第8節 VS大分トリニータ

Jリーグ第8節

大分トリニータVSガンバ大阪                        
  
       0-4

得点者
5分:DF 6 山口智
7分:FW 9 マグノアウベス
71分:FW 11 播戸竜二
77分:FW 9 マグノアウベス


私「あの~ヨツタニ駅に行きたいんですけど~」JR駅員「それヨツヤね!」と、いう事で四ツ谷(東京)も読めない生粋の関西人こ~です。こんにちわ。

今日はとてもいいお天気なのでどこかにお出かけしたい気分ですが自宅でガンバー大分の試合見てました!しかも、石油ドームは日陰があってTVじゃめちゃくちゃ見えにくく(特に前半)、改善策として部屋のカーテン全部閉めて暗くして見てたのでせっかくのお天気も台無しでした。けど!それでもいいんです!勝ったから!得点力がもどってきたね~!まあ、得点力に関しては夏場にかけて連携が深まれば徐々に良くなるかな~とか思ってたけど。今日は完勝です!マグノが久々に2得点取れてホッとしたし、前節出番の無かった播ちゃんにも得点が出たし文句はなし!しかも、完封!そこまでチャンスも作られてなかったし今日はかなり安心して試合見てられました。

今日はリードしている展開でもさらに点を取りにいく積極的な選手交代も早い時間から見れて、実際途中出場の2人は効いてたから理想的な試合運びでした。途中意図的かどうかは不明ですがペースダウンして2-0の時間が続いたから少し前節の苦しい展開が頭をよぎったのですが西野監督にも同じことがよぎったのか早めに動いてくれました。アキも3月のキレが戻ってきているよう。あの細かいステップのドリブルは勢いに乗ってこられたら止められないでしょ!あとはシュートを決めるだけだけど意識はしてるみたいで今日も惜しい場面あったし心配なしかな。ミドルの意識は皆にあるようでハッシーは今日の一本ナイッシューがあったし、前ちゃん!!去年からミドル持っているのは分かってるけどクロスバーばっかり叩く気がするのは勘違い?苦笑。けど、アキの調子が戻ってきたらスタメンにまた監督悩むんだろうな~。ハッシーのボランチ機能してるしあまり動かしたくない気がするしね。

あとは、後半バレーがペナルティエリアで倒されたのはPKでしょ。あんなの小学生でもファール取るよ。ちゃんと選手を保護してほしいなぁ~。今日は少し相手がラフプレーが多かったから余計に心配してしまいました。ガンバに関してはフェアなチームだからありえないけどあまりにもファールを取らなかったら試合が荒れてくるし。本当にガンバはフェアなチームだなってつくづく思うし、それは誇れるところでもあるんだけど今日の試合見たいにガンバの選手がラフプレーでやられまくると「シジクレイやりかえしたれ!!」って悪い事思っちゃうのは親心って事で。笑。

安田はもっと簡単に中にクロスあげてもいいんじゃないかな?やたら縦に突破したがるけど(いいところでもあるんだけど)、読まれている感があるんだな。アキのように独特のリズムがあれば相手をかわせるんだけど安田は普通のリズムだし縦にばっかり勝負したがるから、たまには中に切れ込んで右でシュートとか簡単にクロスあげるとかすると縦への突破も生きてくるんだけどね。若いし勝ってるからいいんだけど。

とりあえず首位キープです。去年もこれくらいの時期から夏場にかけてはかなり強かったんで今年も夏の終わりくらいまでは勝ち続けてくれるでしょう。ベストの状態で選手が揃えばJリーグ最強は間違いないと思っているんで怪我だけには注意しつつ後半戦に向けて安田選手や寺田選手中澤選手平井選手あたりに成長してもらいたいですね~。

ちゅ~事で時次節の神戸戦は参戦します!久しぶりの神戸ウイング!(今はホムスタとか言うんかな?)同じ関西のチームとはいえ格の違いを見せ付けてやりましょう!


