第27節 VS大分トリニータ

Jリーグ第27節

ガンバ大阪VS大分トリニータ
           
            1-0

得点者

89分:FW 18 バレー (


バレーさん、バレーさん、あなたの事をこれから神様と呼んでもいいですか?

こんばんわ。こ~@最近読んでいる漫画は『のだめカンタービレ』です。

と、いう事でここ数試合同様に点がなかなか入らない非常に難しい展開になった試合でしたがロスタイムのバレーのキャノンシュートでなんとか勝ちました。二試合連続でロスタイムにバレー神のキャノンシュートに助けられております。本当にあのシュートの意識、ゴールへの意識には頭が下がります。技術うんぬんじゃない。ああいうゴールに対する貪欲なメンタルがサッカーにおいてはかなり重要だと実感しているし、日本人にはないものだとも実感しております。日本人は意識改革から始めるべきかもね。今度、『日本人はなぜシュートを打たないのか』by 湯浅健二さん読んでみよっと!まあ、とにかく!サンキュー!バレー!!マジで助かった~!(;▽;)

前節とスコアこそ違えど、ほとんど同じような展開になった試合でした。ボールは圧倒的にポゼッションする。パスもよく回る。ただ、回しているだけ。決定機がほとんど作れない。

それはリスクをとったプレーが少なすぎるからな気がしています。誰も仕掛けのプレーをしない。他人任せの横パスやバックパスの連続。勿論、相手が引いてきたしドリブル勝負するにも不利だったり、コース切られてたりしてやむを得ないシーンもあったけど、そういうシーンを差し引いてもゴールへの意識は乏しかったなぁ。公式記録等を確認した訳じゃないけど決定機も少ないんじゃないかな。決定力不足とかじゃなくてチャンス自体が少ないってのは良くない傾向だと思いますし、その原因の1つが仕掛けの少なさかなって。パス、ドリブル含めて。パスのためのパスになっているって感じ。そのパスの目的は何なのかを強く意識すればそんなプレーにはならないとは思うんですけど・・・まあ、それもひとつもスタイルなのかもしれませんね。

そんなチームの中にあって一人だけ常にゴールを、シュートを強く意識していたバレー。強引とも取れるドリブルやシュートは大半がため息に変わりました。冷静にピッチ外から見ればもっとチャンスを広げることができた選択肢もあったかもしれない。ただ、そういうゴール最短距離のプレーは見ていてワクワクする。だって、ゴールの予感がするから。だから、バレーのプレーにはため息じゃなくて拍手を送りたいっていつも思ってる。(ただ、シュート練習はもっとしてね。笑)実際、結果としてそういうプレーの積み重ねが今日のゴールを勝利を生んだ訳でバレーのプレーに他のチームメイトも何か感じて欲しいな。

あと、この時期だし相手も色々必死だったり研究されたりで難しいから今日みたいなちょっとしたスタメン交代(秋は頑張ろうって気持ちは見えたけど少し空回り気味だったね。積極性は好きなんだけど連携的なものもあるし交代は仕方ないね。次!次!)や噂されてた軽いシステム変更などの少しの変化も攻撃のカンフル剤として必要かもとは思いました。なんか点入る気しないし。マグノの復帰でまた違ってくるとは思うけど。

まあ、なんやかんや言っても今日の試合を一言で総括するならば・・・

嬉しい。単純に嬉しい。サイコー!!(;▽;)V

なんですけどね~!笑。

ほっとしております。こういう勝ち方は2005シーズンや去年のホーム最終節を思い出して個人的には勢いつくなぁ!どんな勝ち方でも勝てばいいよ!もう結果だけ!なんて気持ちもあったり。次節の柏レイソルは古賀が出場停止みたいだし運もそろそろガンバに向いてきたかな?選手もサポーターもいい形で日立台に迎えますね!あぁ、日立台楽しみだなぁ~!ガンバ戦でもこんな事しないかなぁ~。あのバカなノリは敵サポーターながら好きだわ。

とりあえず明日試合のあるレッズにはプレッシャーかけれました。ACLは韓国チームのラフプレーにかなりの苛立ちを覚えているので同じ日本人チームとして少し応援したい気持ちも出てきていますが(準決勝限定)Jリーグでは負けろ!新潟頑張れ!


