第23節 VS鹿島アントラーズ

Jリーグ第23節


ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ

            5-1

得点者

11分:FW 18 バレー             69分:DF 5 ファボン
23分:MF 7 遠藤保仁
34分:FW 18 バレー
47分:FW 11 播戸竜二
73分:FW 11 播戸竜二



誰がこんな結果を予想しただろう。

決して諦めていた訳ではないし、ガンバ大阪というチームのポテンシャルを疑っていた訳じゃない。けど、ここ2試合のふがいない試合内容を考えるとチームは単純に調子が悪いだけじゃなくて、何か根本的におかしくなっているとさえ思えた。だから、今節も厳しい戦いになるだろうって・・・。土曜日の試合から中3日で何が変わるんだって。川崎戦はスカパー観戦だから良くわからないけど、敗戦の原因は疲労からくる運動量の低下が主な理由って言われていたし。土曜の試合よりもひどい事になるんじゃないかとさえ思ってた。しかも、相手は絶好調3位鹿島アントラーズ。

この結果はガンバが良かったのか、鹿島の出来が悪かったのかって話。どっちもじゃないかなと思ってる。少し雨がふって暑さがすこし和らいだ事もプラスに働いたかな。

鹿島はミスも多かったし攻撃がスムーズじゃなかった。攻め急ぐのも問題だけどあそこまでバックバスとか横パスをつないでスローに攻めてくれたら今日は特に守備意識の高いガンバ守備陣は崩せないでしょ。逆に言うとガンバがいい感じでパスコースを消せてたのかもね。TVじゃ分かんないけど。まあ、フォローも遅かったわな。4連勝してバテてた?それとも4連勝中にだったし調子の悪い相手に慢心あったかな?カウンター気味にやられそうな時もプロフェッショナルファールとかいう言葉があるらしいけど、少し厳し目に潰しにいけててピンチを未然に防げてたしね。小笠原も低い位置でボールをもらう事が多かったから怖くないし、小笠原に関しては特に前半はハッシーがよく潰してた。気持ち見えたよ。怖いのはマルキーニョスくらいなんだけど、シュートがクロスバーに当たったり少しそれたりで運も今日はこっちに向いてたかも。

ガンバに関しては試合への入り方が今日は良かった。これからも最初の10分くらいは特に守備面で相手の出鼻をくじく事や自分達に勢いをつける意味でも少し飛ばしぎみで行ってほしいな。で、今日に関してはその立ち上がりのいい時間帯にバレーの先制点が取れたのが大きかった。あの点があったから2点目3点目があったと思ってる。点を取られた後の播ちゃんのゴールもタイミング的にナイス。今日の2ゴールは播ちゃんの真骨頂みたいなゴールだしね。笑。

今日の勝因がなんであれ、この勝利によって前節・前々節の不調の原因がすべて解決したとは思いませんが勝つ事はいいことです!勝つ事でまた勢いを取り戻して欲しいのです!

単純に嬉しいです!(;▽;)

ぶっちゃけ、僕は専門家でもなんでもなくただのガンバサポーターんで最近の不調の原因が何であれ勝ってくれればいいのです(いままでの話は何だったんだ!)。これくらいの時期からの戦いは理屈不要です!内容不問です!勝利だけ!勝ち点3だけ望んでます!ただ、応援するだけっす!個人的には今日の試合は緊張感が続いていて秋を感じました。あぁ、もうすぐ終盤戦にさしかかるんだなぁって感じ。今日は金銭的に金沢行けなくてゴメンネ!名古屋は行きますよ~!

今日はとりあえず喜んで明日からは次を考えましょう!勝って兜の緒を締めるべきです。今日は連敗を阻止しただけ。レッズは今日も勝って勝ち点は差は4のまま。状況的には特に変化はないのです。まだまだ、厳しい状況に変わりはありません。戦いはまだ続くのです。

各メディアがガンバ選手談として伝えている調子が悪い原因に「4バッkクにチャレンジし始めた前半戦の頃と比べて、4バックにも慣れてきて声が少なくなってしまった。その結果少しずつ曖昧な部分が出てきている」的な事が言われていました。その解決策は「開幕当初のチャレンジする気持ち、初心を忘れずに戦おう」だったそうです。

その通りだと思います。慢心から得るものは何もない。去年の悔しさを忘れてはいないし、それは選手も同じ、もしくはそれ以上なはず。あの悔しさを晴らして欲しい。開幕前や開幕当初によく選手や監督から聞かれた「勝負にこだわる」「勝ちにこだわる」って気持ちを忘れずに終盤戦1試合1試合全力で勝ちましょう!いいサッカーしても結果残さないと意味がないって事を忘れずに残り試合を全勝しよう!優勝しよう。

次が大事。今日の勝利は通過点。それはいつの試合も一緒。今日の勝利に浮かれる事はないです。


P.S.下手こいた~!10月6日の柏戦のチケット買うの遅くて買いそびれた~!こんなに早く完売になるなんて・・・予想ついてましたが。色んなブログで注意も受けてたのに・・・。でもそんなの関係ある!でもそんなの関係ある!(;□;)