最後まで読んだら押してくださいね。


第7節 VS ジュビロ磐田

Jリーグ第7節

ガンバ大阪VSジュビロ磐田

           5-2

得点者
7分 バレー          69分 村井
14分 シジクレイ       78分 村井
23分 バレー
80分 ハッシー
86分 フタ



いや~俊輔のFKはガンバの試合以外で久々に鳥肌立っちゃったこ~です。こんばんわ。今日は久々に開門前から並んでガンバ大阪15年史買いました!11枚セットのガンバカード貰いました!でん弁当食べました。ブログ仲間のおとがみ氏が少食だったので弁当の8割は僕が食べました。その弁当の前にはポテトチップス食べてました。スプライト飲んでました。昼ごはんはカレー食べました。帰り道はチョコ食べました。晩飯に天ぷら食べました。明日の朝ごはんはラーメンにしようと思います。そんな僕はお酒が飲めません。ギャンブルしません。タバコしません。

で、試合。

やっぱり西野監督は交代のタイミングが遅いと思うのです。後半は途中から試合があんまり動かなくなって膠着状態だったし、序々にセカンドボールが取れなくなってきて試合の流れがジュビロに傾いていたのは分かっていたはずなのに!3-0とはいえ1点返されたら相手が勢いつくのは予想できたしホームとはいえガンバそういうの弱いじゃん!4点目が入るまで攻めるのか攻撃するのか中途半端な感じで見ていてもモヤモヤしました。直接関係あるかどうかは微妙だけど実際選手交代後に4点目入ってるし、勝っていても積極的に交代を使ってほしいのが僕の考えですね!今日は流れ悪かったし特に!

5-2ってスコアほど楽勝じゃなかったのは明らかだけどやっぱり苦戦した要因は後半4点目がなかなか入らなかった事ですよね~。息の根を止めるっていうんですか。相手のモチベーションを切らせないと。そういう意味ではマグノに4点目決めて欲しかったな~。3-0の余裕からか途中から皆がマグノに取らせてあげようというプレーがいくつか見えたし。マグノが点取れない事にはそこまで心配していないけど途中からマグノのプレーに気持ちが切れちゃった様に見えたのが嫌でした。オフザボールの動きが少なくなっていったような・・・明神が一回クサビに入ってこいよ!的な怒りをあらわにするシーンがあったけどあれはマグノに対してじゃないかな~?(ちゃんと見てないし違ったらゴメン)マグノがこういうプレーするとバレーの献身的な守備とかが余計目立って見えましたね~。バレーは好青年だわ!笑。

まあ、なんやかんや言っても今日の試合は前半23分の3点目の時点で勝負ありです。前半ってお互い体力あるしガチガチに中盤潰しあって0-0みたいな展開が多いと思うんですけど今日の試合に関しては立ち上がりからバンバン簡単にクサビのボールがFWに入るし、そのポストを受けたフタとかヤットがそんなにプレッシャーを受ける事もなく前向いてボールもてるからチャンスを余裕でつくりまくり。バレーもポストプレー上手くなってた!あと、ヤットのセットプレーの精度がすごく良かったから前半の30分間くらいはいくらでも点が入りそうな予感がしてました。相手の不安定な立ち上がりを完璧についた3点でしたね。しかし、前半のジュビロには何が起きたんだろう?

今日はそんなところで。万博から帰宅後1回寝てしまったので記憶があいまいになってます。苦笑。あ~もう一言言わしてください!はっしーナイス!個人的には今日のMVPです!ハッシーとか明神とかがゴールを決めれるようになると物凄い助かります!

あっ、気がついたら首位だ!やった~!

では、おやすみなさい!

