【俺のアウェイ飯】「つけ麺 五ノ神製作所」(FC東京/味の素スタジアム)

新宿の高島屋側にある有名つけ麺屋。HIS本社の裏側という微妙な立地ながら常に行列ができている。他の都内有名店同様にアジア系外国人客が多い。店内はカウンターのみ。最大の特徴な海老のエキスがふんだんに入ったスープ(付け汁)。「海老トマトつけ麺」という珍しい組み合わせのラーメンも。トッピングでキャベツ、オプションでチーズ、バジルソースが選べる。

醤油、塩、味噌、とんこつ、煮干し、あご・・・そして、海老。ラーメンのスープの多様性があって面白い。ラーメンはサッカーに似たところがある。地域性や流行、師弟関係、のれん分け・・・etc. 背景を知れば知るほど飽きない。サポーターにとって開拓しがいのあるアウェイ飯だと改めて思った。

■店名:つけ麺 五ノ神製作所
■URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13120708/



海老の看板が印象的なお店外観


お昼や晩飯時を避けても常に行列


海老肉玉子つけ麺(大盛)


麺はキャベツ付き


大盛は700gなので注意


海老のスープは超濃厚


スープ内にはたくさんの肉


肉は複数種類入り


店内の壁には芸人のサイン


海老味噌つけ麺のスープはさらに濃厚


「バジルソース」のトッピング(50円)がオススメ


麺につけると味にアクセント

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のホーム飯】「時屋」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)



【俺のアウェイ飯】「きくちひろき」(大宮アルディージャ/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

熊谷といえば「暑さ」でお馴染みの街だが、それでも常に列が絶えない熊谷を代表する人気ラーメン店。ラーメン界には色々な系統があるらしく、今回のお店は「がんこ系」とのこと。「看板を付けない真っ黒な店舗外観」や「看板の変わりに巨大な牛骨を店頭にぶら下げる」が特徴なんだとか。宗教色強い…。

味以外のことが語られだすと楽しみ方に深みでる。その積み重ねが文化なのかもしれない。がんこ系は同じ系統でも「分家」「直系」など細分化も可能だそうで、競馬の血統を楽しむことに近い印象も。ラーメン屋は極めていくと職業というよりも「道」だ。ラーメンが日本人に支持される要因の1つではないだろうか。

■店名:きくちひろき
■URL:https://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11002991/



がんこ系の特徴である真っ黒な店舗外観。熊谷駅から徒歩7~8分


同じく特徴の「牛骨」。ガンバの勝利を願ってさすったけど…


カウンターだけの店内。外観から想像するよりは綺麗で快適な空間


一番人気の「中間醤油」を注文


背油が食欲をそそる。チャーシューをトッピング


無化調のあっさりした醤油スープも「がんこ系」の特徴のひとつ


麺は細かたで食感が◎


替え玉


味は客の好みで調整可能


アクセスは悪いものの熊谷開催で美味しいラーメン屋に出会えてよかった

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「すみれ」(コンサドーレ札幌/札幌ドーム)



【俺のアウェイ飯】「串焼 ほたる川」(サガン鳥栖/ベストアメニティスタジアム)

先日の鳥栖遠征はホークスの試合日と重なった影響か毎年泊まっている博多駅付近のホテルがどこも満室で予約出来なかったので久留米駅に宿泊した。久留米駅は鳥栖駅から程近く、試合後の電車も博多とは逆方面ゆえ空いており快適だった。おすすめ。

そんな久留米での祝勝会は「焼き鳥」屋さん。地元のタクシー運転手曰く、久留米のご当地グルメは焼鳥一択なのだそうだ。地元民にも愛されており、週末は予約なしには多くの店に入れない状態なんだそう。特に今回訪れた店は九州B-1グランプリで優勝経験がる他、一緒に行った福岡在住ガンバサポ仲間が「久留米ミシュランで取ってるから!」と興奮気味に話す姿から地元ではかなり知られたお店であることがうかがい知れた。