誰かゴール裏のチケット余ってる人いたら貧乏人の僕に定価で分けてください・・・。1枚でいいっす。コメントかメールフォームからメッセージ下さい。お願いします。ツアー出るかなぁ・・・。


最後まで読んだら押してくださいね。

第22節 VS川崎フロンターレ

Jリーグ第22節

川崎フロンターレVSガンバ大阪

        4-1

得点者

2分:FW 16 鄭大世           28分:FW 9 マグノアウベス
46分:FW 10 ジュニーニョ
48分:FW 10 ジュニーニョ
51分:FW 16 鄭大世


なんていうんですか絶望感♪(DA PUMP 『Feelin' GoodIt's PARADISE』調で)

天王山のレッズ戦にホームで負けて、強い気持ちで臨んだ最下位横浜FCに引き分けて、後がない状況で迎えた川崎戦で4失点・・・辛すぎます。

例年秋ごろに失速している時のチームより今のチームの状況はやばい。調子が悪いとかじゃない。チームが壊れかけてる気がする。もしくは壊れた。戦いにならない。失恋後バリに心がドキドキしてる。マジでやばい。どう立て直したらいいのか。にしのん頼む!

最近続いているヤットの軽率なミスパスが原因で立ち上がりいきなり失点。後半も絶対に気をつけなければいけない立ち上がりにマーク見失って失点。同じ過ちの繰り返し。声だせば解決するだけの場面で味方同士ぶつかって相手にGKと1対1場面を作られて失点。イージーなミス。ガヤももっと怒っていいと思うんだよ。他にもちぐはぐなセットプレー等。もっと慎重にサッカーしてほしい。油断とか過信とかいらない。常に100%の集中力で100%の準備をしてプレーしてほしい。軽率なプレーの連発は見るに耐えない。

重症なのは攻撃。同じリズムでボール回しているだけ。前節と同じ。誰もしかけない。ゴールのためのパスがない。パスのためのパスみたいな。パスの目的は何?前半戦はそれでも何となく勝ってたけど後半戦はそうはいかなそう。

そんな状況だからゴールへの意識が人一倍高いマグノいなくなってから何にもできなくなっちゃった。今のチーム状況見るとマグノの怪我の具合しだいでは今シーズンが終わってしまうほど連敗しかねない。マグノの負傷退場見てチームメイトは何も感じなかったのかね。俺はマグノの退場で皆がマグノの分も燃えてくれると思ったんだけど・・・。前節、今節と戦い方が淡白すぎるのが一番気になるところ。

てか、浦和戦後半から2試合半ほど点が入る気しない。今日も決定機と呼べるチャンスマグノのゴール以外に何回あった?後半に関してはシュートのシーンも思い浮かばない。チーム内で何かあった?そんな事を考えてしまうほど今のチームはひどい。決定機をはずしているとかじゃなくてチャンスすらまともに作れていない。疲労とかからくる一時的な不調や二順目で相手に研究されているのが原因ではなくて、根本的にチーム自身がヤバイ状況な気がする。具体的にどこがダメなのか今の段階ではわからないけど、このままでは戦えない。選手やシステム含め、テコ入れの時期にあるんじゃないかな。

こういう時にこそ個人の力で何とかこの状況を打開してもらいたいんだけど無理でした。バレーはチームの調子がいい時や相手が弱い時は活躍できるけどチームが劣勢の時は何もできない。ゴール前にスペースがなくても苦しい。前半戦に比べると上手くなっているんだけど、ここにきてテクニックのなさが目立ち始めてる。マグノが戻れば播との2TOPで序盤戦のように途中出場が一番効果的かも。

アキも悪くはないんだけどもっと仕掛けられないかな?簡単にボールをはたくのも悪くないんだけどもっとドリブルでつっかかってほしい。他の選手と違うリズムを生んで欲しい。1人抜くことで一気にチャンスが広がるんだし、そういうプレーをできるポテンシャルはあるんだし、もったいない。自分の特徴をもっと活かしていかないと代表のスタメンはもちろん選手生命もあぶなくなってくる危険性があるよ。

今日みたいなプレー続けるなら去年みたいにサイドに張らせたほうがチームのためになる気がする。ドリブルの回数が去年より明らかに減ってる。最近雑誌等でもドリブルにそこまでこだわりを持っていない的な事言ってるけど、持って欲しい。今のチームに求めれれてるのはドリブルで個人の力で切り崩す事なんじゃないかな。相手サイド深くまで切り崩してマイナスのクロスあげるアキが見たいんだよ!