P.S.メールフォームでメールを頂いている皆さんありがとうございます。返事ができなくてすいません。また、忙しくなくなったらコメント欄を復活させるのでその時は返事させてもらいます。どうもすいません。


最後まで読んだら押してくださいね。




デイリースポーツ記者のお話

今日は阪神タイガースでお馴染みのデイリースポーツで記者をやっておられる方の公演会に行ってきました。女性の方なのですが女性記者はその業界では珍しいらしいのでもしかすると有名な方なのかもしれません。講演会は最初の1時間を記者の方から「どういう経緯で今の仕事に就いたか」や「記者の苦悩、やりがい」、「阪神タイガース」などについて自身のエピソードなどを交えながら語っていただきました。後半の1時間は参加者からの質問タイムがもうけられました。参加者は10人いるかいないかの少人数の講演会だったので参加者のほとんどが自分が聞きたかった質問の回答を聞けたのではないでしょうか。主催者側からすれば参加人数が少ないのは死活問題なのかもしれませんが参加者からすればデイリーの記者の方とたくさんコミュニケーションが取れたので実に意義のある講演会でした。笑。あっ、こういうスポーツ業界の方の公演会とか興味ある人がもしいればこのブログの右側に貼っている「SJN」って書いてあるバナーからスポーツジョブネットワークのホームページに飛んで下さい。詳細が書いてあります。スポーツジョブネットワークの詳しい説明は過去の記事を参照してください。http://eastergm.blog90.fc2.com/blog-entry-9.html

このスポーツ業界の方の講演会は毎月行われていて過去の記事にもあるように今まで「ヴィッセル神戸のO氏」や「エヴェッサ大阪のK氏」などの話を聞いてきたんですが、どの方の話も仕事をする上で大切にしている事や重要な事って共通していると感じます。スポーツ業界は確かに特殊な業界なのかもしれませんが必要とされる素質ってスポーツ業界でもお菓子業界でも人材業界でも広告業界でも本質的には同じ社会人として同じなのかなと今日の話を聞いて感じました。

じゃあ、その「必要とされる素質」って何なんだよ?って話になると思いますが、一言で言うと「主体性」。ふふふ。当たり前すぎるって?けど、以外に主体性をもっていない人って多いんじゃないですか。今日の記者の方は「色んなものに興味を持て」とおっしゃっていました。例えば、昨日の阪神ー巨人戦では延長戦で狩野選手がサヨナラヒットを打ちました。彼は一軍初ヒットだったらしいです。この事実を知ったときに「他に一軍初ヒットがサヨナラヒットだった選手はいるのか?」って考えれて、面白いデータを見つけれたら記事に少し付加価値が付くと。何も考えず言われた事をするだけ、見たことを記事にするだけなら誰でもできるよって。

この話を聞いてこないだ僕よりだいぶ年上の方でインテリジェンスという人材紹介の会社で働いている人に言われた言葉を思い出しました。「こ~ちゃん。色んなものに興味をもて。色んなことに『なぜ』って考えなさい。例えばクライアント企業が5人人材が欲しいと言ったとする。その時、その言葉のまま5人を募集する広告を作る事もできる。けど、そこで『なんで5人なのか、2人じゃだめなのか?他の部署から移動することで対応できないのか?それは急に必要になったのか?何か新しい事業を立ち上げるからなのか?それとも5人も一気にに退職者が出たのか?』など色々考えていくと欲しい人材像がより具体的に見えてくるんやで。」

結局、この2つの話って同じ事を言っていると思うんですよ。社会人としてだからではなく一人の人間として自分で考え自分で行動する事って最も重要な事だなって。当たり前の事を何言ってるねんって思うかもしれないですけど、例えば大学受験や就職活動。僕の周りのほとんどの人がマニュアル本やカリスマ教師の話や方法論も鵜呑みにしていました。まあ、考え方次第でそれも自分で判断してその方法論を選んだと解釈する事もできますが、そういうヒントにばっかり頼っていたらその人のオリジナリティっていつか無くなるような気がしますね。そうなった時ってその人の価値ってどこに見つければいいか分からなくなるような気がするな。

