新ブログで記事が公開されました!

移転先のブログで新しい記事が投稿されました!
お手間おかけいたしますが、新しいブログで各種設定の変更をお願いします。

「ガンバ大阪に自分の人生を重ねて」
https://admin.blog.fc2.com/control.php


【Jリーグ第4節】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@万博

【ガンバ大阪 1-1 サンフレッチェ広島】

■ヤットの今後の起用法

「ナビスコカップ勝利の勢いをそのままリーグ戦にも」というのはガンバサポーター共通の想い。監督も同じ想いだったのかナビスコ好調組の阿部、明神、リンスをスタメンに抜擢。佐藤が外れてFWヤット再び。ヤットFW起用の意図は良く言えば「ヤットの守備の負荷を軽くしたい」、悪く言えば「ボランチ起用での守備は計算できない」ってところか。FWの相棒が前への推進力があるリンスである事、裏に飛び出せる阿部や倉田といった選手達が2列目にいる事を考えれば、浦和戦のような攻撃の手詰まり感はないとも判断したのだと思う。

結果は及第点。ヤット個人で考えれば得点という結果を出したので合格点という事になるのだろう。現状のチームでは密かにヤットは使いどころが難しい選手になっているような気もするけど、生き残る選手というのは誰の目にも明確な結果を出すんだなと。

しかし、ヤットFWはいつまで続けるんだろう。先週発売された某サッカー誌で宇佐美の4月中復帰の可能性が報じられた事で、宇佐美復帰後のヤットの使いどころを考えてしまう(まあ、今考える事ではないのだろうけど)。開幕前に準備していた宇佐美&ヤットの2トップ、リンス2列目という組み合わせに戻すのか。それとも、序々にフィットの兆しを見せ始めているFWリンスをそのままに宇佐美と2トップなのか。そうなると、ヤットは守備面を考慮して2列目起用が監督的には(表現が正しいかは分からないけど)落としどころという判断になると思うけど、今節攻守に貢献度の高かった阿部以上のハードワークを求めるとなるとレギュラー争いは簡単ではない。バイタルエリアでのチーム随一のクオリティの高さとセットプレーキッカーとしての役割もあるので簡単にスタメン落ちという可能性はないだろうけど、同じような役割であればフタも十分できる(フタのFW起用の方がリンスが活きる可能性があるのではないかとも)。

本職であるボランチでは、明神-今ちゃんのコンビが2試合連続で好連携。おそらく長谷川ガンバで最優先されるであろう守備面で、ヤットにあの2人が出したインターセプト数やタックルでのボール奪取数を求めるのは酷。そして、ウッチーへの評価も高いという状況。

チーム状態は今後も高まっていきそうな予感。今節も手応えの感じる内容。そういうチームにおいて、ヤットがどういう役割を果たしていくのか、監督がどのような役割を求めていくのか。ヤット自身のパフォーマンスは決して低い訳じゃない中で捉え方次第ではネガティブなテーマではあるものの、密かに注目ポイントだと思っている。

【ナビスコカップ第1節】ガンバ大阪-ヴィッセル神戸@万博

【ガンバ大阪 2-0 ヴィッセル神戸】

なぜだか初勝利みたいな感覚。「初日が出ました!」みたいな。4試合で3回目の完封試合という嘘みたいに守れる守備への手応え以上に前節から大幅に増えたシュート数や、今シーズン初の複数得点に対しての感情が強いゆえだろうな、きっと。

まあ、先制点はリンスの個人技だし、先制後にあった複数回の決定機は相手が前がかりになった事という要因も大きく、チームで崩したというシーンは実は少ない。だから、諸手を挙げて「ガンバの攻撃性復活やー」とは喜べないけども、今後チーム状態を上げていく上でのきっかけには十分なりうる。ナイスゲーム。仕事を休んだ甲斐があったよ。

■キーマンのゴール

テスト的な意味合いが強いメンバーで挑んだ今節。複数のポイントがあった試合だったと思うけども、どれも及第点だったのはチームの総合力向上の面で大きい。米倉のサイドバックしかり、西野・阿部といった準レギュラー陣がいつでも使える状態である事を確認出来た事しかり。

その中でも一番重要なテストであった「リンスのフィット」で結果が出たのが言わずもがな最大の収穫。ボールを受けられる形が増えているし、ゴールを決めてからはプレーに気負いがなくなったようにも見えた。ゴールが全てを好転させる事例は過去に何度も観てきたけど、このゴールでリンスは精神的に開放されたに違いない。奥さん、来日してくれてありがとう。

ナビスコカップの予選なんて何年ぶりか記憶が定かではないけども、こういう真剣勝負の場で公的に(?)テストができるのは面白い。ナビスコカップの存在意義を感じた一戦でもありました。ナビスコさん、ありがとうございます。末永く宜しくお願い致します。