ヤットの不調も気になる。ヤットに関しては疲労もあるんだろうね。ポジションをいじるとしたらヤット。ひとつ下げたい。少し下がった所でパスを上手く回しながらタイミング良く前への飛び出しってプレーがヤットの特徴なんだと思ってるけど、そういうプレーはボランチの方がやりやすいでしょ。どうせ前目で使っても少し下がってそういうプレーするんだから、ヤットを少し下げて前にアキとフタ置いた方がより攻撃的になると思うんだけどね。今日の試合の後半の寺田インの形がそれに当たるのかな。

次の鹿島戦はホームだけど金沢。タイミングが悪すぎる。万博でなら何とかなりそうな気もするけど金沢・・・なんかアウウェーに行く気分だ。正直、次節も不安の方が大きいけど勝つしかない。レッズにこれ以上差をつけられてはいけない。取り返しがつなくなる。なんとか頑張れ!!応援する!あぁ、お腹が痛くなりそうだ・・・。



明日はときめきビーチフェスタのお手伝いに行ってきます。行かれる方がおられましたら今日のストレスを一緒に発散して楽しみましょう!では、朝早いので寝ます。当然スパサカなどのスポーツニュースは見ません。おやすみなさい。

最後まで読んだら押してくださいね。




第21節 VS横浜FC

Jリーグ第21節

横浜FCVSガンバ大阪

    1-1

得点者

69分:DF 4 和田拓三          67分:MF 7 遠藤保仁


今年はちょっとばかし失速するのが早くないかい?夏のガンバはどこいったんだ。今日の試合は2005年2006年の10~11月頃の試合を見ているかのよう。終始ぬる~い空気がスタジアムを支配しました。スカパーのピッチレポーターのお姉さんは「いい緊張感です」とか言ってたけど少なくとも私にはその緊張感は伝わってきませんでした。勝たなければいけない試合で同点もまま時間が過ぎていくのにも関わらず同じリズムで淡々とプレーする選手達に苛立ちさえ覚えました。皆頑張ってるはずなんだけど伝わってこないのはなぜ?なんでこんな試合になったんだろ。

前節レッズにホームで負けて記録も終わって選手もサポーターも「さぁ!ここから切り替えてガンバろ!」って感じやっただけに今日の引き分けは堪える。対戦相手が最下位の横浜FCである事もさる事ながら相手に退場者が出た後、当然引きこもる相手に前節同様何も策を打てないまま、何も出来ないまま、ただ時間だけが過ぎていった事が辛い。ただ、引きこもったチーム相手に確実に点を取れるか分からない。想像できない。西野頼む。なんかこういう試合が続くとヤバイ気がしてくる。

残り10分。誰からも「俺が決め手やる」みたいな空気を感じれなかった。方法論の前にまずはそれ。気持ち。伝わってこなかった。だから、ブーイングな訳でしょ?ゴール前でシュートチャンスがあっても横に流す。サイドまでボールが流れてクロスを上げるも跳ね返される。あれピンポイントで狙ってる?漠然と中に上げてる感じがする。その繰り返し。

シュートのタイミングがあってもシュートフェイントで完全に抜きにかかる。結果、囲まれる。打たなきゃ始まらない。ミドルも積極的に打つべし。ミドルを持ってるはずのヤットがゴール前でまずパスを最優先にプレーしてる様に見えるのがモヤモヤする。そのパスによってゴールの可能性が大きくなってるとは思えないシーンも多々。シュート意識の高いマグノ不在がいつも以上に大きく思えたこの2試合。

今日は立ち上がりから細かいミス連発で戦う気持ちが見えなかった。集中力がいつもより乏しく思えた。一歩目も遅い感じがしたし、その原因が慢心とかではなく、せめて疲労からくるものではあると信じたいです(疲労でも言い訳ならないけど)。

去年もよくよく考えると降格組の福岡戦のドローが優勝を逃した要因の1つな訳ですけど今年も同じ失敗をしてる。勝てない試合ではなかったはず。1試合1試合目の前の試合を全力で戦って欲しい。勝てる試合を確実に勝って勝ち点積み重ねなきゃ。解説者が言ってた「ガンバはあえて省エネで戦ってるのかもしれない」なんて事は絶対にあってはならないよ。

リーグも2週目に入ってから相手に研究されているのか厳しい戦いが続くねぇ。こういう試合を勝ちきるためにはプラスアルファの何かが欲しい。2005年の様な「運」とか「渡辺光輝」のような日替わり一日ヒーローとか。倉田、寺田あたりが活躍すればチームも勢いつくと思うんだよね。チームに勢いつけるのはやっぱり若手でしょ!そういう意味ではもはやベテランの様な風格だけど試合出場数も少ないし、疲労面を考えても(代表はあるけど)この夏はアキがキーマンになるんかな。いや、なるべき!全員に共通して言える事だけど特にアキには気持ちを出してしっかりファイトして欲しい。球際激しくあたるとか全力でスライディングしてプレッシャーかけるとか無理やりシュート打つとか、まだまだやる気が見えない。プレー綺麗過ぎ。右で打ってもいんんだよ。代表で決めてたやん。もっと頑張って欲しいしアキがそういう姿見せればチームにいい影響を与えてこの嫌な流れを断ち切れる気がするんだな。サテライトに降格するアキを見るのはもう飽きたし、そんな事してる余裕ないからね。