最後まで読んだら押してくださいね。




第26節 VSジュビロ磐田

Jリーグ第26節

ジュビロ磐田VSガンバ大阪

      1-1

得点者

39分:FW 22 カレンロバート      89分:FW 18 バレー


決してポジティブな結果ではない。ロスタイム同点ゴールで少し麻痺しているところもあるかもしれないけど冷静に考えれば内容的にも勝ち点2を失ったと考えるべき試合。もっと早い時間帯に決めれるシーンはあったし、1点取った後の勢いを見るともっと早めに点を取れていればな~と。負けた試合は「たられば」だらけですよ。けど、負ける時ってその1点がいつも遠いんだな。バレーはシュート練習をもっと頑張ろう。

いつも思うけどガンバ相手の時の相手チーム守備陣って、いつもより集中してない?全試合見ている訳じゃないけどそう感じる。被害妄想かな?けど、今日のジュビロの守備陣は前節のマリノス同様すごく集中していたなぁ。名前しらない若いDFもよく体張ってたし。二試合連続でそんな風に相手の事を感じるのは辛い事ですけど。レッズも同じ事感じているんかね?どういう試合展開が多いかしらんけど、今日みたいな試合展開でも闘莉王とかがワンチャンスのヘディング決めてしぶとく勝っちゃいそうだな~。シジも上がればいいのになぁ~とも思うけど、そういうのはガンバのスタイルじゃないんかな。今日の試合でも思ったけど勝ててないのに「ガンバは自分たちのスタイルを貫くところはすごいですね~」とか言われるの嫌。そういう系のお褒めの言葉は去年で聞き飽きたんだ。今年は「なんやかんや言って勝ちますよね、ガンバは」みたいな言葉が欲しいのに。勝たなきゃ意味ない。勝負に拘るサッカーって何だろ?

守備の話に戻ります。今日の試合に関してはあそこまでガンバに攻められると逆にジュビロは守備のリズムが生まれるんじゃないかな。下手にラインを上げることもなくベタ引きで守れば言い訳だから体力的にもジュビロ守備陣からすれば意外に楽な展開だったんじゃないかな。アマチュアレベルだけどDF出身の自分もそういう経験あるし。攻められるのが楽しくなってくるんだわ。特別競り合いの強いFWがいる訳でもないし、単調に同じ形で攻めてくるし。ラストパスの制度もたいして高くないし、全体的な攻撃のスピードも遅いし。あぁ、ガンバの悪口言うなんて自虐的だなぁ俺。マゾだなぁ俺。

これから柏とか清水とか千葉とかDFにいい選手がいるチームとやる時は絶対に先制点は与えちゃだめだわ。引いた相手を崩せるほどのスーパーFWも攻撃のバリエーションも今のガンバは持ってないから。マグノがいたらまた違うのかなぁ~・・・・はいはい、どうせ「たられば」ですよ。

あと、今日はスカパー観戦だけど解説の桑原さんポジティブ過ぎね。あと、ガンバの情報知らなすぎ。ボランティアじゃなくて仕事で解説やってんでしょ?あそこまでの無知は問題だろ。試合展開もいまいちだから途中から余計にイライラしたよ。ガンバの事知らないならもう喋らないで。何も知らないのにガンバに関してテキトーな事言わないで。ジュビロの事だけ話しておいて。

イライラといえばラストのシーン。村上よ、笛を吹けと。何のために笛を持ってるんだと。あそこは勇気をもって笛を吹くシーンだろ。びびってるんじゃねぇよ。しかも、もう一度ちゃんとファールかどうか確かめたくてもあのシーンだけリプレイ流さないし・・・スカパーさん、あのシーンが一番視聴者は見たいんじゃないの?サポーターばっかり映している暇あったらハイライト映像をもっと充実させてくれ。

はっ!ストレスのあまり第三者にあたっている自分・・・。

まあ、あの後半ロスタイムのヤットが倒されたシーンはもう少し早くヤットがシュートしてても良かったんじゃないかなとも思うけどね。ペナルティエリア内だしシュートが頭の中で最初の選択肢だったら打つタイミングはあったと思うし。まあ、リプレイ見てないんで適当な事は言えませんが。頭の中に選択肢がありすぎるのか判断の遅さ(ためてるんかもしれないけど)でボールを失うシーンが時々見られるのは少し気になる点ではあります。それもTV観戦ですし見直した訳じゃないんで正しいかどうかは分かりませんが。

勝ち点差6か・・・。いよいよ厳しくなってきたな~。まあ、まったく諦めてないけど。毎年何か起こるし。こういうの慣れてるし。慣れるのもどうかと思うけど・・・苦笑。

けど、なんで毎年毎年同じような感じになっちゃうんだろうね?経験も積んでるし精神的なものだけじゃないと思うんだよね。同じ事を繰り返しているのはチームとして成長がないって事だから絶対に良くない。慣れているとはいえ「今年もかよ・・・」ってげんなりしちゃう。頑張っているのは分かるけど今日の試合見てて途中少しだけ情けない気持ちになった。試合展開にしても攻撃パターンにしても失点パターンにしても同じ失敗を繰り返すのだけは見たくないな。

とにかく今日の後半ロスタイムの気持ちで残り試合を戦って下さい!お願いします!!応援します!みんなを信じてます!