看板メニューは「丸腸ごぼう串」。ほたる川のオリジナルメニューで丸腸のジューシーさに甘辛いタレとごぼうの食感がベストマッチングだった。

■店名:串焼 ほたる川
■URL:http://www.hotarugawa.jp/




JR久留米駅からタクシーで数分程度の場所に立地


個室あり。サポーター仲間で騒げる雰囲気の店


リーズナブルで豊富なメニュー


左が「丸腸串」。+30円でチーズトッピング(右)


左が看板メニュー「丸腸ごぼう串」。ごぼうの食感が◎


右が「ダルム」。腸のことで、久留米独特の呼び方なんだとか


チーズ系が美味しかった。特に「チーズベーコン」が最高


チーズつくね串


お餅にチーズ


バラ串。定番もなかなかのクオリティ


気になるメニューが…センポコ??牛の大動脈!?


歯応え抜群な“えのき”に似た食感


博多で楽しもうと思っていたもつ鍋も食べられて満足


デザートの種類も豊富。店長の妹さんが近所でジェラート屋さんをやっているとか

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「奥藤本店」(ヴァンフォーレ甲府/山梨中銀スタジアム)





【俺のアウェイ飯】「博多 あかちょこべ」(サガン鳥栖/ベストアメニティスタジアム)

御朱印を集めはじめてからアウェイ飯は神社付近ありきになりつつある。先日の鳥栖遠征も博多総鎮守・櫛田神社に行くことを前提に探したお店。博多のグルメといえばラーメンがまず思い浮かぶが、実はうどんも人気であることをご存じだろうか。福岡がうどん発祥の地なんて話も。今年春の北九州遠征の際にも「どきどきうどん」という名の珍しいうどんを紹介したが、今回も個性が光る逸品だった。

■店名:あかちょこべ
■URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40019190/



中洲川端駅や祇園駅から徒歩5分程度の場所に立地


お店の二大看板メニュー。「すぼらうどん」はフォトジェニックで今風


店内には「ずぼらうどん」用に“やかん”が掛けられている


おしぼり。これは何の形?


元祖キーマカレー。大盛は1.5玉 or 2玉から選べる(写真は1.5玉)


3段階で食べる。ひつまぶしスタイル


①まずはそのまま


②揚げ玉投入で食感に変化


③最後はダシを投入


ご飯ものメニューも豊富


博多かしわおにぎり


食後はお店から徒歩1分の場所にある博多総鎮守・櫛田神社を参拝


御朱印

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「今浪うどん」(ギラヴァンツ北九州/ミクニワールドスタジアム北九州)



【俺のアウェイ飯】「今浪うどん」(ギラヴァンツ北九州/ミクニワールドスタジアム北九州)

J3北九州遠征2日目の朝ごはんとして訪れたお店。復路の飛行機が11時半出発だったので朝8時から営業していることも訪問理由。提供されるのは通称「どきどきうどん」。“どきどき”の由来は諸説あるが、北九州という土地柄、お客さんにコワモテの人が多いからだそうだ。ちなみに、お店は住宅街ながら近所に競馬場があり、客層は中年男性率高め。また、「焼きカレー」に続き、ここも「秘密のケンミンSHOW」で紹介されて人気が出ているのだとか。朝はガッツリ食べたい派のサポーターにオススメのお店。

■店名:今浪うどん
■URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400502/40005789/



最寄駅は小倉駅からモノレールで10分程度の北方駅


お店の外観。人気店なので外での待ち時間は覚悟を


駐車場有。住宅街なのにお店がある通りだけ交通量が多かった


メニュー。ど真ん中に「秘密のケンミンSHOW」関連のサイン


肉肉うどん(大)


肉は柔らかく、濃い味付け


うどんのコシは弱めで食べやすい


生姜を入れるのが特徴


クッキングパパにも紹介されている


北方駅エリアには「どきどきうどん」屋さんが他にも数店舗営業


時間がある方は小倉城とセットでどうぞ


小倉城の隣にある八坂神社のご朱印

ごちそうさまでした。

関連記事:サポーターの光と影 ~北九州アウェイ漫遊記~