これから川崎、鹿島と厳し目のカードが続くから今日はきっちり勝って勢いつけたかったんだけど、どんなけクヨクヨしてももうこの試合は返ってこない。後に大きな敗戦だったと思い返す事が来る事が安易に想像できる位痛すぎるドロー、もはや敗戦だけど前を向くしかない。そんな気分じゃないけど、どう考えても痛すぎるドローだけど、それしか優勝する道はない。あきらめたら負け。毎年終盤は上位チームが意外なチームに負けたり波乱が起きるんだから。その時後悔しないようにベストを尽くしてほかなきゃ。

川崎戦はアウウェーだし噂によるとガンバ戦のために前々からイベント用意してかなり気合入っているみたい。今日負けた事によって選手達に絶対に負けられないっていう必要以上のプレッシャーがかからなければいいけど、今のチームには今日の試合を見るとそれくらいのプレッシャーは丁度いいのかも。

毎年9月後半くらいから優勝争いのプレッシャーが出てきて毎試合天王山みたいな気持ちになるけど、今年に関しては8月にして次節、次々節は今シーズンの流れを決めかねない天王山だね。優勝争いに絡んでくるかもしれない2チームを完全に叩いて2余計なライバルは減らしたい。

レッズは秋にACLもあるし全勝するとは思えない。ガンバにもチャンスは十分あるんだからここ辛抱どころ。次、川崎戦の次はホントにないと思おう。絶対勝とう!しっかり気持ちだしてファイトしよう!


P.S.毎年中盤戦~終盤戦の大事な試合前は精神論中心になってしまうなぁ。(苦笑)

最後まで読んだら押してくださいね。

第20節 VS浦和レッズ

Jリーグ第20節

ガンバ大阪浦和レッズ

             0-1

得点者

                    62分:FW 9 永井雄一郎


炎天下の中何時間も待ち、やっとの思いで購入したマッチデーTシャツは購入後6時間でパジャマと化しました。(ナショナルダービータオマフは永遠に引き出しに眠る事でしょう)

あのTシャツはガンバフロント慢心の結晶です。それを来てノリノリで応援していた僕も慢心があったのかもしれません。今年の中盤戦までの成績がいいだけに去年の屈辱を忘れていました。選手は違うと思いますが。

負けました。これもまたサッカー。そういう時もあります。ゲームの主導権を握れない試合なんてリーグではかなり久々に見ました。特にホームではありえません。自分の目を疑いました。まあ、だから負けたんですが。今日の敗戦でガンバがJリーグの中で決してダントツではない事を自覚させられました。ひとつの完成系かなと感じていたチームもまだまだ改善するべき点は多いのだと知る事ができたのは敗戦後ならではの感想です。このチームにも伸びしろがまだあると感じる事ができた事が今日の数少ない収穫です。この試合が重要だった事は事実ですがカップ戦決勝でもないし、リーグはまだまだ中盤戦。戦いは続くのです。今日の敗戦を残りの試合に活かす事が大切です。レッズに勝つ事が最終目標ではなく今年の最終目標は3冠ですから。3冠に一番近い位置にいるのはガンバなんですしここで落ち込む必要は全くないです。気持ちを切り替えてまた勝ち続ければ優勝できるんですから。

今日の試合は決してチームに慢心があったとは思いませんがレッズの方が今日の試合に関しては勝利に対する気持ちは強かったのだと思います。ゼロックス・ナビスコ惨敗のリベンジや負ければガンバの独走を許してしまうという状況で自然とモチベーションは高まったのでしょう。0-1はその結果かなと。試合内容的にもこのスコアは妥当。

確実に今シーズン過去4戦のレッズとは違いました。非常に勝負強い。それは素直に認めないといけません。攻守の切り替えが早いし一人一人の守備意識が非常に高い。モチベーションも高かった事も影響しているのでしょう。90分間その守備意識は高いまま足も止まりませんでした。前回のエントリーの話じゃないですが戦莉王の影響は強いんですかね。後半は特に何もできなかった。

堅守が売りのチームに先制点を与えたのは痛すぎました。相手の勝ちパターンにはまってしまった感じです。前半のチャンスを1つ取れていれば全然展開は違ったのですが・・・。これもまたいい教訓です。レッズは一人一人の能力が高くてミスが少ないから相手陣内でボールが取れない。シュートで終われちゃう。だから、ガンバが攻撃に移った時には完全に守備の陣形が整えられてしまってる。坪井、戦莉王、阿部は皆人に強いDFだしそう簡単に崩せません。後半残り10分相手が引いてきてからのガンバの単調な攻撃はまるでアジア杯の日本代表でした。もうひとアイデア欲しかった。競り合いが弱いバレーとほとんどJ1で出場してない中山めがけて単純にクロス上げても意味ない。上げるとしたら速いボールがいいけど加地さんフワフワクロスは無意味だよ・・・アジア杯と同じことしてるよ・・・。  