P.S.柏戦のチケット確保できたっぽいです!日立台に参戦します!チケットに関して色々アドバイスくださった皆様(おとがみさん、うにさん、かーこさん、37ちゃん)ありがとうございました!スタジアムでお会いしましょう!

最後まで読んだら押してくださいね。



第25節 VS横浜F・マリノス

Jリーグ第25節

ガンバ大阪VS横浜F・マリノス

             0-2

得点者

                   61分:FW 11 坂田大輔
                   63分:FW 11 坂田大輔



ただいま~。香港から帰国しました。ガチョウのローストギザウマス。300グラムくらいあったけど600円くらい。ラーメンギガントマズス。あっちでは香港サッカーリーグを見たり、香港の有名な大仏にガンバ優勝をお祈りしてきました。その話は後日。

で、日曜日の午後に帰国した訳ですが、時差ぼけ(-1時間だけやけど・・・笑。)と疲れによる睡魔にも負けず帰国後直接万博に向かいました。

なのに~なのに~なのに~なぜ?

完敗でした。今年のガンバが負ける時って「おしいな~」って感じじゃなくて、「全然だめだぁ~」って感じの負け方が多い気がするのは僕だけですか?だから、ブーイングなんだな、俺は。レッズ戦もマリノス戦も後半は点が入る気しなかったし(両試合とも前半にチャンスはあったのだけど・・・)、川崎戦に関しては完敗どころか惨敗だからね。ファイトしてないとまでは言わないけど・・・なんかいつもよくない負け方してる気がするんだなぁ。

ガンバが走れないのもあったけど、それを抜いてもマリノスは強かったわ。次節もがんばれ。信じてる。他力本願上等。中澤いなくても那須・栗原のセンターバックは十分堅いし。完封は二人だけの成果ではないとはいえ、彼らにプラスして中澤に松田もいるの?河合もセンターバックできるでしょ?DF陣のタレント豊富すぎ。来年、誰か一人くれ。笑。マリノスでは堅守が伝統になっていくんかね。優秀な先輩から後輩へ秘伝が受け継がれていく感じ?

前半の被決定機の数考えれば0-2で良かったんじゃないと思うほど。前半だけで0-2も十分ありえた展開。ハーフタイム中も今日は厳しいかなと感じておりました。勝つとしたらホーム力。万博力。けど、その力は前のホーム試合でレッズに負けて切れちゃったみたい。苦笑。

ああいう堅守のチームに2点も先制されたら勝てないわな。相手の中盤は少し飛ばしぎみかなと思ってたから後半残り15分でアキ投入で一気に勝ち越しってシナリオを描いてたんだけど・・・・・。

1失点目はまあ仕方ないとしよう。坂田君は足速いよ。シジがぶち抜かれるのは想定内。けど、2失点目はなんだあれ?山瀬→坂田が裏へ飛び出すって1失点目と同じ形じゃないか。山瀬は最も警戒するべき選手じゃないのか?なんで自由にパスださせるんだ。坂田が裏に飛び出すのも分かってるやん。裏のスペースへのケアなさすぎ。反省生かしてポジショニングもう少し工夫してよ。まあ、そういう事を考えている間にやられちゃった感もあるけど。完全に足止まっちゃってたし。ダメだこりゃ。

0-2からマリノスはラインを下げて守り固めてきちゃった。守りきられちゃった。この形レッズ戦見たい。あの守備固めからどうやって点決めるんだ。決まる気しね~。無理に中央突破を試みても3人目、4人目にボール取られる。繰り返し。フタなんかはミドルの意識もあるんだけどプレスきついし、なかなかいいシュートが打てない。中央が完全に固められてるからサイドにボールを流すんだけどクロスの質もさることながら、中のFWが身長の低い播ちゃんとヘディング特訓中のバレーじゃ決まる気しね~。あと、たまに蹴る加地さんのふんわりクロスいらない。ウイイレでもあんなクロスじゃ決めれないよ。もっと二アに早くて低いボールだと思うんだよ。ああいう相手には。高さじゃ勝てないねんから。播ちゃんに飛び込んで欲しいねん。そういう話ってしてると思うんだけど。