色んな人の話や本を読むのはとても大切だと思います。色んな人の考え方が知れて自分に多様性がつくから。個人的にも多様性が付くことが成長なのかなって思うし。けど、そういう色んな人の考え方をそのまま受け入れるんじゃなくて、そこから自分なりの考え方を生むことが大切なのかなって思いました。改めてって感じですね。

話を少し戻します。その記者の方が大切にしている(重要だと思っている)事は他に「普段から選手と信頼関係を築く」とか「相手の話を聞きだせる力」だったり、「謙虚さ」、「熱意」がありました。これもスポーツ新聞記者以外の仕事にも通じますよね。あとは、「記事にオリジナリティを持つ(独自の切り口を持つ)(オピニオンをもつ)」や「選手の言いたいことを自分というフィルターを通じて世間に分かりやすく伝えてあげる」事なんかも大切だっておっしゃってました。この辺はスポーツ記者独特といえば独特な気もしますが他の職業にも通じるところはあるでしょうね。

僕も趣味でやっているブログですが記事を事実の羅列だけにはしたくないと考えています。ぜんぜん見当違いの意見でも自分の意見はどこかに少しは入れたいって思います。

あとは箇条書きで記者の方のコメントを抜き出します。

○記者の仕事はサラリーマンであるが署名が入るので自営業でもある。

○ネットメディアには取材パスがなかなか出ない。

○デイリースポーツは阪神担当の記者が6人いる。(ガンバ担当の人数聞けばよかった・・・)

○個人情報の規制が厳しくなってから取材がしにくくなった。露出しなければいけないマイナースポーツでさえ個人情報を隠そうとする。(この話を聞いたときエヴェッサのKさんのメディア露出の話を思い出しました。詳しくは過去の記事参照。)

○選手とは信頼関係を築くけどそれは友達ではない。プロ対プロの関係。感情移入はしずぎない。感情移入しすぎるといい記事が書けない。(本当にそうなのかな?サカダイの川原崇氏の記事はガンバに感情移入しまくりの様に感じたけど、あの人の記事に普通に感動したけどなぁ。今日の話題に出てたけど金子達人さんの記事もヒデに感情移入していない事はないでしょ~。)

○スポーツ新聞は日本の平和の象徴。(かもね。笑。)

あっ、最後に僕が質問した内容について。

「こないだJリーグの開幕戦のヒーローインタビューでバレー選手のコメントが朝日新聞で事実と違うように報道されました。それに対してガンバサポからあの記事を書いた後藤氏(?)に対してバッシングがありましたが、記者の方は何万人という人に自分の記事が読まれる恐怖のようなものは感じませんか?特にデイリーは阪神タイガースに力を入れている新聞で熱狂的な阪神ファンからの記事に対する批判なんかもあると思うのですが。」

という質問をしました。この騒動について記者の方もご存知だった様です。後藤氏がそうという事ではないですが大きな新聞社ほど普段サッカーを見ない人がサッカーの記事を書いたりする事が多いそうです。同時に上司の指示でこう書けと自分の意思以外の力が記事に働くことがあることも事実だそうです。ちなみにこの質問に対する回答はこうです。


「確かにそういう批判などを受ける事はたまにあります。へこみます。けど、その逆もあるのです。いい記事を書いたときは多くの人から誉めてていただけるメールなどをもらうときもあるのです。阪神タイガースはそういう振れ幅が大きい球団です。オリックスはその振れ幅が小さい球団です。どっちがいいかは記者の人間性しだいですね。」


ガンバ大阪はその振れ幅が大きいクラブにしましょう!!