引かれた時に毎回思うけどミドルがないチームは今後厳しい。今までは相手のミスとかバレーのミラクルとかで何とか勝ててきたけどレッズクラスの相手に引かれて改めて重要性を感じました。ACLとかも考えるとそこは重要課題じゃなんかな。

あと、オシムじゃないけどチームとしていきずまった時、個人で打開しようとする姿勢が欲しい。パス10回つないで1点加算みたいなルールはないんでね。前半播ちゃんイマイチボールを前でキープできない展開を打開するべく出されたアキにはもっとボールをもらいにいって欲しかった。ドリブルでしかけれる数少ない選手なんだしもっとゴール前でチャレンジして欲しかったとは思ったかな。ファールも誘えるんだし。ヤットとフタに激しくマーク来ていてあまりリズムが生まれない展開だったからこそアキに引っ張って欲しかったんだ。ナビスコの時できたんだからできない訳ないのに。

あとは前でしっかりボールを持てる(タメをつくれる)FWは今日みたいな激しくよせてくるチーム相手には必要だろうね。セカンドストライカー的な。前でキープできたら攻撃のバリエーション広がるし、それはゴールの可能性も増えるって事だから。今日の単調な攻撃はそういう前でキープできなかった事(できるFWの不在。つまりマグノ不在)も多々影響しているのではないかと感じるのであります。インザーギが2人の2TOPは機能しないのと同じ感じ。(違うか。笑)

レッズは今後引き分けは数回ありそうですが守備が堅いのと戦莉王やワシントンのヘッドみたいな飛び道具があるチームなんで逆に負けはかなり少なそう。そういう意味でもガンバも残り試合全勝するくらいの気持ちが必要でしょう。今日は確かに相手の方がファイトしていたのでふがいなく感じてブーイングも仕方ないかなと思いますが、ここはサポーターも気持ちを切り替えてまた週末から全力でサポートしていきましょう!!

まだまだナビスコ準決勝も控えているしJリーグ本番はこれから。去年のリーグ最終節、天皇杯の悔しさを絶対に忘れちゃいけない!今日の敗戦で悔しさ蘇ってきた!!なるべくアウウェーにも行って声だして応援する!!

最後に笑うのは俺達だ!!!




P.S.シーパス先行入場の誘導案内あまい。開門ギリギリに来た人がずっと待ってた人より割込みによって先に入場してた。ちゃんと柵かなんかで区切らなきゃ。限定グッズとかもあるんだしクレームの元だわアレ。ボランティアだからとかは言い訳にならないよ。

あと、マッチデーTシャツは一人限定2枚とかにした方がいいと思う、俺の目の前のヤツ後ろの方に並んでたツレがもうなくなりそうだからとかで購入頼まれて10枚近く買ってたし。あれはアンフェアだわ。ギリギリの人怒ってたし。俺もLがラストの一枚だったからドキドキしたよ。

最後まで読んだら押してくださいね。



ナショナルダービー前夜

先日生まれて初めて金縛りにあいました。こ~です。こんばんわ。

明日はパナソニックダービー。

あっ、松下違い。ナショナルダービー。

勝つ。負けられない。叩きのめす。力の差見せつける。10月11月に優勝を争うチームとの直接対決がなさそうな事も考えても明日の試合はリーグ中盤戦とはいえ優勝争いの上で非常に重要な試合。20節にして大一番。天王山。ターニングポイントになることだけは間違いない。この試合に勝てば勝ち点差7だし今シーズンが終わるとまでは言わないまでも非常に優位になるし勢いつくでしょ。

と、いうよりレッズ相手の時は相手の順位はあんまり関係ない。明日勝ってそのままの勢いで3冠獲得して去年の借りを返したい。サポーターとしてもお互いにメンバーがほとんどベストで時期的にもとりあえずの今シーズンのチーム完成を迎えている(べき)時期に闘って単純にどっちが強いのか決着つけたい気持ちが強い。もう今回は負けても言い訳すんなよ?あぁ、興奮する。

基本的に僕はマスコミの煽りに踊らされる人間なので「二強時代」とか「頂上決戦」とか「ナショナルダービー」とか「因縁の対決」とか「ビッククラブ対決」とか「西の横綱ガンバ・東の横綱レッズ」とか「新旧王者対決」とか連発されると必要以上に興奮しちゃう。

そういう煽りは重要だと思ってて、例えば、何も知らないままK-1の試合を見るのと試合前の必要以上に対戦する両者の因縁を強調する煽りVTRを見てから試合を見るのとでは興奮度も違ってくるってものです。

そういう意味では明日の試合は去年の対戦成績の事、今年のゼロックス4-0やナビスコ5-2というレッズからすれば屈辱的なスコア、単純に首位攻防戦、ガンバホーム無敗記録がかかっている、闘莉王今シーズンガンバ戦初出場、安田結婚、遠藤ガチャピン、エキスポ再開・・・etc. ファンを煽れるネタ沢山!!ゲーム背景的にも盛り上がること間違いない試合ですな。

んじゃ、僕も乗っかってK-1風に煽っておきます。3秒前、2・・1・・・キュ!