負けた時、毎回同じこと思うんだけど何か工夫ないのかな?ああいう展開になったときはアキには左サイドに張って早いクロスをあげることに専念して欲しいとかも思うけど。あとは、シジをあげるとかパワープレーはしないの?レッズはこういう場面で闘莉王あげて勝ち点を拾う闘い方してくるやん。内容はともかく、そういうかむしゃらにでも勝ち点を拾っていく闘い方をしてるからレッズは今年も1位な訳でしょ。今年はガンバにも勝負にこだわるサッカーを目指して欲しいんだけど。パワープレーは無理なんかな~?あとは、ああいう展開になったら中に播ちゃんよりゴンちゃんの方が効果的だと思うんだよ。どういう時に使おうと思ってゴンちゃんをベンチに入れているのか西野に聞いてみたいよ。

日本代表と同じ。中盤に技術力の高い選手が揃ってるからポゼッションは握れる。ゴール前まではボールをしっかり運べる。けど、最後は個人のアイデアなんだわ。マグノにはそれがある。いろんなバリエーションもってる。けど、播ちゃん、バレーにはそれがない。痛感しております。しかも、播ちゃんバレーにはコンビネーションもあんまりない。そこまで器用な選手じゃないって事もあるけどそこに改善の余地はあるよね。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし(野村監督)という事で敗因はいくらでも思いつきそうですがやっぱり一番大きいのは運動量不足なんだろうね。言い換えると疲労。どうしたらいいんだ~って感じの敗因だな。苦笑。代表の選手を多く抱えて運動量が下がってしまうのはある程度は仕方ないかなとも思うけどレッズも同じ条件でガンバより一日早い土曜日の試合でアウウェーでしっかり勝っているし言い訳はできないかな。頑張れとしか言いようがないわ。少しでも選手が元気が出るために僕らは応援するだけだわ。あ~今年は絶対勝ちたいわ~。




最後まで読んだら押してくださいね。

第24節 VS名古屋グランパスエイト

生1.2.3.バーン!ギカント気持ちヨス。(密かに初体験)

Jリーグ第24節

名古屋グランパスエイトVSガンバ大阪

            1-4

得点者

86分:FW 19 杉本恵太         14分:FW 18 バレー
                       48分:FW 18 バレー
                       70分:FW 11 播戸竜二
                       72分:FW 18 バレー


名古屋に行ってきたお。

①ミッドランドスクエアのスカイプロムナードで空から愛知県を制覇。(ちなみにこの施設ではクリスタルガイザー飲み放題)

名古屋ドーム見えました。テレビ党見えました。

※夜に行くことをお勧めします。

②名古屋城を制覇。ちなみに名古屋城は冷暖房完備で車椅子対応のエレベーターや大きなトイレ、手すりなどのバリアフリー化や3D映像で名古屋城の歴史を紹介する施設なども完備されていて「なんて最先端な城なんだ!現代で考えても立派な施設だ!昔の人でもここまでの技術を持っていたのか!凄過ぎる!当時からバリアフリーを考えてるとか(築城主の)徳川家康の意識も高すぎ!」とか城の中を見学しながら思ってたら・・・

一回炎上してました~(・▽・;) 造り直してました~。レプリカでした~。w(・▽・)w

ただ、色々造り直されている分、博物館みたいで楽しかったけどね。金の鯱には興奮したけどね。大きな金の鯱の置物に乗っかって警備の人に写真撮ってもらったけどね。テンション上がっても~てお土産に金鯱の置物買ったけどね。城内でガンバサポ発見したけどね。


200709011400000.jpg

※下の方に写っている女性2人は全くの他人です。

③ひつまぶしを制覇。2500円もしたお。牛角で焼肉食べれる金額だお。でも、美味かった。食べ方とかあるの初めて知ったし。一緒に名古屋行ってたサッカーマニア(笑)のマミちゃん(近鉄の切符ありがとう)がいなかったら吉野屋気分でガッついているとこだった・・・危ない危ない。笑。

ひつまぶしを4等分して、1杯目はノーマルに。二杯目は薬味を入れて。3杯目はお茶漬けで。4杯目は一番好きな食べ方で・・・・って薬味もお茶もなかったんでノーマルで食べるしか選択肢がなかったがな。