ちゅ~事でこれからは今まで以上にスポーツ新聞記事の署名に注目しようと思いました。ちゃんちゃん。


最後まで読んだら押してくださいね。






第6節 VSアルビレックス新潟

Jリーグ第6節

アルビレックス新潟VSガンバ大阪
         
           1-2

得点者
44分 誰か              43分 遠藤
82分 誰か



アウウェーの試合ってこんなもんですかね?むっちゃ消化不良。ガンバの敗戦ってここ数年は「あれを決めていたら」とか「あそこであいつにだしていれば」とか「タラレバ」が多いのが特徴だと思っていたのですが今日はないです。普通に負けたなぁって感じ。特別相手が良かったとも思わないです。決定機にパスミスとかシュートミスしてくれる場面は多かったし、1-3、1-4で負けていてもおかしくない試合内容だったと感じました。

試合終了直後は次につながらない敗戦だなぁってがっかりしました。もちろんそれはいちサポーターとしての感想なので今日の敗戦をチームは次につなげてくれないと困るのですが・・・。次につながらないって言うか期待できないって感じですかね。不安が残るって事です。「タラレバ」を感じないのは全然チャンスすらつくれていないから。水曜日のナビスコは見ていないんでなんとも言えない部分はあるもののここ数試合決定機がいつものガンバに比べると極端に少ないような気がします。決定機を沢山つくって外しまくる試合なら(それはそれで消化不良だけど・・苦笑)、まだ次の試合に期待感が持てますが今日みたいな試合を見てしまうと非常に不安な気持ちになります。なんであんなにチャンスがつくれないんだろう?単に選手のコンディションだけの問題ならまだいいんですが・・・どうなんでしょうか?

FWが孤立していると感じるのは私だけですか?FWがボールが持っている時って個人で打開しようとする場面が多いような気がします。彼らはアラウージョではないので一人で打開するにも限界があります。マグノは調子がまだ上がらないようだし、バレーに関しては縦に早いのは凄い武器なんだけどいかんせんテクはないんで強引なドリブルだけでは限界があります。正直、ずっと書いてるけどバレーのスタメンはどうなんだろう?ポストプレーに難があるのがだんだん目立ってきてるし、空中戦に関しては競り勝つ前に落下地点にすら入れてない事が多すぎると思うなぁ。苦笑。バレーの活用法って縦のスペースに走らせる事なんだろうけど前にスペースがない時ってバレーがどう活躍するのが見えてこない。マグノとバレーのFW2人で崩す場面もあんまりないし、去年一年間コンビを組んだ分連携面を考えると播ちゃんスタメンでいいんじゃないかな。

守備は今日は不安定でしたね。ハーフタイムにも監督から指摘があったらしいけど中途半端なプレーが多くてクリアなのかパスをつなぐのかの判断が遅かったり悪かったりでピンチを数回つくられたし、あと単純にマークが外れる場面が多すぎですわ。連携の問題なのか単に振りきられているだけなのかは不明ですが・・・シジの穴というかDF陣レギュラーのバックアップの底上げはここ数年続く課題じゃないかな。別にのりさんを悪くいうつもりはないけどなんで今日のスタメンが中澤じゃなくてのりさん?水曜の試合に出ているからっていうのが大きいんだろうけど今までの試合で途中出場していたのって中澤じゃないの?なんのための途中出場なんだろう?それに年齢的な事を考えてもレンタルとはいえ中澤に経験つまして欲しかったなぁ。相手FWは高さの矢野がいたりする訳だし・・・しかも、やられてるし。あの場面は逆サイドに一回振らて折り返された場面だから少しは仕方ないんだけどボール見すぎ!!

あと、セットプレー。連戦だったし水曜から遠征らしいんで今週は修正する時間はなかったんだろうけどなんとかして欲しい。今日はあんなけセットプレーあったんだから一本決めなきゃ。全部ヤットが蹴るんじゃなくて左右の位置によってアキが蹴ってもいいのかなって思うんですけど蹴れないんかな?個人的にはボールスピードが早いキックが好きなんだけどな。

とりあえず思った事を頭の中を整理しないで書き出して見ました。今から出かけてきます。

とりあえず連戦がひと段落するんで(代表合宿あるんだっけ?)体を休めてキレを取り戻して欲しいですね。で、次はホームなんで負けは許されませんね。う~ん、開幕直後の「今年は守備も完璧!ガンバ最強説」の楽観が少し怪しくなってきたぞ~!苦笑。