「明日は前半10分でKOしてやるから覚悟しときな!今シーズンの主役はどっちかはっきりさせてやるぜ~!」

明日は例の「万博を青く染める」キャンペーンに賛同してシーパスの僕もチケットを余分に確保しているので普段はガンバを見ない友人を連れて観戦となります。多分、明日はキャンペーンとお盆も重なってそういうガンバ初見さんは多いんじゃないですかね。レッズ戦はもう少し後の方が盛り上がるんじゃないかなとかも思いましたがJリーグ最高レベルの試合を多くのサッカーファンがスタジアムであれスカパーであれ生で見れるという点ではこの時期の開催もいいかもしれませんね。

ちなみ明日一緒に観戦する友人はレッズ戦は初だそうなのでレッズサポの方々はそれなりの人数で来ていつも以上に試合前大声で歌ってあげてください。アウウェーだけど他のチームとは違う声量に多分、驚くと思いますので。サポーターも含めてレッズ戦の楽しみなので。まあ、試合中はガンバサポーターの声でかき消しますが。試合後はショックで声なんて出ないと思いますが。おもいっきり万歳三唱見せつけますが。

なにはともあれ単純にレベルの高い試合が見たい。選手たち本人が名づけた訳ではないですがナショナルダービーの名に相応しいスペシャルな内容を期待しています。今まで生で見た試合の中では2005年Jリーグ戦25節VS鹿島アントラーズ戦がキックオフの瞬間から初優勝がかかってた事もあって90分間ひとつひとつのプレーに緊張感が溢れていて最高の試合でしたがそれレベルをお願いしたいです。今シーズンは緊張感高まる終盤戦に優勝を争いそうなチームとの戦いがほとんどないのであっさり優勝がきまっちゃいそうなんで(私、楽観主義者ですから)。例年2~3試合ある鳥肌立ちまくりの試合が今年は少なそうなんで、明日はかなり期待してます。鳥肌立たせてください。(ちなみに今シーズン1位はジェフ戦。2位は神戸戦。3位はナビスコアウウェー レッズ戦。全部アウウェー。)

「Jリーグのナショナルダービー?しょうもな。」とか言ってる海外リーグかぶれの可哀相なサッカーファンにJリーグのレベルの高さを示しましょう。

あぁ、楽しみだなぁ。

例のごとく締まりの無い文になってしまいましたが要するに言いたいことは1つだけ。


絶対勝つ!!


さぁ、いざ決戦!!




最後まで読んだら押してくださいね。







第19節 VS アルビレックス新潟

Jリーグ第19節

ガンバ大阪VSアルビレックス新潟

             3-1

得点者

48分:オウンゴール           87分:MF 27 マルシオリシャルデス
58分:FW 18 バレー
78分:DF 21 加地亮


祝!リーグ戦ホーム不敗連続記録!(タイ記録)

水曜日、目の前で君達の記録をぶち抜いてやるぜ~!あぁ、なんという巡りあわせ。

と、いう事で今日は久しぶりに万博でリーグ戦がありました。こんばんわ。こ~@乾杯もオレンジジュースでいいですか?です。

今日はスタジアムに浴衣の人が多いな~と思ったら浴衣デーとの事。個人的には女子高生の制服と看護婦さんのナース姿と浴衣は女性の魅力2割増だなぁ。そんな事を思ってキックオフを待っているとサプライズが!!10代~20代ガンバ系ブログ界のリクルートの名を欲しいままにするO氏(注・本人の希望により匿名にしております)から誕生日プレゼントをいただきました!!

ドキドキして袋を開けると中からはコレが!!

万博アイドルのあかりたんDVDです!w なんか今と顔違いますが。

もう、この際なんでこのブログにてはっきり言わせてもらいます!!!僕ももう大人です!こんな小娘の水着姿なんか見ても・・・・


感無量っす!(;□;)ww

今夜、このブログ書き終えたらさっそく楽しませていただきます!!グフフ・・・。DVDを見終えましたら『Message 夏休みスペシャル』と題してチャプター毎の感想を一週間にわたってブログにアップさせていただきます!笑。

密かにアイドルDVDを見るのは人生初なので中学生の頃に初めてあれを見る前の時同様の気持ちの高まりを感じております!笑。あぁ、甦る思春期。

と、ここまで読んだらただのエロブログみたいになってるのでそろそろ試合の話。皆さ~ん、このブログはガンバブログですよ~。

今日は完勝。終始ポゼッションも握れていたし負ける要素がなかった試合。ボール支配率60パーセントくらいいってそう。3-0から少し寄せが遅れはじめて食らった1失点はご愛嬌みたいなもんです。気の緩みと攻め疲れと。まあ、中3日で天王山だしね。省エネ省エネ。

