 7 遠藤保仁




今日の試合、不覚にも試合中に涙しそうになったシーンがあります。

89分に途中出場した中澤が出場直後にフランサとの1対1を体を張って止めたシーン。1点リードしているロスタイムというDFからすれば非常に難しい展開でむしろ心情的には出たくないくらいだったかもしれない時間帯での出場。ファーストプレーが勢いに乗ってドリブルしてくる魔術師・フランサとの1対1。激しく体を寄せてフランサをブロック。結果的にはファールでイエローカードもらうんだけど「絶対に突破させない」って気持ちがファールって判定された後の悔しがり方に表れてて感動しちゃった。自分がDF出身という事もあってか何か共感できるものを感じたんでしょう。あのプレー直後にチャント歌おうとしたら軽くむせび声になってて慌てて修復しました。笑。

少ない出場時間の中で自分の仕事を全力でまっとうしようとする姿勢にプロを・・・いや、中澤の男を感じました。奴はただのブログ野郎じゃないわ。あのシーンはDFからすれば、ファールするか抜かれるかどっちかしかないような場面なので中澤のイエローには非常に意味がありますし、助かったと思ってます。あのシーンに中澤がいなかったら・・・ファールを恐がって軽いタックルにいってたら・・・中澤は自分の仕事を完全に成功させました。

大袈裟に1つのプレーを捉えている感はあるものの個人的にはチームが置かれている状況を考えれば本当に大きなプレーだったと思っています。負けは勿論、引き分けですら今シーズンのリーグ戦が終戦してしまうかもしれない状況で迎えた1戦。アウウェー。独特の雰囲気を持つ日立台スタジアム。ここ数試合なかなかいい攻撃を形を作れなかったチームが少し回復の兆しを見せている試合。先制される厳しい展開もギリギリのプレーで奪い取った2点。逆転。残り時間わずか。ここでロスタイム同点食らってたら心理的には終わってかも。そういった試合以外の要素も含めてあのロスタイムは本当にMAXの緊張感でなかなか声も出せないような状態だったからこそあのプレーには助けれれた感が強いなぁ。ホント。

こないだ用事でガンバのクラブハウスに行って、用事が一通り済んだ後にまだ練習が行われいるって事だったので7~8年ぶりくらいに練習を見学しに行ったんですよ。サテライトの選手が練習してたんだけどサテの選手の中で中澤はアップでさえも全力で先頭立ってやっる姿を見て意識が高いんだなって関心してたとこでした。隣でアキがちんたら走ってる中で声も出してチームを盛り上げてたし、ブログとかのチャラい印象と違ってメリハリが効いててチームにいい影響を与えられる選手だって少し好きになりかけてた時だったんで今日のプレーは余計嬉しかったんですね。頑張ってる選手は報われてほしいと思うし。身体能力的には恵まれてそうだしあとは経験だけ。あの真面目さがあれば近い将来、大成するような気がするし将来的にも今シーズンもシジや智が抜けるような事があってもきっと大丈夫。奴ならやってくれる。穴を埋めてくれる。それ以上に今後のガンバの守備を支えていってくれるほど成長してくれるような気が今日のワンプレーから感じました。感じさせてください!笑。どこからのレンタル移籍かよく覚えてないけど(FC東京?柏レイソル?)、総太は返しません!ガンバで来年も頑張れ!!

試合全体としてはここ数試合悪かった攻撃のリズムが少し回復した感を覚えました。システムを変えた成果かチン君(ミドルもあったし、PK取ったし非常に良かったんではないでしょうか?MOM?)がスタメンに入った成果かは分かりませんが今日は内容充実です。前半何本かあったシンプルに縦へのパスも効果的だったと思うし、加地さんも最近なかった縦への突破も数回見られて「前へ!ゴールへ!」って意識が戻ってきてるのかなと思います。意味の無いバックパスも少なかった気がしますし、アグレッシブで楽しい試合でした。これから気温も涼しくなるし調子が再び上がってくるのはナビスコを考えても非常にポジティブな要素です!

日立台スタジアムもキャパは小さいですがゴール裏だけじゃなくてバックスタンド、メインスタンドを含めたレイソルサポーターの一体感を感じる事ができる独特の雰囲気をもった素晴らしいスタジアムでした。ピッチに近いのと小さいのがいいんですかね?完全に万博雰囲気負けてます。SB席やSM席にあの一体感はありません。そういう意味でもこのブログにもバナーを貼らせていただいている「歌え万博」等の活動は重要になってくるのかなと非常に強く感じました。あと、注目のフランサですが懐が深いのとプレーのバリエーション豊富で意外性のあるプレーするね。間がいいんかな。あれはなかなかボール取れないわ。面白い選手でした。

水曜日はどんな感じのスタメンになるのでしょうか?バレーは無理なのでしょうか?今日の後半のメンバーでしょうか?個人的には播ちゃんワントップは厳しいんじゃないかと思うのですが皆さんはどうお考えなのでしょうか。まあ、とにかく僕らは応援するだけです!絶対国立行きたい!!!

さ~て、新幹線の中で読んでた「犯人に告ぐ(下)」の続き読もっと♪


                     200710061753000.jpg

            ※試合後、ガンバゴール裏に挨拶にくる選手達。


選手の皆さん、サポーターの皆さんお疲れ様でした!



最後まで読んだら押してくださいね。