200709011338000.jpg


④VS名古屋グランパスエイト in 瑞穂競技場

スタジアムグルメの手羽先がすぐ売り切れる悲劇にも負けずガンバ勝ちました!我慢してポップコーン食べたかいがありました。この試合はハーフタイムにレッズ敗戦のニュースが伝えれれたりした事もあって終始アゲアゲな気分だったわ。たくさん歩いた上に試合中も結構飛び跳ねた影響からか今も膝痛いし。この試合は4点も入った事と合わせてゴール後にバレーも播ちゃんもゴール裏近くまで走ってきてくれた事が余計に僕らのテンション上げてくれる。試合後の1.2.3バーンは勿論最高だったし、バレーのコミカルな動きの万歳三唱もナイス。グランパス君よりバレーの方が可愛いな。バレー可愛いよバレー。いい気分で名古屋から帰れましたよ。

試合中は試合内容について色々思うところもあったんだけど試合から2日経っているのとスカパー再放送をまだ見れていなんで正直よく覚えていない(忘れた)んだな。まあけど、試合前は相手はベストメンバーから程遠いので例のごとくポゼッションはできるだろうけど、連戦の疲れから来るパスミスとかで嫌な形でボール失って杉本、玉田らの快速2トップにカウンター気味の攻撃でシジクレイがぶち抜かれて2失点くらい食らったりで案外苦戦するんじゃないかとも思ってました。その割には大差がついて勝てたのは嬉しい予想外。勿論、シジがぶち抜かれるシーンは全くなかった訳ではないし、前半、特にガンバにとっての左サイドの主導権は握られてて決定機を作られるなど苦しい場面も多かったけど最後は精度の低さと玉田の身長の低さに助けられたね。ヨンセンが中にいたら結構難しい試合になってたかもとか思う場面もちらほら。そういう意味では今の時期に名古屋と当たれたのはラッキー。運も実力のうち。ミチはポジショニングが中途半端だけど何か迷いでも?寄せきれてないだけじゃなくてマークを見失ってる時すらあるからね。子供が出来て攻撃面でやってやろうという気持ちが空回りしてる?まずは守備からいこう。

相手は若い選手も出ていたらしい事もあってかバックパスに対してガンバがプレスをかけた時にパスミスを連発。こっちからすれば相手にミスが出るのは体力的にも精神的にも楽になるよね。暑い中でも「もっと追ってやれ」って気分的にも乗っていけるし。相手からすれば自分たちのリズムを切っちゃうし。ガンバが強いのは選手の技術が高くてミスが少ないって事もあるんだな~と改めて当たり前の事を思ったり。特に夏場は簡単なミスをしないように注意が必要だと感じるね。調子の悪かった3試合は実際ミス多かったしね。

4-1という事で苦しかった3試合から2戦連続で大量得点だけど、1-1の横浜FC戦でもバレーがしっかり決めていれば大差がつけれたゲームだったし、ガンバの場合はどの試合においても要は決定機をどのくらい決める事ができるかでしょ。絶対決定機いくつか作れるもん。チャンスは作れるチームだし結局FWの頑張り次第。そう考えるとマグノ不在の中で2試合連続バレーと播ちゃんの2トップがゴールを決めているのは嬉しい。頼もしい。マグノが戻ってくる10月くらいまで2人とも好調をキープして欲しいね。あっ、チン君頑張ってた。ゴール、ボールへの執着心見えた。あとは筋力付けるフィジカルトレーニング頑張ろうね。

とりあえずハードなスケジュールも一旦終了と言うことで(代表組以外)好調マリノス戦に向けて体調を整えて欲しいですな。

⑤帰りの新幹線はガンバユニの仲間がたくさんいてなぜかテンション少しあがったり。名古屋城にしても普段の大阪の街でもガンバユニを見かけると少しテンション上がるよね。

そんな帰りの新幹線だけど出発ギリギリに飛び乗った事もあって自由席は満席。一日歩いて疲労困憊で新大阪まで立って過ごす事など絶対に嫌だったので空いている指定席に座ってたら乗務員による切符チェックが入ってきっちり追加料金700円払わせていただきましたよ。(;▽;)

遠征は楽しいなぁ~。さ~次の遠征に向けて節約節約♪まあ、未だに柏戦のチケットもってないんですけどね!(泣)


最後まで読んだら押してくださいね。