今日は夏場にも関わらず前からの守備が後半途中までは完璧で相手にいい形でほとんどFWにボール入れさせてない。矢野キショー?いたっけ?ってレベル。代表の試合ばっかり見ていたからなのか中断期間にもう一度練習しなおしたのかは分からないけどバレー、播ちゃん、フタ、ヤットの前からのプレスは上から見ていて完璧に連動していて攻撃時より興奮しちゃった。ハッシー明神のラインまでボールが運ばれていた時は向こうはアップアップ。例のごとくサイドチェンジで揺さぶりをかけられるんだけどアルビのサイドに駒野がいるわけでもなく、サイドチェンジ後も別にそんなに恐くなく普通にスライドさせて対応。そんな中盤を飛ばすロングパスはシジクレイの餌食。智君もちゃんとカバーしてる。前からプレスがきっちりかかってるから高いラインの裏のスペースへのスルーパスも出てこない。エジミウソンも足元ばっかりでもらってたけどゴールから遠い位置が多かったしそんなに恐くない。本当に守備は完璧じゃなかったかな~途中まで。そんな失点するシーンが想像できない中できっちり1失点食らうところがガンバクオリティ。楽しいねガンバ。

バレー、播ちゃんの守備を頑張る2人を同時に起用するとこんなに守備陣への負担が軽減されるんなら攻撃時にたまに動きがかぶるマイナス要因を差し引いてもこの2TOPもありだな。マグノ、バレーの2TOPと比べてもトータルで考えたら遜色なし。バレーはリハビリしてはずなのにまた上手くなってる気がする。特にボールタッチ。どんどんやわらかくなってない?多分、一年後は小野レベルだな。ボールをこねくり回すバレー・・・あんまり見たくないかも。ポストプレーの成功率もなり高くなってる。もともとでかいからキープはできるだろうけどダイレクトでうまく裏めがけてはたいたりするし。ファーストタッチが上手くいくシーン増えてるからボール持った時の迫力5割増し。脅威のポテンシャル。シーズン当初の使われ方と確実に違うもん。簡単な縦パス意外にも攻撃の選択肢増えてる。できる事が増えてきた証拠だろうね。ちなみにウイイレではバレーのオフェンス能力92にしてますが何か?俺のガンバは個人能力でバルサに十分対抗できますが何か?笑。

ガンバの強さは色々言われてるけど選手の真面目さという性格の部分もあるんじゃないかな?皆がチームのためにしっかり仕事ができる。今日の夏の試合の前からの連動したプレス見てそう思った。バレーが相手DFにプレスをかけはじめた瞬間に播ちゃんとフタも同じタイミングでパスコースにいる相手選手にプレスのランはじめてるもん。2つ先のパスのためのプレスってバテてくると精神的にできなくなるもんだけど二人とも真面目というかメンタル強いわ。単純にプレスかけてるだけでも凄いのに同じ選手に2人にプレスいっちゃったりとかはまずないし、まるで上から見てるかのように自分がプレスするべき相手を理解しているのが凄い。(ヤットもボールもった時はピッチが3次元で見えてるんじゃないかと思うようなところにパスだすよね。)後ろからの指示がないと意外にピッチ上では分からないと思うけど。たくさん練習したんだろな~。練習場たまには行ってみようかな。で、そのOMF陣の後ろのラインの明神ハッシーもしっかり準備して同じタイミングで動き出してるから5分5分のボールも一歩早く足出せるし、セカンドボール、ルーズボール取りまくりだからね。そりゃずっと攻撃続くわ。超攻撃的守備!

明日の『巧』はあの前からのプレスじゃないかな。で、「文句を言わず黙々とプレスをかける二川選手に巧です!」

技術はもちろん大切だけど勝つためにはそういうハードワークできるかできないかが重要なんだろうね。あそこまで動けている影には実はシジクレイが後ろから声だしまくってるんかな?シジクレイに言われちゃサボれないからね。レッズの闘莉王しかり、日本代表の川口しかり。DFは味方にキレてなんぼなのかも・・・なんて勝手にシジクレイがキレてると妄想しちゃいました。

15日のレッズ戦はキレるDF争いにも注目ですな。SB席の最前列とかいったら聞こえるんかな?・・・行かないけど。

一回でいいからハッシーのポジションでガンバの試合に出てみたい!笑。あんなけ技術ある選手に囲まれてプレーしたら絶対楽しいだろうな~。変なボールの取られ方しないから全体がコンパクトで無駄な走りないし、狙い所を絞って走れる喜び。ボランチの相方に守備を任せられる明神がいる喜び。預けたらまずボール取られない脅威のボール落ち着き所ヤットがいる喜び。後ろからの指示に忠実に従ってくれそうなバレーがいる喜び。