最後まで読んだら押してくださいね。

第5節 VS川崎フロンターレ

Jリーグ第5節

ガンバ大阪VS 川崎フロンターレ

              2-2

得点者
38分明神       13分誰か
83分山口       41分殺人スライディング野郎


昨夜、花見の帰りに食べた角煮ラーメンが原因で胃もたれして寝坊してしまったこ~です。こんばんわ。起きたら12時だったので(2時キックオフ)、速攻でガンバブログの仲間のおとがみ氏にメールを送り、SB席歌え万博付近の席を確保していただきました。お礼におとがみ氏のブログ宣伝しときます。笑。http://otogami0609.blog60.fc2.com/
あと、名前は分からないのですが熊本から来られたという方からいただいた熊本名物のあんこのお餅入りのお菓子、帰宅後いただきましたが相当美味しかったです。このブログを見ているかは不明ですがこの場を借りてお礼申し上げます。次回万博に起こしになる時も是非ください。笑。

そんなこんなの今日の試合。スタメン紹介前にG-ヴィジョンに映し出された去年の川崎戦の映像!!マギヌンの殺人スライディングやその他川崎フロンターレ選手のラフプレーの映像が流されたんですが、そんなに僕達煽っちゃっていいんですか?笑。しかも、それに続く形で仙石さんの「超攻撃を見せつけてやる!本当の攻撃ってものを教えてやるよ!お前達の攻撃力なんてまだまだ子供だ!こいよ?かかってこいよ?俺達最高!!ガンバ最強!ギャンバァ~オオサカァ!!!」(そこまで言ってないか。笑)のセリフ!!自然にテンション上がっちゃいます!!個人的にスタメン紹介前に少しだけその日の気持ちを喋る仙石さんのDJかなり好きです。

で、試合内容。素直にナイスゲーム!!ホームの試合だし2-2という結果には満足はしていませんが、不満ではありません。まあ、確かに山口の同点弾後はスタジアムが勝ち越す時の「いける雰囲気」になったし、それに後押しされる形で怒涛の攻撃を展開しバレーの決定機とかもあったんで勝ちきれなかった感は少し残るのですが、逆にカウンターからの中村のミドルとか、1-2の展開でジュニーニョの一対一を松代がファインセーブした場面とか冷や汗モンの場面もあったので1-3でゲームが終了してしまう可能性もあった事を考えれば無難な結果じゃないですか。

後半残り10分の印象が強いから勝ちきれなかった感があるけど、全体で考えればポゼッションを握る時間帯は長かった割には後半は相手が引いたのもあって決定機が前節のジェフ戦同様にそんなに作れていた印象はないし、逆にカウンターにてこずったという方が印象深いかな。ジュニーニョ1人いるだけであのカウンターの脅威だもんな。シジVSジュニーニョの形が多かったけどシジは体寄せてうまく対応したと思います。特に今日は雨で芝がスリッピーだったからツーバウンド目が伸びるんで足の速い選手には有利な状況だったし、後半は攻め続けていたのもあってラインを高く上げてた分恐かったけどなんとか耐えたね~。松代のスーパーセーブも一本出たし!

今日はバレーがいないからか最近のガンバに見られた簡単に裏にボールを蹴るサッカーじゃなくて本来の細かくパスをつないぐサッカーをしていた印象だけど、相手カウンターをくらう展開とスリッピーな芝を見て「今日みたいな試合こそ簡単に裏に蹴るサッカーしたらいいのに。今日こそバレーが活きるんじゃないかなぁ」と思っていたら後半の早い時間帯でバレー投入!!が、しかし!相手ディフェンス陣がラインを下げてきた事もありスペースなし!!バレーそんなに目立たず!苦笑。

今日みたいにライン下げられてゴール前に密集されちゃう展開を見るとやっぱりバレーにはヘディング最強になって欲しいなぁ。あと、ミドルシュートは練習して欲しいよね。そういう意味では今日の明神のミドルシュートゴールは今後に期待が出来るのです!!さすが2002ワールドカップ日本代表!トルシエに愛された男!(僕はひそかにDVD「六月の勝利の歌を忘れない」を観て、明神のキャラクターを気に入っていたのです!)