【Jリーグ第3節】ベガルタ仙台-ガンバ大阪@ユアスタ

【ベガルタ仙台 0-0 ガンバ大阪】

さすがに3試合目ともなるとこの守備的なスタイルも見慣れてきますな。守備陣個々のパフォーマンスも高まってきている。東口も今シーズン初めてファインセーブが出た。ただ、あと7ヶ月間このサッカーをするのは精神的にキツイと思うのだけど選手達はどう感じているんだろうか。もう少し攻撃に希望を感じられない事には守備に対する集中力が持たないと思うのだが・・・。

■新加入選手が序々にフィットしてきてる事を心の支えに

そういう意味では後半の途中からの出場という事を差し引いてもリンス&米倉のプレーが共に今シーズンベストだった意義は大きい。両選手とも1人でボールを前に運べるプレーができるのが今のチームにとって本当に助かるし、逆にそういうプレーができない事には点を取れる気配がないのですわ。序々にチームに特徴を理解され始めている感があったのが今節最大の収穫。リンスは1点取れば変わってくるような気もするのだよ。

そして、ナイスタイミングだと思うのが水曜日にナビスコを挟んでいる事。ここはテストの場とすべき試合かなと。前述のリンスはキープも佐藤以上に出来ていたので十分スタメンで使える目途は付いているし、米倉は一度右サイドバックでのプレーが観たい(加地さんのイージーミスや寄せきれない守備のシーンが出てきているので)。西野も一度このあたりで使っておきたいところ。他にもヤットのボランチ起用、フタとリンスとホットライン構築、阿部ちゃんだってそろそろ・・・etc.

現状のチームに対しては賛否両論あるようで、全ての意見にそれなりに納得感はある。ただ、「スタイル」と「チーム状態」を混同して議論している感もあるなと思っていて、そこは整理したい。前者に関しては答えなし。賛否両論やむなし。後者に関しては、私はネガティブ派。守備がどんなけ安定しようがシュート1~2本のチームの状態が良い訳がない。

まあ、嘘か本当か「攻撃は水もの」らしいので、次節の神戸戦は勝敗以上に点を取るという事に対して良い感触をつかんで欲しいと思うのでした。

【Jリーグ第2節】アルビレックス新潟-ガンバ大阪@ビッグスワン

【アルビレックス新潟 0-2 ガンバ大阪】

内容はともあれ結果が大切なのだよ。結果を出す事で内容が改善されてくる経験は多々。先制した時の戦い方の上手さを確認できた事も収穫。正直、初勝利には時間がかかる可能性も感じていた中でJ1復帰初勝利の喜びは大きい。J2での1勝とは重みが違う。これが勝利の喜び。これが勝利の充実。90分間ずっとブーイングされた東口も達成感を持って大阪に帰っているに違いない。

■数少ない勝ちパターンにはまった一戦

「守」に重きを置き過ぎていた前節からどのようにバランスを取るかが今節のポイント。裏でボールをもらえ、前にボールを運べる倉田を最前線に、ヤットを一列下げ、フタに代えて米倉を2列目で起用したスタメンで修正も効果は微妙なところ。ただ、リンスがまだフィットしない現状を考えるとこの選択がベターである事も事実。

前半から先制点までの時間は攻守の切り替え早い新潟相手にレッズ戦以上にパスをつなげない展開。レオ・シルバの守備が強烈だったり、チームとしての完成度に明らかな差があったり、先制点くらっていたら完敗もありえた。そこで先制点を取られなかった事をチームの強さと捉えるか、アルビの逸機に助けられたと捉えるかで評価も違ってくるのだろうけど・・・私は後者かなぁ。楔のパスをシンプルに入れられる数も多かったし、守備は最後の最後で守り切れたけど、チームとして守れれていたという感じはレッズ戦時ほどしなかった。もちろん、マクロな目線であれば大幅に改善されてるけどね。

そういう展開でセットプレーで先制、カウンターで追加点というのは現状のチームにおいて数少ない勝ちパターンにはまったと思う。この戦い方で安定的に勝ち点を積み上げられるとは思えないので、引き続き攻守共により良いバランスを探る試合が続くんだろうな。

ただ、収穫もあって、特に2点目を決めた大森は2試合連続で途中出場から試合のリズムを変える事に成功しているし、先日のサポミで語られていた「ジョーカーがいない」という弱点を克服する存在になりえる。前述の通り、先制点後のサッカーは得点の可能性を感じさせるものだったし(当然と言えば当然だけど・・・)、内容に進歩がない訳ではないので後味の悪い勝利では全くない。

次節は仙台。監督が変わってチームの完成度はさほどまだ高くないであろうチームとこの時期にやれるのは悪くない。このあたりでそろそろリンス初ゴールが出てくるとチームに勢いが出てくるんだろうけどなー。