こんなチームで優勝できなかったらいつすんだ。


最後まで読んだら押してくださいね。





多分、決定力不足の原因これやわ~FROM 草サッカーレベル~

夏になってからブログの更新頻度が落ちていますがそれなりに元気でやらせてもらってます。だから、おじいちゃんとおばあちゃんは心配しないで下さい。このブログ見てませんが。実は今、このエントリーをアフガニスタンで書いています。嘘です。この夏に誕生日を向かえ、もしも私がガンバの選手なら中堅としてチームを支えべき年齢にもなりました。ちなみに誕生日は和歌山マリーナシティで過ごしました。と、いう事でまずはこの猛暑を乗り越えるべく久しぶりにガンバグッズをオンラインショップで買いました。これです。これを着るとマグノアウベスが自分に乗り移ったかの様にシュートの意識が高くなります。また、これを着てプレーする時は普段運動量が少ないと言われがちな私もガンバのエンブレムを汚すわけにはいかないので運動量1.3倍です。北摂の明神と呼んでください。このトレーニングシャツでなんとか炎天下の中の練習を乗り越えようと思っているこ~です。遊びレベルですが、実はまだサッカー現役で週2ペースでボール蹴ってます。こんばんわ。最近、ガンバフロントが超攻撃で嬉しいです。これ欲しい。

「決定力不足」

非常によく聞く言葉です。頻出です。さきのアジアカップでも登場しまくりの言葉でここ5年間くらいでは日本の最重要課題なのかもしれません。(昔も同じ?)

原因としては色々あげられています。「日本ではアンリとかロナウド見たいなFWは生まれないから」とかいう元も子もない事を言う人もいれば、「日本人はゴール前で焦る性格だから」といった日本人のメンタリティを理由にあげる人もいます。単純に日本全体のFWがシュート練習不足の技術不足なのかもしれません。

決定力不足の原因は色々理由はあると思いますが一番の原因は『Number』内の川口のインタビューの中にも出てきますしアジア杯を見て皆そう思っていると思いますが「シュート意識の低さ」これだと思います。

そんな中でいち草サッカープレーヤーとしてずっとシュート意識の低さの原因はこれじゃないんかなと思う事がありました。キーワードは「空気よめ」「そこでうったらおもんない」『外したら蹴った人がボール取りに行かなきゃいけない(笑)』

学生時代もしくは社会人でもクラブで部活でサッカーをしていた人なら誰もが一度は聞いた事あるセリフではないでしょうか?僕はこれらのセリフにこそ日本が抱える決定力不足の原因が隠されていると思っています。いや、結構マジで。

サッカーの練習や遊びではよく実際の試合の半分くらいのコートで5対5とか6対6といった人数でミニゲームが行われます。そういうミニゲームではガチンコの試合ではないのでプレスが甘くなりがちな事にプラスしてコートが小さい分コート内の7割くらいがシュートレンジだったりもします。いわば、ほとんどシュートゲームの様な感じです。いつでも打てるんです。ただ、皆シュート打たない。シュートを打つと「あいつは自己中だと思われるから」、「周り見えてないと思われるから」、「ドフリー過ぎてなんかGKが可哀想だから」、「外すとボール取りに行くのめんどくさいから」、「シュートを決めることで一旦ゲームの流れをきってしまうのが恐いから」・・・etc. 

実際、シュートを打つと「おいおい空気読めよ~」とか「そこでシュート決めてもおもんないよ」と言った声が結構な確立で飛んできます。味方からも飛んできます。こういう声があるときは実はまだマシ。シュートを決めた後リアルにシラーとした空気が流れる時があります。こういう経験が積み重なって皆シュートを打たなくなりました、多分。ゴール前でフリーで打てる状態にあるのに誰にパスしたりします。なんか崩すまでがサッカーといわんばかりです。違うよ。シュートを打ってゴールを決め手一旦終わるんだよと。

中盤の選手ばかり(スルーパスを出せる選手、いいクロスをあげれる)がメディアによって注目されてしまう影響もあってかシュートよりパスに美徳を感じるサッカープレーヤーが増えていると思います。これは日本サッカー協会望んでないでしょう。僕が小~中学生の頃、トレセンのシステムがだんだん確立されつつある時代だったのですが大阪のえらい監督が「君達の世代には全国的にシュートの意識を高めるトレーニングを実施していく」とおっしゃっていた事を思い出しました。俺の世代の代表選手を想像してみよ・・・全然ダメじゃん。てか、俺の世代なんかへぼい。苦笑。

確かにどの年代のコーチから「ボールをもった時の第一選択肢はシュート」って教えられた記憶はある。多分、みんな同じなはず。なのになぜ~?おかしいな~。

日本代表の選手達の話と草サッカーの選手達はなにもかも違うと思うけど一番底辺の部分の選手達が皆シュートを打ちまくれば「まずシュートの文化」がどんどん日本中に広がって最終的にトップにも影響すればいいな~なんて思ったりしてます。普通は逆なんだけね。

だから、僕はシュート打ちます。日本代表のために(笑)。


最後まで読んだら押してくださいね。