素人目にはよくわかんないけど甲府戦あたりから厳しい戦いが続いているし、相手には色々研究もされているんだろうね。色んなブログでも書かれていたけど大きくサイドチェンジされた時の相手選手へのチェックが遅れているのは気になる点ではあります。寄せきれていないから抜かなくてもクロスあげられてるし。今日は1回そういう場面があってそういう指摘を思い出しました・・・確かにって感じで。サイドバックが絞りすぎって書かれていたけど他のチームはそんなに絞ってないのかな?ガンバ以外ちゃんと見ないから分からないんだけど個人的にはあんなもんちゃうのって感じなんですが。じゃあ、どうやってサイドチェンジに対応するんだ?と言われれば回答に困りますが・・・。苦笑。

まあ、こういう苦しい展開でもしぶとく勝ち点を重ねるしかないし、それができているのはチーム力ですかね。てか、次の試合が水曜日って・・・どんなけハードシュケジュールやねん!!!(><)チーム全体的にパフォーマンス落ちてるし水曜日に関しては選手数人入れ替えた方がいんじゃないかなぁ。年齢的にシジとか、子供が生まれたばかりで疲れているだろうヤットとかフタなんかもフル回転だしね。11日はスカパーあるんかな?

あっ、余談ですが審判はともかく今日みたいな少し荒れた感じのスタジアムの雰囲気好きです。笑。試合前はニコニコしていたジェントルメンが試合始まったら「おい!こら!審判どこ見てんねん!ふざけんなや!ボケ!!」とか「はよ立てや!こら!いい加減にしろや!」とか試合も終盤になると「○○(選手名)○ねや!!」なんて言葉も!笑。グフフ、大阪っぽくていいじゃないですか。誉められた言葉ではないですがそういうのがスタジアムを盛り上げているのは紛れもない事実だし、実際そういうの楽しいしね。
好きです大阪。万博スタジアムも歴史を重ねていくと甲子園のライトスタンドみたいになるんですかね。まあ、それはそれでアリかな。

最後まで読んだら押してくださいね。






ナビスコカップ第3節 VSジェフ千葉

ナビスコカップ第3節

ガンバ大阪VSジェフ千葉

             0-1

得点者
                    83分 ジェフの誰か


ただいま帰宅しました。今日もとても寒かったです。鼻水出ました。今日は完全に凡戦でしたがSB席にいたメキシコ人の団体は本場のラテンのノリを見せつけてくれました。試合中に試合内容とは無関係のタイミングでウェーブ。しまいにはメキシコ国旗を両手に広げながらSB席を走りまわりはじめました。僕はメキシコのサッカースタジアムで日本の国旗を両手に広げながら走り回る勇気はないです。負けました。完敗です。けど、もし今日の試合がシーズン終盤の大事な試合の後半、負けている展開で彼らが同じ行動に出ていたら僕は彼らに罵声を浴びせていたかもしれません。笑。まあ、ガンバを応援してくれるならアミーゴですけどね☆

そんなこんなの今日の試合。試合開始2時間前に一緒に観戦する約束をしていた大学の後輩がドタキャンするという不安定な立ち上がり。そこで昔勤めていたアルバイトの友達で北千里に住んでいる子が暇していたのでオファーをかけ獲得するも北千里ー万博スタジアム間でまさかの迷子!!笑。そんな波乱含みな試合前。(友達が来るまで一緒に待っていただいたシンスケ氏、ユミ氏ありがとうございました!)スタジアム入りは開始30分前。こんなにギリギリに着いたのは久しぶりです。けど、例のごとく平日ナビスコはガラガラなので余裕で好きな席ゲット!

肝心の試合ですが今シーズンワーストでしょう。まあ、今シーズン初黒星なので当たり前なんですが試合内容が悪いですね。まず、攻撃はシュートで終われない形が多すぎる。シュートを打てば何かが起こる可能性があります。打たなければ何も起こりません。シュートで終われば枠を外したとしても守備も整えれるしいいリズムが生まれます。今日は相手ゴール前でボールを奪われてカウンターをくらうという場面が何度かありました。あれは危険でしょう。ヤット、ミドル持ってたはずだからもっとシュートを狙ってほしい。ガンバが悪い時はいつも同じ事を思う気がします。シンプルにプレーしなくなった時、無駄なパス回しが増えた時がガンバの悪い時だと個人的には思っています。今日がそれにあたるかどうかは微妙ですがもっとシュートを打って欲しかったという意味で。その辺は選手のサッカー価値観もかかわってきそうなんで一概にいい悪いは言えないとは思うんですが今年の天皇杯決勝みたいな試合はもう見たくない。けど、あの試合はシュートは打ってたか・・・・う~ん自分でも何を言ってるかわからなくなってきた!とにかくキレイなサッカーも大切だけど今年は勝利にこだわる貪欲ながむしゃらなプレーも期待してます。とにかく勝つんだぁ!!

攻撃面が心配です。アキが疲労からか開幕当初のキレが無くなってる事、ヤットも判断がいっこ遅れてパスミス、パスカットされる場面も目立ちます。フタには厳しいマークがつくし・・・。個人の体のキレがもっと上がってきたら解決するのかもしれないですが、一つ思うのがサイドからの攻撃はもっと良くできるんじゃないですかね。中央突破は一つのガンバの特徴だとは思いますがサイドからのクロスが決定機につながる可能性が低すぎるように感じます。加地さんは去年アシスト0ですが、なんで加地さんのクロスはゴールに結びつかないんだろうなぁ・・・。単純に精度の問題もあるんだろうけど・・・もっと工夫が欲しいような・・・ヘディングシュートが少ない気がするけど・・・それはどのチームも同じかな?個人的にはバレーには足元の技術の前に競り合い最強になって欲しいです。身体能力は完璧なのでちょっとコツさえつかめば闘莉王と張り合えるくらいの競り合いの強さは身につける事ができそうな気がするんですが。特に安田のサイドは右に持ち替えてクロスをあげる場面が多いと思うんで、その時はバレーがファーに開いて落としたところをマグノみたいな得意なゴールの形をもてたら素晴らしいですけどね。そういうクロスに対する入り方みたいなんをもっと工夫したらたくさん点が入りそう。まあ、当たり前の事をグタグダ書いてますが。苦笑。甲府戦2点目のマグノの入り方はDFがボール見ちゃってたのもさし引いて考えても完璧でした。あんなゴールをたくさん見たいのです!!

DF陣は今日の展開では責められません。最後の最後でよく体も張っていたし調子は悪くなさそうです。シジは試合終了後に挨拶に来た時、照明に照らされて頭すごく光ってた事が印象深いです。かっこいい。あんな大人になりたい。

3節終えて勝ち点4かぁ。まあ、まだ全然いけるでしょう。今日も2005年ナビスコ決勝の映像が流れていましたが、あの試合は何回見ても感動できるし、見る度に「ナビスコ取らなきゃ!」って気持ちになりますよね。ナビスコに対する強い気持ちはガンバサポ共通のはずです!取りましょう!!!

余談ですが今日一緒に観戦した子は初万博でした。よりによって1年に1度あるかないかの凡戦にあたるなんて・・・。0-0の時間帯が続いて0-1で負けるなんてサッカーがつまらないと言われる典型の様な試合だもんな。苦笑。ガンバサポになる可能性のあった人間が一人減りました。苦笑。

次は土曜日川崎戦です。ちょっと心配です。


最後まで読んだら押してくださいね。